「ダブルマリッジ」橘玲

 あらすじ。
 桂木憲一は50歳。大手商社の五井商事の部長をしている。家族は妻・里美と愛する娘・マリ。
 憲一は、急な海外出張を前に、パスポートを再発行をしたことから、思わぬ事態に巻き込まれることになった。
 自分の戸籍が知らぬ間に修正され、婚姻の欄に妻・里美の他にもうひとつの名前が記載されていたのだ。
 その女性の名前はロペス・マリア。婚姻日は25年前の平成2年12月25日で、フィリピン国籍の注記があった。
 さらに数日後、憲一とマリアの嫡子として「桂木ケン」なる人物の名前が戸籍に記載されるにあたり、家族のパニックは最高潮に達する。不良外国人による戸籍の乗っ取りか!? あるいは・・・

 全然知らなかったのですが、外国の婚姻証明書は日本でも正式に通用します。
 しかも、何年経っても有効です。国際法で決められています。
 「わし日本に嫁はんおるし」と半ば遊びのつもりで現地女性と結婚式を挙げても永久に無効にはなりません。
 たとえばフィリピン政府の発行した日本人男性との婚姻証明書を持ったフィリピン人女性が、在マニラの日本大使館に相談に行き、身上書と婚姻届、出生届などの書類を納付して本省の領事課に届いた場合、本書はそれを夫である日本人男性の戸籍を管理している自治体に転送し、自治体は本人に戸籍を修正するよう催告書を送りますが、本人の返答がなかった場合、自治体は書類の管轄である法務局戸籍課に書類を回して、法務局で書類が外国政府による真正なものと確認されると、職権で戸籍にフィリピン人の妻の名前が記載されます。
 すでに妻の名前が記されていても、関係ありません。
 刑法には重婚罪がありますが、民法では配偶者のある者は重ねて婚姻ができないので当事者はその取消を請求できると定められているだけで、当事者による請求がなければ妻がふたりいてもそのままなのです。びっくりだわ。
 しかも、一度戸籍が修正されると、生半可には取り消しできません。
 ただ、本当にバカの日本人がフィリピーナを弄んで捨てたとしたら仕返しされても当然だと思いますが、もしも書類を偽造されたとなると恐ろしいですね。あなたの戸籍、大丈夫ですか?

 新日系フィリピン人という言葉があるそうです。
 2004年の8万人をピークに多くのフィリピン人女性が興行ビザで来日し、スナックやパブで働いていましたが、彼女たちと日本人男性の間に生まれた子どもたちのことです。
 彼らのなかには父親に認知してもらえず、母親の祖国であるフィリピンのスラムで乞食同然の生活をしている子もいます。
 彼らが日本の国籍を取ることができれば、その生活は一変する可能性があるのです。
 とすれば、そこにつけこむブローカーがいたとしても何の不思議でもありません。
 衰えたりといえど、日本人であることは人間らしい生活を営む最低限のパスポートでもあるのです。

 フィリピンパブねえ。
 リアクションが日本人の女の子より大きいので、酔っぱらいが楽しむにはいいかもしれない。
 純情というか、出が日本の地方とは比べ物にならぬほど田舎で貧乏だということもあるのかもしれません。
 そこは人間、いいところでもあり悪いところにもなるでしょう。なかなか消せない部分だからねえ。
 現在はビザの発給が厳しくなり、来日するフィリピン人女性は激減していますが・・・

 小説としては、作者の橘玲(たちばなあきら)さん自体が小説家本業ではありませんから、こんなもんかと。
 20÷5は4と、ちゃんと割り切れる章立ての構成ですよね。
 はじめに社会的なテーマありきで、あとはこの章は憲一が再びフィリピン行ってこの章はマリがケンと初めて会ってとかでただ文章を埋めていくという、文学的には何の面白みもない内容のエンターテインメントです。
 知恵はつくと思いますがね。人によりけりかな。


 
 
 

 
 
 
スポンサーサイト

「電王」高嶋哲夫

 あらすじ。
 小学校4年生でプロ棋士への登竜門・奨励会に入会したふたりの天才少年。
 相場俊之と取海創。
 かたや企業を経営する資産家の御曹司、かたや極貧の母子家庭に育った野生児。
 環境は違えども、同じ学校で出会ったふたりは共にプロ棋士を目指す一心同体の親友だった。
 しかし、12歳のとき、プロとなる4段への昇格をかけて戦った一戦を最後に、彼らは袂を分かつ。
 それから20年。その間、連絡することもなかったふたり。
 大学の情報工学科の教授となった相場は、人工知能の研究で世界の第一人者となった。
 一方、取海は七冠に二度も輝くなど、名実ともに日本棋界を背負って立つ最強の棋士となった。
 そして今、ふたりは将棋ソフト対人間と形を変え、20年の時を超えて宿命の対決に臨む。

