「SMAPはなぜ解散したのか」松谷創一郎

 アイドル歌手であり、トップ俳優であり、コメディアンであり、司会者であるという前例のない全方位型のスターユニットであったSMAPが、すったもんだ、紆余曲折の末に、2016年いっぱいで解散してしまいました。
 彼らはなぜ解散しなければならなかったのか?
 SMAP問題を通して、芸能界やマスメディアのみならず、現代日本社会の問題点を浮き彫りにするルポルタージュ。

 この本を読んで気付かされたこと、それが「SMAP解散? どうでもいいよ」と思うのは浅はかだということ。
 新聞にちゃんと載らないような芸能ネタはレベルが低いなんて決めつけてはいけません。
 なぜなら、芸能は立派な日本の輸出商品になり得るからです。
 KPOPや韓流ドラマに代表される韓国は、芸能の輸出だけで4千億円強も稼いでいるのですよ。
 日本なんて韓国に比べれば微々たるものですが、将来的に伸ばしていかなくてはいけない分野なのです。
 家電もこのザマですからね。儲けれるところは、儲けていかないと日本はこの先ジリ貧ですよ。
 ですから、「芸能? 興味ないね」ではいけません。
 貿易不均衡やエネルギー問題と同等に社会人ならば考えていかなくてはいけない事柄です。
 そして日本の現状の芸能界を理解するうえで、このSMAP解散事件は避けては通れない問題だったのです。
 はからずも、前時代的かつ硬直化している芸能事務所とテレビ業界などの関係や放送法の不備などが浮き彫りになったからです。

 SMAP騒動の要点は、報道でずっと「女性マネージャー」と書かれていたSMAP育ての親たる飯島三智さんのジャニーズ事務所退社に、木村拓哉を除く4人のメンバーが同調しようとしたことです。
 飯島マネージャーは、ジャニーズの落ちこぼれと言われて鳴かず飛ばずだったSMAPにずっと寄り添い、これほどまでのスターユニットに育て上げた生みの親です。中居正広と香取慎吾、草彅剛による1994年から20年間にわたる笑っていいともへの出演、木村拓哉による月9のブレイクを経て、96年からフジテレビで冠番組となった「SMAP✕SMAP」がスタートしたことで、彼らの立場は確固たるものになりましたが、一方では事務員という立場でジャニーズ事務所に就職した飯島の成功によって、事務所内にはメリー喜多川副社長の娘で次期社長である藤島ジュリー景子さんとの間に派閥問題が生まれました。
 ジュリー派の嵐はSMAPと絶対に共演しないとか、KinKi Kidsは中立であるとか、公然の秘密として派閥に端を発する確執が存在していました。このことは2015年1月の週刊文春によるメリー喜多川副社長へのインタビューによって否定すればするほど明るみに出てしまい、このときメリーさんが飯島を呼びつけて恫喝したことによって、彼女は退社を決意したそうです。
 結局、このクーデターは失敗に終わりました。
 2016年1月18日、不自然な謝罪会見がスマスマで生中継されましたが、一度くすぶった火の粉は消せず、2016年8月13日オリンピックの最中に2016年いっぱいでのSMAP解散を正式発表することになったのです。
 メンバー全員はジャニーズ事務所に籍を置いたまま解散しました。
 契約更新のタイミングは2017年9月。さてどうなるのか・・・
 
 これら一連のSMAP解散にまつわる報道によって、芸能界は公正な競争、取引において他の業界では考えられないことがまかりとおることが明らかになりました。タレントが自由に所属事務所を移籍できない、芸能事務所とテレビ業界との閉鎖的な関係性などです。たとえばNHKの紅白歌合戦の司会をSMAPに任せようとすると、ジャニーズ事務所に所属するSMAP以外の全タレントをNHKから引き上げさせるとジャニーズ事務所が言えばどうなるかという問題で、NHKは否定していますが実際には似たようなことを言われたのではないかとも噂されています。他のテレビしかりで、タレントを供給されていることもあってSMAP解散問題でテレビ局は突っ込んだ報道をすることができませんでした。
 タレントは事務所の奴隷ではありません。
 SMAPに限らず、タレントと所属事務所の問題がこれほど多いのはその構造に欠陥があるからです。
 韓国は芸能人の権利を護るために法律を改正しました。
 韓国の真似をせよとはいいませんが、、日本の政治家もSMAP問題についてニヤニヤしながらさも閑話休題のように答弁するのではなく、将来的な国家の経済戦略として取り組む姿勢を見せないと、妖怪のような芸能事務所の幹部たちの好きにさせてるようじゃあ、とても韓流は抜けませんよ。


