「シベリア最深紀行」中村逸郎

 ロシアの中のシベリアなのか、シベリアの中にロシアがあるのか。
 世俗との関係を絶った最果ての集落から、不可思議で神秘な力を持つシャーマンまで、ロシア政治学者の著者が、プーチンでさえ手が届かないという広大なシベリアで想像を絶する生活を送る人々をリポートしたアンダーグラウンドなシベリア紀行集。

 シベリアとは、広義でいうとウラル山脈から太平洋岸までの東西約7千キロの地域をいうそうです。
 さらに西と東、極東ロシアの3つの地域に分類されますが、ハバロフスクなど極東の都市に住む人々はここをシベリアとは思っていないそうなので、一応、シベリアと極東の境は、バイカル湖東方600キロのチター市になるそうです。
 シベリア。うーん。
 極寒というか、地の果てのイメージですかねえ。シベリア鉄道とか。
 近年では、天然ガスや石油などの資源開発で注目されていますが、日本人にとっては6万人に及ぶシベリア抑留者が死亡した忌まわしき土地でもあって、なおさら暗黒地帯のイメージがつきまといます。
 著者がモスクワっ子にそのイメージを尋ねてみると、「酷寒で暗い不毛の土地」とか「文明の発展から取り残された遠いところ」というような、およそ日本人の抱く印象と変わらないネガティブな返事が返ってくるそうです。
 さて、本当のところはどうなのか。
 なにせ、あのプーチンでさえ手は届かない場所というのですから。
 まあ、読んでみてけっこうビックリしましたわ・・・

 以前に「アガーフィアの森」というシベリアで発見された、宗教弾圧の余波を逃れて世俗を絶って深い森に何十年と暮らしていた一族の話を読んだのですが、あれと同じような人たちがまだたくさんシベリアにはいるようなんですね。
 文明と縁を切って、厳しい自然の只中で信じる宗教に一心にすがりながら暮らしている人たちが。
 さらには宗教とは関係なく人間関係の煩わしいロシアから飛び出た世捨て人や、ロシアが他国を併合した近世の昔から切り取り放題の農地を求めて移住してきた一族もいるのです。
 だいたい南シベリアですけどね。マイナス20度を超す極寒といえど狩猟の対象になる獲物は多いようです。
 畑も可能です。奥が深いのですね、シベリアは。
 これが北のほう、マイナス40度を超すような北極圏になるとまた話は違います。
 著者が旅したのはヤヌール半島。シベリア最北の先住民ネネツ人が遊牧生活しています。モンゴロイドです。
 8月中旬から雪が降るそうで、白夜もあれば一日中太陽が出ない季節もあります。
 こんなときは冬眠よろしくずっと寝ているそうです。暖炉の暖気を逃さないためか小屋の天井は2メートルしかありません。
 人が死ねばツンドラに埋めます。一度掘り返すと二度と苔は生えないそうで、埋葬場所だということがわかるそうです。
 本州の40%ほどの土地に、村役場はたった7ヶ所だけ。役場に行こうと思えば旅行ですよ。
 こんなところでのんびりトナカイの遊牧生活をしているのです、すごいですよ。
 気温が10度を超える短い夏は束の間の天国かと思いきや、蚊の大群に人もトナカイも悩まされて地獄だそうです。
 
 文化面も驚きがありました。
 その多彩な宗教ですね。イスラム教徒は多いです。
 元より17世紀初頭にロシアが入ってくるまでは、西シベリアはイスラム教を信仰するタタール人の土地でした。
 タタール人というのは、モンゴルが制覇していたときの名残の中央アジア人の総称ですね。
 1960年代のフルシチョフやブレジネフ政権のときにイスラム教は弾圧を受けましたが、プーチンが大統領になった2000年から、再びモスクが建設されるようになりました。なんでですかねえ。
 イスラム教だけじゃなくて、豊富な資金量を誇るロシア正教会もソ連崩壊後には積極的にシベリアに進出しています。他にも、仏教徒だっていますし、ユダヤ教徒、カトリックやプロテスタントだっています。民族の数のように豊富な宗教があり、だいたいにおいてシベリアに住む人々は信仰心が篤いような印象を受けました。
 ただ、著者が書いているように本書で驚いたのは、シャーマンだねえ。シベリア本来の土着の原始宗教のことですね。
 真面目なロシア政治学者が書いているのだからすべて事実なのでしょう。
 あえて記しませんが、現地で、そして本書を製作している過程において、数々の奇妙なことが起きています。
 私は、300ルーブルのお布施はちょっと少なかったのではないかと思いましたが・・・