 はい。
 あくまでも将棋がテーマなのですが、棋譜はいっさい出てこず、日進月歩の人工知能を取り巻く世界情勢や主人公であるふたりの人間の生き方を主要な背景としているので、将棋小説とは言えないと思います。
 私の個人的な感想によるジャンル付では、社会小説かなと思う。
 人間に挑戦する人工知能の話題については、かなりリアルと云いますか、今の感じそのままですしね。
 優秀な将棋ソフトとプロ棋士が戦う電王戦FINALも実際に行われていますから。
 作者が巻末で参考文献に挙げている「ルポ電王戦」は私も読んでいます。
 もう今度が最後だったかな。
 チェスや囲碁は最強クラスの人間とコンピュータが戦いましたが、結局、将棋は名人クラスがソフトと戦うことを拒みました。
 今となっては、別にコンピュータに負けることは恥でもなんでもないと思います。
 数十年前では有りえませんでしたが、コンピュータの計算速度とプログラム技術、人工知能の考え方自体も加速度的に発展していますから。ディープラーニングというのですか、コンピュータが経験を積んで賢くなっていくのですね。
 もう勝てないですよ。負けて当たり前だと思います。
 実際、ここ数年で、若手のプロ棋士はコンピュータに勝てなくなりました。
 前ならばコンピュータが混乱するような、将棋の定石からはあり得ない一手をあたかもコンピュータウイルスのように使用する作戦が功を奏したのですが、今ではそれも通用しなくなっています。
 逆に言えば、将棋を始めチェスや囲碁への挑戦が、人工知能の進歩を促したと言えるのではないですか。
 人間を上回るものを作ろうと、エンジニアたちは切磋琢磨したのですから。
 それが盤上を飛び越えて、私たちの実社会に役立つような応用の仕方が生まれるのであれば、とても有意義なことです。本作にあったように、難病患者を救う人工知能の研究とかですね。

 ラストも余韻が残って良かったです。
 あれでよかったと思います。
 私は相場が勝ったと思う。
 どちらが勝ってもふたりでソバを食べに行ったでしょうから、ハッピーエンド。
 将棋については、私は素人同然なのですが、小難しい棋譜があっても大概の人にはわかりません。イミフです。
 同級生に県チャンピオンクラスの奴がいたのですが、うんこが人間になったみたいな性格でしてね。
 とても教えてもらおうという気にはなりませんでした。
 でも穴熊とか中飛車とか三間飛車とか、そんなとこまではわかりますよ。
 本作を読んで今更でしょうが、ちょっと吃驚したのは、数学と将棋の深い関係性でしょうか。
 やはり天才のスポーツだなあと思いますね。
 最近までは、コンピュータが人間に最後まで勝てないのは囲碁だと言われていたように思うのですが、あっという間でした。感情がないほうが最後には勝つのが自然だと思います。麻雀とか特にそう思います。
 ですから、相場に一票。取海の感情の起伏の激しさはフラグ的に書かれていると思いますから。


 
 
 

「坂の途中の家」角田光代

 じっとり、ねっちょりした作品。
 脳が疲れる。アクが強い。新米ママが読んだら気分が悪くなるかもしれない。
 乳幼児虐待死事件の刑事裁判の裁判員に選ばれてしまった女性が、被告人である乳幼児の母親に、今の自分の境遇を重ね合わせてしまい、どんどん被害妄想が膨らんで、精神的に追い込まれていく物語。
 まあ、若干、ミステリーとも云えるかもしれない。
 少なくとも、今までの角田光代の作風というか、書いてきたものではありません。
 説明文には「八日目の蝉」「紙の月」に次ぐ作者の代表作となるべき作品、とありましたが私はそうは思いませんねえ。
 しかも、「八日目の蝉」は間違いなく角田光代の一番面白い小説ですが、「紙の月」はねえだろ(笑)
 どれだけたくさんの小説を書いてもすべて標準以上の作家ですが、本当に面白いのは2つ3つしかないなあ。
 作者のレベルアップを示した渾身の一冊「八日目の蝉」と、初期角田文学の代表格ろくでなし男と貧乏彼女の流れに繋がるたぶん「対岸の彼女」(違うかもしれない)、それに作者ならではの器用さが光る即身成仏の伝説を描いた傑作ホラー短編ひとつ。
 いずれも、大好きです。まあ、私の中ではなんやかやで十指には入りますから角田さん。
 万人受けはしないでしょうが、この方バックパッカーなので、初期にはそういう作品もあって共感できましたし。
 して、本作はどうなのか。
 とことん一生懸命に書いているのは、わかります。裁判員について勉強もしています。
 里沙子が文香を電車に置き残してしまったシーンなんて、繰り返し読んでもすごい上手い。さすがと思う。
 結婚はしましたが、子供はいませんよね? それなのにこれだけ新米ママの心理深層が書けるってさすがプロ。
 でも、面白くない。致命的に重苦しい。
 とてもでないですがエンタメとはいえないです。
 まあ、細かいとこは後にしてとりあえずあらすじ。

