「よるのばけもの」住野よる

 切なさ極まる傑作青春小説「君の膵臓を食べたい」で鮮烈なデビューをした住野よるの新作です。
 まあ、膵臓では私もしっかりと泣くべきところで泣かせてもらったわけですが、今回はどうでしょうか。
 この方は構成に特徴がありますね。
 ミステリーではないんですが、あっと驚かされるというか思いもよらなかったというか、物語に仕掛けがあります。
 それがただの青春小説とは一線を画する部分ですね。
 どこかで読んだような話なのですが、作者独特のアレンジがしてあるといいますか。
 本作は泣くべきところはありませんが、考えさせられる箇所が多いです。
 何度読み返しても、わからないところもあります。
 矢野さつきの喋りが読みにくいせいだけではありません。
 読む人によって解釈は異なるでしょう。

 簡単にあらすじ。
 深夜に突然、8つの目、6つの足、4つの尻尾を持つ変幻自在に大きさを変えられる化け物に変身する安達。
 いつもはそのまま海に行くのだが、宿題を忘れた中学校3年生の彼は、その姿のまま学校に忍び込んだ。
 すると、深夜の教室には、思いもかけない人間がひとりで遊んでいた。
 しかも「あ、っちー?」と呼びかけられた。
 こちらは化け物の姿なのに、変なところで区切る聞き取りにくい喋り方で。
 その人間とは、矢野さつき。
 鈍くて空気が読めなくてバカで、無視されても話しかけるのをやめず、いじめられてもにんまりと笑い、毎日を楽しそうにたったひとりで過ごしている、クラスの除け者である。
 そんな彼女が、深夜の教室でたったひとりくつろいだ様子で携帯ゲームをしていた。
 それは、いじめられるために休み時間も気が抜けない彼女が、唯一解放された学校を味わえる「夜休み」だった。
 安達は、自ら進んで矢野さつきをいじめることはないが、彼女を蔑むというクラスの仲間意識の囲いから出ることはなかった。
 だが、夜休みをふたりで過ごしているうちに、安達の心境に変化が現れる。
 それは、けっして目を向けることのなかった矢野さつきという人間へと踏み込む冒険だった。

 はい。
 私は、昼の部分を現実の出来事として、夜の部分をメタファーとして読むことにしました。
 つまり化け物なんていません。それは安達君の夜の顔、つまり昼の顔(学校での仲間意識の囲いの中で装う自分)とは違う心の素の部分ではないですか。彼は彼で苦しんでいたのです。ですから、能登先生から気を使われていたのでしょう。
 だいたい、夜に矢野さつきが教室に忍び込んでいること自体おかしいですから。
 化け物に変身するのはもっとおかしいですけど。
 じゃあ昼の部分で学校の生徒たちが怪獣の噂をしていることは何なのだと聞かれると、それは私も知らない(笑)。
 物語では化け物と矢野さつきの夜休みとして描かれることになったまったく別の出来事があったのかもしれません。
 安達が、井口を介して矢野さつきと深夜に電話でもしていたのかもしれないし、学校の付近で会ったのかもしれない。
 肝心なのは、人間の顔をしながら化け物の心を持っていた安達と怪獣の顔をしながら人を思いやる心を持っていた安達が、最期ドッキングして心安らかに眠れるようになったということですからね。人の見かけに騙されるなという教訓ではないかと思います。笠井しかり。まあ、本当の化け物は笠井かもしれないね。
 野球部の部室の窓を割ったり、中川の上靴を汚したりしたのは笠井か緑川双葉のどちらか。
 「誰に対しても頷くことしかできないくせに責任を勝手に感じて本人の代わりに仕返しをしているクラスメイト」という矢野さつきの言葉から、私は緑川双葉を推します。
 ですが、矢野さつきへの復讐を企てた中川をたしなめた笠井の様子からは、実は中川の上靴を捨てたのは笠井であって、サイコパス的な喜びを感じているという見方もあり得るかもしれません。
 まあ、そこらへんは人それぞれの読み方かな。もっかい読めば変わるかもね。
 ただ、この小説で一番残念なのは、矢野さつきがクラスで除け者にされることになった理由の弱さでしょうね。


