「海鷲 ある零戦搭乗員の戦争」梅林義輝

 人間は社会的動物であり、社会を離れて人間は存在しない・・・という書き出しで始まる異色の戦記。
 それもそのはず、著者の梅林義輝さんは大学の哲学科を卒業した愛媛の県立高校の校長先生でした。
 しかも、この校長先生は弾雨降り注ぐ大空を生き抜いた予科練出身の零戦搭乗員という過去を持っていたのです。
 岩井勉(「空母零戦隊」)や白浜芳次郎(「最後の零戦」)といった海軍のエースパイロットの列機でした。

 著者の梅林義輝さんは大正15年愛媛県出身。
 中学校3年生の昭和17年4月、憧れの飛行機乗りになるべ甲種10期予科練に入隊(入隊1097名)。
 飛練(32期)、戦闘機実用教程を昭和19年1月に修了し、卒業後は築城空などで錬成教育を受け、神ノ池空の教員を経て、母艦航空隊である653空の戦闘機隊に配属されました(のちに最後の母艦航空隊である601空)。
 甲飛10期生中、戦闘機専修者は約350名いましたが、その中で母艦搭乗員になったのは13名だけだったそうです。
 作中では「私は下手だったのに」と謙遜されてますが、本当に下手では空母への離発着はできないでしょう。
 もっとも、一度だけ「瑞鶴」への着艦で失敗して飛行機を凹ませ、罰金10円(今の1万円くらい?)取られてます。
 「瑞鳳」への着艦で慣れていたので、それより大きい「瑞鶴」ならばと油断したそうです。
 653空から601空に配置換えされてからは、「天城」で訓練もしています。
 サブタイトルには最後の母艦航空隊員の手記とありますが、まさにその通りだったわけです。
 昭和20年4月3日の沖縄作戦では、喜界島に不時着しながらもF6Fを1機撃墜しています。
 米軍の公刊戦史に照らし合わせてのことなので、確かなことなのでしょう。
 この後、終戦の寸前まで対B-29の首都防衛に奮迅しました。

 著者の同期である甲飛10期は、敷島隊の面々を初めとして多くが特攻で戦死しました。
 著者が特攻から免れたのは、不思議な巡り合わせがあったとしか考えられません。
 そういう星の下に生まれていたといいますか。
 特攻を推進した201空副長・玉井浅一中佐と飛行長・中島正少佐が居座る悪名高いフィリピン・マバラカット基地に、零戦を空輸したときは、「このままここにいろ」と言われましたが、空輸指揮官である青木泉蔵中尉(海兵72)が「空輸が終われば帰隊せよと命令されている」とそれをはねつけたために助かったのです。
 また、653空にいた当時、隊は小沢艦隊の空母に配乗されて捷一号作戦を戦ったわけですが、このとき著者は国内で零戦を空輸していたために、作戦配置から漏れました。
 もしも参加していたならば、優勢なるハルゼー機動部隊との戦闘を生き抜いたとしても事後のフィリピン(空母を出撃した航空隊は小沢長官の命令により作戦後母艦帰還せずともフィリピンへの帰着が認められていたが、そこには特攻地獄が待っていた)も含めどうなっていたかわかりません。
 このあたりが運命なのですね。
 戦後、予科練出身者への風当たりが強い中、著者は教員を目指しました。
 価値観が180度変わったなかでの転身は、生活のためとはいえ、非常に苦痛を伴うことであったと思われます。
 しかし、それをあえて背中を押してくれたのは、夢半ばで散った同期の予科練搭乗員だったのではないでしょうか。
 旧軍人が手のひらを返したように蔑視されるなか、「生きてるおまえは新しい日本のために頑張れ」という厳しい訓練を耐えに耐えたあげく特攻で散った同期の魂が彼を支えたのではないでしょうか。
 県立高校の教師として、校長先生として新しい日本の時代の若人を送り出した著者は、その思いにきっと応えたことだろうと思います。
 本作で多くのページが割かれている予科練の猛烈なシゴキを反面教師として。
 ある意味、日本が戦争に負けたのは当然でしょうね。