 山吹里沙子33歳。4年前に設計事務所に勤める2歳上の陽一郎と結婚。
 “くもりのなかった”陽一郎と、結婚するならこのひと、という出会いをし、居心地の良かった会社を辞めました。
 長女の文香は2歳10ヶ月。第一次反抗期のイヤイヤ真っ盛りです。
 里沙子は、母乳がでなかったこともあり、軽い育児ノイローゼ気味。
 それでもやっと落ち着いてきた、そんなとき、裁判所からの郵便物が・・・
 それは6週間後に開かれる刑事事件の裁判員候補者に選ばれたという通知でした。
 「まさか何十人もいる候補者のなかから選ばれないよ」という陽一郎の軽口も束の間、補欠ながら里沙子は裁判員に選ばれてしまうのです。補充裁判員は、判決公判こそ傍聴席になりますが、それまでの審理は正規の裁判員とまったく同じように毎日裁判所まで通わなければなりません。
 早起きして陽一郎と文香の朝食を作り、文香を陽一郎の実家である浦和まで送り届けて預かってもらい、東京に戻って裁判所の公判に出席し、終われば浦和まで戻ってぐずる文香を連れて帰るという慌ただしい毎日が始まるのです。
 担当する事件は、メディアを騒がした乳幼児虐待死事件。
 都内に住む30代の女性が、水のたまった浴槽に8ヶ月になる長女を落とし、帰宅した夫が見つけて救急車を呼び病院に搬送しましたが、すでに長女は死亡しており、女性が「泣き止まないのでどうしていいかわからなくなり、落としてしまった」と、事故ではなく故意にやったことだと容疑を認めたために殺人罪の疑いで逮捕された事件です。
 公判が始まってまもなく、被告の安藤水穂の境遇が、自分と似ていることに里沙子は気づきます。
 一見完璧そうに見える優しい夫。疎遠な自分の実家。かいがいしく世話をしたがる夫の実家、言うことを聞かない娘・・・
 ぐずる娘に八つ当たり、夫の一言に過敏に反応し、姑のおせっかいに不当な怒りを覚える。
 公判が進み、やがて里沙子は被告の水穂に自分を重ねるようになり、いつしか私も彼女のように娘にとんでもないことをしてしまうのではないか、夫は私を陥れようとしているのではないか、あるいは私は頭がおかしいのではないかという思いに取り憑かれるようになります。

 はい。
 結局、どういうことだったのでしょう。
 私の推測では、里沙子は思い過ごし、水穂は殺人でしょうね。
 ですが、いずれもグレーっぽいというか、結論を書かなかったところに作者の思惑があるでしょうし、読む人にとってはどうとでも取れるでしょう。私が推測した主な理由は、里沙子の再就職に陽一郎が反対しなかったこと、水穂の公判の服装が派手になったこと、この二点ですね。私には里沙子の被害妄想と過剰反応に見えましたし、真相はともかく娘の死んだ事件の公判で派手な服はないだろうと思いました。つまりですよ、里沙子と水穂は似ているどころか対称であり、里沙子はおかしく見えて普通の人、水穂は普通に見えておかしいという観点です。それを中間のグレーに引き寄せるのが作者の腕で小説の醍醐味であり、あるいは中間点であるグレーの一線は誰でも飛び越え得るという、錯覚を起こさせるのです。
 とはいえ、陽一郎が里沙子を下に見ている、見たいということはある程度真実でしょう。
 でもそれは、どこにでも転がっていることですし、人間の習性でしょうね。仕方ないことだと言えませんか。
 もちろん女性がこの話を読んでどう思うのか、それは私には永遠にわかりません。
 ひょっとしたら、この小説こそ角田光代の一代傑作だと感じるのかもしれません。
 「坂の途中の家」というタイトル、私は、誰もが人生の坂道で体験してしまう寄り道と読みました。
 そこで家庭を壊して坂を降りるか、辛抱して長く続く坂を登るか、それはあなた次第です。


