「百年文庫 秋」志賀直哉・正岡容・里見

ポプラ社百年文庫、№4のテーマは“秋”です。
秋ってなんでしょうね。秋に何を思い浮かべるでしょうか。
収められた三篇を見るかぎりでは、編集者の秋に対する想いは、人間情緒の豊かさでしょうか。
春夏秋冬、それぞれの季節を比べてみると、秋が一番イメージ的に豊潤な気がしますね。
食欲の秋、読書の秋、実りの秋、そして恋が芽生える秋。色々な酒が味わえる季節でもあります。
三篇の小説、どれも幸せな物語でしたね。よいヒューマンドラマでした。

「流行感冒」志賀直哉(1883~1971)
 最初の児が死んだので……という書きだしは、「城の崎にて」の電車にはねられ怪我をした、を思いだしました。最初の一文で、読み手の興味を引きずり込んでしまう、そして、その一文で続く物語の根幹を説明してしまう、志賀直哉という人の小説の巧さを本作でも感じましたね。抜群に上手いですね。はっきり云うと後ニ篇とは比べものになりません。“秋”の季語は感冒、キノコくらいしか見えないんですが、石という名前の女中と志賀家の関係が、カラッと晴れた秋空みたいで鬱がない。人は誰しも性善なのです、ただし季節を待つこと、決断をその季節に急いではならない、という人間関係の教科書のような物語です。

「置土産」正岡容(1904~1958)
 正岡容(まさおかいるる)、知りませんでした。なんでも寄席(よせ)評論の専門家であったらしいです。
寄席とは落語、講談、漫才らのことですが、ようするに当時の芸能評論家であったわけですね。
本作は、1941年の発表で、直木賞候補にもなっています。講釈師の師弟のお話です。
講釈師といっても私には落語との違いがわかりません。“笑い”の違いなんでしょうか。
始めはどうなるんだと心配していた物語ですが、ずいぶんキップもよく、気持ちよくカラッとした秋の空に収まりました。

「秋日和」里見(1888~1983)
 里見(さとみとん)は、志賀直哉とも交友を持ち、最期の白樺派と云われた作家です。
ですが、ペンネームのいわれを尋ねてみれば、電話帳開いてトンと指した場所が里見という姓であったと聞いてみれば、何をか言わんであります。(本名は山内英夫)
本作は1960年の作品で、50歳に届こうかという年齢の未亡人・三輪秋子とその娘・アヤ子(たぶん26歳)の、亡くなった画家の夫の友人らとの交友のお話です。女二人の所帯であるこの家庭の世話を、周りがあれやこれやと焼くわけですが、高度成長期の日本を感じられる部分もありますね。レストランでフォアグラとか。今の日本でこの物語を書いてもただおかしいだけですが、この時期に書かれているからこそ、そして読み手もそれを想像して心が豊かになれるからこそ楽しいのですね。

日本はもう、いつのまにか秋は過ぎ、違う季節に入ったのかもしれませんね。
氷河期ではないことを祈ります(笑)。

スポンサーサイト

「折れた竜骨」米澤穂信

こういうのを本当にファンタジックミステリーというのでしょうね。
米澤穂信(よねざわほのぶ)の作品を多く読んでいるわけではありませんが、本作みたいなのを書けるのならば相当幅の広い作家なのでしょう。
作者はあとがきで「特殊設定ミステリ」という言葉を使っています。
なにがどうなのかというと、本作の舞台は12世紀末のヨーロッパであり、まあこれはいいんですが、物語の中に頻繁に魔術やら呪いやらがでてくるんですね。しかも「呪われたデーン人」という、首を胴体から切り離さなければ死ぬことはないゾンビのような連中は現れるし、3メートルの古代ギリシャの「青銅巨人タロス」は暴れるし、さながらこの世界はファイナルファンタジーみたいな「ロールプレイングゲーム」のようなのです。
そういう特殊な設定を背景にしたミステリーなんですね。だから、普通のミステリー作品のような、現実世界の物理法則やら常識やらが通用しない。この物語の世界の中だけのルールで、ミステリーを仕上げなければならない。そして、読者を納得させなければならない。これは作者にとっても冒険でしたね。
ただ、その特殊なミステリーを彩る背景といいますか、主人公のアミーナを含むソロン島の世界や、奇怪な傭兵たち、獅子心王リチャードⅠ世の御代で風雲急を告げるイングランド情勢など、ファンタジックな世界の描き方が素晴らしいのです。だから、自分もソロン島で北海の波しぶきを受けているかのような臨場感に包まれ、違和感なく物語に解け込んでいけるのです。あたかも、出来のいいRPGゲームに出会ったかのように。
タイトルの「折れた竜骨」も雰囲気があっていいですね。竜骨とは、中世の船の構造材、背骨みたいな役割の柱のことです。