 
 
 
 

 
スポンサーサイト

「航空母艦『赤城』『加賀』」大内建二

 日本海軍機動部隊の主力であった第1航空戦隊大型空母「赤城」「加賀」。
 大艦巨砲主義からの転換を象徴した両艦の設計構造、繰り返された改造の内容、装備の変遷、艦載機の種類、そして1942年6月5日ミッドウェー島のはるか沖に沈むまでのあまりにも短かった戦歴などが紹介されています。
 
 「赤城」「加賀」が生まれることになった当時の背景なども詳述されていましてね。
 こちらのほうの著者の入れ込み具合が、両艦の戦歴の紹介より大きいかも。
 知らなかったんですが、世界で最初に実戦に投入された航空母艦は日本海軍のものなんですって。
 水上機母艦「若宮」が、4機の水上機を搭載して青島攻略作戦(1914・11~12)に参加したのが世界初だそうです。
 4機の水上機は、合計で49回出撃し、敵陣地偵察や小型爆弾による攻撃を行ったそうです。
 すごいですよね、日本海軍の実行力は。航空機の実用性にいち早く着目していたということです。
 さらに、海軍は世界最初の全通飛行甲板を備えた航空母艦「鳳翔」を1922年(大正11)に完成させます。
 この頃はアメリカやイギリスも航空母艦という新しい艦種を研究、建造に着手していましたが、同じように日本海軍も遅れをとるどころか世界のトップを走っていたのです。
 しかし、時代の趨勢はいまだ大艦巨砲主義にどっぷりひたっていました。
 所詮、航空母艦などまだまだ海のものとも山のものと知れぬ、想定外の実験戦力だったと言っていいでしょう。
 八八艦隊。海軍は、戦艦8隻巡洋戦艦8隻からなる重厚な攻撃部隊の設立を計画していました。
 ところが、軍事費の増大に悲鳴をあげた世界各国は一転軍縮に転じます、これがワシントン条約ですね。
 この条約のおかげで、八八艦隊構想は露と消え去り、建造中であった戦艦と巡洋戦艦から空母に転用されたのが、「加賀」と「赤城」でした。「加賀」は41センチ砲10門を備える予定だった戦艦「加賀」級から、「赤城」は同じく41センチ砲10門を備え30ノットの高速を誇る巡洋戦艦「天城」型から、航空母艦へ変身することになったのです。

 なんと空母になった当初は、両艦とも飛行甲板が三段式でした。昭和2~3年に両艦が完成したときのことです。
 一番上が着艦用で、二段目と三段目は攻撃機と戦闘機の発艦用だったのです。
 びっくりですね。当時の試行錯誤というか、まだ航空母艦はこれという決まった形がないのですから。
 結局、搭載される航空機の性能が上がって重量が増しますから、多段式の甲板は一段式に改められたわけですが・・・
 巡洋艦並の20センチ砲も装備されていました。これは沈むまでずっとありました。
 実際、空母が20センチ砲をぶっ放すことがあるでしょうか? 重量の損にしかならんと思うんですが。
 本書の興味というか読みどころは、空母という艦種の黎明期の試行錯誤と、実戦に通用するべく改造につぐ改造を重ねた「赤城」と「加賀」の変遷にあると思います。
 赤城の甲板には傾斜があって、その理由ははっきりしたことがわからないなんて書かれてあるのを読むと、俄然興味が湧きますよね。中央部分が1~2度盛り上がっていたんです。おそらく着艦後の滑走スピードを和らげるためと、発艦の滑走スピードを助けるためだと思われるのですが、それならなぜ他の空母には採用されなかったのでしょうかね。
 それと、イギリスの空母のスタイルを真似たためらしいのですが、格納庫が密閉式なのですね。
 ちなみにアメリカは開放式の格納庫です。飛行甲板の下にありあすからね、格納庫は。
 格納庫が密閉式であると、飛行甲板に爆弾が落ちて甲板が破られて格納庫で爆発すると、もろ全滅するわけです。
 開放式だと爆風が逃げて減殺されるのですが、密閉式だと威力がすべて船内で破裂してしまう。
 ですから飛行甲板は装甲甲板でなければいけないのですが、日本の空母は当初は装甲がありませんでした。
 このために、ミッドウェーでアメリカの爆撃機に実力以上にやられてしまったらしいのです。
 零戦もそうですが、防御の弱さというか匹夫の勇というか、結局、日本の軍部が戦争に負けたのは自業自得ですね。
 はじめの目のつけどころはいいのです。「鳳翔」だって建造できたわけだし。頭は固くない。
 あとがいかんわ。おそらく貧乏性なのかもしれませんね、資源がないから。

