「罪のあとさき」畑野智美

 横浜。
 14年ぶりに、もう人生で絶対に会わないと思ってた同級生に会った。
 彼の名は、卯月正雄。
 彼は、中学2年の冬、教室で同級生を殺した。


 青春・恋愛小説の書き手である畑野智美にしては、毛色がちょと違う作品。
 「小説推理」に連載されていたということは、ミステリーを書くつもりだったのかもしれません。
 確かに冒頭は極めて不穏であり、伏線を張るような部分もありましたが、結果、ミステリーは無理ということで落ち着いたのでしょう、しだいにこの作家の本領である青春ドラマにペースを取り戻し、そのまま終わります。
 ミステリーにする大きなチャンスは、猫を誰が殺したのかという一択にありました。
 しかし、作者は結果的に無難な道を選び、最悪の後味を読者に残すハメは避けたものの、なんとなく中途半端な残尿感みたいなものが残ったことは否めないでしょう。
 まあ、それでも畑野智美はセンスあるから面白いことは面白いし、テーマ的に映像化もあり得ると思います。

 少しあらすじ。
 主人公は渡辺楓、28歳。長野県出身。現在は横浜のカフェハギワラでアルバイトしています。
 5ヶ月前、彼女は5年間勤めた東京の会社を辞めました。
 同じ会社の先輩で3年間付き合って婚約までしていた恋人にストーカーされ、無茶苦茶にされたのです。
 中学からの親友で同じように東京で働いていた芽衣子の紹介で、彼女の親戚が横浜でやっているカフェを紹介され、ひっそりと引っ越してきました。これまでの傷ついた生活を清算するつもりで・・・
 そこで働いているうちに、彼女は思いがけない人物に出会います。
 カフェの家具を注文している家具製造工房で、弟子入りしていた男性。
 それは、忘れようと思っても忘れられない人物でした。
 彼の名は、卯月正雄。中学校のクラスメイトです。
 奥二重の割にはくりっとした大きな瞳。長身でスタイルのいい彼は、パット見、女性にはモテるかもしれません。
 ただし、彼の過去を知らないならば・・・
 卯月正雄は、14年前の中学2年の冬、教室で同級生の首を小刀で切りつけ殺した少年殺人犯でした。
 クラスメイトのみんなをトラウマに突き落とした張本人との、思いがけない再会。
 はっきりと断りきれないままに、連絡先を聞かれ、楓は彼と連絡を取り合うようになります。
 その事件の後は、家具工房で働き始めた去年の冬まで話が飛ぶ、彼との会話。
 いったい、その間に彼に何が起こっていたのか、そして彼がクラスの人気者だった永森くんを殺してしまった事件の真相とは。

 まあ、自他ともに認めるフワフワ好きの私にとって、猫殺しなどというネタは許されないわけですよ。
 永森が殺されてよかったと素直に思う、ブスの仇だよ。
 それでも、どんでん返しのミステリーにするならば、楓が帰郷したときがチャンスでした。
 正雄が、千尋が、あるいは母が、ジロちゃんや芽衣子だって展開的に猫殺しの真犯人になり得た。
 正雄がそのまま佐山さんを殺す線だって作ろうと思えば、簡単に作れたはずです。伏線はあった。
 でもあえてそこから逃げたのは、あまりにも後味が悪くなったからでしょう。
 横浜までやってきた佐山さんは結局、結婚の報告だったのかよという形に収めてしまいましたね。
 そこがこの作家の優しさでもあり、限界でもあったのかなあと。
 それでもこの作品が読むに値するのは、キャラクター作りがいいからです。
 特に千尋。4歳まで言葉が喋れなかった彼女と家族の葛藤は読み応えありましたし、そんな面影を残した彼女が兄に会いに来たのは物語に違う味わいを与えたと思います。


