「私をくいとめて」綿矢りさ

 恋人として仲が深まるために必要な情熱が決定的に欠けていた。
 (*´Д`)ハァハァ

 確かに、仲を少しでも深めようとしたら、パワーがいるわな。
 でもそれをいちいち「面倒くさい」と思うのならば、それはもう恋愛とはいえないんじゃないですか。
 本当に若葉が勢い良く燃え上がるような恋ならば、面倒くさいことはひとつもないはずですから。
 まあ、そんな一目散な恋愛は滅多にないわけですがね。
 性格からして「そんなの無理」という方も多いことでしょう。
 本作の主人公もそうです。黒田みつ子。
 好きな人を見つけよう、見つけようと焦る気持ちはあっても、自分からアクションができない。
 結果、訪れるはずのない幸運を黙って持っている。
 32歳のOLです。
 そしてたまさか仲良くなった男のことを、「好きかもしれない」と思い込んでしまう。
 会社の取引先の営業マン、多田くん。
 幸いにして、多田くんは、みつ子に好意を持っていました。
 みつ子もそれに気づき始めます。
 しかし、一緒にゴハンして、さあこれからのるかそるか!? というとき、
 「恋人として仲が深まるために必要な情熱が決定的に欠けている」と思ってしまうのです。
 まあ、当たり前だわな。実はもっと早くわかってたはずだろ(笑)
 それでも、彼女は・・・
 今までは、一人で生き続けることになんの抵抗もないと思っていました。
 男性も家庭ももはや遠い存在でしたが、そのことに思い詰めることはなかったのです。
 でも、どこかで生き方のバランスを欠きつつあったのでしょう。
 みつ子には、自分の頭の中に、話し相手がいました。
 それは彼女がAと呼ぶ男性。彼はもうひとりのみつ子であり、彼女の深層心理でした。
 健気に生きているようでありながら、みつ子はAの力を借りてなんとか一日を無事に続けてこられたのです。
 みつ子はAと会話し、多田くんのことを諦めないように説得されます。
 情熱だけが恋愛じゃない。平穏なまま、ゆっくりと愛を育む恋もあっていいじゃいか・・・
 はたして、彼女の恋の行方はいかに?

 はい。
 Aという自分の頭の中にいる人物と主人公が会話しだしとき、この小説はやばいんじゃないかと思いました。
 結局、どういうことだったんでしょうね。
 ラストらへんで、沖縄旅行の直前、みつ子は玄関の鍵がどこにいったかわからなくなったでしょう?
 あのとき久しぶりにAが出てきて「ローテーブルの上にある」って言ったじゃないですか。
 でもそこにはなくて、すぐ近くの戸棚の上にあったでしょう。
 あのとき、ちょっと背筋がゾッとしましたね。
 わかるひとにはわかるかな・・・
 まあ、そこまで考えなくても、綿矢りさなりの味わいのある物語でした。
 けっして面白くはありませんけどね。
 醤油をかけていない冷奴みたいな感じで。素材の味が楽しみみたいな。
 共に芥川賞を受賞した金原ひとみとの、同時連載の新聞小説だったわけですが、金原さんの「クラウドガール」のほうが、私は良かったように思います。
 ただし「クラウドガール」は新聞連載のために、昼下がりに子育て中の主婦が自慰をしているところをビル窓清掃員に目撃されるといった金原ひとみの真骨頂である過激性が抑えられていますからね、飛車角落ちといったところでした。
 やはり綿矢さんは調子が悪いというか、何やら考え過ぎているような気がしますねえ。
 もっと主人公を若くしたらどうだろうと思う。いいときを思い出すんじゃないですかね。


 
 
