「住友銀行秘史」國重惇史

 住銀の闇は日本の闇。

 カネはいったん借りてしまえば借りたほうが圧倒的に強い。
 銀行も調子よくばんばん融資をしていたくせに、いざ相手が不渡りを出しそう、つぶれそうということがわかると、地上げ屋、仕手筋のようなところに日本の一流銀行が融資をし、挙げ句につぶれてしまったという体を世間にさらしたくない。
 そこで追い貸しをする。借りる側もそれを利用してカネを引き出す。
 闇の勢力はまるで住銀を財布のように使ってカネを引き出していたわけだ。


 面白かった。読みだしたら止まらず、一升瓶を傍らに空が白むまで読んだ。
 下手なエンターテインメント小説、いや上手なのよりもよほど面白い、迫真の経済事件ノンフィクションです。
 といっても私は前に「イトマン事件の深層」という本を読んでいて、本書の内容であるところの戦後最大の経済事件といわれる「イトマン事件」の概要を知っていたからこそ面白かったのかもしれません。土台が出来ていましたからね。
 本書はいわば「イトマン事件」の主な舞台である住友銀行の内部のネタばらしであるので、事件のことをまったく知らない方が読んでも醍醐味は薄れるだろうなあ。しかし、ぜひとも予習をしてチャレンジするべきだと思います。
 本書にはそこまでする価値があると思います。

 イトマン事件というのを、私なりにざっくり言いましょう。
 伊藤萬というのは繊維を扱う中堅商社で、経営不振に陥り、メインバンクであった住友銀行が人員を送り込み、経営を再建しました。このとき、社長として送り込まれたのが、住銀の天皇と言われた住友銀行の磯田一郎会長の腹心の部下であった、河村良彦常務でした。
 余談ですが、河村常務は確か高卒であったと思います。住銀は実力主義の銀行であり、他にも高卒の取締役がいます。
 イトマンは、河村ワンマン体制のもと、多角経営に乗り出し、不動産に大きく注力しました。時はバブル景気の頃です。
 これが一時の成功の種であり、破滅の種であったと言えるでしょう。
 イトマンは不動産取引を縁として、闇の勢力に取り憑かれることになります。
 取り憑いたのは、自称不動産のプロである詐欺師・伊藤寿永光と在日韓国人フィクサーの許永中。
 ここが一番の謎なのですが、河村イトマンは怪しげな伊藤寿永光を会社の取締役として雇用しました。まさに獅子身中の虫となることも知らずに、こんなにあっさりと騙された。海千山千の住銀の遣り手バンカーがですよ。
 裏で何があったのか。これは今でもはっきりとしていません。
 磯田会長の娘さんの黒田園子さんは画商をしており、伊藤寿永光や許永中は絵画を高額で買っていました。
 後にこの絵画取引は、検察による捜査の突破口となるのですが、これが事件の発端であるのか経過であるのか判然としません。まあ、私は詐欺師にかかわらず強引に人間関係を求める人間がよく使う手口ではあると思う、身内を攻めて恩を売るというのはね。
 で、伊藤寿永光のやることは万事が絵空事の不動産取引で己のためにイトマンのカネを湯水のように使ったわけです。当然、バブルは弾けますからカネは足らずに親である住友銀行からも引っ張ってきました。すっかり河村社長も取り込まれており、住銀は身内である河村の言う通りろくに審査もせずにカネを融通していました。気づいたときには手遅れでした。結局、住銀は5千億円くらい騙し取られていたのです。
 住銀の内部の有志が「これはやばい」と動き出したのが1990年3月からで、磯田会長が辞任し、1991年1月25日に河村イトマン社長が取締役会議で電撃的に解任され、7月に河村元社長、許永中、伊藤寿永光らが逮捕されました。
 これが極めてざっくりですが、イトマン事件の一連の流れです。