「人魚の眠る家」東野圭吾

 「うちの家にいる娘は患者なんですか、それとも死体なんですか」

 本当に久しぶりに、冒頭から引き込まれる東野圭吾の作品を読みました。
 本作はいわゆる推理ミステリー小説ではありません。
 初めてかもしれません、この人の、こういうスタイルを読んだのは。
 ただし、この物語のバックボーンには社会的といってもいい大きな謎というかテーマがあって、それが抜粋して私が上に挙げたメッセージなわけですが、これをどう捉えるかによっては、読む人にとっては最大のミステリーになりうるかもしれません。
 科学的な題材を扱うことは、この作家の常ですけどね。
 今回のは、深みが違うような気がするなあ。哲学的な問題もはらんでいるわけだし。
 家族小説としても、母親の狂気ともいえる愛情を巧みに浄化して描き切り、高レベルなヒューマンドラマに仕上がっています。
 娘は治療を必要とする患者なのか、それとも必要としない死体なのか。
 ズバリ、本作のテーマは「脳死」です。
 
 導入。
 結婚8年目だが、別居して1年になる播磨和昌と薫子。
 離婚寸前の仮面夫婦だが、ある日、突然の凶報が舞い込む。
 長女で6歳の瑞穂が、プール事故に遭って意識不明の重体となったのだ。
 ふたりが病院に駆けつけたときには、長時間の呼吸停止により大脳の機能は、ほぼ完全に失われている状態だった。
 担当の脳神経外科医は、ふたりに臓器移植の意志を問う。
 世界的に見て日本の場合極めて特殊だが、現行の日本の法律では、子供が脳死と疑われる状態に陥った場合、親権者が臓器移植同意の意思表示をしない限り、脳死の判定は行われない。心臓の停止をもって死とみなされる。
 「脳死」の定義とは、脳の全機能が停止した状態である。
 現在の基準で脳死と判定された患者が意識を取り戻すまでに回復した例は世界にひとつもない。
 しかし、日本では、親の臓器移植同意の意思が表明されない限り、どれだけ医師が脳死に間違いないと心で思っていても、生きているということになって治療は続行される。臓器移植の意思を表明すれば、脳死判定のテストが2回にわたって行われ、そこで初めて脳死が確定すれば、ただちに治療は打ち切られるのだ。
 つまり、子供が生きているのか死んでいるのか、親が選べると言っても過言ではないのだ。
 長期脳死の状態になっている子供が日本にはいるという。脳は融解しているかもしれないのに、体は生きているのである。
 和昌と薫子は、野原に咲いていた四つ葉のクローバーを、他の誰かのために取らずに残しておいた心優しい瑞穂のことを考えて悲しみにくれながらもいったんは臓器移植を選択するのだが、最期の別れで瑞穂の弟で長男の生人が「オネエチャン」と呼びかけたときに、意識のない瑞穂の手が動いたように感じ、急遽、臓器移植を撤回した。
 脳波はまったくないが、瑞穂の様態は安定し、ついに在宅介護が可能となる。
 播磨家の場合、夫の和昌はBMI(ブレーンマシーンインターフェイス)、つまり脳や頚椎などの損傷で身体が不随になった患者に対して、脳からの信号でロボットアームなどの介助機械を動かせるようにする技術を研究している会社の社長だった。
 AIBS(人口知能呼吸コントロール)で人工呼吸器は取り外され、見た目は自発呼吸をしながらスヤスヤと眠っている状態になり、ANC(人口神経接続技術)によって脳の信号がなくとも、脊髄の反射を利用してこちらから筋肉を動かしてやることも可能になる。
 しかし母親である薫子の、娘は生きているという思いは信念を通り越してやがて狂気まがいとなっていく・・・
 娘は実は死んでいるのに、こちらが生かしているようにしているだけではないのか。
 家族はもとより、親戚や特別支援教育士、日本で臓器移植を待ちながらも制度に阻まれて外国での移植しか選択肢がない難病の患者などの、それぞれの「命の価値観」をまじえながら、物語は然るべき方向へと向かっていくのだが・・・