 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

「ラオスにいったい何があるというんですか?」村上春樹

 「ラオス(なんか)にいったい何があるんですか?」
 というヴェトナムの人の質問に対して僕は今のところ、まだ明確な答えを持たない。
 僕がラオスから持ち帰ったものといえば、ささやかな土産物のほかには、いくつかの光景の記憶だけだ。
 でもその風景には匂いがあり、音があり、肌触りがある。
 そこには特別な光があり、特別な風が吹いている。
 それらの風景が具体的に何かの役に立つことになるのか、ならないのか、それはまだわからない。
 結局のところたいした役には立たないまま、ただの思い出として終わってしまうのかもしれない。
 しかしそもそも、それが旅というものではないか。それが人生というものではないか。


 村上春樹の紀行文集。
 1995年から2015年まで、けっこう幅広い間に書かれた10篇の旅物語。
 この方は、相当な旅好きです。
 私、この方の小説かと思って読んだ「遠い太鼓」が海外滞在記で、これがまためっぽう面白かったのを覚えています。
 だから、これも楽しみにしていたのですがね。
 とんだ心得違いでしたわ。
 「遠い太鼓」は抜群に楽しかったですが、ハッキリ言って本作は駄作だと思います。
 妙に安っぽいというか、村上さんらしく音楽や料理にこだわっているんだけど、なんだか、ただの旅行記。
 「さすが村上春樹」っぽいところはありません。近所のおっさんでも書けると思う。
 この方、最近の小説のほうもいまいちぱっとしないように思うのですが、なんだか憑物が落ちたかのように、普通の人になっちゃったのかもしれませんね。
 つまんね。
 ただ、実用的ではあると思う。店の名前とか国の事情とか詳しいことが書かれていますから。
 たとえばニューヨークの穴場的ジャズスポットとか、アイスランドのガソリンの入れ方とかね。
 でもそれって、ほぼリアルタイムの情報じゃなければ、旅情報って意味ないんですよね。
 去年のガイドブックだって古臭く感じちゃいますから。
 だから、数年前どころか十数年前の実用的な旅行記を読んでも意味があまり感じられないのですが、逆に言えば雑誌に掲載された当時は新鮮だったかもしれません。
 でもまあ云わせてもらうなら、いくら村上春樹先生といえど、簡単に駄文を寄せ集めて単行本でポンと刊行しないでほしいですね。

 まあ仕方ないね、こういうときもあります。
 中身を少し紹介。
 タイトルの「ラオスがどうたら」云々の件は、ラオスの仏都であるルアンプラバンに行ったときに経由地のハノイで、ヴェトナム人から言われた言葉だそうです。私もあのへんらポチポチ旅行していたのですが、タイ人がカンボジア人を馬鹿にしてカンボジア人がラオス人を馬鹿にするみたいな構図があって、ラオスは確かに周辺国からクソ田舎だと思われています。
 私泊まっていたカンボジアのホテルで見たんですが、フロントにやってきた白人を愛想よく迎えていたスタッフが急に邪険になったのでどうしたのか後で聞いてみると、「ラオだってよ、ラオなんだよあいつ」なんて言ってました。なんで白人のラオス人がいるのかそのへんの話は複雑なので書きませんが、要するにまあ、そういうことです。
 あのへんで唯一の内陸国ですし、垢抜けていないのは間違いないですね。
 私の感覚では、ミャンマーの山の方とどっこいどっこいでしょうか。
 人口は日本の20分の1、GDPは、なんと鳥取県の3分の1しかありません。
 で、村上春樹が実際に行ってみたラオスは独自の文化を持つ素晴らしい場所だったと。
 あのあたりだと、村上さんの顔も溶け込んで違和感ないわな、きっと。
 他にもラオス以外9篇あります。
 ボストン2篇、アイスランド、フィンランド、ギリシャの島、ニューヨーク、トスカナ、ポートランド、そして熊本。
 熊本の記事は、去年の9月。18歳のときに一人旅して以来、48年ぶりに訪れた村上さんは熊本城の周りをランニングしたそうです・・・なんだかんだ本作を読んだのも、目次で熊本の文字が飛び込んできたから。
 ギリシャのミコノス島とスペッツェス島は、「遠い太鼓」の再訪になるので、合わせて読むと感傷的かもしれません。
 24年ぶりに訪れた彼の地は、すっかりバージョンアップして馴染みの店も代替わりしていました。
 あとはアイスランドの記事も、「アイスランドってこんな国だったのか」と初めて知ったようで面白かったように思います。
 パフィンていう鳥の顔が星野仙一に似ていると村上さんが書いていて、ネットで写真を観て吹いた(笑)