 本書は、この一連の事件の流れで住銀内部に何が起こっていたのかを白日のもとにさらした暴露本です。
 事件から半世紀経って関係者の多くが物故したからこそ、世に出せた本です。
 ただの暴露本ではありません、著者は住銀内部で事件を至近距離から見ていた人物です。
 いや見ていただけではありません、陰の当事者であり、事件を大きく動かした内部告発者です。
 著者こそが、「あれは誰だったのだろう」とずっと正体不明であった大蔵省やマスコミ、銀行関係者に怪文書を送りつけて事件を明るみにした“X”の張本人であったのです。本来ならば墓場までもっていくはずの秘密でした。
 それだけに読み応えがあった。
 行内での権力闘争、陣取り合戦などイトマンを巡る状況は一刻の猶予も許されないのに、銀行内部では己の保身に汲々とする生々しい人間の性(さが)が描かれ、その体たらくに著者の熱い怒りが湧き上がります。
 河村社長電撃解任の下りは、思わず手に汗握った。
 それだけに、一見、調子のいい著者の書きっぷりも、ラストのオチを見ればしみじみとしてしまう。
 まるで半沢直樹のようだと思ってしまいました。
 これがもし、万が一著者が住銀の頭取にでもなっていたら、明かされることのなかった話なんですけどね。
 悪いヤツは当然追い出されると同時に、銀行のためとはいえ、あまりにも頑張りすぎた人間もけっして浮かばれることがなかったという。これが現実なんですね。
 結局、あとがきに書いてある通り、あまりにも頑張りすぎた著者は出世のハシゴを登ることはできませんでした。
 でも、著者はいま70歳過ぎですか、笑いながら臨終できると思います。それでいい。羨ましい。
 
 闇を覗くものは、闇に覗かれている。




 
 
 

 
スポンサーサイト

「電通の深層」大下英治

 業界世界一の単体売上高(1兆1600億円)を誇る広告代理店・電通。
 今、その巨艦「電通」が揺らいでいる。
 ネット広告不正取引事件、高橋まつりさんの過労自殺事件が明るみになり、社長退陣にまで追い込まれた。
 マスコミ・広告業界のガリバーは、どこに向かうのか。
 電通の悪しき習慣、謎の権力構造、そして日本の闇は電通の闇とまで云われる不都合な真実とは!?
 1981年にタブーに挑戦した問題作「小説電通」を著した怖いもの知らずの著者が、35年ぶりに電通の興亡と闇を追う。
 はたして電通問題の核心とは・・・

 電通の創業は明治34年にまでさかのぼります。
 当時は「日本電報通信社」といい、通信部門と広告部門の2本の柱をもつ会社でした。
 昭和11年に軍政の台頭で、通信部門が軍部の情報機関として独立(戦後、共同通信社と時事通信社となり現在に至る)。
 残った広告部門が、「電通」の前身です。
 戦後、軍部ファシズム政権に協力したとして公職追放指定会社とされましたが、カリスマ吉田秀雄第4代社長の獅子奮迅の活躍により、在野の優秀な人材を集め、先見の明によるテレビ・ラジオへの注力が功を奏して、瞬く間に他の追随を許さぬ巨大企業に成長しました。業界2位である博報堂との差はずいぶんあります。広告代理店というよりも商社のようです。
 国内のあらゆるメディアに隠然たる影響力を持ち、日本の“情報”を牛耳っています。
 
 本書は、著者が1981年に著した「小説電通」を併録しています。
 最近の世間をにぎわした電通に関わる事件を解説し、元電通関係者に取材した部分が3分の1、小説部分が3分の2。
 「小説電通」も、刊行に圧力がかかったというだけあって、おそらく事実に基づいた内容で、なかなか面白い。
 私のような国民の末端の底辺には、うかがい知ることすらできない世界ですが、スパイ小説のような業界ですね。
 クライアントに不祥事が起きれば、それを公表しようとするメディアに圧力をかける。
 メディアは、電通を介した広告料が利益ですから、おいそれと圧力を突っぱねることができない。
 結果、不祥事が揉み消されれば、やっぱり電通に広告を頼んでおいてよかったという図式になります。
 日本だけなんですってね、広告代理店の一業種多社制は。
 例えば、車でいうとトヨタ、日産、マツダ、スズキなどライバル会社すべてが電通を使っているということです。
 これがアメリカとかだと一業種一社制で、同じライバル同士が同じ広告代理店を使うことなどタブーです。
 どうしてここまで電通は巨大企業になり得たのか。
 それは事件で有名になった電通の鬼十則を創った、第4代社長吉田秀雄の力によるところが大きいかと思います。

 「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂するまでは・・・」の条文で有名な鬼十則。
 電通は、2017年度から社員の手帳からこの鬼十則を削りました。
 入社したエリートの鼻っ柱をへし折り、暴力も辞さない超体育会系体質が、電通という会社の伝統です。
 上司によるパワハラが直接の原因ですが、高橋まつりさんの過労自殺事件の遠因は電通という会社の体質でしょう。
 残業が100時間と云われていますが、実際には高橋さんの残業時間は200時間を超えていたのではないでしょうか。
 彼女が配属されていたのは、ダイレクトマーケティングビジネス局という、ネット広告の部門でした。
 最近急拡大しているネット広告ですが、電通は対応に立ち遅れていたそうです。
 そのために、部員に非常な負担がかかり、さらに高橋さんは新入社員だったために、あらゆる負荷がかかったのではないでしょうか。当然そこには、東大卒の女性社員に対するイジメの要素も大きかったはずです。
 実は、以前にも電通は過労で社員が自殺しています。
 高橋さんの事件の後で、電通は午後10時以降は本社消灯を義務付けるなど、変わろうとする姿勢を見せています。
 しかし、どうでしょうか。
 別に時間の問題ではないような気がします。働くことは悪いことではないのでね。
 まあ、これを機に電通の力が衰えることになれば、それが逆に一番望ましい形となって、電通を良くしていくと思うのですが、このまま権力にあぐらをかいたままだと、こんな外国ではちっとも儲けないくせに国内だけで偉そうに威張ってるような会社いらんと思いますわ。