 
 
 
スポンサーサイト

「スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ」中村竜太郎

 文春砲炸裂((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 著者は1995年から2014年までの約20年間、週刊文春編集部に籍を置いた中村竜太郎氏。
 NHK海老沢会長を辞職に追い込んだ2004年のNHKプロデューサー制作費横領事件、シャブ&ASKA事件などをスクープした、週間60万部を誇る猛者たちの巣くう文春編集部のなかでもエース中のエース記者だったそうです。
 現在はテレビなどでも活躍するフリーランスのライター。観たことないけど。
 現役の記者を辞めたので、顔を出せるようになったんですって。
 現役ならば、危ないし顔なんて出せないそう。
 まあ、最近の文春の活躍ぶりを見れば、命を狙われても不思議ではないですね。
 センテンススプリングの兵隊ならば。
 本書でも、取材の途中で変な業界ゴロみたいなのが出てきたり、安全な世界ではないなあと思います。
 まさにアンダーグラウンド。
 本書でも、書きたくても書けないことがいっぱいあったんだろうと思います、それは行間に・・・

 内容は、かつて著者がスクープした事件の裏話、表話など。
 タイトルにある「取材メモ」という言葉から想像するのとはちょっと違いますね。
 なにかしらフィルターがかかっているといいますか。うまいこと無難にまとめた、といいますか。
 それでも、全部で10ネタですが、なにかしら「これは初耳」みたいなことが書かれています。
 なかでも、シャブ&ASKAの話は生臭かったですわ。怖いといいますか。
 彼は福岡出身ですが、父が自衛官なので転勤が多く、その縁で北海道にいたときの同級生がヤクザになって、シャブの世話をするようになったんですって。1ヶ月30グラムだって。普通ならばとてもひとりで消費できる量ではないそうで、廃人寸前だったそうですよ。言動も行動もおかしくなって、チャゲ殴ったんだってね。
 私、文春は新聞とかの広告の見出しだけでお腹いっぱいなほうなので、あまり読まないのですが、どこまで記事には書いてあったんだろう。とにかくテレビのワイドショーとかでは、ここに書かれていることの3分の1もいきませんでしたわ。
 著者がASKAの件をキャッチしたのが2013年春だそうですが、薬物絡みは特に間違いは許されないので、慎重に慎重に仕事にかかったそうです。それでもどこかから情報が漏れるのか、火消しや情報操作しようとするゴロが出てきたそうですね。
 でも怖さでは、2004年のNHK紅白プロデューサー制作費横領事件(磯野克巳)のほうが上かも。
 この事件て、2001年に発覚してるんですよ、内部の人間が発見して。
 ところが、NHKは事件を隠蔽し、あろうことか発見して報告した人間を左遷して、横領した人物を栄転させたというんだから、もう開いた口が塞がりません。
 しかも、著者ら文春の追求で事件が明るみに出てからも、海老沢率いるNHKの隠蔽体質は変わらなかったというんだから驚く。
 この事件は知ってはいたんですが、まったく興味なかったので、今読んでビックリですわ。
 真面目にずっと受信料払ってましたよ、真剣に考えていなかったから。
 ほんと金をドブに捨てているのと同じだよね。NHKから金もらってる人間は何も言わないし。
 こういうことも、文春がほぼ命をかけて頑張ったからですよ。
 著者が粘り強く、不正を糺す姿勢を貫いたからこそです。
 
 これまではどっちかというと、こういう記者はずいぶん荒っぽいことしてんだろうなあ、いわゆる必要悪だろうなあと思ってましたが、本書を読んで、あんがい人間臭いんだなあと思いました。
 週刊誌も大変ですねえ。
 毎木曜日にプラン会議というのをやるらしいんですが、ここで記者は5つのネタを披露しなければならないそうです。
 毎週、自分で探しだした新鮮なネタを5つ、ですよ。ノルマ。
 その中から、編集長やデスクが記事の題材を選ぶのですね。
 著者は最初、震えたそうです。
 ほんと、休みなんてないですよね。戦場みたいなとこだと描写されていますが、その通りかと。

 センテンススプリング。また久しぶりに読んでみよ。


 
 
 
 
 

 
 

「激しき雪 最後の国士・野村秋介」山平重樹

 時の権力者が最も畏怖し、権力と闘い続けた新右翼民族派リーダー・野村秋介の生きざまと死にざまを追った迫真のノンフィクション。著者は、野村氏が朝日新聞本社で壮烈な自決を遂げるわずか10日前、熱海の温泉ホテルに共に家族旅行をしたという、親しい間柄であったアウトローライター・山平重樹。

