「エヴェレスト初登頂の謎」トム・ホルツェル/オードリー・サルケルド

 エヴェレストに初登頂した人類は誰だったのか?

 ジョージ・マロリーという名前をどれだけの方がご存知でしょうか。
 私は知りませんでした。夢枕獏の山岳冒険小説を読もうと思って、偶然この名前を発見したのです。
 調べてみると、「どうして山に登るのか、それはそこに山があるから」という有名な問答の原典はマロリーの言葉であり、このイギリス人は伝説の凄いアルピニストで、ある大きな謎を残していることがわかりました。
 いまだ解決していない、マロリーの残した登山史上最大の謎。
 それは、1953年にニュージーランドのエドモンド・ヒラリー卿とシェルパのテンジン・ノルゲイによって成し遂げられた世界最高峰のエヴェレスト公式初登頂のはるか29年前に、実は彼がエヴェレストの頂きを征服していたのではないかという極めて重大な問題で、いまだ続く世界的な論争になっています。
 1924年の6月8日午後12時50分頃、エヴェレストの頂上までわずか数時間の地点で、38歳になるマロリーと21歳のアンドルー・アーヴィンの頂上アタックペアの登攀する姿が、霧の晴れ間からサポートメンバーによって目撃されているのです。
 しかし、彼らが帰ってくることはありませんでした。そのまま行方不明になったのです。
 これはマロリーにとって後がない3回目となるイギリス登山隊によるチャレンジで、また、南極北極探検でまさかの他国に先を越され、残る地理的挑戦として世界に先駆けてのエヴェレスト征服は日の沈まぬ大英帝国の威信がかかっていました。
 はたして、マロリーは地球最高峰の頂きに人類として初めて足跡を残したのか?
 永遠の謎と言われる登山史上最大のミステリーに迫ります。

 しばらくこの謎にとりかかろうと思っているのですが、本書は1988年に刊行された本です。
 そして、本書刊行後の1999年に探検隊によってジョージ・マロリーの遺体は発見されています。
 もちろん遺体の状態は精査され、彼がエヴェレスト登頂を成し遂げたのか調査がなされましたが、それでもまだ結論は出ていません。現在では、本書の著者であるトム・ホルツェルも、本書に書かれた内容とは違う解釈(推測)をしているようです。
 しかし、まず本書を読んだのは、マロリーの日常や家族、交友関係はいうに及ばずイギリスの王立地理学協会やアルパイン・クラブなどの考え方、エヴェレストと隣接するネパールやチベットの国際関係、そして現在とは常識の違う当時の登山事情などこの謎を考える上で極めて詳細で公平な背景が網羅されているからです。
 これからマロリーに関する本を読むにあたって、最大の基礎となる本だと思われます。

 はたしてマロリーは登頂に成功したのか。
 鍵を握っているのは、未発見であるペアのアンドルー・アーヴィンの遺体であろうと思います。
 なぜならカメラが残されている可能性があるからです。
 この21歳のオクスフォード大の学生は、ヒマラヤ未経験ながら頑健で酸素装置などのメカに強く、装備係として3回目の登山隊メンバーとして加えられたのでした。彼をメンバーとして推薦したのは、本来ならマロリーとペアを組んでチャレンジするはずだった地質学者兼登山家のオデルで、彼らの登攀する姿を最後に目撃したのも彼らが最後のアタックに出発した第6キャンプに補給にやってきたオデルでした。当初オデルは彼らの姿を頂上直下のセカンドステップ(岩の崖)で見たと語りましたが、その後、セカンドステップより下にあるファーストステップだったかもしれないと翻したりして、いまだ続く永遠の論争の的になっています。
 なぜ登山経験の浅いアーヴィンをペアにマロリーは選んだのか? それはマロリー自身が当時は信頼性の薄かったという酸素装置による登頂を目指していたからでした。1,2回目の遠征では酸素を使用しなかったマロリーでしたが、ライバルである科学者兼登山家のジョージ・フィンチが酸素を使用してチャレンジするのを実際に見ており、今では当たり前ですが当時は装置自体が重いこともあって異端視されていた酸素装置の使用に踏み切ったのです。おそらくこれが最後のエヴェレストチャレンジだと思っていたかもしれません。1922年の遠征では、マロリーの登攀強行によって現地のポーターが7人も雪崩で死んでいますから、なおさら死んでも後には引けなかったのではないでしょうか。そのためには、酸素装置のメカニックであるアーヴィンを連れていかなくてはならなかったのです。