 

「SMAPはなぜ解散したのか」松谷創一郎

 アイドル歌手であり、トップ俳優であり、コメディアンであり、司会者であるという前例のない全方位型のスターユニットであったSMAPが、すったもんだ、紆余曲折の末に、2016年いっぱいで解散してしまいました。
 彼らはなぜ解散しなければならなかったのか?
 SMAP問題を通して、芸能界やマスメディアのみならず、現代日本社会の問題点を浮き彫りにするルポルタージュ。

 この本を読んで気付かされたこと、それが「SMAP解散? どうでもいいよ」と思うのは浅はかだということ。
 新聞にちゃんと載らないような芸能ネタはレベルが低いなんて決めつけてはいけません。
 なぜなら、芸能は立派な日本の輸出商品になり得るからです。
 KPOPや韓流ドラマに代表される韓国は、芸能の輸出だけで4千億円強も稼いでいるのですよ。
 日本なんて韓国に比べれば微々たるものですが、将来的に伸ばしていかなくてはいけない分野なのです。
 家電もこのザマですからね。儲けれるところは、儲けていかないと日本はこの先ジリ貧ですよ。
 ですから、「芸能? 興味ないね」ではいけません。
 貿易不均衡やエネルギー問題と同等に社会人ならば考えていかなくてはいけない事柄です。
 そして日本の現状の芸能界を理解するうえで、このSMAP解散事件は避けては通れない問題だったのです。
 はからずも、前時代的かつ硬直化している芸能事務所とテレビ業界などの関係や放送法の不備などが浮き彫りになったからです。

 SMAP騒動の要点は、報道でずっと「女性マネージャー」と書かれていたSMAP育ての親たる飯島三智さんのジャニーズ事務所退社に、木村拓哉を除く4人のメンバーが同調しようとしたことです。
 飯島マネージャーは、ジャニーズの落ちこぼれと言われて鳴かず飛ばずだったSMAPにずっと寄り添い、これほどまでのスターユニットに育て上げた生みの親です。中居正広と香取慎吾、草彅剛による1994年から20年間にわたる笑っていいともへの出演、木村拓哉による月9のブレイクを経て、96年からフジテレビで冠番組となった「SMAP✕SMAP」がスタートしたことで、彼らの立場は確固たるものになりましたが、一方では事務員という立場でジャニーズ事務所に就職した飯島の成功によって、事務所内にはメリー喜多川副社長の娘で次期社長である藤島ジュリー景子さんとの間に派閥問題が生まれました。
 ジュリー派の嵐はSMAPと絶対に共演しないとか、KinKi Kidsは中立であるとか、公然の秘密として派閥に端を発する確執が存在していました。このことは2015年1月の週刊文春によるメリー喜多川副社長へのインタビューによって否定すればするほど明るみに出てしまい、このときメリーさんが飯島を呼びつけて恫喝したことによって、彼女は退社を決意したそうです。
 結局、このクーデターは失敗に終わりました。
 2016年1月18日、不自然な謝罪会見がスマスマで生中継されましたが、一度くすぶった火の粉は消せず、2016年8月13日オリンピックの最中に2016年いっぱいでのSMAP解散を正式発表することになったのです。
 メンバー全員はジャニーズ事務所に籍を置いたまま解散しました。
 契約更新のタイミングは2017年9月。さてどうなるのか・・・
 