 この方が今生きていれば何をしていたか、と思わせてくれる数少ない人物のひとりです。
 最後かどうかはともかく、「国士」という冠がこの方ほど似合う方はいません。
 もう20年前ですか。
 朝日新聞と喧嘩といいますか、野村氏一党は平成4年の参議院選挙に政党「風の会」を起ち上げて出馬しましたが、そのとき週刊朝日の誌上で「風の会」を「虱の会」と揶揄され、1年間ほど揉めていたのです。
 そして平成5年10月20日、朝日新聞東京本社役員応接室にて、朝日新聞社長と直々に会って謝罪を受け入れ、これにて手打ちかと思いきや、野村氏はやおら二丁拳銃を取り出し、皇居の方角に向かって拝礼を捧げたのち自分の胸を撃って自殺を遂げました。銃弾は3発発射されており、これは私の知らなかった事実でしたが、2発自分の胸に撃ち込んだ(弾は貫通して背中から出た)あと、トドメの1発をさらに胸に撃ったとのことです。
 本書の冒頭はここから始まります。現場での野村側、朝日側の列席者についても詳述されています。
 野村氏がこの後出席するはずだったシンポジウムにて野村氏の自決が報告されたときの動揺や、川崎の野村邸にて待機していた舎弟たちの動向についても、そこにいた人間の言質をとって書いてあります。
 まず、“死にざま”ですね、そこから、あのとき何があったのか、どうして野村氏が自決したのか、そこに至るまでの“生きざま”を、生前氏と信仰のあったたくさんの人物の証言をまじえながら、丁寧に掘り起すという構成になっています。
 神奈川県下有数の名門校に入学しながら横浜の愚連隊になり、人生の師となる人物に出会って民族主義に傾倒した青年時代。昭和38年7月15日、時の建設大臣河野一郎邸焼き討ち事件で懲役12年、そして出所後わずか706日で決行した昭和52年3月3日の経団連事件で懲役6年計18年の刑務所生活。創価学会、糸山英太郎を敵に回した武闘派のヤクザ後藤忠政との共闘。生前墓を建立した天台宗浄発願寺の塚越慈徳住職との出会い。そして、政治家をバカにしていた本人がまったく乗り気ではなかった参議院選挙出馬に至る経緯、野村氏の58年の人生の転機が網羅されています。

 私、この方の何が好きかというと、言行一致で荒っぽいことをしながらも殺傷はしないこと。
 テロリストではありません。
 交友は幅広く、右翼も左翼も問いません。「上はヤクザから下は政治家まで」、人の身分にまったくこだわらず誰に対しても態度が変わらないというのも、なかなか真似できることではありません。
 私欲がありません。自分の損得を度外視して一筋に主義主張を持って生きてこられた方です。
 その主義主張とは、戦後の偽の平和主義、営利至上主義、民族としての誇りをなくした日本人への糾弾でした。
 そして、誰にも真似出来ない死にざまを見せつけ、桜のように散っていった。
 この方が生きておればと思いながら、不条理ながら実はその死によって銘せられておるのですね。
 あれほど、意味のある死に方ができる人間はいないと思います。
 それでも、死に急いでいたとは思いません。
 自分の命を賭して、戦後巨悪の根源とばかり最後のターゲットにしたのはマスコミであり、あれから20年経った現在においてその正しさは慰安婦報道などで立証されつつあります。
 野村秋介は正しかったのです。ただし彼は朝日新聞の記者にも友人はいましたし、社長ら首脳を傷つける目的はありませんでした。それがこの方の、いわば正しい人間の深さ、今なお人々の記憶に残る所以なのです。

 俺に是非を説くな 激しき雪が好き

 惜別の 銅鑼は濃霧の おくで鳴る

 口笛の 悪漢悔いなし 雲の峯


 

 
 


 

「被差別のグルメ」上原善広

 路地のアブラカス、アイヌのキトピロ、粟国島のタンナー、在日の焼肉・・・
 食事から見えてくる、差別されてきた人々の「食文化」、営み。
 そして、消え行くソウルフードの残影を、上原善広が追う。