 
 

「よく晴れた日にイランへ」蔵前仁一

 ガイドブック「旅行人」で、知る人ぞ知る著名バックパッカーの蔵前仁一によるイラン紀行。
 蔵前仁一の本読むなんて何年ぶりだろ。
 もう70歳くらいになってるんじゃないかと思ったら、まだ60歳手前だったんですね。意外。
 昔、旅行人から出てたバングラデシュを貪るように読みました。
 当時は、バングラデシュのガイドブックなんて皆無でしたからね。
 成田からビーマンバングラデシュ航空という、貧乏旅行者御用達のエアラインが飛んでました。
 あれ、もうないんでしょうね。
 確かバンコク、チッタゴン、もうひとつどっかストップオーバーしてたような気がするなあ。
 今のバックパッカーはどんな手段で旅行してるんでしょうね。
 本書を読んで、イランに中国人の若いパッカーがたくさん来ているというのを読んで、本当に驚愕しました。
 確かに私が旅をしていた終盤のころは、地球の歩き方にそっくりなガイドブックを持った韓国人はチラホラ見かけましたが、中国人の個人旅行者に中国以外で会ったことはありませんでしたからね。
 時代はすごい勢いで変わっているのですねえ。
 同じ屋根の下に日本人と韓国人と中国人が泊まったら揉めるような気がするなあ(笑)
 まあ私の場合は、同じ日本人とも揉めてましたけど。

 さて、イラン。
 蔵前氏、24年ぶりのイラン旅行。イランを旅するに最高の季節は、天気がよく航空券も安い9月がベストだそうです。
 前回の旅の模様は「旅で眠りたい」という本に書かれています。私も読みました。
 ずいぶんと、イランも変わっているようです。
 カタール航空でドーハからテヘランに入った、蔵前さん夫妻。
 まず首都テヘラン、そしてタブリーズ、クルド人の街サナンタジ、絨毯のハマダーン、街そのものが遺跡であるカーシャーン、附近に奇妙な村があるエスファハーン、遊牧民カシュガイのいるシーラーズ、ゾロアスター教の聖地ヤズド、そしてシーア派最大の聖地であるマシュハド。
 ぐるっとイランを一周するような感じの旅行です。
 昔の蔵前さんの本では考えられないくらい写真がたくさん付いてまして、本当に綺麗。
 幻想的な砂漠の風景から、下の家の屋根が上の家の庭になっているような、アリの巣みたいな村の写真、そしてイランの美女まで、盛りだくさん。少なくとも、貧乏旅行用のガイドブックではありません。れっきとした紀行本です。
 小汚い安宿にも泊まっていません。というかゲストハウスみたいなのはないようですね。
 イランの美女で思い出しましたが、イランて女の人が真っ黒なヘジャブ(ずきんのような)やチャドル(全身を覆う)を着用しているイメージが強いですよね。そのせいで、すごく窮屈というか閉鎖的なものを感じます。
 実際には、まあ、日本のような世俗国家ではなくて宗教が人間の作る法律より上回る国家ですので、ちょっと変わった感じはありますけども、旅行するぶんにはまったく問題のない、楽しい国のようです。人も親切。治安も悪くない。
 タクシー以外の交通費がむちゃくちゃ安いそう。
 でも、巻末に物価とか載っていますが、東南アジアの国とかと比べると、やはり何もかも高いですね。
 西洋とアジアの中間くらいの予算でしょうかね。
 この本が出たのは去年なのでイランの経済制裁解除には間に合っていませんが、テヘランには経済制裁下でもソニーもアップルもサムソンも溢れていたようですから、これからさらにイランの経済というか国民の暮らしぶりは上向くはずです。
 おそらく、さらに物価は上がるでしょう。
 イランに行きたいと思っている方は、今が最後の行きどきかもしれませんよ・・・