 これら一連のSMAP解散にまつわる報道によって、芸能界は公正な競争、取引において他の業界では考えられないことがまかりとおることが明らかになりました。タレントが自由に所属事務所を移籍できない、芸能事務所とテレビ業界との閉鎖的な関係性などです。たとえばNHKの紅白歌合戦の司会をSMAPに任せようとすると、ジャニーズ事務所に所属するSMAP以外の全タレントをNHKから引き上げさせるとジャニーズ事務所が言えばどうなるかという問題で、NHKは否定していますが実際には似たようなことを言われたのではないかとも噂されています。他のテレビしかりで、タレントを供給されていることもあってSMAP解散問題でテレビ局は突っ込んだ報道をすることができませんでした。
 タレントは事務所の奴隷ではありません。
 SMAPに限らず、タレントと所属事務所の問題がこれほど多いのはその構造に欠陥があるからです。
 韓国は芸能人の権利を護るために法律を改正しました。
 韓国の真似をせよとはいいませんが、、日本の政治家もSMAP問題についてニヤニヤしながらさも閑話休題のように答弁するのではなく、将来的な国家の経済戦略として取り組む姿勢を見せないと、妖怪のような芸能事務所の幹部たちの好きにさせてるようじゃあ、とても韓流は抜けませんよ。


 
 
 

「スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ」中村竜太郎

 文春砲炸裂((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 著者は1995年から2014年までの約20年間、週刊文春編集部に籍を置いた中村竜太郎氏。
 NHK海老沢会長を辞職に追い込んだ2004年のNHKプロデューサー制作費横領事件、シャブ&ASKA事件などをスクープした、週間60万部を誇る猛者たちの巣くう文春編集部のなかでもエース中のエース記者だったそうです。
 現在はテレビなどでも活躍するフリーランスのライター。観たことないけど。
 現役の記者を辞めたので、顔を出せるようになったんですって。
 現役ならば、危ないし顔なんて出せないそう。
 まあ、最近の文春の活躍ぶりを見れば、命を狙われても不思議ではないですね。
 センテンススプリングの兵隊ならば。
 本書でも、取材の途中で変な業界ゴロみたいなのが出てきたり、安全な世界ではないなあと思います。
 まさにアンダーグラウンド。
 本書でも、書きたくても書けないことがいっぱいあったんだろうと思います、それは行間に・・・

 内容は、かつて著者がスクープした事件の裏話、表話など。
 タイトルにある「取材メモ」という言葉から想像するのとはちょっと違いますね。
 なにかしらフィルターがかかっているといいますか。うまいこと無難にまとめた、といいますか。
 それでも、全部で10ネタですが、なにかしら「これは初耳」みたいなことが書かれています。
 なかでも、シャブ&ASKAの話は生臭かったですわ。怖いといいますか。
 彼は福岡出身ですが、父が自衛官なので転勤が多く、その縁で北海道にいたときの同級生がヤクザになって、シャブの世話をするようになったんですって。1ヶ月30グラムだって。普通ならばとてもひとりで消費できる量ではないそうで、廃人寸前だったそうですよ。言動も行動もおかしくなって、チャゲ殴ったんだってね。
 私、文春は新聞とかの広告の見出しだけでお腹いっぱいなほうなので、あまり読まないのですが、どこまで記事には書いてあったんだろう。とにかくテレビのワイドショーとかでは、ここに書かれていることの3分の1もいきませんでしたわ。
 著者がASKAの件をキャッチしたのが2013年春だそうですが、薬物絡みは特に間違いは許されないので、慎重に慎重に仕事にかかったそうです。それでもどこかから情報が漏れるのか、火消しや情報操作しようとするゴロが出てきたそうですね。
 でも怖さでは、2004年のNHK紅白プロデューサー制作費横領事件(磯野克巳)のほうが上かも。
 この事件て、2001年に発覚してるんですよ、内部の人間が発見して。
 ところが、NHKは事件を隠蔽し、あろうことか発見して報告した人間を左遷して、横領した人物を栄転させたというんだから、もう開いた口が塞がりません。
 しかも、著者ら文春の追求で事件が明るみに出てからも、海老沢率いるNHKの隠蔽体質は変わらなかったというんだから驚く。
 この事件は知ってはいたんですが、まったく興味なかったので、今読んでビックリですわ。
 真面目にずっと受信料払ってましたよ、真剣に考えていなかったから。
 ほんと金をドブに捨てているのと同じだよね。NHKから金もらってる人間は何も言わないし。
 こういうことも、文春がほぼ命をかけて頑張ったからですよ。
 著者が粘り強く、不正を糺す姿勢を貫いたからこそです。
 
 これまではどっちかというと、こういう記者はずいぶん荒っぽいことしてんだろうなあ、いわゆる必要悪だろうなあと思ってましたが、本書を読んで、あんがい人間臭いんだなあと思いました。
 週刊誌も大変ですねえ。
 毎木曜日にプラン会議というのをやるらしいんですが、ここで記者は5つのネタを披露しなければならないそうです。
 毎週、自分で探しだした新鮮なネタを5つ、ですよ。ノルマ。
 その中から、編集長やデスクが記事の題材を選ぶのですね。
 著者は最初、震えたそうです。
 ほんと、休みなんてないですよね。戦場みたいなとこだと描写されていますが、その通りかと。