 「赤城」と「加賀」の戦歴は、我々の知っている通りです。太平洋戦争開戦から1年もたずに沈んだわけですから。
 強いて言うなら、「加賀」のほうが日支事変に参戦しているぶん戦功があります。
 あと、本書を読むまで気に留めてなかったのですが、歴代艦長のところでおっと思ったのは、赤城の最後の艦長である青木泰二朗大佐。彼はミッドウェーで沈んだ空母の艦長ではただひとり生き残った人物だったのですが、そのことが内地で責められ、辞職に追いやられたそうです。おいおい、と思う。強いて言うなら悪いのは南雲のハゲと戦闘機バカの源田だろうが。
 生き残ることだって勇気がなきゃできないんだよ。
 こんなんだから、上にアホしか残らないのですね。


 
 
 
 

「空母『蒼龍』とともに」池田清夫

 中型空母「蒼龍」のベテラン飛行機整備兵による戦記。
 著者の池田清夫さんは、大正5年宮城県南郷村出身。終戦時海軍整備兵曹長。海軍生活11年3ヶ月。

 母艦の整備兵による戦記は非常に珍しいかと思います。
 著者が海兵団を出たのが昭和9年ですが、勤務先の海軍通信学校で分隊士から「これからは航空の時代だ。大砲の時代ではない」と諭され、砲術学校への進学を諦めて霞ヶ浦空の普通科整備術練習生になったそうです。
 支那事変で初めて空母「蒼龍」に配属されてから、一度陸上勤務を挟んで再び真珠湾攻撃の前に「蒼龍」に呼び戻され、それからミッドウェーで沈むまで「蒼龍」と共にあったあったわけですから、大げさでなく本のタイトル通りの海軍生活でした。
 一度目の「蒼龍」勤務では、安慶基地で横山保大尉や羽切松雄兵曹のいた戦闘機隊の飛行機員を担当、2回目では江草少佐率いる艦爆隊を担当しました。飛行機員というのは、同じ整備員でも分解組み立て等の大整備と違って、毎日の飛行作業前後の点検整備等を行い、搭乗員が支障なく飛行できるように作業をこなすのを任務としています。
 昭和13年11月に念願の下士官(三整曹)となり、昭和15年5月には24歳で二整曹に昇格していますが、陸上勤務していた霞ヶ浦空や土浦空では、母艦乗組経験があるということで一目も二目も置かれていたそうです。
 そらそうだわな。曲者ぞろいの艦隊戦闘機隊を担当してたんだから、怖いものないよねえ。
 本書の特徴としては、あまり自分の経験した戦闘を資料を調べて肉付けしておらず、あくまでも自分の記憶に素直に書かれているということが挙げられると思います。自分史の一面もあり、海軍を志願するまでや逆に戦争が終わってからの生活についても多くのページが割かれているのは珍しいですね。