 いま、ふと思い出したんですが、沢木耕太郎の「深夜特急」でもイランを通過していましたね。
 なんだかんだで、旅が出来る程度には常に安定している国なのではないでしょうか。戦争の時はあれだけどね。
 お隣のアフガニスタンやイラクはそれどころじゃなくなっちゃいましたから、イランの独自の存在感を感じますなあ。
 これも、体制的とはいえ宗教的な政治権力が強固なおかげでしょうか。
 反面、国民は多少窮屈なようで、この本でも出会うイラン人の「日本は自由でいいなあ」という声がたくさん載せられています。
 男性は、2年の兵役を終えなければ、パスポートももらえないし、結婚もできないし、家も買えないそうです。
 まあ、経済制裁が解かれたこれから、世界とどう向き合っていくかによって、また変わってくるかもしれませんね。
 意外ですが、イランは石油を輸入しているんですよ。
 国内ガソリン需要の40%は輸入です。イラン産の石油はガソリンには向かないものなんだそうです。
 精製能力も低いんだとか。
 日本はイランと独自の外交ルートを暖めていた国ですから、中国に何もかもかっさらわれないうちに、こそっとなんとかしなけりゃね・・・


 
 
 
 

「世界の辺境案内」蔵前仁一・金子貴一・鎌倉文也ほか

 立入禁止エリアや秘境、廃墟、未承認国家など、様々な理由により一般人がなかなか訪れることのできないアクセス困難なスポットを『辺境』として紹介した本。
 地球上にいまだ残る未踏の領域、知られざる世界のもうひとつの姿。

 本のサイズはB5判です。写真は豊富ですが、文章的中身は残念ながらちょっと薄いかな。
 表紙の写真はいったいなんだろうと思いましたが、マンセル要塞という第二次世界大戦の遺物だそうな。
 コラム的に取り上げられているものを除いて、紹介された“辺境”は全世界70箇所。
 サウジアラビアのイブの墓や北京の中南海、高野山の奥の院など一般人では絶対に行けないところの紹介もありますが、少々ハードルは高くても頑張ったら行けそうなところもあります。テーブルマウンテンとかね、ソマリランドとか。
 できれば場所を絞ってもうちょっとひとつの記事の内容を太くしてもらいたかったかなあ。
 まあでも、秋の夜長の暇つぶしにはもってこいかもしれません。
 写真は豊富だから、見ていて楽しいです。
 70箇所のうち、個人的に気になった場所の紹介をしておきます。