 実は、1975年の中国エヴェレスト遠征隊のメンバーだった王洪宝という人物が、そのときに8100メートルの地点で西洋人の遺体を発見したと語っているのです。しかし王氏は1980年の日本遠征隊に随行時雪崩に巻き込まれて死亡しており、これ以上の話は聞けませんが、その遺体とはアーヴィンである可能性があります。
 いつの日か、この永遠にわからないと思われていた謎にも、終止符が打たれるときがくるのかもしれません。


 

 
 
 
 
スポンサーサイト

「東京都三多摩原人」久住昌之

 人気ドラマ「孤独のグルメ」原作者の久住さんによる“三多摩紀行”。
 みたま。初めて聞きました。
 著者の造語かと思ったら、ちゃんと文字変換されるということは、こういう呼び方がほんとにあるのですね。
 三多摩とは、東京都の23区と島嶼部を除いた市町村部分のことで、地名としては消滅した北多摩郡、南多摩郡、現在もある西多摩郡のことです。地方民である私にも聞き覚えがあるのは、八王子とか町田とか、多摩湖とか高尾山とか、あのあたり。
 実は、三多摩は明治26年(1893)まで、神奈川県でした。
 どうして東京都に移管されたかというと、東京の水源確保というのが基本的な理由だったようです。
 ちなみに東多摩郡(今は杉並区、中野区)というのもあったそうですが、こちらは明治5年に東京都に編入されています。
 意外な歴史の事実ですね。
 なんでも三多摩には、2万5千年前の旧石器時代から人が住んでおり、発見された石器には長野や静岡のものが含まれているそうですよ。あんがい当時とあまり景色が変わらなかったりしてねえ。

 久住さんは、生まれも育ちも三多摩の三鷹市。現在も住んでいらっしゃいます。
 ですから、まあ、ホームタウンですわな。
 それでも新たな発見が色々あるようで、自分の足でテクテクと三多摩中を歩いていきます。
 多摩湖、秩父多摩甲斐国立公園、武蔵陵(昭和天皇陵墓)、高尾山とか、府中、ドブ川のほとり、多摩動物園、奥多摩の旅館、昔の同級生がやっている飯屋、老父がタバコの空き箱でみすぼらしい小銭入れを作っている実家、などなどを、ラーメンや立ち食いそばを食べたり昼からビール飲んだりしながら、一心不乱に歩いて感想を述べている、それが本書。
 ハゲオヤジの三多摩紀行。ね。
 自分のことを東京人とは思っていないそうで、三多摩原人と自称していらっしゃいます。
 昔から、東京というのは新宿から向こうの23区で、自分が東京人であるという意識は低かったそうです。
 久住さんに言わせれば、ユーミンも八王子出身で多魔美卒の完全な三多摩人で東京人ではない、ということになります。
 もっとも、久住さんは本書刊行時(平成26年)で55歳ですが、子供のときはほんと三鷹市のあたりは小田舎だったそうで、謙遜なのか僻みなのかあるいは誇りなのか、このへんの感覚は私にはちょっとわかりませんねえ。
 おそらく誇りじゃないかと思います。それくらい三多摩が好きなんでしょう。
 「孤独のグルメ」で観ましたが、釣り堀に付設した食堂の回があったでしょう、「兄ちゃんひとつ教えとこうか」の回ですよ。あんな気取らない地味でちょっと廃れたような店が大好きなんですね、この方。

