「梟の城」司馬遼太郎

「気を変えてみぬか。このままここに留まってさむらいの中に入れば、小城の一つも持てる器量じゃ」
「たわけた事を云う。まだお手前にはわからぬか。お手前が命を拾えたのもわしが忍者であったからじゃ。ただのさむらいなら、とうにお手前の命はどこぞの野に落ちていよう。忍者にはそれだけの働きがあるが、そのただのさむらいの群れにはまじわれぬ心組があってな、いわば人外じゃ。ことに、主取りをしたり家来を持ったりする物憂さに堪えられぬ。その矢倉の屋根を見るがよい。むらがっておる雀、あれが、おぬしらさむらいというものとすれば」
「われは何じゃ」
「梟(ふくろう)じゃよ」


第42回(昭和34年下半期)直木賞受賞作です。
再読ですが、たぶん何回読んでも面白いと思えるだろう後世に残る忍者エンターテインメントの傑作です。
すこし前に映画を観たので、もう一度原作を読んでみようと思ったのですね。
映画自体は主人公の伊賀忍者、葛籠重蔵(中井貴一)の下忍である黒阿弥を演じた火野正平の頭にまだ毛が残っていたので、だいぶ前のものであったと思っています。
映画もそれなりに面白かったですが、改めて読んでみて、やはり原作には到底及びません。当たり前です。
ただ、映画では初読のときから好きだった伊賀の老忍である黒阿弥が、甲賀忍者に囲まれて衆寡敵せず殺されるとき、「甲賀はええのう。信長に攻められなんだから若い衆(わかいし)がようけおるわ。伊賀は年寄りばかりじゃ」と云ったんですが、このセリフは原作にはありません。しかし、この作品をある角度から表していると思えるこの一言が私は非常に好きでして、再読して原文になかったのでちょっとびっくりしました。映画、やるやんと思いました。

天正19年(1591年)。太閤豊臣秀吉治下9年の世である。
過ぐる天正9年の伊賀の乱において、織田信長の軍勢に壊滅的な打撃を受けた伊賀忍者の生き残りである葛籠重蔵は、老いた師匠である下柘植次郎左衛門の訪問を受け仕事を依頼される。
内容は、天下人である秀吉の暗殺であった。伊賀の乱によって家族を抹殺された重蔵は、信長に対して復讐を誓っていたがその信長もほどなくして本能寺に倒れ、彼はなかば世を捨てて、荒れ寺で怠惰に過ごしていた。
対象は違えど秀吉も憎き権力の象徴である天下人には変わりなく信長の後継者であるともいえる。
重蔵は古くより葛籠家の下忍であった佐那具ノ黒阿弥を伴い、太平を極める京、奈良、大坂へと出、策謀を練る。
しかし、事はそう簡単に運ぶわけがない。秀吉の世に不穏の影を射さんがため、黒阿弥は忍者の残党を率いて偸盗や煽動工作を行い、重蔵は暗殺の依頼元である堺の豪商今井宗久のもとを訪ねるが……
宗久の養女であるという小萩という謎の女や、半年前より音信不通となり伊賀を抜けて現在は京都奉行前田玄以配下の武士となっている重蔵と朋輩の忍者、風間五平など怪しき者たちの障害が立ちはだかる。
さらに、師匠とその娘である木さるに裏切られ、甲賀ノ摩利洞玄という甲賀最強の忍者も敵にまわしてしまう。
四面楚歌で京に息を潜める重蔵ははたして秀吉の寝間までたどり着き、その息の根を止めることが叶うのか。
リズム良く美しい言い回しと文章、ダイナミックな展開とこれ以上なきミスティックなオチが素晴らしい、忍者冒険小説の金字塔です。