 
 
 
 
 
スポンサーサイト

「放課後に死者は戻る」秋吉理香子

 鳴尾東高校2年A組に転入生がやってきた。
 2学期が始まって約2ヶ月、そろそろ文化祭かというこの中途半端な時期にやってきたのは・・・
 高橋真治。母は日本人、父はイギリス人というハーフのイケメン。
 言うまでもなく女子の視線は釘付けとなり、自分たちの仲間にしようと体育会系男子は目論む。
 しかし、担任の坂本先生の紹介を彼はちょっと不思議な思いで聞いていた。
 なぜなら、彼にとって2年A組の面々は初対面ではなく2ヶ月会わなかっただけだったからだ。
 実は、高橋真治は死んでいた。
 2ヶ月前の2学期の始業式の夜、地元の海岸の崖から落ちて死んだのである。
 ただ転落しただけではない。
 彼は、誰かに手紙で呼び出され、突き落とされたのだ。
 彼は、クラスの誰かに殺したいと思われるほど恨まれたり憎まれていたとは想像できなかった。
 しかし、2年A組の誰かに突き落とされたことは確信していた。
 誰が、何のために、自分を殺したのか?
 その謎を解くために、彼は還ってきたのだ。
 自分の机に花瓶が置かれている、このクラスへ・・・

 img043_convert_20150514164150.jpg

 期待せずに読んだことが逆によかったのか、面白かったです(*^_^*)
 ファンタジックでもありきたりの設定なんですが、クラスの雰囲気とかバックグラウンドが丁寧に書き込まれていたのがよかったですね。最後に向かうにつれて、いい意味で予想を裏切ってくれましたし。
 外見が違えばこんなに人生は違うんだとリードしながら、、最後で内面こそ一番と見事にひっくり返したのはうまい。
 ちょっと切ない余韻が残るところもいいです。
 私が一番気に入ったのは、
 きみは。きみはいなかったのか――
 の場面。グッときましたわ。
 改めて、最初の出会いの場面を読み返したりしましてね。そういうことだったのか、と。
 全体的に可愛くて社交的な女子が多い2年A組で、ただ一人地味で大人しく、孤立していた彼女。
 教室の移動も、昼の弁当もひとりぼっち。そして家族はいない。遺族年金目当ての遠縁の親戚に預けられた彼女の人生の、どこに希望があったでしょうか。辛かったでしょう。それでも、もう少し辛抱していれば・・・

 「暗黒女子」(カテゴリー学園ホラー・ミステリー参照)に続いて本作も学園ものですが、しばらくこの路線でいってもらいたいと思います。こういうのは、辻村深月や恩田陸がもう書かなくなりましたし、白河三兎がもうサッパリなんで、書き手がいないんですよね。少しまとまり方が小さいというか、作品のスケールが大きくないのでビッグ・ヒットはないと思いますが、秋吉理香子はこれからの学園ホラー・ミステリー系の旗手だろうと思います。シリーズ物もいいかも。
 期待しています。


 
 
 

 
 
 
 

「暗黒女子」秋吉理香子

 この学校はわたしのもの。私が主役で他は脇役。
 可憐な微笑みの裏側で、少女は悪魔の舌を出す。
 シャンデリアの明かりが消えたとき、うら若き乙女たちの仮面の告白が始まる。
 主よ、罪深き彼女たちを赦したまえ・・・究極のお嬢様学校で繰り広げられる女子会系学園ミステリー。
 アーメン。