 私は「孤独のグルメ」を観るまでこの方は知らなかったのですが、原作者としてではなく、番組の終わりの「ぶらっと久住」というロケのあった料理店に実際に久住さんが訪ねるコーナーを観て、このハゲの親父が気になりました。
 昼からお酒をいただくことに照れがあるらしく、「おいしい麦のジュースですね」とか「この井戸水最高」とか言ってて、面白いんですよ。井之頭五郎と違って、あまり量は食べません、少食です。
 そういや今週観た「孤独のグルメ」は、ミャンマー料理店で五郎ちゃん、久しぶりに豪快に食べてたなあ。
 どっちかというと、小綺麗な店よりも、焼肉店とかで人間発電所みたいに燃えて食いまくってる回のほうが面白いように思いますが、あのあたり久住さんの地が出てるんじゃないですかね。
 五郎のセリフは、久住さんが自分で考えて演出しているそうですから。
 やっぱセンスありますよね、ただのハゲオヤジではありません。
 本書を読んでも、とても文章がうまくて、プロットもしっかりしています。
 思ってた通りの方でした。
 まるごと久住さんがわかる本です。


 

「シベリア最深紀行」中村逸郎

 ロシアの中のシベリアなのか、シベリアの中にロシアがあるのか。
 世俗との関係を絶った最果ての集落から、不可思議で神秘な力を持つシャーマンまで、ロシア政治学者の著者が、プーチンでさえ手が届かないという広大なシベリアで想像を絶する生活を送る人々をリポートしたアンダーグラウンドなシベリア紀行集。

 シベリアとは、広義でいうとウラル山脈から太平洋岸までの東西約7千キロの地域をいうそうです。
 さらに西と東、極東ロシアの3つの地域に分類されますが、ハバロフスクなど極東の都市に住む人々はここをシベリアとは思っていないそうなので、一応、シベリアと極東の境は、バイカル湖東方600キロのチター市になるそうです。
 シベリア。うーん。
 極寒というか、地の果てのイメージですかねえ。シベリア鉄道とか。
 近年では、天然ガスや石油などの資源開発で注目されていますが、日本人にとっては6万人に及ぶシベリア抑留者が死亡した忌まわしき土地でもあって、なおさら暗黒地帯のイメージがつきまといます。
 著者がモスクワっ子にそのイメージを尋ねてみると、「酷寒で暗い不毛の土地」とか「文明の発展から取り残された遠いところ」というような、およそ日本人の抱く印象と変わらないネガティブな返事が返ってくるそうです。
 さて、本当のところはどうなのか。
 なにせ、あのプーチンでさえ手は届かない場所というのですから。
 まあ、読んでみてけっこうビックリしましたわ・・・

 以前に「アガーフィアの森」というシベリアで発見された、宗教弾圧の余波を逃れて世俗を絶って深い森に何十年と暮らしていた一族の話を読んだのですが、あれと同じような人たちがまだたくさんシベリアにはいるようなんですね。
 文明と縁を切って、厳しい自然の只中で信じる宗教に一心にすがりながら暮らしている人たちが。
 さらには宗教とは関係なく人間関係の煩わしいロシアから飛び出た世捨て人や、ロシアが他国を併合した近世の昔から切り取り放題の農地を求めて移住してきた一族もいるのです。
 だいたい南シベリアですけどね。マイナス20度を超す極寒といえど狩猟の対象になる獲物は多いようです。
 畑も可能です。奥が深いのですね、シベリアは。
 これが北のほう、マイナス40度を超すような北極圏になるとまた話は違います。
 著者が旅したのはヤヌール半島。シベリア最北の先住民ネネツ人が遊牧生活しています。モンゴロイドです。
 8月中旬から雪が降るそうで、白夜もあれば一日中太陽が出ない季節もあります。
 こんなときは冬眠よろしくずっと寝ているそうです。暖炉の暖気を逃さないためか小屋の天井は2メートルしかありません。
 人が死ねばツンドラに埋めます。一度掘り返すと二度と苔は生えないそうで、埋葬場所だということがわかるそうです。
 本州の40%ほどの土地に、村役場はたった7ヶ所だけ。役場に行こうと思えば旅行ですよ。
 こんなところでのんびりトナカイの遊牧生活をしているのです、すごいですよ。
 気温が10度を超える短い夏は束の間の天国かと思いきや、蚊の大群に人もトナカイも悩まされて地獄だそうです。
 