 
スポンサーサイト

「夏のバスプール」畑野智美

 ど真ん中の青春小説。
 混じりけのない、新鮮そのものの野菜ジュースのようで、ほろ苦い。
 こういうの、とても面白いですわ。
 余計な文学性がありませんし、逆にラノベでもありませんし、ちょうどいいです。
 読んでると、年齢を重ねるごとに積もり積もった芥(あくた)が流されるような、爽快感があります。
 誰しも青春がありました、あなたにも私にも。好きな人や友達や。
 懐かしい思いにさせてくれますなあ。
 しかしまあ、これを読んでいて改めて思ったというか、気付かされたのですが、恋愛の始まりは奇跡なのですね。
 すべての言葉のやりとり(素の状態での)やタイミングが、パンとはまらなければ始まらない恋愛もあるのです。
 好きさが溢れすぎて自分を隠し、相手の反応をやけに気にするリアクションシップでは、仮にその時はうまくいってもその恋愛は結局破綻するものです。相手によく思われようと被っているわけですから。
 根が重度のドスケベにできているのにやたら純情ぶっても、ばれたら余計にキモいでしょう。
 難しいですねえ、恋愛は。我々はいったいどれほどの奇跡のチャンスを逃し続けてきたのでしょうか。
 あのとき、あの場所で、嘘偽りのない気持ちを伝えることができていれば・・・

 簡単にあらすじ。
 主人公は、中原涼太くん。高1。勉強は国語しかできないが、運動神経抜群。
 身長は160センチ未満。女装したら女子より可愛い。
 野球とマンガとゲームと女子にしか興味がなく、童貞。
 夏休み前、彼は学校の近くのトマト畑でひとりの少女と出会う。
 彼女の名前は、久野愛美。ショートカットで目が大きい。
 一目で気になった涼太は、彼女が下の階にクラスがある同級生で、被災して仙台から転校してきたことを知る。
 すぐ愛美と仲良くなった涼太だが、それから先に進むには、数々の困難が待ち受ける。
 涼太と超仲の悪い強豪野球部の期待の星・西澤が、愛美としょっちゅうふたりでいる。
 どういう関係?
 さらには、中学生のとき涼太と2週間だけ付き合ったことのある河村さんの、右斜め後ろからの不気味な視線。
 河村さんは、まだ涼太に気があるのか?
 そして、ゴールデンウィーク明けから不登校になった富永くんの謎。
 最後に富永くんと会ったのは涼太だった。彼はどうして引きこもってしまったのか?
 一筋縄ではいかない恋の行方と、魅力あふれるキャラクターたちが織りなす学園の人間模様。
 涼太の恋は成就するのか!?

 ほんとキャラが光ってるわ。みんな生きてる。青野も望月も涼太の姉さんも、和尚もいい味だしてる。
 この小説の一番いいところはそこでしょうね。
 そのおかげで、つたない部分が目につきません。
 たとえば、高1がすべて頭の中がエロいことで満たされているわけではないんですよ。
 むしろ、頭の中がエロいことで破裂しそうになってるのは、オッサンのほうでしょ。
 あと、唯一キャラにブレがあったのが久野ちゃんで、彼女と涼太の仲良しになるスピードは不自然だったと思います。
 けどまあ、そんなアラは物語の勢いで消してしまってるんですね。
 ラストも良かったじゃないですか。残りページ数から考えて、こりゃ無理かも? と思ったけども。
 青野のおかげですよ。彼が場所を見つけたから。
 青野自身も色々あったんですが、涼太は最後まで青野のことを信頼していたでしょ。
 それが奇跡を生みました。
 あのとき、あの場所であの会話をしなかったら、久野ちゃんは西澤のものでしたよ。
 ちょっと西澤がかわいそうな気もしますが、その時しかないんですから高校時代の恋は、久野ちゃんの相手は涼太でその瞬間は輝いたと思います。先のことなんていいんです、若い時の恋愛は、その瞬間が輝いていることこそ大事なんでしょう。
 畑野智美は、デビュー作である「国道沿いのファミレス」よりも、こういう青春小説のほうが上手い気がしますが、本作以来書いてないんですよね。続編を待っています。富永くんを持ってきましょう。


 
 