 
 img013_convert_20131007203935.jpg

地元で有名な、ミッション系のお嬢様学校である聖母女子学院。
 清楚で可愛らしい制服、キリスト教を軸とした凛とした校風。すべての女生徒の顔が輝いてみえる。
 初等部から短大までの一貫教育を行うこの女子校は、校舎も、併設された修道院も、年月は経っているものの、まるで日本にあるとは思えないような、洒落た造りとなっている。
 中でも、高等部の文学サークルが使用する、別館校舎一階の文学サロンは、バカラのブラック・シャンデリアが輝き、アンティーク調の高級家具、希少品の陳列されたシェルフ、さらには本格的な調理器具を備えたキッチンまで完備していた。
 全ての女生徒が羨むこの特別サロンは、学院の経営者を父に持つ白石いつみの肝いりで作られた。
 初等部の少女までが憧れる、とびきり美しくて聡明ないつみが会長となり、彼女と初等部時代からの親友である澄川小百合が副会長となって、ふたりだけで始まった文学サークルは、スカウトによりやがて7人となる。
 いつみのクラスメイトで一流私立大医学部を目指す3年B組古賀園子は、学院のイースター祭実行委員長でもある、理系の才媛。ライトノベルの文学賞を受賞した現役女子高生作家、2年C組高岡志夜はフランス帰りの帰国子女。有名な老舗料亭で生まれ育ち、文学サロンのキッチンでデザート作りに腕を振るう2年B組、小南あかね
 いつみが短期留学で知り合ったことが縁となって東欧ブルガリアからやって来た、日本好きの留学生ディアナ・デチェヴァ。両親が離婚し、生活は貧しいが、奨学金制度で高等部に編入してきた成績抜群の1年A組二谷美礼
 そして事件は起こった。
 いつみがテラスから落ちて、血まみれで花壇に倒れていたのである。
 その陶器のように白い手には、なぜかすずらんの花を握りしめていた。
 謎だらけの彼女の死は、文学サークルのメンバーの誰かが殺したと噂された。
 そして始まる、文学サークル学期末定例の『定例闇鍋朗読会』(゚д゚)
 照明を消して真っ暗な中で、何が入っているのか定かではない闇鍋をいただきながら、それぞれの創作してきた小説を朗読するのである。暗闇の中で声だけで聴く物語。視覚を奪われ、五感に裏切られながら感じる創作小説。
 今回のテーマはズバリ「いつみの死について」。文学サークル会長にして学院経営者の娘であり可憐で聡明だった美少女白石いつみは、なぜ死ななくてはいけなかったのか?
 そして本当に、このなかの誰かが彼女を殺したのか?
 ゴージャスな特別サロンで、闇鍋という不思議な雰囲気のなか展開される真実と虚構の世界。
 華やかなミッション系女子校の裏側で繰り広げられる、美しくうら若き罪人たちの、命がけのサバイバル!

 なんでだろ、154ページであらましの謎がわかってしまいました。
 私が気づいたくらいなので、多くの方が「そういうことなんじゃないの」と推理できたんじゃないでしょうか。
 あと設定は、この学院の構造といい、現実味はありませんでしたが、これは小説ですからねえ。
 現実にありそうな学園を舞台にして、現実にありそうな事件を小説にしても面白いとは限りませんから。
 朗読会という形式で、一人ひとりのいわば“容疑者”が自作の小説を披露しながら他人に罪をなすりつけるという、ま、どっかで見たような気もする(笑)手法なんですけども、面白かったんじゃないでしょうか。
 女子校というか、女子高生の友情というのはまさにギリギリのところのサバイバルなんでしょうね。
 ふわりとした可憐な笑顔の裏側には、魔女のように醜悪な感情が潜んでいたり・・・
 ああこわ。


 