 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

「さよなら妖精」米澤穂信

 後に「王とサーカス」「真実の10メートル手前」で活躍することになる太刀洗万智がデビューした、青春ミステリー。
 2004年の刊行です。
 私は「王とサーカス」を読み、次に「真実の10メートル手前」を読んでからの、本作挑戦となりました。
 かなり順番的にイレギュラーであろうかと思います。
 なんで今更これを読んだのか理由は後ほどということにして、この本を読んでよかったと思います。
 ちょっと変わっていますが、色々勉強になりましたし。
 青春小説に国際紛争という社会小説の重いエッセンスを加えたのは、この作家ならではのセンスだと思います。
 ビックリしたこともありました。
 ずいぶん前ですが、バンコクだったかカンボジアのプノンペンで会った眼鏡美人の白人の女の子がスロベニア人でした。
 首都の位置に星形のマークが付いたスロベニアの国の形のピンバッジをもらったのですが、根が引きこもりながら案外国際人にできてる私をして、スロベニアという国がどこにあるのか、どういう国だったのか、まるでピンときませんでした。
 「スロベニア! ああイタリアの横の・・・よく来たね♪」とでも応えればごはんくらいは一緒にできたかもしれませんが、スロバキア(チェコの片割れ)との違いさえはっきりしませんでした。
 私の顔には顕著に?と出ていたことでしょう。自分の国が知れらていないというのは寂しいものだと思います。
 今思えば、あのピンバッジは彼女が独立してまだまだ日の浅い自国を宣伝しようと持っていたものだったのでしょう。
 これを読んでその出来事をアリアリと思い出しながら、スロベニアは元ユーゴスラヴィアだったのか! と今更ながらに驚きました。同時に調べようともしなかった己の不明を恥じ、調べなくとも何の支障もないスロベニアという国の影の薄さを思いました。
 この本を先に読んでいたなら、あの時の彼女が本作の登場人物であるマーヤに見えたかもしれない。
 少なくとも、スロベニアに関して平均以上の知識を披露できたはずです。
 うーん。

 簡単に展開の紹介。
 1991年4月23日、人口10万の山間の観光都市にある藤柴高校3年生の守屋路行と太刀洗万智は、下校途中、店屋の軒先で雨宿りしている白人の女の子に出会いました。
 白人といっても、黒い髪に黒い瞳。話しかけた守屋の英語は通じません。
 彼女の名前はマーヤ。17歳。東欧のユーゴスラヴィア社会主義連邦共和国からきた異邦人だったのです。
 彼女は藤柴市の知り合いを頼ってやってきたのですが、その人は亡くなっており、途方にくれていました。
 彼女の予定帰国日は2ヶ月後。それまでどうにかしようということで、守屋と万智は相談し、家が旅館をやっている高校の同級生白河いずるに、彼女の世話を頼むことになりました。
 マーヤはいずるの旅館で仕事を手伝いながら、守屋や万智、守屋の弓道部の友人である文原竹彦らと、短期間ですが日本の異文化を熱心に学んでいくのです。
 しかし、その間に故国のユーゴスラヴィアでは、スロベニアの独立宣言に端を発する内戦が勃発。
 周囲の心配(特に守屋)をよそに、不穏な渦中の故郷にマーヤは帰っていくことになります・・・
 そして1年後、ますます混迷化するユーゴの現況と、手紙を出すと誓いながら一向に音信不通となったマーヤを心配して、大学生となった守屋といずるは決して明かされることのなかったマーヤの出身地の解き明かすために、藤柴で会合するのです。
 マーヤの出身地。それはユーゴスラヴィアを構成する6つの共和国(スロベニア、クロアチア、セルビア、ボスニアヘルツェゴビナ、モンテネグロ、マケドニア)のうち、いったいどこだったのか?
 それによって、ある程度は彼女の無事が確かめられるはずなのですが・・・カギを握る万智の出した結論は?

 はい。
 作者曰く当初はシリーズ化を予定して書かれた作品ではなかったらしいので、そのつもりで読みました。
 結果、読み始めは「なんだこりゃ」と思いましたが、後半、息をするのも忘れるくらい没頭しました。
 本作を読んだのは、先に読んだ「真実の10メートル手前」で、本作に関わっている事柄が出てきたからです。
 具体的に言えば、2つの短編「正義漢」と「ナイフを失われた思い出の中に」(今だから思えるけどこのタイトルは意味深です)。
 「ナイフを失われた思い出の中に」で、十数年前、太刀洗万智の高校生時代に東欧からやってきた少女の兄であるという人物が、日本に来て万智を訪問するのです。
 言わずもがな、この東欧の少女がマーヤだったのですね。
 ちなみにマーヤの兄は、本作でも万智に真相の手紙を送る人物として登場しています。
 だから、彼は万智の住所を知っていたのです! これを読んですべてが繋がりました。
 「正義感」のほうは、それを書くに当たって、作者が大刀洗万智を復活させる構想を持ったとのことでした。
 おそらく、たぶん、いや間違いなく、万智の謎解きを解説した語り手は、守屋路行であろうと思います。
 さよなら、ピクシー。