 センテンススプリング。また久しぶりに読んでみよ。


 
 
 
 
 

 
 

「激しき雪 最後の国士・野村秋介」山平重樹

 時の権力者が最も畏怖し、権力と闘い続けた新右翼民族派リーダー・野村秋介の生きざまと死にざまを追った迫真のノンフィクション。著者は、野村氏が朝日新聞本社で壮烈な自決を遂げるわずか10日前、熱海の温泉ホテルに共に家族旅行をしたという、親しい間柄であったアウトローライター・山平重樹。

 この方が今生きていれば何をしていたか、と思わせてくれる数少ない人物のひとりです。
 最後かどうかはともかく、「国士」という冠がこの方ほど似合う方はいません。
 もう20年前ですか。
 朝日新聞と喧嘩といいますか、野村氏一党は平成4年の参議院選挙に政党「風の会」を起ち上げて出馬しましたが、そのとき週刊朝日の誌上で「風の会」を「虱の会」と揶揄され、1年間ほど揉めていたのです。
 そして平成5年10月20日、朝日新聞東京本社役員応接室にて、朝日新聞社長と直々に会って謝罪を受け入れ、これにて手打ちかと思いきや、野村氏はやおら二丁拳銃を取り出し、皇居の方角に向かって拝礼を捧げたのち自分の胸を撃って自殺を遂げました。銃弾は3発発射されており、これは私の知らなかった事実でしたが、2発自分の胸に撃ち込んだ(弾は貫通して背中から出た)あと、トドメの1発をさらに胸に撃ったとのことです。
 本書の冒頭はここから始まります。現場での野村側、朝日側の列席者についても詳述されています。
 野村氏がこの後出席するはずだったシンポジウムにて野村氏の自決が報告されたときの動揺や、川崎の野村邸にて待機していた舎弟たちの動向についても、そこにいた人間の言質をとって書いてあります。
 まず、“死にざま”ですね、そこから、あのとき何があったのか、どうして野村氏が自決したのか、そこに至るまでの“生きざま”を、生前氏と信仰のあったたくさんの人物の証言をまじえながら、丁寧に掘り起すという構成になっています。
 神奈川県下有数の名門校に入学しながら横浜の愚連隊になり、人生の師となる人物に出会って民族主義に傾倒した青年時代。昭和38年7月15日、時の建設大臣河野一郎邸焼き討ち事件で懲役12年、そして出所後わずか706日で決行した昭和52年3月3日の経団連事件で懲役6年計18年の刑務所生活。創価学会、糸山英太郎を敵に回した武闘派のヤクザ後藤忠政との共闘。生前墓を建立した天台宗浄発願寺の塚越慈徳住職との出会い。そして、政治家をバカにしていた本人がまったく乗り気ではなかった参議院選挙出馬に至る経緯、野村氏の58年の人生の転機が網羅されています。

 私、この方の何が好きかというと、言行一致で荒っぽいことをしながらも殺傷はしないこと。
 テロリストではありません。
 交友は幅広く、右翼も左翼も問いません。「上はヤクザから下は政治家まで」、人の身分にまったくこだわらず誰に対しても態度が変わらないというのも、なかなか真似できることではありません。
 私欲がありません。自分の損得を度外視して一筋に主義主張を持って生きてこられた方です。
 その主義主張とは、戦後の偽の平和主義、営利至上主義、民族としての誇りをなくした日本人への糾弾でした。
 そして、誰にも真似出来ない死にざまを見せつけ、桜のように散っていった。
 この方が生きておればと思いながら、不条理ながら実はその死によって銘せられておるのですね。
 あれほど、意味のある死に方ができる人間はいないと思います。
 それでも、死に急いでいたとは思いません。
 自分の命を賭して、戦後巨悪の根源とばかり最後のターゲットにしたのはマスコミであり、あれから20年経った現在においてその正しさは慰安婦報道などで立証されつつあります。
 野村秋介は正しかったのです。ただし彼は朝日新聞の記者にも友人はいましたし、社長ら首脳を傷つける目的はありませんでした。それがこの方の、いわば正しい人間の深さ、今なお人々の記憶に残る所以なのです。

 俺に是非を説くな 激しき雪が好き

 惜別の 銅鑼は濃霧の おくで鳴る

 口笛の 悪漢悔いなし 雲の峯


 

 
 


 
NEXT≫
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (25)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (23)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (18)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (53)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (146)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (36)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (20)
随筆・エッセイ (29)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示