「Another」綾辻行人

 再読です。4年くらいまえに読んだのかなあ。見事なくらいに内容を覚えていませんでした。
 ですから、情けない話ですが、とっても新鮮な気持ちでワクワクしながら読み進めることができました。
 そして、あらためて本作が学園ホラーの屈指の名作であることを再確認した次第です。
 著作は半分も読んでいませんが、綾辻行人の代表作といってもいいんじゃないのかなあ。面白いですよねえ。
 来月でしたっけ?続編が出ると聞いています。「AnotherエピソードS」、だったかな。
 Sとは何なのでしょうか。それも少し気にしながら読みましたが、思い当たるようなところはなかったですね。
 生徒として一番最初に犠牲となった桜木ゆかりのS、物語のクライマックスの舞台となった合宿所「咲谷記念館」のS。どれも関係ないんだろうなあ。ひょっとしたら、本作の内容には直接的な関連がないのかもしれませんし。
 
 まぁ、それはおいといて、本作『Another』はどうしてこんなにドキドキさせてくれるのでしょうかねえ。
 恩田陸が書きそうなテーマでもあるのですよ。学園が舞台で、あるクラスが呪われていて、次々と不思議なことが起こり、生徒が死んでいくという。でも恩田陸が書いていればどこかでストーリーが破たんしたに違いないと思うんです。ラストであんな思い切ったことも出来ないでしょうし。綾辻行人だから、プロットもしっかりしており、伏線の張り方もさりげなく絶妙で、クラスに紛れ込んだ“死者”はいったい誰なのか?という鳥肌が立つような謎を読者に追いかけさせてくれたのだと思います。ひとりだけ死者がクラスに紛れ込んでいるんですが、関係者の記憶や知識、実存する書類などが事実と歪曲されて、誰も、肝心の死者である本人さえわからないのです。実は、私、うっすらとですが誰が死者であるのかを覚えていたんですが、それでも面白かったです。逆に自分の記憶のほうを怪しんだくらいです。
 もちろん、クラスに死人がひとり紛れ込んでいる、そのことによってどうして災厄が次々起こるのか、また25年前から夜見北の3年3組にだけ祟っているこの呪いだが毎年起こるわけではない、それはなぜか、という疑問に対する答えはありません。それはそれで別にいいのです。エピソードSで明らかになるかもしれないし、その次の続編で、もしくは永久にほったらかしかもしれませんが、それは本作を読んで面白いと感じた読者が突き詰める話題ではありません。なぜなら、本作が面白いのは、学園ホラーとしての王道パターンといえる“制約”が存在しているからです。
 いわゆる学園の七不思議もそうですね。順繰りに卒業していくから流動的でもありますが、基本的に学園というのは閉鎖的なんです。外界とは一線を画した世界なのです。ですから、今回の謎にしても、呪われている3年3組の面々はそれを自分たちの手で防ごうとします。ここで警察が出張ってきたら話はぶち壊しですから。
 具体的には、呪いが発生したのは25年前ですが、対処法が見つかった10年前から夜見北中の3年3組は申し送り事項として後輩たちに伝えていることがあるのです。それは、誰にもわからずに死者が4月から紛れ込むのだから員数合わせとして誰かひとりを徹底的に無視していないものとしてしまう、というものでした。
 これで実際に呪いのある年の4回中2回は阻止に成功しているのです。対策係やクラス委員、担任の先生を中心とした3年3組の生徒たちは真面目に取り組むのですが、ほころびが出て破たん、苦闘の闘いが始まってしまうのです。一見、バカらしいと思える仮定ですが、そういう学園ストーリーならではの“縛り”があるからこそ、面白いのですよ。
 1年の途中で災厄を止める方法を見つけた15年前の生徒が、教室の清掃道具を入れるロッカーの天井に秘密を吹き込んだカセットテープを隠したなんていうエピソードも、学園ならではの仕掛けで最高でした。