 
 
 

 

 
 

「陽だまりの彼女」越谷オサム

 実は、タイトル自体がネタバレだったりします。
 越谷(こしがや)オサムの、恋愛小説。ファンタジックミステリー系。
 そのままを受け入れて、素直に読むべきでしょう。
 そりゃ、どうしておばあさんにならないんだとか、次も人間でよかったじゃないかとか、色々ツッコミたくなる人も多いでしょうが、私は、この小説はそうしたことをしても無駄だと思う。そんな野暮をすれば、もったいないと思います。
 あくまでも、書かれているままを受け入れて、すとんと胸に収めるべき。
 それで十分、楽しみました、私はね。
 真緒の正体が好きなので。

 簡単にあらすじ。
 交通広告代理店に務める25歳の奥田浩介は、新しくクライアントとなったランジェリーメーカーの広報との打ち合わせで、思いがけない女性と出会った。彼女は、千葉の片田舎の中学校の同級生で、「学年有数のバカ」と言われていた渡来真緒。
 中学時代、分数の計算も出来ず、チビでいじめられっ子で、注意力が散漫で、すばしっこさだけが取り柄だった真緒が、すっかり美しくなった大人の女性として現れたのだ。
 昔、浩介は真緒をイジメから救ってやったことがあった。それ以来、真緒は浩介になついていた。
 しかし、三年生の一学期に浩介が転校したために、10年間会うことはおろか、消息さえも知らなかった。
 あの時分、お互いに好意を持っていたふたりは、10年のブランクを一気に埋めるかのように、急速に親密な関係になっていく。そして、真緒の両親の反対を押し切り、なかば駆け落ち同然の形で、結婚した。
 陽当りの良い都内のマンションに新居を構え、最強の仲の良さを誇ったふたり。
 しかし、結婚三ヶ月目、浩介は真緒が銀行預金の大半を下ろしてドレッサーに隠していることを偶然発見し、真緒に何か秘密があるらしいことに気づく。
 真緒の家で父親が、「他人様に迷惑はかけられない」と言って、結婚を許してくれなかったことを浩介は改めて思い出す。
 実は真緒は、記憶喪失だった。13歳で今の義理の両親に保護されるまで、どこでそうしていたのか記憶が一切ないのだ。しかし、現在は立派に仕事を務めあげ、健康状態も悪いところはなかったため、浩介は真緒の過去を気にしていなかった。
 しかし、ごまかして教えてくれないが、真緒には何か秘密があるらしい・・・ことは間違いないようだ。

 最後、どう感じたかだろうねえ。
 私は、これでよかったんだと思います。ハッピーエンドですよ。
 だって、元が子猫だからね。元が人間ではないのだから、「得した」だよ、ラッキーですよ。
 三つ目がネコだったから、次は人間かもしれないという、期待も抱けるわけだし。
 9回も生があるなら、浩介の長い人生に十分、添っていけますよ。
 おそらく、彼は違う女性を好きになることはないと思います。
 それが可哀想? とんでもない、それでいいんじゃないですかね。

 夜中に読み終わったので、物語の流れ的に急激にネコをモフモフしたくなり、隣の部屋で寝てる玉にワシャワシャっとちょっかいを出したのですが、なぜかピャッと爪で引っかかれて左手の薬指に裂傷を負いました(笑)
 こいつが人間になっても、絶対に私のところにはやってこないでしょう。

 1469153133603_convert_20160722110734.jpg悪だくみ中の愛猫・玉(たま) 彼氏いない歴4年



 
 
 
 
 