 文化面も驚きがありました。
 その多彩な宗教ですね。イスラム教徒は多いです。
 元より17世紀初頭にロシアが入ってくるまでは、西シベリアはイスラム教を信仰するタタール人の土地でした。
 タタール人というのは、モンゴルが制覇していたときの名残の中央アジア人の総称ですね。
 1960年代のフルシチョフやブレジネフ政権のときにイスラム教は弾圧を受けましたが、プーチンが大統領になった2000年から、再びモスクが建設されるようになりました。なんでですかねえ。
 イスラム教だけじゃなくて、豊富な資金量を誇るロシア正教会もソ連崩壊後には積極的にシベリアに進出しています。他にも、仏教徒だっていますし、ユダヤ教徒、カトリックやプロテスタントだっています。民族の数のように豊富な宗教があり、だいたいにおいてシベリアに住む人々は信仰心が篤いような印象を受けました。
 ただ、著者が書いているように本書で驚いたのは、シャーマンだねえ。シベリア本来の土着の原始宗教のことですね。
 真面目なロシア政治学者が書いているのだからすべて事実なのでしょう。
 あえて記しませんが、現地で、そして本書を製作している過程において、数々の奇妙なことが起きています。
 私は、300ルーブルのお布施はちょっと少なかったのではないかと思いましたが・・・


 
 
 
 
 
 

「ラオスにいったい何があるというんですか?」村上春樹

 「ラオス(なんか)にいったい何があるんですか?」
 というヴェトナムの人の質問に対して僕は今のところ、まだ明確な答えを持たない。
 僕がラオスから持ち帰ったものといえば、ささやかな土産物のほかには、いくつかの光景の記憶だけだ。
 でもその風景には匂いがあり、音があり、肌触りがある。
 そこには特別な光があり、特別な風が吹いている。
 それらの風景が具体的に何かの役に立つことになるのか、ならないのか、それはまだわからない。
 結局のところたいした役には立たないまま、ただの思い出として終わってしまうのかもしれない。
 しかしそもそも、それが旅というものではないか。それが人生というものではないか。


 村上春樹の紀行文集。
 1995年から2015年まで、けっこう幅広い間に書かれた10篇の旅物語。
 この方は、相当な旅好きです。
 私、この方の小説かと思って読んだ「遠い太鼓」が海外滞在記で、これがまためっぽう面白かったのを覚えています。
 だから、これも楽しみにしていたのですがね。
 とんだ心得違いでしたわ。
 「遠い太鼓」は抜群に楽しかったですが、ハッキリ言って本作は駄作だと思います。
 妙に安っぽいというか、村上さんらしく音楽や料理にこだわっているんだけど、なんだか、ただの旅行記。
 「さすが村上春樹」っぽいところはありません。近所のおっさんでも書けると思う。
 この方、最近の小説のほうもいまいちぱっとしないように思うのですが、なんだか憑物が落ちたかのように、普通の人になっちゃったのかもしれませんね。
 つまんね。
 ただ、実用的ではあると思う。店の名前とか国の事情とか詳しいことが書かれていますから。
 たとえばニューヨークの穴場的ジャズスポットとか、アイスランドのガソリンの入れ方とかね。
 でもそれって、ほぼリアルタイムの情報じゃなければ、旅情報って意味ないんですよね。
 去年のガイドブックだって古臭く感じちゃいますから。
 だから、数年前どころか十数年前の実用的な旅行記を読んでも意味があまり感じられないのですが、逆に言えば雑誌に掲載された当時は新鮮だったかもしれません。
 でもまあ云わせてもらうなら、いくら村上春樹先生といえど、簡単に駄文を寄せ集めて単行本でポンと刊行しないでほしいですね。