「ボディ・ファーム」
 アメリカ南部テネシー大学の一画にある1ヘクタールほどの立入禁止エリア。ここで何をしているかというと、死体の腐乱の研究。森みたいな場所にそのまま死体が転がっている。研究の成果は刑事事件などの死亡時刻推定に使用される。
「ハンフォード・サイト」
 西半球で最も汚染された、元プルトニウム製造所跡。冷戦の名残として大量の放射性物質が残された。
「北京地下城」
 核戦争の危機が囁かれた中ソ対立。北京の地下に600万人が避難できるシェルターが作られたという。地下8~18メートル、総面積は85平方キロメートルに及ぶ、北京地下の万里の長城。詳細は不明。
「アンダマン諸島」
 インド東部ベンガル湾に浮かぶ大小300の島々。そのなかの北センチネル島には、いまだ石器時代の暮らしをしているセンチネル族が推定で250人暮らしているが、島に近づく舟やヘリを弓矢で攻撃するなど徹底的に外部との交流を拒絶しているため、実態は不明である。漂流してこの島に辿り着いたものはただちに殺されるという。
「アトス山」
 北ギリシャにある時間の止まった場所。東ローマ帝国最後の領土と云われる。1046年以来女人禁制で、EUの是正勧告を無視し続けている、聖なる信仰の山。
「高野山奥の院」
 1.9kmの参道の先にある高野山最深部。限られた高野山関係者以外立入禁止。1200年以来、空海の食事が1日2回運ばれている。
「カラチョイ湖」
 ロシアン西南部ウラル地方にある世界最悪の放射能汚染湖。近づくだけで死ぬと云われる。
「ソマリランド」
 高野秀行の本で知られた、リアル北斗の拳状態の世界一危険な国にある奇跡の平和国家。
「チャダル」
 ヒマラヤの西の果て、真冬のみ現れる幻の道があり、その先に古くからチベット仏教を信仰する人々がひっそりと暮らす土地があるという。幻の道はチャダルと呼ばれ、ザンスカール川が凍りついてできたもの。
「エル・カミニート・デル・レイ」
 ダム建設のため断崖絶壁に作られた世界一危険な小道。高所恐怖症の方は絶対にムリ。
「ケマダ・グランデ島」
 サンパウロ沖の島。1平方メートルに1匹の割合で島固有の猛毒蛇ゴールデンランスヘッドが生息する。
「マクマードドライバレー」
 南極にある地球上で最も寒く最も乾いたエリア。最低気温マイナス68度、最大風速時速89メートルを記録。世界一塩分濃度が濃い不凍湖ドンファン湖もある。
「プリチャチ」
 1986年のチェルノブイリ事故によりゴーストタウンとなったウクライナ北部の街。現在は見学ツアーあり。
「セントラリア」
 ゴミの燃えカスが地下の石炭鉱脈に燃え移り、半世紀近く坑内火災が続いているゴーストタウン。アメリカ政府は住民の退去を強制し、すべてのインフラは停止しているにもかかわらず今も10人ほどの人間が暮らしているとされる。
「イブの墓」
 サウジアラビアのジェッダにあるアダムとイブのイブの墓。長さ120メートル、幅3メートル、高さ6メートルもあったとされ、古くからの文献にも載っているが、宗教的な理由から1928年に破壊された。1975年にはコンクリートで封印され、立入禁止となっている。
「スルツェイ」
 アイスランド沖。1963年に海底火山の噴火でできた地球で一番新しい島。1965年に植物が芽生え始め、1983年にはアザラシが繁殖し、1998年には灌木ができた。動植物の環境研究のため許可を得た研究者しか上陸が許されない。

 他にも、コラムに載っていたブータンにあるヒマラヤの未踏峰が気になりました。形状さえ不明だそうです。
 陸でこれだから、海はもっとえげつないモノがあるだろうね。



 
 

「アルピニズムと死」山野井泰史

 眼球が凍った、という言葉はさすがに私も初めて聞きました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
 世界的に有名なロッククライマーである著者は同じくクライマーで9歳年上の奥さんとふたりで、2002年10月、ギャチュン・カン(7896M)北壁に挑んだのですが、登頂に成功するも帰途で嵐に遭遇。恐ろしいまでに冷えたヒマラヤの7千メートルの夜。
 指は次々と石のように硬くなり、目が一時的に見えなくなる中、手探りで雪壁を降下しました。
 寒気と脱水で、奥さんはほとんどの指を失い、著者も右足すべての指、手は掌から2センチを残して薬指と小指を切断しました。
 しかし、生きて還ってきました。
 そして不自由になりながらも、現役でまだ見ぬどこかの山頂を目指しているのです。
 10歳で初めて本格的な山登りを南アルプス北岳で経験してから40年。若かりし頃、山の仲間から「あいつが一番死ぬ確率が高い」と噂されながら、2800回以上登りに出掛け、多くの仲間が次々と山で命を落としていく中、ついぞ還らぬ時のなかった著者。
 生きていることが不思議なほどの激しい登山を繰り返しながら、なぜ今まで死ななかったのか。
 生還者の綴る、アルピニズムと死。そして生。