 整備兵らしい興味深いエピソードもありました。
 真珠湾攻撃に向かう前、飛行機のエンジンを温める特大の白金懐炉が60機分積載されたそうです。
 このことから北方攻撃に向かうものと著者ら飛行機整備兵は思い込んだそうですが、敵を欺くにはまず味方からということでしょうか。その頃は海軍も兜の緒が締まっていたのですね。
 逆にミッドウェーでは緩みきっていました。慢心です。
 「蒼龍」が致命傷となる爆撃を受けた時、著者は飛行甲板サイドの待機所にいました。
 格納庫にいたら確実に死んでいたそうです。航空機の爆弾や魚雷に誘爆しましたからね。
 海に放り出された著者はサメのいる海で6時間漂流することになります。
 ちょうど昼飯前に攻撃されたので、空腹と疲労と寒さで、救助艇が「いまいくぞ頑張れ」ときたときには自力で船に上がる力は残っていなかったそうです。このときの模様は詳述され、海で漂流していたときに、駆逐艦に向かって泳いでいったやつはみな死んだと書かれています。体力を温存して最小限の力で水に浮いていることだけをしたやつは助かったと。

 ミッドウェー海戦後、幸運にも著者が艦隊に戻ることはありませんでした。
 艦隊に戻らされた「蒼龍」の整備兵たちは、ほぼ生きて帰ってくることはありませんでしたから。
 おそらく、運だけではないと思います。
 長年海軍のメシを食ってきた実力も多大に関与したのではないでしょうか。人柄といいますか。
 整備だけではなく、海兵団で教員にもなっていますからね。
 郡山航空隊分隊士で終戦。



 
 
 

「飛龍天に在り 航空母艦『飛龍』の生涯」碇義朗

 日本海軍を代表する中型航空母艦「飛龍」。
 昭和14年7月5日に竣工してより、支那事変、ハワイ奇襲、南方作戦、インド洋作戦に参加、そして運命のミッドウェー海戦において日本主力の三空母が沈む中、孤軍奮闘して敵「ヨークタウン」と刺し違える形で昭和17年6月6日に沈没するまでを、飛龍乗組員の豊富な証言を元に克明に追った戦記です。

 碇義朗さんの本は他にも読みましたが、これが一番引き込まれたかも。
 ミッドウェー海戦の模様を読むのは、あまりにも情けないのと腹が立つので嫌いだったのですが、初めてじっくりと読むことができました。「赤城」「加賀」「蒼龍」が沈んだ後に、まるで凪というか台風の目のように飛龍が個艦で奮闘していた時間が長かったことに驚きました。12時間くらいあったんですね。私は2,3時間くらいの差で飛龍もやられたのかと思っていました。
 南雲や源田実などエルランゴップ級の知力2程度の愚将のせいで、絶対勝てる戦を負けたのだと思いこんでいましたが、彼らも一生懸命やって不運が重なりすぎて負けたのだとわかりました。まあ、それでもバカには間違いないけど。
 飛龍の艦長である加来止男大佐(第4期航空術学生)も、二航戦司令官の山口多聞少将(海兵40)も、南雲司令部が兵装選択でバタバタしているのを横目で見て「せっかく陸用爆弾を付けたのだからこのまま行ってはどうか」と具申したのは有名な話ですからねえ。でも著者は、仮にその通り行ってても目標を見つけられなかっただろうと書いていましたね。
 索敵が甘すぎたのです。激甘。根本的に舐めすぎていたのだと思います。
 しかしまあ、アメリカが勝てたのはものすごい偶然の重なり具合といいますか・・・
 未来から過去を変えるために操作されたのではないかと思えるくらい、おかしな戦闘です。
 戦争は錯誤(エラー)の連続であると言われますが、これはおかしいでしょ。
 まったく当たらなかったアメリカの航空機の攻撃が急に当たりだしたのはなぜでしょうねえ。
 珊瑚海海戦のときに日本の艦爆隊が間違って敵空母に着艦しそうになったのを教訓として、ミッドウェー作戦を前に日本の空母の甲板には大きな日の丸が描かれるようになって、それがアメリカの艦爆隊の爆撃照準になってしまったそうですが、それだけで技量の未熟なアメリカの急降下爆撃があれだけバシバシ命中するものなんでしょうか。