物語の舞台は1190年のソロン諸島という、たぶんイングランドの北東に位置するであろう架空の島です。
ソロン諸島は、領主の住む小ソロン島と街や港があり住民が暮らすソロン島に分かれており、、その領土をイングランド王リチャードⅠ世に託されたエイルウィン家が治めています。
主人公であるアミーナは、エイルウィン家の令嬢で、16歳。
アミーナと平和なソロンの世界は、領主ローレント・エイルウィンの盟友であった老兵エドウィー・シュアーの不審な死を契機として徐々に暗雲に覆われてゆくのです。
ローレントは、デーン人(ヴァイキング)の来襲を確信し、傭兵を呼びよせます。傭兵には、ドイツの不良騎士やらサラセン人の幻術使い、マジャール人の女性兵士などがいました。
しかし、なんと領主ローレントが、その晩、何者かに暗殺されてしまうのです。
そして、塔上の牢獄から忽然と消えた、“呪われたデーン人”の捕虜、トーステン。
アミーナと、トリポリからきた騎士ファルク・フィッツジョンとその従士ニコラ・バゴは、事件の謎を追います。
いったい領主を殺めたのは何者なのか、彼は操られていたのか?
密室である塔の牢獄からどうやって捕虜のデーン人は脱走できたのか?
真犯人を追う3人に、クライマックスのデーン人の来襲のときが迫ります。
はたして、ソロンの世界はこの危機を無事に乗り越えることができるのでしょうか……

蜂蜜酒(ミード)や麦酒(エール)を飲みながら、秋の夜長にぴったりの本であると云えるでしょう。

「新選組組長 斎藤一」菊地明

新選組副長助勤三番組長・斎藤一。
彼はその生涯で、山口一(本名)、斎藤一、山口次郎、一瀬伝八、藤田五郎と名を変えました。
私が斎藤一という人物に強い興味を抱くようになったのは、浅田次郎の「壬生義士伝」を読んでからです。
「壬生義士伝」は南部藩出身の吉村貫一郎という隊士が主人公でしたが、主要登場人物であった斎藤一のキャラクターの個性は強烈でした
浅田次郎は新選組三部作の完結編と云われる「一刀斎夢録」(カテゴリー歴史ロマン・ミステリー参照)において、「斎藤一」を描ききったという感じがしましたが、たぶん斎藤一と云うミステリアスな人物が好きだったのでしょう。どうしても坂本龍馬を彼に斬らせたかったようです(笑)ただし、本書を読んでわかったのですが、浅田次郎の取材力というか資料精査というか、その力は相当なものですね。本書には、斎藤一の子孫の方の書いたものも参考にされているのですが、斎藤一の晩年は、無口で、大変目つきが鋭く、常に武人らしい生活をしていたようです。また、酒が好きだったと。まさに浅田次郎の描いた斎藤一、実は図星だったのかもしれませんね。

斎藤一(山口一)は、1844年1月2日生まれ、家系は播磨で、父の代より江戸に出てきたとのこと。
新選組局長近藤勇より十歳下、一番組長沖田総司より2歳下、藤堂平助と同年齢でした。
身長は170センチくらいで、当時ではかなり大きい方だったでしょう。
噂にあった左利きというエキセントリックな話ですが、これは昭和6年に刊行された子母沢寛の「新選組物語」の創作である可能性が高いようです。面白いんですがね(笑)
剣筋は一刀流とも無外流とも云われていますが、著者はそれにはこだわらず、近藤勇・試衛館の天然理心流の門人であったと、資料を提示して主張しています。この主張が本書の根幹なのです。
斎藤一は、近藤や土方、永倉が京へ上ったときのメンバーには入っていなかったので、腕は立つのだが門外漢とされていたのです。ところが、著者は斎藤一が江戸で誤って旗本を殺める事件を起こしてしまったため、江戸を出奔し、試衛館の連中より先に京に上っていたというのですね。そして、後に落ち合ったと。
元より近藤の忠実な門人であったとすれば、伊東甲子太郎が御陵衛士となって新選組と袂を分かったとき、近藤に命じられ間者として潜入したこともうなずけるのです。
ちなみにこの頃、坂本龍馬暗殺事件が起こりましたが、事件のあった11月15日の5日前に斎藤一は潜入先であった御陵衛士を脱し、間者であったことがばれるのを恐れた近藤の差配によって、紀州藩士三浦休太郎の元に匿われていました。ですから、事件の下手人である可能性はありませんね。
その他、佩刀とされている池田鬼神丸国重も、あながち本当の話だとは云えないようです。
本書は、斎藤一が大正四年九月二十八日、七十一歳で“座して”死にその墓が建てられるまで生涯を追うのですが、その墓所の場所もそうですが、彼は「会津」に殉じたのですね。新選組といえば、だんだらの隊服に、「誠」を染めた隊旗が有名ですが、もっとも誠を貫いたのは斎藤一であったかもしれません。
そして本書のとっておきは、今まで見たこともない斎藤一の写真でした。
二男の婚礼のときのものだそうです。これを見れただけでも本書を読んだかいがありました。
一番後ろでひっそりと佇む、白髪に白髭の老人。めちゃくちゃ雰囲気ありますよ。