 はい。
 やっぱ読み終えて一番に感じたのは、薫子の愛かな。
 これは狂気ではない、愛だと思いました。
 それでも、最後にもう瑞穂の身体は抜け殻だからと言って病院に行かず葬式の準備に専念していたにもかかわらず、脳の解剖を拒否したでしょ? あれは、そうはいってもエゴがあったということだよね。
 つまり、脳が融解していたとすると薫子のこれまでが台無しになったということです。
 それが怖かった。実は瑞穂が空っぽだったとされるのが怖かったのです。
 脳から出る信号と心の関係。うーん・・・
 私は、瑞穂は生きていたと思います。
 タイトルは人魚の眠る家であって、人形の眠る家ではありませんからね。
 そういうことでしょ。


 
 
 
 
 

 
 

「カエルの楽園」百田尚樹

 我々は、生まれながらに罪深きカエル
 すべての罪は、我らにあり
 さあ、今こそみんなで謝ろう


 謝りソング(笑)
 百田尚樹の社会的寓話小説。風刺ですな。
 JAPANをナパージュ(NAPAJ)というカエルの国に喩えて、有事の際の是非を問うています。
 ナパージュ国のカエルたちは礼儀正しく、言葉は丁寧で親切なのですが、平和ボケしています。
 過去に大きな過ちを犯したこの国は、三戒(カエルを信じろ、カエルと争うな、争うための力を持つな)という金科玉条を持っており、みんながこれにすがって平和に暮らしているのです。ときには謝りソングなどを歌って踊ったりもする。
 ところが、ナパージュ国の崖の下には凶暴なウシガエルが棲息しています。
 そしてある日、突然ウシガエルが崖を這い上がってきたのです。

 まあ、いろんな見方があるとは思いますが、
 ウシガエル=中国、ピエール=在日、デイブレイク=朝日新聞、ハンニバル三兄弟=陸海空自衛隊、ガルディアン=売国奴仙谷由人として読みました、私はね。もちろん、あのワシはアメリカです。
 ローラは誰かな。最後ああなったから、齢は違うけど田嶋陽子として読めばいいんじゃないですかね(笑)
 はよデイブレイク死ねと思いながら読んでいましたが、一番愚かだったのは、誰だったかというと、ディブレイクなどに「そうだ!そうだ!」と追随した名も無き市民たち。これが一番バカ。
 右翼でも左翼でもいいんですよ。人には事情がありますからね。
 だからデイブレイクだって、あれも商売のうちだよ。右翼も左翼もしょせんは商売ですよ。
 でも自分の意見を持たず、よく考えもしないまま人の意見に引きずられるのが一番いけないのではないですか。
 この小説は現状の日本ですね、平和ボケを風刺しているわけですが、戦前は同じ構図でも逆に戦争ボケでしたからね。
 「いま戦わなくどうする!」みたいな雰囲気を暗に国民が作り上げてしまったのですから。
 現在は真逆で、「戦うなんてとんでもない!」ですが、これ、状態は右も左も同じということなんです。

 戦争は絶対にいけませんけどね。
 軍隊を持つことがイコール戦争ではありませんからね。軍隊は必要ですよ。
 私はどちらかというと、百田尚樹に考え方は近いです。嫌いですけどね、このハゲ。
 まあこの小説が面白いかどうかはともかく、いろんな方に、とくに青少年には読んでもらいたいとは思います。
 でもなんでカエルだったのでしょうかねえ。
 アリとかでもよかったんじゃないですか。
 私はカエルが大嫌いです。ちなみに飼猫もカエルが嫌い。ヌメッとしてて形が不気味だし、跳ねるし、嫌。
 野原でカエルを見つければ、主従ともども回れ右して退散することになります。

 ちなみに、私が読んだ中では百田尚樹の最高傑作は「ボックス!」。
 大阪の高校ボクシング部を舞台にした、青春スポーツ小説です。
 笑えるし、泣けるし、爽快です。たぶんまぐれで書けた、一大傑作だと思います。
 永遠のゼロや、海賊とよばれた男より、ダントツに抜けて面白かったと思っています。
 何より政治的じゃないのがいいですわ。


 
 
 
 
 
 
NEXT≫
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (25)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (23)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (18)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (53)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (146)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (36)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (20)
随筆・エッセイ (29)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示