 たった1隻残り、果敢に第一次、第二次攻撃隊を送り出して米空母「ヨークタウン」を航行不能に追いやった飛龍。
 日本側の空母の中では乗組員のチームワークが抜群で、ダントツに飛行機収容時間が短く、それが戦闘能力の高さに繋がっていたといいます。
 猛将山口多聞司令官を筆頭に、仲間を沈められて憤怒に燃えていたことでしょう。
 それが名指揮官の判断を誤らせたとは思いませんが、結局、第三次攻撃隊の出発を薄暮に遅らせたことで、先に波状攻撃を受けることになってしまいました。この時点で逃げるという選択肢もあったと私は思う。
 攻撃を遅らせるのならば逃げればよかった。どうせ寄せ集めの機体しかないのですから。
 結局、今度は逆にヨークタウンの仇を討たれることになってしまいました。
 飛龍だけを狙ったあれだけの攻撃は避けることはできないでしょう。
 4発の1000ポンド(450キログラム)爆弾が命中したことが、飛龍の命取りになってしまいました。
 日本の空母は、アメリカのように防御飛行甲板ではありません。
 長期戦に備え、米俵をあちこちに積んでいたこともアダになりました。米俵に火がつくとくすぶって消えないのです。
 しかし、本書を読んで一番驚いたのは、上と中はめちゃくちゃにされましたが、実はそれでも底にあった飛龍の8缶あるボイラーのうち5缶は生きていて、28ノットで航行することが可能であり、帰るつもりで機関員も頑張っていたのです。
 それが艦橋と機関室の連絡が遮断されてしまい、機関室の声が届かなかったために、機関室は全滅したもはや飛龍もこれまでと幹部が早合点してしまったというのですね。
 飛龍は内地に帰還できた可能性が高いです。返す返すも無念だねえ。
 今更飛龍が残っていたとしても、いずれやられてはいるでしょうが・・・司令官も艦長も死なずにすんだわけですから。
 死んだと思われて捨てられた機関員は、総員退去後も機関長相宗邦造中佐以下百人近くいたそうです。
 沈没寸前、彼らは脱出しましたが、生き残ってカッターで漂流できたのは39人。
 この後のことは本書に一番登場して証言し、著者が本書を書くきっかけにもなった機関長付の萬代久男少尉さんが丸の別冊に書いているそうですが、彼らには15日間漂流し、3年半の捕虜生活を送るという過酷な運命が待っていたのです。
 決死の出撃をさせた航空隊の後を追うつもりだったのでしょうが、加来さんも多聞さんもちょっと死に急ぎ過ぎましたね。


 
 

 
 
 

「彗星特攻隊」増戸興助

 艦上爆撃機彗星による特攻隊に配属されながら、奇跡的に生き残った操縦員の手記。
 丁寧で非常に読みやすく、事故の責任を逃れるため上司に虚偽の報告をしたことなど(戦後バレてていたことを知る!)が正直に書かれていて好感が持てました。
 また、本書で初めて目にした貴重なエピソードもありました。
 ちょっと驚くようなことも書かれていましたね。
 歴戦のエースパイロットでもなく、私たちと同じような“凡人”の目線で戦っていたことが印象に残りました。
 凄い人だけが死線をくぐり抜けて生き残ったわけではないのです。