 まあ仕方ないね、こういうときもあります。
 中身を少し紹介。
 タイトルの「ラオスがどうたら」云々の件は、ラオスの仏都であるルアンプラバンに行ったときに経由地のハノイで、ヴェトナム人から言われた言葉だそうです。私もあのへんらポチポチ旅行していたのですが、タイ人がカンボジア人を馬鹿にしてカンボジア人がラオス人を馬鹿にするみたいな構図があって、ラオスは確かに周辺国からクソ田舎だと思われています。
 私泊まっていたカンボジアのホテルで見たんですが、フロントにやってきた白人を愛想よく迎えていたスタッフが急に邪険になったのでどうしたのか後で聞いてみると、「ラオだってよ、ラオなんだよあいつ」なんて言ってました。なんで白人のラオス人がいるのかそのへんの話は複雑なので書きませんが、要するにまあ、そういうことです。
 あのへんで唯一の内陸国ですし、垢抜けていないのは間違いないですね。
 私の感覚では、ミャンマーの山の方とどっこいどっこいでしょうか。
 人口は日本の20分の1、GDPは、なんと鳥取県の3分の1しかありません。
 で、村上春樹が実際に行ってみたラオスは独自の文化を持つ素晴らしい場所だったと。
 あのあたりだと、村上さんの顔も溶け込んで違和感ないわな、きっと。
 他にもラオス以外9篇あります。
 ボストン2篇、アイスランド、フィンランド、ギリシャの島、ニューヨーク、トスカナ、ポートランド、そして熊本。
 熊本の記事は、去年の9月。18歳のときに一人旅して以来、48年ぶりに訪れた村上さんは熊本城の周りをランニングしたそうです・・・なんだかんだ本作を読んだのも、目次で熊本の文字が飛び込んできたから。
 ギリシャのミコノス島とスペッツェス島は、「遠い太鼓」の再訪になるので、合わせて読むと感傷的かもしれません。
 24年ぶりに訪れた彼の地は、すっかりバージョンアップして馴染みの店も代替わりしていました。
 あとはアイスランドの記事も、「アイスランドってこんな国だったのか」と初めて知ったようで面白かったように思います。
 パフィンていう鳥の顔が星野仙一に似ていると村上さんが書いていて、ネットで写真を観て吹いた(笑)


 
 

「よく晴れた日にイランへ」蔵前仁一

 ガイドブック「旅行人」で、知る人ぞ知る著名バックパッカーの蔵前仁一によるイラン紀行。
 蔵前仁一の本読むなんて何年ぶりだろ。
 もう70歳くらいになってるんじゃないかと思ったら、まだ60歳手前だったんですね。意外。
 昔、旅行人から出てたバングラデシュを貪るように読みました。
 当時は、バングラデシュのガイドブックなんて皆無でしたからね。
 成田からビーマンバングラデシュ航空という、貧乏旅行者御用達のエアラインが飛んでました。
 あれ、もうないんでしょうね。
 確かバンコク、チッタゴン、もうひとつどっかストップオーバーしてたような気がするなあ。
 今のバックパッカーはどんな手段で旅行してるんでしょうね。
 本書を読んで、イランに中国人の若いパッカーがたくさん来ているというのを読んで、本当に驚愕しました。
 確かに私が旅をしていた終盤のころは、地球の歩き方にそっくりなガイドブックを持った韓国人はチラホラ見かけましたが、中国人の個人旅行者に中国以外で会ったことはありませんでしたからね。
 時代はすごい勢いで変わっているのですねえ。
 同じ屋根の下に日本人と韓国人と中国人が泊まったら揉めるような気がするなあ(笑)
 まあ私の場合は、同じ日本人とも揉めてましたけど。