「国道沿いのファミレス」畑野智美

 不倫というのは恋愛の究極の醍醐味であり、これを知っている人と知らない人では人生そのものの深みが異なるとまで仰られた作家の大先生がおられますが、ある意味これは真だと思うんですよ。
 ややこしいことを抜きにして、人目を忍んでただただ性交をしていればいいのですからね、ある意味当然ですよ。
 しかしですね、好きになって結婚まで考えてる彼女に不倫の過去があった場合、どう思いますかね。
 引くか、受容するか。その背景を探るか。
 まあ、これはあくまでも本作の本筋のテーマではないわけですが、ちょっとガコンと引っかかりましたので。
 のちほど。

 あらすじ。
 主人公は佐藤善幸、25歳。
 就職氷河期に有名大学を卒業し、外食チェーン「チェリーガーデン」に就職、将来を嘱望されている。
 しかし、配属された都内のファミレス店舗で、女子高生のアルバイトに手を出したという噂が広まり、懲罰人事で都内から電車で1時間半の片田舎の店舗に飛ばされた。
 町を貫く一本の国道沿いの店舗。そこは善幸の生まれ育った地元だった。
 6年半ぶりに帰ってきた故郷。
 まったく連絡を取っていなかったのに、昨日会ったばかりのような幼馴染。
 新卒採用と反りの合わない短大卒のバイト上がりで、年下なのに先輩で厳しい女子社員。
 30歳のオタクで、重要なキッチンを任されている扱いづらいフリーターのアルバイト。
 愛人ができては家出して、別れては帰ってくる放浪の父親。
 そして、町に新しく出来たショッピングモールの携帯ショップで出会い、逆ナンしてきた謎の女性。
 瞬く間に、佐藤綾と善幸は半同棲に近い形で付き合うようになった。
 カオスな故郷で、後のない善幸の地に足のつかない新生活が始まる。

 はい。
 畑野智美のデビュー作で、第23回(2010年)小説すばる新人賞受賞作になります。
 読み始めは、これでよく伝統ある賞がとれたなと思いましたが、後半盛り上がりましたわ。
 主人公も「こまっしゃくれた奴や」みたいな感じで第一印象悪かったですし。
 まあ、細かいことを言えば、少しとっかかりがおかしいような感じなのですが、後半うまくまとめましたね。
 善幸と粧子がそうなることは、始めから予感がありました。
 でも、それまでの経過が想定外でしたな。
 本作の一番の問題点といいますか、引っかかるのは綾ちゃんですね、他にありません。
 父親(善幸の家族は名前がない。そこもミソ)と関係があったから別れたということになっていますが、あのときですよ、向こうにいた相手が違う相手だったら善幸はどうしたのでしょうね、我慢したのか、別れたのか。
 そこを考えるだけで、この小説は焼酎が1本飲めるわけですよ。
 不倫の嫌いな善幸が、そこを乗り越えてなお、乗り越えられなかった壁。
 その壁こそが、運命であるという罠。
 実は私、まんま綾ちゃんみたいな女性と結婚した友人がいます。
 まだ10年にはならないか、でも彼も彼女も幸せなようです。
 善幸は不幸の連鎖を断ち切り、綾ちゃんはいまだ浮上しそうにないという、運命のあや。
 確かに怖いのかもしれない、そして抑えきれないまでに性的変態者なのかもしれない、でも「綾ちゃんかわいそう」と最後に思ったのは、私だけでしょうか。彼女は、善幸ならば呪縛を解いてくれると本当に信じていたのではないでしょうか。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

「マウス」村田沙耶香

 私のワンピースを見て、瀬里奈がかぼそい声で言った。
 「あんまり似合わないね」
 「わかってるよ」
 なぜだかちっとも腹が立たず、私は瀬里奈に歩み寄りながら言った。
 「瀬里奈って、本当に失礼だよね」
 「何で? だって、洋服って、少し似合っていないほうが可愛いでしょ」