 フライドチキンが奴隷だった黒人のソウルフードというのは聞いたことありました。
 白人が食べずに捨てた手羽などを齧って食べられるようにディープフライしたのが最初らしいです。
 まあね、食べ物には悲しい歴史とか付き物ですからね。
 そういう意味では少し違いますが、コメだって被差別のソウルフードだと思いますよ、私は。
 あまり日本人は意識していないかもしれませんが、白人の黄色人種に対する差別は依然、根深いです。
 「アジア人は米でも食ってろ」とかね「コメツキバッタめが」とか、コメに絡められるパターンが多いです。
 私は一般の方より渡航経験があるほうですが、何度も嫌な目にあいました。
 これでも武道格闘技の黒帯を2本持っている暴力主義者ですから、一度カンボジア行きだったかな機内でうっとうし白豚がいたので空港を出たところで叩きのめしてやろうとしたこともありますが、その男をある国の国旗をつけた車が迎えにきていたので、逃げました。危険な国です、命あっての物種ですからね。
 中国なんかだと今はどうか知りませんが、反日ドラマをよくテレビでやっていましてね、それに出てくる日本軍の兵隊が「メシ!」っていつも怒鳴るんですよ。すると、その兵隊の前にドカッと大盛りの白ご飯が置かれる。兵隊はそれをおかずもなしにうまそうにむしゃむしゃ喰うのですが、毎日出てくる、この兵隊が。「メシ!」って。これはとんでもない偏見を生むと思いましたね。
 本書はもちろん、そういう視点からは書かれておらず、どちらかというと日本人に差別されてきた側からの視点で書かれているわけですが、私に言わせれば、世界で差別されている黄色人種、さらにその黄色人種の仲間から差別される日本人という構図もあると思うのですね。

 さて、能書きはおいといて本作。
 タイトル通り食べ物がテーマとなっていますが、別段、食欲をそそるようなものは出てきません。
 フク(肺)の天ぷら、菱の実、ヌク(鹿肉)、イラブー(海蛇)、タンナー(ソテツ)、などなど。
 肺は私も食べたことあるわ、福岡の中洲で。赤福って名前だったと思う。美味かった。
 鹿肉やイノシシなど野獣食は当たり前のように食べていますが、これは血抜きが上手に出来ているかどうかで、全然違いますから。臭かったらとんでもなく不味いですが、最近は、みんな地の抜き方が上手いというか、川で晒したりしますからね。
 イラブーやソテツなんかは、想像もつきません。きっと食べずに死ぬと思います。
 むしろ本書で興味深いのは食べ物ではなく、これまで知らなかった被差別の対象でしょうか。
 特に、北海道にアイヌとは違う少数民族がいたことを知りませんでした。びっくりした。
 ウィルタ(オロッコ)、ニブフ(ギリヤーク)といいます。元は樺太の北方少数民族です。
 彼らは、日露戦争の後で日本領になった南樺太に住んでおり、そのときに日本人になりました。
 ところが第二次世界大戦の敗戦で、南樺太は再びソ連の領域となり、彼らはその帰属を問われることになったのです。
 樺太に残るものが大部分だったでしょうが、中には日本人として生きていくことを選び、北海道に移住した者がいるのです。
 新天地で学歴のない彼らを待っていたのは、思いもかけぬ差別と肉体労働でした。
 ウィルタ(オロッコ)の最後の生き残りの老人に著者は会いにいきますが、最後まで本当の身分を明かすことを拒否されました。相当、ひどい目にあったのだと思いますねえ。
 ニブフ(ギリヤーク)は、3世紀頃から始まり13世紀頃に消滅したオホーツク文化の担い手であった可能性が指摘されています。
 彼らのソウルフードは、翻弄されたその民族の運命と共に、消え去りました。

 あとは韓国の被差別対象である白丁(ペクチョン。屠殺業者)の話とかかな、まったく知らなかったので勉強になりました。
 日本の焼肉は、在日と路地の食文化の融合の結果である、というのも著者が言うのならばその通りなんでしょう。
 この方、大阪体育大学卒業なんですが、なにを専攻していたんでしょうかねえ。
 書き物が特別上手とは思えませんが、その行動が妙に気になる方ではあります。



 
 

 
 

「コンビニ店長の残酷日記」三宮貞雄

 いまやコンビニは、全国で5万店以上、約70万人の従業員がいるという。
 街のインフラとして、現代社会において必要不可欠な存在になっている。
 年間来店者数は167億人超、年間売上高は10兆1千億円で百貨店を超え、スーパーに迫る。
 まさしく、平成の世の一人勝ち状態。
 しかし、一皮めくれば、コンビニ業界の実態やいかに!?
 本書は、40半ばで脱サラしてから6年間、ある中核都市の郊外のコンビニでオーナー店長として1日12時間働いているという著者による、悲哀憤怒に満ち溢れた実話のコンビニドラマである。