乱波(らっぱ=忍者)の心の屈折、愛憎の描写が素晴らしかったですね。
重蔵、五平、小萩、木さる、摩利洞玄、黒阿弥ら登場する忍者の忍者たる個性がすべて違います。
単なる忍者アクションだけではありません、彼らの人生を通したヒューマンドラマがあったから面白いのです。
五平なんて忍者が嫌いで仕方ないから武士に仕官しましたが、誰よりも生まれながらに忍者であるし、黒阿弥は人間を草木としか見ていない伝統の乱波精神の持ち主であるし、重蔵は忍者に向いていない性格でありながら、忍者以外に生きる価値を見出していないし、小萩は係累的にも優れた女忍でありながら恋心が抑えられないのです。
素晴らしいですよ、司馬遼太郎の描く忍者の人生の切なさとその人外の異様さ、その逆の人間としての弱さ、は。
もちろん、闘い、も読み応えばっちりです
重蔵と鹿島の兵法家の闘争、集団戦法に勝る甲賀忍者と伊賀忍者の死闘、思わず息が詰まる摩利洞玄の存在感……現在の私たちには想像もできませんが、当時焼け落ちていた奈良の大仏を情景とした場面もありました。
今さらどうしようもないのですが、続編があればよかったのに、と思います。
この登場人物をこれ一冊にとどめるのはあまりにも惜しかった、ですね。
もちろん、ラストでほっこりした重蔵と小萩には多大な迷惑がかかることになったでしょうが――






スポンサーサイト

「百年文庫 庭」梅崎春生・スタインベック・岡本かの子

百年文庫15年目は『庭』。
改めて考えてみると庭というのは、何なんでしょうね。不思議な気もします。
人にとっては執着もするし、ただの土地としてしか扱わない人もいます。それがない人もたくさんいる。
また、イングリッシュガーデンや日本庭園のように国の文化を表現するものであったりもします。
そうかと思えば、隣の芝生は……とか、生活レベルや身分の違いを計られたりもします。
私のいるあばら小屋にも裏庭があって、ある必要からキダチアロエを植えているのですが、やはり植生というのは愛着が湧きますね。毎年花をつけたり、めったに降らぬ雪にやられて枯れたり。
本読みに疲れて目をやれば、しばし時間の経つのを忘れるほど見入ってしまいます。生きてるんですよね。
本書の3篇の小説には、どんな庭が語られるのでしょうか。それは物語を映す鏡であるかもしれません。

「庭の眺め」梅崎春生(1915~1965)
草が茫々と生い茂り、樹々は枝を自在に伸ばして、おどろおどろと荒れている。垣もすっかり朽ち果てて、犬や猫も自由に通るし、蜘蛛もあちこち巣を張るし、空には小鳥やアブや蜂がとび廻り、地には蟻やトカゲや斑猫が這い廻っている。大きさは六、七間四方(一間は約1.8メートル)。しかし、これは家に付属しているからには、空き地というよりは庭だろう。(笑)。この私の庭で、生活保護を受けている隣家の人間が色々やっているのである。カスミ網を張って小鳥を捕まえて売ってもいるらしい。隣家の主人である古畑大八郎なる人間とは口も利いたことがない。あるとき、庭の茫々たる草々の向こうに大きなモグラが這ったような地面の隆起を発見する。それは、隣家の人間が作ったウネだった。やがてそこから、食用になりそうな柔らかな植物が芽を出したのである。

「白いウズラ」スタインベック(1902~1968)
カシの一本一本の根元には、よく手入れされた土が丸く盛り上げられてシネラリアが植えられ、芝生の端にはなにかを象徴するかのように小さなフクシアが一列に植えられていた。フクシアの前には浅い庭池があり、もっともな理由があって、笠石は芝生と同じ高さになっていた。これがメアリー・テラー、のちのハリー・E・テラー夫人の理想の庭である。彼女は、この5年間、自分に言い寄ってくる男を見ては「この人は庭を気に入ってくれるかしら?」より「庭がこのような人を気に入るかしら?」と考えて結婚した。しかし、彼女の病的な庭への執着は小さな悲劇を生む。庭を通してメアリーが見ているもの。ぞっとするほどの恐ろしさも感じる物語。どうして、ハリーは白いウズラを撃ったのでしょうか?庭に嫉妬したのでしょうか?それよりも、私は彼が空気銃をもって庭に出た朝方の話はメアリーの夢のような気がします。だから、怖いのです。