 そうなんですよねえ(*^^*)
 服は、バチーンて似合っているよりも、少し似合っていないほうがかわいいです。
 これがわざとだと、あざとく感じるので、あくまでも天然で少し似合わない服をチョイスしなければなりません。
 これができる女子は、けっこうモテます。
 人間というのは、おそらく深層心理的に完璧さを怖がるのではないかと思います。
 人間らしさというのは完璧さからずれたものなのでしょう。
 だから、ちょっと外れた調子のほうが「安心できる、ほっとする」と言われるのではないですか。
 一年に一度くらい鼻毛が風にそよいでいるとか、エレベーターで軽く屁が漏れたとか、そういった絶対にないとは言い切れない格好悪さをしてしまったときに許される人格であること、これが楽に生きる秘訣でもあるし他人を幸せにできる余裕でもあります。
 本作は、自分を偽って他人に合わせる才能を持った女子と、自分を見せるリスクを怖がらない女子の葛藤を描いた青春小説です。

 少し、あらすじ。
 4月、クラス替えで5年C組になった田中律。
 ほとんど知らない子ばかりで不安だったが、なんとか「真面目で大人しい女子グループ」に落ち着いた。
 クラスの女子は最上級クエストであるイケてる子グループ、その下ににぎやかな子グループがふたつ、そしてその下に律らの真面目で大人しい子グループ、その下に教室の隅っこで少人数でヒソヒソ話しているキモいグループに分かれていた。
 しかし、C組にはどのグループにも属していない特別な女子がひとりだけいた。
 彼女の名前は塚本瀬里奈。祖母と二人暮らし。背が極端に高くて極端に痩せていた。
 瀬里奈は、まったく友達がいなかった。いつもひとりで座って宙を見つめていた。
 学業にも健康にもまるで問題がないのに、まったく喋らず、とてもよく泣いた。
 とても繊細であるのに、周りに対してひどく無神経で、彼女はどんどん疎まれ嫌われていった。
 あるとき、急に泣き出した瀬里奈がいつものように教室を抜け出してどこかに歩いていったのを、律は後をつけた。
 瀬里奈は解体前の旧校舎の中の女子トイレに入り、掃除用具の入ったロッカーで丸まっていた。
 辛いことがあると、ここにきて頭の中にある灰色の部屋に閉じこもることを想像すると、心が楽になるのだという。
 そんな瀬里奈に、あまりにも真面目すぎて大人しいグループからも脱落しかかっていた律は興味を持ち、くるみ割り人形の童話を話して聞かすようになる。自分の世界に閉じこもっている彼女に空想の世界であっても解放されて自由になれることを教えたかったのだ。すると信じられないことに、純粋すぎるがゆえに瀬里奈は童話の主人公マリーと同化してしまった。
 性格が180度変化した。いじめっ子の男子を泣かすまでになった。もともとスタイルも良かった彼女は、どんどんクラス内ヒエラルキーを突破して出世し、4月とは正反対の立場になって最上級クエストの女子グループと会話するまでになっていた。
 人畜無害を座右の銘とする律は、そんな瀬里奈の変身を嬉しく思い、同時に寂しくも思った。
 ふたりはしだいに遠ざかり、話をすることもなくなった。
 そして、8年後。大学生になった律は、瀬里奈と再会する。

 はい。
 タイトルの「マウス」は臆病な女の子という意味だそうです。
 名作「しろいろの街の、その骨の体温の」の前哨戦みたいな感じの作品でした。
 ですが「しろいろ~」にはいなかったここの瀬里奈みたいなキャラクターが私は読んでて一番好きかな。
 作者の村田沙耶香さんは小学校5年生のとき「暗い女子グループ」で、自分と「大人しいグループ」の違いはなんだろうとじっと考えていたそうです。だからこのような小説が生まれたのでしょうね。
 校庭の端のほうの草木らへんでたむろしているのは、大人しいグループなのかな。
 まあ、男子にはあまりわからない世界といいますか、実際に読んでいて胸が詰まります。
 面倒くさいですねえ、女子の世界は。
 その割には、同窓会の出席率は女子のほうがいいのですよ。
 そのときの腹の中は何を考えているのかわかりません(笑)
 見かけ(うわべ)だけですべて済む、と思っている子がいかに多いかということなんでしょうね。