 著者の増戸興助さんは福島県出身、第17期海軍乙種飛行予科練習生(1209名、昭和19年2月卒業)。
 台中航空隊で初等飛行訓練を受け、実用機教程は台南空、艦上爆撃機操縦員専修。
 このときの台南空での分隊長が、神風特攻の先駆けとなった敷島隊で有名な関行男大尉でした。
 「ほんとかよ」と思うような珍しい関行男大尉のエピソードがありましたが、後ほど。
 実施部隊は、帝都防衛を任務とする厚木空彗星夜間戦闘機隊に配属されました。
 斜銃で有名な小園安名司令のもと、彗星の後席の後部に20ミリ斜銃を取り付けたのが彗星夜間戦闘機です。
 戦闘機でさえまともに撃ち合っても勝てないB29などの大型爆撃機の腹の下に潜り込んで、急所を突くわけです。
 厚木空にはもちろん月光などの夜間専門戦闘機もありましたが、著者によると偵察機彩雲に斜銃を搭載した改良タイプもあったそうで、実際に著者がテスト飛行したそうです。
 初めて聞いた、彩雲の夜間戦闘機型。なんか強そう。
 昭和19年12月、131空指揮下にある攻撃第3飛行隊急降下爆撃隊に異動、香取基地。
 3月に入り、通常の訓練体制を解かれ、特別攻撃隊として鹿児島の国分基地に移動、菊水作戦に備えました。
 特攻隊としての初出撃は昭和20年4月3日。このときは誘導機でもある1番機(大塚一俊中尉)がエンジン不良による失速で自爆し、帰投。4月6日の2回目に出撃時はグラマンに襲われ、喜界島に不時着陸しました。
 K3(攻撃第3飛行隊)での命令は「敵空母に対しては体当たり攻撃を敢行、その他の艦艇に対しては必中爆撃を主とす」という灰色のものだったそうです。
 3機編成で、1番機は彗星33型に操縦員と偵察員が同乗し、500キロ爆弾を積んで誘導機を務めました。
 編隊を組む2番機と3番機は彗星43型で、爆装は800キロ爆弾、操縦員のみで無線や機銃の装備はありませんでした。
 1番機を誘導機とすれば列機には偵察員は要らないという判断だったことになります。
 そのぶん、もし1番機が落ちれば列機は航法ができませんね。
 どうなんだろう、これはK3に限ったことであったのか、隊幹部の特攻に対する方針は書かれていません。
 「よそは全機とも操縦員と偵察員のコンビで特攻だが、うちはそんな無駄死にはさせん」みたいなことがあったのか不明です。
 いずれにせよ、著者が生き残ったのはK3の方針によるところが大きいのではないでしょうか。
 しかしそれでも、数名いた著者の乙17期の同期生は特攻戦死していますが・・・

 なかなか興味深い話があった本書ですが、一番驚いたのは著者が実用機教程で台南空にいたころの関行男大尉のエピソードでしょうか。なぜか艦爆操縦員である関大尉が零戦の操縦を練習しだした8月のことでした。
 著者の分隊長であった彼は、体育館に約300名の航空隊全搭乗員を集合させ、航空機による艦艇への体当たり攻撃という特攻戦法の必要性を解き、自分の意見に賛同するものは志願書を出せ、と演説したそうです。
 著者ら分隊員は悩み、班長である乙11期の先輩に相談したところ、「お前たちはまだ半人前の練習生だから、志願書提出に及ぶまい」と回答をもらい、結局、志願書を提出しませんでした。
 ところが、これが関大尉の逆鱗に触れたらしいのです。
 分隊の上司である関分隊長の提案に、分隊から賛成者がいなかったことが原因でした。
 関大尉は、分隊の扉を開けるや「いくらお前たちが練習生であっても、軍人としての誇りや意地がないないのか、大馬鹿者」と怒鳴りました。あわてて著者は分隊員と相談して15名の志願書をまとめて関大尉のもとまで持っていったらしいですが・・・
 初めて聞く話で、実際に著者が体験したことなので間違いはないと思われますが、なかば神格化された関行男大尉の人間らしい? 珍しいエピソードでした。



 
 
NEXT≫
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (22)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (18)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (53)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (145)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (24)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (20)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示