「最強撃墜王」武田信行

西澤廣義。その撃墜機数は80機とも120機とも云われており、アメリカ国防総省にその写真が展示されている、日本海軍航空隊戦闘機零戦のトップエースです。
そして日本初の神風特別攻撃隊である敷島隊の掩護、戦果確認は、彼の技術なくしてはあり得なかったかもしれません。しかし、これほどの男でありながら、その業績は知られておりません。著者は、彼の属した飛行隊の戦闘行動調書、坂井三郎や角田和男(カテゴリー海軍戦史・戦記参照)らの戦記をひもとき、生地である長野に赴き、その苛烈で短すぎた青春を記録しました。

物語は、西澤がニューギニアのサラモア沖に不時着水し、泳いでいるときの回想という形で始まります。
西澤廣義は、長野県出身、第7期飛行予科練習生(少年航空兵)。戦闘機操縦者として延長教育のあと、教官を務めていたため、意外ですが、実戦デビューは遅いです。支那戦線の従軍もありません。
昭和16年10月1日付で、千歳航空隊(在サイパン)に配属。日米開戦をマーシャル諸島ルオット基地で迎えます。
昭和17年1月31日、設営間もないラバウルへ進出。ですから、のちに太平洋戦争史上最大の航空戦が繰り広げられるソロモンには初めからいたということになります。(当時在ラバウル航空兵力は千歳空96式艦戦29機零戦3機)
2月3日、96式艦戦を駆って、初の夜間迎撃で、カタリナ飛行艇を初撃墜。
2月10日、再編成で、第四航空隊へ。零戦(時速530キロ・航続距離3300キロ。96式艦戦は430キロ・1200キロ)への整備も進みます。3月10日には、最前線となるラエに進出、14日には敵戦闘機4機撃墜。
4月1日、再編成で台南空に編入され、坂井三郎はじめ数々の名パイロットと共に戦うことになります。
5月2日には、坂井との初共同出撃でポートモレスビーへ。8月7日のガダルカナル行で坂井が負傷し、内地へ送られたため、共に戦った期間はわずかでしたが、影響を受けたことでしょう。ふたりとも視力が抜群に良かったらしいです。どちらが強かったのかは愚問でしょうね。ただ、西澤は愛きょうがありました。司令室で、中島少佐のタバコを拝借したりとか。
敵ポートモレスビー基地での編隊宙返りは坂井の発案らしいですが、西澤かもしれませんよ。ラバウルを代表するパイロットである、坂井三郎と西澤廣義、太田敏夫(昭和17年10月21日未帰還)の3機の零戦が、戦闘終了後、列機から抜け出して、敵飛行場上空で宙返りを繰り返して、米軍の度肝を抜いた事件ですね。
この後、西澤がマラリアに罹患している間に、台南空の歴戦の勇者たちは次々と散っていきます。
11月1日には、台南空は消滅し、251空に再編され、内地に帰還しますが、半年後の昭和18年5月10日、西澤は再びラバウルに還ってくるのです。まったく落とされる気配はありません。角田和男氏が書いていましたが、零戦にさえ乗っておけば、彼が死ぬことはなかったでしょうというのも、頷ける。まさしく、ラバウルの魔王。
結局、彼は10月30日、内地へ帰還し、大分で教官を務め、空母瑞鶴の戦闘機分隊長だった岡嶋清熊少佐に請われ、203航空隊に配属されます。一時、北千島の防空も経験しますが、日に日に劣勢となる情勢もあって、次に彼に任された仕事は、フィリピンでの特攻隊の掩護でした。
敷島隊の行く末を見届け、ハエをあしらうようにヘルキャットを撃墜した西澤は、被弾もあってセブ基地に着陸するのですが、これが彼の運命の分かれ道でした。
かつて知った中島少佐に、特攻に使うので零戦を置いていけ、と言われ翌日の零式輸送機(ダグラスDC3)で送られることになったのです。そして、これが彼の最後となりました。
昭和19年10月26日、24歳10カ月の激烈な生涯は、ミンドロ島上空、グラマンの攻撃により閉じられました。
これは本当に無念だったと思いますし、私も読み終えて、やるせない想いでいっぱいですね。
彼が自分が操縦しているかぎり、絶対撃ち落とされるようなことはなかったと確信しています。
「おまえがいなけりゃ後がこまる」と言うほど西澤が海軍航空隊にとってかけがえのない人間であったのなら、中島少佐は彼を零戦で帰すべきでした。