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」七月隆文

 プロローグでもう、読み終えてから泣いている自分が、想像できた。

 あまりにも普通なプロローグが、ほのぼのすぎて逆にこれから起こる“切なさ”を想像させてくれるんですよ。
 こういう切ない恋愛系には弱いんですよ、私。
 二度と逢えない系はね、感情移入しちゃって、胸がギュッと詰まりますから。
 恋愛小説といっても、私が最高だと思ってる「ナラタージュ」や「ノルウェイの森」とは種類が違います。
 あっちは本格派、こっちはイレギュラー系。
 これと同じような感想を持ったのは、辻村深月の「ツナグ」の中にある「待ち人の心得」以来でしょうかね。
 まあでも、「待ち人の心得」のほうが泣いたのは泣いたね。仕事しながら思い出して涙が出ましたから。
 本作は、もろネタバレだから書けないですが、少しややこしいところがありますから、そっちに気を取られてしまう部分があるのですよ。あれ? どうなってるんだろ、みたいな感じでね。
 でもね、あんがい考えれば単純(対向車線の車を考えてみよう)ですから、あまり伏線で悩みすぎずに、肝だけ抑えたら恋愛部分だけ追えばいいと思います。プロットだけでなく、愛美のキャラとか声まで想像できるくらいに巧く描かれていますから。
 何が肝かっていうと、「別れが出会い」になり、「出会いが別れ」になるということ。それぞれの立場でね。
 また明日ね、と言いながら片方にとっては、「4月13日」と「5月23日」が最後の瞬間でもあったのです。
 手を繋ぐことも、片方にとっては初めてでも、片方にとっては最後になります。なんと残酷なシステムなんでしょうか。
 その先、つまり間隔は「5年」です。ですから「5歳」と「35歳」のときが最後になります。
 一番いいときは、お互いが「20歳」のときの40日間だけ。同い年だからこのときだけ交差しました。
 まだ「七夕」みたいに一年に一回逢えるほうがいいと、私は思います。
 そこに感情移入して読めば、もう泣かない人なんていないと思います。
 もちろん、複雑な伏線を理解して読めれば、さらに胸が苦しくなるくらい泣けること請け合いです。
 まあでも、物語の舞台となった京阪三条とか枚方とか丹波橋とか、私、知ってる場所ですから、なおさらだったかもわかりません。デートもしました。おそらく、作者の体験も入っていることでしょうね、関西の人だから、なんとなく。
 
 あらすじは、書けません。導入だけ。
 主人公は南山高寿、20歳。京都の美大に通っています。将来の夢はイラストレーターです。
 二回生になったばかりの4月13日、いつも通学に使ってる京阪電車の車内で、彼はひとりの女性に一目惚れをするのです。
 普通の一目惚れではありません。頭の奥に「この人だ」という感覚が閃き、見た瞬間全身がうったえるような感覚でした。内気な彼は今までろくに恋愛経験がありませんでしたが、このときばかりは、電車を降りた彼女の後を追いかけ、思い切って声をかけたのです。それもいきなり、「一目惚れしました!」と告白しちゃいました。
 引かれるかと思いきや、彼女はにっこりと微笑んで、高寿の話に付き合い、携帯電話こそ持っていませんでしたが(不思議)、明日また会うことを約束してくれたのでした。
 高寿にはもったいないくらい、癒し系の、可愛い女の子。
 彼女の名は、福寿愛美、20歳。美容師の専門学校に通っています。
 そして、ここからふたりの“幸せで切ない時間”が始まるのです。

 改めてこれ書きながら思い起こすと、切ないです。辛いです。
 つまらない人には、つまらないのでしょうがねえ。
 タイトルの「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の意味が腑に落ちるのは、150ページを過ぎてからだったでしょうか。
 読む前は謎だったタイトルの意味が、すっと理解できましたよね。
 それまでは、彼女のほうが記憶が一日しかもたない病気じゃないかと想像していましたし、読み始めでイレギュラーなところが出てきても彼女は実は母親の幽霊ではないかと思ったりしていました。
 まさか、これだけの舞台が用意されていたとは。
 あんがい、独創的だと思いますよ。時間が逆行しているというプロットはね。
 ですから、この小説は値打ちがあると思っています。
 いいものを読みました。
 作者に感謝します。

 ぼくたちはすれ違ってなんかいない。
 端と端を結んだ輪になって、ひとつにつながってるんだ。



 
 
 
 
 

「恋愛中毒」山本文緒

 どうか神様。
 いや、神様なんかにお願いするのはやめよう。
 どうか、どうか、私。
 これからの人生、他人を愛しすぎないように。
 愛しすぎて、相手も自分もがんじがらめにしないように。
 私は好きな人の手を強く握りすぎる。相手が痛がっていることにすら気がつかない。
 だからもう二度と誰の手も握らないように。
 諦めると決めたことを、ちゃんときれいに諦めるように。二度と会わないと決めた人とは、本当に二度と会わないでいるように・・・