 物語の触り。
 山間の地方都市・夜見山市にある夜見山北中学3年3組は呪われていると云われる。
 ことの起こりは、26年前の1972年だった。学業優秀でスポーツ万能しかも容姿端麗な人気者の生徒ミサキ(夜見山岬)が、3年3組に上がって15歳の誕生日を迎えて間もない1学期に航空機事故で死んでしまったのである(事実は原因不明の火事。隕石説アリ)。ショックを受けたクラスメイトたちは、「ミサキは生きている」というフリを卒業までし続けた(このときの担任・千曳辰治も協力)。その結果、卒業式のあとで撮ったクラスの記念写真にミサキが映り込んでしまったのである。呪いと云われる現象は次の年から起こった。
 クラスに誰なのかわからない一人の人間が増えてしまうのだ。そうしたら毎月、クラスの生徒や家族が死に始めた。1973年には3年3組の生徒や二親等以内の家族が16人も死んでしまったのである。
 毎年あるわけではない。しかし、いったん始まれば毎月クラスに災厄が振りかかるのだった。
 15年前の1983年には夏休みにクラスで合宿を張り、夜見山の神社にお参りをしたが惨事は止まらないどころか帰途に悲惨な事故が起こった。そして10年前、誰かが見つけたという秘策。それはクラスの一人をいないもにしてしまうということだった。人数の帳尻を合わすことによって紛れ込んだ一人=死者が招き寄せるその年の災厄を防げるのだ。この“おまじない”が代々の3年3組に言い伝えられてきた。
 いないもの、にされた生徒には絶対にいるものとして接してはいけない。イジメとは違う儀式的な完全無視である。しかし、この年、1998年はイレギュラーだった。榊原恒一という生徒が東京から転校してきたのである。しかも、彼は気胸という肺の病気を抱えており学校に出てくるのがゴールデンウィーク明けにずれ込んだ。
 このため、クラスで決められた秘密の伝達事項を説明するタイミングが失なわれてしまったのである。
 いないものにされたのは見崎鳴という義眼で眼帯をした女子だった。しかし、恒一は偶然に病院で鳴を見かけていたために、初めて登校するやいなや、クラス委員や担任、対策係が事情を説明するより早く、いないはずの鳴に話しかけてしまったのである・・・
「気をつけたほうがいいよ、もう始まっているかもしれない」
 見崎鳴の言うことは恒一にとって謎だった。しかし、5月末の中間試験の最中、家族の訃報を受けた女子のクラス委員長桜木ゆかりが慌てて階段を駆け下りる途中に足を滑らせ亡くなってしまう・・・
 おまじないの効果は解け、3年3組の恐怖の1年が始まったのだった。

 榊原恒一 東京の有名私立中学の生徒、1年間の期限付きで母方の祖父母がいる夜見山に転校。母は15年前死亡。
 見崎鳴  人形師麗果の娘(実は養女)。左目は義眼で、死者の色を見抜くことができる。藤岡未咲とは実は双子。
 三神怜子 恒一の亡くなった母の11歳下の妹。夜見北の美術教師で3年3組の副担任。1985年の3年3組。
 千曳辰治 第2図書室の司書。1972年の3年3組担任。その後の災厄の観察者。
 風見智彦 クラス委員長。 勅使河原 茶髪でお調子者。 望月優矢 美術部。
 水野沙苗 恒一が入院していた病院の新人看護師。3年3組の水野猛の姉。
 松永克己 15年前合宿に参加。死者を死に還す方法をカセットテープに収める。
 
 
 
 

「アルバトロスは羽ばたかない」七河迦南

 「七つの海を照らす星」(カテゴリー学園ホラー・ミステリー参照)の続編です。
 事件自体は関係ないんですが、時系列と舞台、キャラクターが色濃く関係しているので、前作を読んでおかなければ面白さは半減するかもしれません。ラストがそういう形になってますからね。よくシリーズものでも途中から読んでOKというのがありますが、これはちょっとそれはオススメできません。
 そしてまあ、前作より面白いと思います。というか、凝った作りですよ。これだけ凝った作りの小説はなかなか目にすること出来ませんねえ。本編を通したひとつの大きな謎があって、合間で小さな事件を4つほど交えているのですが、微妙な重なり具合とバランスが絶妙だと思いました。まさにプロの作品である、と。前のより読みやすいですし。
 ミステリーというか推理の謎解きにしても、まんまとやられました。確かに、おかしいような気はしていました、普通に読んでいても語り手が誰であるかということに、すこ~し確実性がありませんでしたよね。しかし、合間に4つの事件を挟むことによって、語りに不自然さを感じる読み手の疑惑を逸らすことに成功しています。
 高村が病院に見舞いに行っているシーンがあって「なんで?」と引っ掛かったのですが、気付ける方はあそこで全てを見切っていたかもしれませんね。今思えば、学園の子どもなど登場人物が多いのは、純粋に謎解きに気付いてしまう敏い方への煙幕かもしれません。私は頭がトロいのでまったくわかりませんでした。
 ま、こういう終わり方ですから、当然?続編はあるのでしょう。“希望”して待っています。