 さて、イラン。
 蔵前氏、24年ぶりのイラン旅行。イランを旅するに最高の季節は、天気がよく航空券も安い9月がベストだそうです。
 前回の旅の模様は「旅で眠りたい」という本に書かれています。私も読みました。
 ずいぶんと、イランも変わっているようです。
 カタール航空でドーハからテヘランに入った、蔵前さん夫妻。
 まず首都テヘラン、そしてタブリーズ、クルド人の街サナンタジ、絨毯のハマダーン、街そのものが遺跡であるカーシャーン、附近に奇妙な村があるエスファハーン、遊牧民カシュガイのいるシーラーズ、ゾロアスター教の聖地ヤズド、そしてシーア派最大の聖地であるマシュハド。
 ぐるっとイランを一周するような感じの旅行です。
 昔の蔵前さんの本では考えられないくらい写真がたくさん付いてまして、本当に綺麗。
 幻想的な砂漠の風景から、下の家の屋根が上の家の庭になっているような、アリの巣みたいな村の写真、そしてイランの美女まで、盛りだくさん。少なくとも、貧乏旅行用のガイドブックではありません。れっきとした紀行本です。
 小汚い安宿にも泊まっていません。というかゲストハウスみたいなのはないようですね。
 イランの美女で思い出しましたが、イランて女の人が真っ黒なヘジャブ(ずきんのような)やチャドル(全身を覆う)を着用しているイメージが強いですよね。そのせいで、すごく窮屈というか閉鎖的なものを感じます。
 実際には、まあ、日本のような世俗国家ではなくて宗教が人間の作る法律より上回る国家ですので、ちょっと変わった感じはありますけども、旅行するぶんにはまったく問題のない、楽しい国のようです。人も親切。治安も悪くない。
 タクシー以外の交通費がむちゃくちゃ安いそう。
 でも、巻末に物価とか載っていますが、東南アジアの国とかと比べると、やはり何もかも高いですね。
 西洋とアジアの中間くらいの予算でしょうかね。
 この本が出たのは去年なのでイランの経済制裁解除には間に合っていませんが、テヘランには経済制裁下でもソニーもアップルもサムソンも溢れていたようですから、これからさらにイランの経済というか国民の暮らしぶりは上向くはずです。
 おそらく、さらに物価は上がるでしょう。
 イランに行きたいと思っている方は、今が最後の行きどきかもしれませんよ・・・

 いま、ふと思い出したんですが、沢木耕太郎の「深夜特急」でもイランを通過していましたね。
 なんだかんだで、旅が出来る程度には常に安定している国なのではないでしょうか。戦争の時はあれだけどね。
 お隣のアフガニスタンやイラクはそれどころじゃなくなっちゃいましたから、イランの独自の存在感を感じますなあ。
 これも、体制的とはいえ宗教的な政治権力が強固なおかげでしょうか。
 反面、国民は多少窮屈なようで、この本でも出会うイラン人の「日本は自由でいいなあ」という声がたくさん載せられています。
 男性は、2年の兵役を終えなければ、パスポートももらえないし、結婚もできないし、家も買えないそうです。
 まあ、経済制裁が解かれたこれから、世界とどう向き合っていくかによって、また変わってくるかもしれませんね。
 意外ですが、イランは石油を輸入しているんですよ。
 国内ガソリン需要の40%は輸入です。イラン産の石油はガソリンには向かないものなんだそうです。
 精製能力も低いんだとか。
 日本はイランと独自の外交ルートを暖めていた国ですから、中国に何もかもかっさらわれないうちに、こそっとなんとかしなけりゃね・・・


 
 
 
 
NEXT≫
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (148)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (37)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (21)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示