 ものすごいの読んだ。
 結末は衝撃的でした。作者がどういう意図で書いたのかわかりませんが、ミステリーですね、これは。
 まったく、方向性がわからない導入でしてね。
 冒頭のちょい出かと思った有名人のおっさんがサブキャラを張り、上記の告白からすると相当重たい恋愛小説が始まるかと思いきや、まるでラブコメみたいな展開になって、なんかドラマの台本みたいだ(実際ドラマになっているのですが)な、このまま終わるかと思ったら、ものすごい勢いで舞台が暗転して、信じられないくらい不気味な奈落に堕ちていきました。
 最後の数十ページは圧巻だったと思います。
 最初からスリラーだったら心の準備ができているんですが、どちらかというとほのぼのした場所からの急降下でしたからね。
 マジで怖かったです。
 これ、ドラマになったんだけど、どんな感じだったんだろう。
 原作このままだったら観てみたかったわ。
 今からでも遅くはないよね。

 簡単にあらすじ。
 女性関係の失敗から大手出版社を辞め、小さな編集プロダクションに採用されて2ヶ月の井口君。
 彼は、週4日アルバイトで事務をしている水無月という中年女性が気になる。
 ものすごく地味で、何を考えているのかわからない。格好も容姿も冴えない。
 しかし、社長と水無月の間には、余人の介在を許さぬなんらかの秘密があるという。
 そして、ある事件から、社長の荻原と水無月のいる居酒屋に呼び出された井口は、体調の悪い荻原が先に帰宅したことを契機に、水無月の過去という、禁断の扉を開けてしまうのだった・・・
 水無月は、過去に結婚したことがあった。
 大学を卒業してすぐに同級生と結婚し、7年後に離婚した。
 離婚した水無月は、その頃は大手出版社にいた荻原に翻訳の仕事を回してもらいながら、弁当屋のアルバイトをしていた。
 このとき32歳。東京郊外のアパートにひとり暮らし、ただ流されるままの質素な生活をしていた。
 ある日、バイトをしている弁当屋に、近所に住んでいるという、テレビでも有名なタレント作家がふらりとやって来た。
 50歳手前、プロレスラーのようにガタイのいいちょい悪オヤジで、小説も書くしエッセイの連載もしている。
 創路功二郎という。水無月は、昔から彼のファンだった。
 しかしそのことは、それから起こった奇跡のような偶然とはあまり関係がない。
 いつのまにか、水無月は、創路に誘われ、体を許し、彼の事務所に愛人兼運転手として雇われることになるのだ。
 そしてなんと、創路には愛人が他に3人いた。事務所で留守番をしている陽子、高校生アイドルの千花、銀座のクラブでママをしている千代子。もちろん、愛人というからには、彼にはれっきとした正妻もいた。
 給料もよく、当初は愛人という関係を割りきって考えていた水無月だったが、強引に彼女を引き回し、責任や義務や常識を忘れさせてくれた創路に感謝し、本気で好きになってしまう。
 しかし、創路には他に愛人がいる。妻もいる。
 ひそかに、水無月による、ライバル蹴落とし作戦が始まるのだ。
 前の夫と別れるときに、もう二度と人を好きにならないと誓っていたのに・・・

 はい。
 「どうか神様・・・」で始まる告白の伏線は、ラストで回収されます。
 思わぬ展開に、ドキドキでしたわ。
 水無月みたいな人はいます。女でも男でもたくさんいます。
 創路の愛人たち、彼女らは、創路のことが好きでも、全体重を彼に預けることは避けてました。
 なぜなら、危険だからと彼女たちが判断したからです。そうできるほど彼女たちがモテたからです。余裕があったからです。
 水無月の場合はどうでしょう。彼女の外見の詳細は書かれていませんが、それほどモテるタイプではないようです。
 モテるタイプではないというのは、容姿の問題ではなくて、彼女の世界が閉鎖していたからです。
 ひとりの人間だけに、愛情を注ぐこと、さらに相手もそれを求めたならば、ふたりきりの小さな世界はどんどん排他的になり、強い方の価値観がその小さな世界を支配し、いつか愛が冷めたときに、とてつもない破滅を引き起こす可能性があります。
 恋愛をうまくいかせるには気を散らすこととはよく聞きますが、それが出来ない人もいるのです。
 わかっていても、ひとりのひとにのめり込んでしまう、諦められずにドツボにはまるひとはたくさんいます。
 救いは、黒いサングラスのガタイのいいおっさんが、ラストで迎えにきてくれたことであり、なぜそうなったかというと、彼は水無月と正反対の価値観を持っていたからということなんでしょう。
 荻原では、彼女の寂しさは未来永劫、癒せないのです。
 はあ。


 
 
 
 
 
 
NEXT≫
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (148)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (37)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (21)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示