 簡単にあらすじ。
 どの大都市圏からも適当に離れた地味な県の南端の海沿いにある児童養護施設『七海学園』。
 保育士の北沢春菜は3年目。ということは前作「七つの海を照らす星」から時間的にほぼ連続している。
 激務で退職者が多い保育士の仕事で3年目はベテランである。春からは新職員の小泉ときこという後輩も入所しており、実は彼女に関した事件も後に発生する。ずば抜けた洞察力を持つ児童相談所の児童福祉司・海王さんも元気で、春菜の親友である野中佳音は学習ボランティアとして週一回学園に通っている。
 事件は11月23日、学園の子どももたくさん通う七海西高校の文化祭の日に起こった。
 文化祭の最中に、密室になっていた校舎屋上のフェンスから抜け出た女性が地上に転落したのである。
 大手術で奇跡的に命は取りとめたが、事件後2週間経っても意識は回復していない。
 公にはその瞬間を見たものはいなかったが、悲鳴と大きな音で近くにいた学園の子どもたちも駆けつけた。
 小6の茜は、確かに屋上の縁に、高2の鷺宮瞭(さぎのみやりょう)らしき女性を見たという。
 屋上の階下にいた田後佐奈加は同級生である瞭の「わたしはあなたの瞭じゃないのに」というセリフを聞いていた。
 屋上には瞭の他にも誰かいたのだとすると、警察が見通しているように自殺や事故ではなく、突き落とされたのではないか?
 成績優秀で品行方正な女の子だったが、実の母に暴力を振るっていたという瞭は、4月に学園に入ってきたばかりで、周りに心を許さぬ頑なさがあり、扱いにくい子どもだった。
 瞭は何を抱えていたのか、何が彼女を追い詰めていたのだろうか。
 それとも彼女はアルバトロス(アホウドリ)のように、羽ばたかずに高い崖の上から気流に乗って大空に舞い上がるつもりだったのか・・・事故でも自殺未遂でもない、これは事件よ!!彼女の執念の捜査が始まる。
 以上が本編のミステリーで、この冬の転落事件の前の、春、夏、初秋、晩秋の4つの事件が間に挟まっている。
 それぞれ、母子でホームレスだった小6の一之瀬界の母の殺意の真相、4歳のとき親に置き去りにされた中2のウランこと運動神経抜群の安藤藍が絡むサッカー大会で消えた11人の謎、中1のエリカが仲が悪い新入の樹里亜の以前の学校の寄せ書きを盗んでしまった事件の顛末、2歳から学園にいる5歳の望のヤクザの父が娘を奪還しに学園にやってくるサスペンス、となっている。それなりに面白いし、ほろっとする。

 その他。私が感じたこと。
 春菜の高校時代のバドミントン部の友人で高村駆という人間が出て来ました。友達以上恋人未満な関係で、高村は海外赴任するらしいですが、続編ではその淡い恋の行方が気になるところ。
 そして本作でも出ました、回文。好きですねえ、この作者。本体は森博嗣かミス研出身だったりして。


 
 
 
NEXT≫
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (25)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (23)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (18)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (53)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (146)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (36)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (20)
随筆・エッセイ (29)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示