 なぜ、著者が生き残ったのか、それは運もあるでしょうが、それだけではありません。
 抜粋すれば、胸の奥に見え隠れする狂的な熱を抑えながら、自分の能力を超えないように計算高く慎重に山を選び、状況を見極めることを実践してきた、と書いてありますね。
 つまり、臆病こそ勇者であり生還者である素質なのです。
 もちろん、素人から見れば、信じられないような危険な挑戦をしているように思えます。
 実際、ロッククライミングという言葉すらない1970年代中学生のときから山に打ち込んできた著者は、23歳でカナダ北極圏世界有数のビッグウォール・トール西壁の単独登攀に成功、1990年にはパタゴニアのフィッツ・ロイ冬季単独登頂に成功、1994年チョ・オユー南西壁アルパインスタイル・ソロでは47時間という短時間登攀の記録を打ち立てるなど、輝かしいクライマーとしての経歴の裏で、北アルプスの明神岳で40メートル滑落、南アルプス甲斐駒ケ岳では80メートル墜落、そして1998年にはマナスル北西壁で雪崩に吹っ飛ばされ、奇跡的に奥さんに掘り出されて助かるなど、何度も死にかけています。
 おそらく、自分の限界を見極めた上で、それを超える冒険の回数を制限しているということなのでしょう。
 海千山千なのですね。サイコロの1が連続して出るような確率には賭けない、ということです。
 
 まあでも、登山家という人種は、私にとっては理解しがたいですね。
 私もカトマンズで暇な時、ランタン・リルンに散歩に出かけたことありますけども、あれなんだっけ、なんて言うんだっけ、ハイキングでもウォーキングでもなくて・・・まあいいや、散歩でもじゅうぶん疲れて嫌になりました、寒いし。
 スポーツマンとしてはわかるんですよ。F1レーサーとか登山より危険でしょうからね。登山家だって自分の名前が残るから危険を犯しているんでしょう? 剣岳に明治の測量隊が初登頂したとき、なんと山頂に奈良時代の錫杖の先が落ちていましたが、その奈良時代の坊さんみたいに己の名を残さない純粋な気持ちから登山している世界的なクライマーは少ないでしょう。
 目立ちたがりなんだよ、たぶんね。
 歌にもあるでしょ、お嬢さん、山男に惚れるなよ、と。
 まあ、変人が多いイメージがありますね。イメージだけではないでしょ、きっと。
 本書にも、登山家あるいはクライマーと呼ばれる人種は、往々にして見栄を張りたがり記録を自慢したがる傾向があると書かれています。だいたい、エベレストにゴミを捨てるような奴もいますからね。信じられませんよ。
 
 どうして、登山家は性格が悪いクセに死に近づくのか? 著者の言がありますので、まとめてみます。
 山での死は決して美しくない。でも山に死がなかったら、単なる娯楽になり、人生をかけるに値しない。
 街では生を感じられない。死の危険を冒してこそ、生命が実感できるのだ。
 これはその通りなんでしょう。わかる気がします。
 そりゃ、街でいても交通事故で死ぬんですからね。
 著者だって奥多摩の自宅近くでジョギングしていて、クマに襲われ顔をかじられて死にかけました。
 登山に限らず、自らの生命を危険にさらすことのできる人って、死にそうな場所で死なないことにとてつもない快感を覚えているのではないでしょうか。快感が、死の恐怖に打ち勝つのでしょう。
 その快感こそが、生命を実感することなのでしょうね。
 あ、思い出した、トレッキングだ。
 私はトレッキングで十分。


 
 
 
 
NEXT≫
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (17)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (20)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (28)
中間小説 (21)
青春・恋愛小説 (30)
家族小説・ヒューマンドラマ (30)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (17)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (52)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (143)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (23)
スポーツ・武術 (22)
探検・旅行記 (19)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示