「ロードサイド・クロス」ジェフリー・ディーヴァー

キネシクスの専門家、キャサリン・ダンスが活躍するシリーズ第二作が本作「ロードサイド・クロス」です。
キネシクスとは、嘘をつくとき、多くの人々はストレスや不安を感じ、不快な感覚をしぐさや言葉遣いで軽減しようとする、そのボディランゲージを見抜く、技術のことですね。
私の場合は顔を指でいじったりします。
たとえば、飲み屋のおねえさんが「楽しい?」と聞いてきたときに、「面白いよ」と言いながら頬を掻いたりしてたら、それはもう一刻も早く帰りたいということです。
キャサリン・ダンスは、目撃者や被害者、被疑者にこの技術を使って、事件の真相に迫っていくわけですね。
ただ、ダンスはたぶん30代半ばくらいかな?ウェスとマギーという12歳と10歳の兄妹の子供を持ち、眼鏡をかけた近眼ですが、プロポーションはけっこう良い感じですので、恋愛沙汰があります。前作の「スリーピング・ドール」(カテゴリー海外ミステリー参照)でもありました。FBIのウィンストン・ケロッグでしたっけ?彼との一件は、訴訟となって本作でも引き続いています。
本作では、ジョン・ボーリングという、40歳過ぎのコンピュータ専門の大学教授が彼女の前に現れますし、捜査パートナーであるモンテレー郡保安官事務所刑事のマイケル・オニールとの仲も、微妙な一線を越えつつあるような気がします。
そしてここでも、男たちのニュアンスをキネシクスしてしまうのですね(笑)
ただ、リンカーン・ライムシリーズと違って、このダンスをヒロインとしたシリーズの面白みは、事件捜査だけではなく、ヒロインを取り巻く男女関係にもあるでしょうね。私自身、次作ではどう深まっているのか、はぐらかしているのか楽しみですから。

で、事件のほうですが、これはライムの方の「ソウル・コレクター」(カテゴリー海外ミステリー)のコラボみたいな感じの、シンセティックワールド――コンピュータの仮想空間を取り扱ったものです。
タイトルの「ロードサイド・クロス」とは、道路の路肩に突きたてられていた木の枝で編まれた十字架のことで、交通事故の慰霊の意味ですが、この物語では犯行の予告に使われます。そこには明日の日付が書かれており、たとえば車のトランクに閉じ込められ、海岸に放置され、満潮時に溺死するようにされた(想像するだに恐ろしい)タミー・フォスターという十代の少女も予告されていたのです。
ダンスはじめ捜査チームは、被害者の周辺を探るうち、ある“ブログ”に注目します。
そこには、タミーの他、幾人もの書き込みによって猛烈に中傷されている少年がいました。
彼の名は、トラヴィス・ブリガム。連続する事件と、相次いで発見される「ロードサイド・クロス」。
果たして事件は、インターネット上の中傷に復讐するトラヴィスの仕業か、それとも――
さらに、前作の事件で死亡した刑事、フアン・ミラーの安楽死問題を巡ってキャサリン・ダンスの母であるイーディ・ダンスが逮捕されてしまうという、ものすごいドタバタが起こるのです
もう読んでる方も大変ですよ。そして今回も見事に真犯人はわかりっこありません。

NEXT≫
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (30)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (24)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示