 私も学生のとき、3年間バイトしていました。
 緑色のところ。
 30半ばのオーナー夫婦は優しく、同じバイトの女の子にはフラれましたが、悪いイメージはありませんでしたね。時給は安かったですけど。廃棄の弁当ももらえてましたし。一番困ったのは、客に暴力団の方が多かったことかなあ。ゴルフ場が道の先にありましたから。無理に両替をしてくれと言われて揉めたことがあります。
 あとは別にないかなあ。強盗もなかったし。本部の野郎は嫌な奴でしたけど、平和でしたね。
 今ほど、新しいサービスもありませんでしたし。
 今でも、私の近くにはローソンとセブンとファミマが200メートルの近距離で競合していますが、緑に行きますね。
 まあ、私は生まれついての貧乏ですから、あまりコンビニで買いものはしませんが。
 高いですよね。スーパーやドラッグストアと比べて倍近くするものもある。
 本書を読んで、その理由がわかりました。
 なぜ、ドン・キホーテの売値よりコンビニの仕入れ値のほうが高いのか?
 じゃあ、ドン・キホーテで仕入れてコンビニで売ればいい。
 3・11震災のときに、物流が滞って、著者はこれをやったらしい。
 本部には嫌な顔をされたらしいですけど。
 如何に加盟店の売上を本部が吸い取るか、というシステムになってるんですね、今は。
 高い仕入れ値のリベートは、本部に還っているとのことです。
 コンビニ会計というのは特別で、これを読むまで知らなかったので、びっくりしました。
 廃棄の損て、加盟店の営業雑費に仕分けされるんですね。営業雑費は加盟店が支払います。
 売上高から売上原価(純売上原価)を引いた粗利から本部はロイヤリティーを吸い上げますが、その後に営業費は処理されるので、どれだけ廃棄ロスが出ようが、本部の儲けには関係ありません。オーナーの懐が寒くなるだけです。
 売れなかったけど、棚の賑わしにはなった、という考え方なのかな。
 まあ、これはわからないではないけど、本部が加盟店から吸い上げるロイヤリティーは、店が儲ければ儲けるほど吸い上げ率が上がるのですって。これは、おかしいですね。だから、コンビニはスーパーが閉店間際にやってるような半額見切り売りも、本部が嫌がるから大々的には出来ないのです。

 とてもじゃないですけど、これを読めばコンビニの店長なんて、とても出来ませんね。
 ある意味、今はドミナント(高密度多店舗出店方式)で競合店が同チェーンに関係なくどんどん近所にできる時代ですから、著者がコンビニの店長になるような人間を減らそうと思って、これを書いたのかもしれません(笑)
 それくらい、ブラックだねえ。
 バイトしているときには、あまり考えたこともなかったわ。
 これでは独立起業とは言えないですね、フランチャイズの奴隷ですね。
 でも、ここには書かれていませんが、メリットもたくさんあるのでしょう。
 「コンビニは人間ドラマの宝庫。人間が好きな限り、社会の役に立っている限り、この仕事はやめられない」と著者が言うところの他にも、きっと。
 それでも、一昔前と現代では、日本人は明らかに変わってきていると著者が感じているのは同感だなあ。
 コンビニはなめられるから、社会の第一線で、真っ先にそれを痛感しているでしょうね。
 昔から、コンビニの客には変なのがいましたけど、今では、普通の客も変になりつつあると思います。
 もちろん、コンビニの店員も、相当愛想の悪いのが増えましたから、それが客がキレる原因でもあるのでしょうが。
 人間、しょせんは他人同士なんだから、愛想が問題ですよね。肌あたり。人間性。
 いい人だとわかれば、多少ミスをしても、多少無礼があっても、普通の人ならば許してくれるはずです。

 自分が優しければ、相手も優しくなれる。
 礼儀を尽くすこと。それでも腹が立つことがあるのならば、そこでキレたらいい。他の店を使えばいい。
 コンビニには過剰なサービズを求めるほどの、体力はありません。
 ATMの操作くらい、自分で調べて自分でなんとかしましょう。


 
 
 
 

 
NEXT≫
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (17)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (20)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (16)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (13)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (28)
中間小説 (20)
青春・恋愛小説 (28)
家族小説・ヒューマンドラマ (29)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (17)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (20)
芥川賞受賞作 (18)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (52)
歴史・伝記 (29)
戦史・戦記 (30)
海軍戦史・戦記 (143)
物理・宇宙 (25)
生命・生物 (36)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (23)
スポーツ・武術 (22)
探検・旅行記 (19)
随筆・エッセイ (27)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示