 
 
 

「しろいろの街の、その骨の体温の」村田沙耶香

 これは・・・すごかったです。
 「コンビニ人間」読む前に挟もうと思って読んだんですが、とてもローテーションの谷間ではありません。
 主戦格ですね、エースですよ。
 こんなすごい小説書ける人が36歳までコンビニでアルバイトしてるとは、世の中はほんと奥が深くて面白い。
 これこそ芥川賞じゃないの、コンビニ人間はこれより凄いのでしょうか。
 背筋が震えるくらいレベルの高い青春文学の傑作でした。

 あらすじ。
 主人公は谷沢結佳。彼女の小学校4年生から中学校2年生までの物語。
 舞台は、光ヶ原ニュータウン。結佳が小学生のときは、どんどん家が建って街が勢い良く広がっていたのですが、彼女が中学生になると日本の景気が悪くなって、一転街の成長は止まり、工事途中のまま残された部分が目につくようになります。
 それを「しろいろの街」と骨にたとえています。
 そして骨とは、子供から大人へ成長している途中にある結佳のことでもあり、その周辺のキャラクターのことでもあります。
 年代設定は、携帯が出てこないということは、バブルを挟んでいるということなんでしょうね。
 つまり、作者の実年齢(1979生まれ)に重なっているということで、これだけ生々しい雰囲気なのかな。
 結佳の周辺の人物では、小学校では仲が良かったのですが中学校では疎遠になってしまう信子と若葉。
 そして同じ習字教室に通っていて、結佳が危険な想いを寄せるようになる伊吹陽太。
 この3人が、あまりにも自意識が肥大して息苦しい結佳の青春を醸し出す存在としてくっきりと描かれています。
 中学校の2年E組では、女子の間に5グループの階層があって、若葉の属する見目麗しい上流階級、その下2つに元気で明るい女の子たちのグループ、そしてその下に結佳の属する地味で大人しい子のグループ、最底辺に信子の属するキモいと相手にされないグループが存在します。小学校ではつるんでいた結佳と若葉、信子がいかにして分かれていったか、彼女らはどうやってクラス内で処世をしていくか、そしてみんなから好かれてクラスの女王様からあからさまに思いを寄せられている伊吹陽太とE組の空気でしかない結佳の禁断の関係の行方はどうなるのか・・・ここらへんが最大の読みどころではないかと思います。

 いやあ、息苦しかった。
 女子は大変だねえ。めんどくさいですねえ。
 これほどまでじゃなくても、似たようなことはあるのでしょうねえ。
 私は貧乏で昼ごはんが食えなかったので、昼休みは体育館の横の水飲み場っていうの、あそこにずっといました。
 いじめられることはなかったですが、性格が難しくできているのであまり友達はいませんでしたねえ。
 夏祭りとか、私服がジャージしかなかったので、浴衣や甚平を着ているみんなから誘われることはありませんでした。
 それでも好きな子はできるようで、次から次にフラレていきました\(^o^)/
 今から思えば、楽しかったです。生きてさえいればどうにかなるのでね、金も。
 ですから、結佳が最後にカーストの外に出たときの解放された感がわかるなあ、少しは。
 クラス全体の価値観に縛られているうちは、自由になんかなれっこないですよ。
 底抜けの貧乏かバカ、あるいは陽太のように天然素材(実はラストで正体が知れる)でなければ、クラスの権力者に歯向かわない限りクラスという檻から逃げ出すことはできません。
 もちろん、すべてわかったうえで立ち回れる子もいるのですが、まあ、大体は大人になってみなければわからないことだらけですね。彼らにとっては、その街のその学校の中が世界のすべてなのですから。陽太が結佳に街の外を見せようとした意味、そこにありますね。
 いい小説でした。


 
 
 

 
 
NEXT≫
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (148)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (37)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (21)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示