「金魚撩乱」岡本かの子(1889~1939)
1937年発表の作品。東京の山の手に桃仙境があった時代。6年前、地方の水産試験所を去って金魚飼育屋の跡取りとして再び育ての親のもとに帰ってきた復一の目に、いつも映る光景があった。それは崖の上の邸園で幼馴染の真佐子がくつろいでいる姿である。復一にとって真佐子は初恋どころか終生愛していた女性だった。しかし、崖上の邸宅に住む真佐子と、商人である真佐子の父に学業や金魚飼育の資金を融通してもらっていた崖下の谷窪に住む復一は釣り合う相手ではなかった。復一の中で徐々に偶像である真佐子と金魚が重なり、苦しい金魚作りの道程はままならぬ人生と重なっていく。そして新種の金魚作りに失敗し続けること苦節十余年後、結婚どころか人付き合いもしなかった復一は、自身も死にかけた暴風雨の去ったあとの廃用の金魚池で、思いもよらぬものを見つけるのである。「意識して求める方向に求めるものを得ず、思い捨てて放擲した過去や思わぬ岐路から、突兀として与えられる人生の不思議さ」。
金魚作りは江戸時代、貧乏旗本や小藩の役人の副業だったらしいです。
それが発展していくのですね。太平洋戦争前の平和な時代なので、当時の風俗やら商売の考え方など今とそれほど差がないことにびっくりしますし、小説自体が示唆的なものを除いても、とても奥深く素晴らしいものでした。
さらに作者が、かの日本を代表した芸術家である岡本太郎の母親であることを知ってびっくり!!!
わずか二年余の作家生活だったらしいですが、さすがと云うべきですね……




「星月夜」伊集院静

「星月夜」は「ほしづきよ」と読みます。

10月頭に発見された、東京湾の波打際に浮かんでいたビニール袋に包まれた遺体。
その遺体にはもう一体の遺体がロープで繋がっていました。
それは若い女性と老人男性であり、死亡推定日は8月頭から8月末。
警視庁捜査一課の主任刑事畑江警部補のチームおよび警視庁鑑識課のベテラン葛西巡査部長と皆川巡査のコンビは、苦労のすえ、遺体の身元を突き止めます。
それは岩手から慕う男性を追って上京した佐藤可菜子と、謎の失踪をした出雲の鍛冶職人である佐田木泰治でした。
息子夫婦を山津波でなくした岩手の農夫である祖父・佐藤康之にとって孫娘の可菜子はこの世でたった一人だけの身内であり、物心ついたときから両親がいなかった出雲の孫娘・滝坂由紀子にとっても祖父である佐田木泰治はこの世でたった一人だけの身内でした。
なんの繋がりもありそうにない、この2人がどうして殺されたあげくその遺体が繋がれていたのか。
鑑識の葛西は、この事件(ヤマ)は大きい、とにらみます。
にもかかわらず、捜査は進展せずに縮小されていく捜査本部。
佐藤可菜子は、上京し専門学校を退めてからいったいなにをしていたのか。
最近は仕事することのなかった佐田木泰治が久しぶりに鍛冶小屋で作っていたものは何なのか。
そして、懲戒免職になった山口県警下関署の元刑事である石丸の執拗な追跡は何のためなのか。
すべては、昭和42年の夏の夜、星月夜をのぞむ宇部高専の3人の男女に帰すのです。
彼らの名は、乾康次郎、金本美智子、宋建侑。
彼らの人生の航跡に潜んだ謎とは、いったい――

伊集院静のミステリーは読んだのも初めてですし、いままでなかったんじゃないですかね。
はっきりって、手法が古いので時代設定は現在なのに昭和臭くなっていますし、なんというか、人物設定に少し納得できないところもあるし(どうして乾があんな凶悪な人間化したのか理解できないとか)、なんかパッとしませんな。
どうしてこんな昭和的な伝統ミステリーになったんですかねえ。松本清張みたいでしたね。
伊集院静は、ヒューマンドラマの書き手としては当代一流なんですが、もったいないなあ。
ただ、連載作品として、先が気になって仕方ない書き方はちゃんとしていました。これから物語がどう展開していくのかまったく予想できないワクワク感はありました。連載ミステリーとして重要な部分ですからね、先が気になって掲載誌を買ってしまうという。ただ、終わってみればなんだこりゃ……これでよかったのかよ、ですが。
ちょっと可哀想ですよね、岩手の爺ちゃんとか。あんなに農業が好きだったのに、上京してコアな風俗で働いていたばかりか殺されてしまうなんて、あんまりでしょ。後味が悪すぎますよね。
期待はずれな一冊でした。




「白ゆき姫殺人事件」湊かなえ

T県T市にある「しぐれ谷」の雑木林で、全身十箇所以上を刃物で刺された後、灯油をかけられて火をつけられた遺体が、山菜狩りの老夫婦に発見された。3月7日の月曜日、早朝のことである。
遺体の身元は、酒造メーカーの子会社、日の出化粧品の社員である三木典子(25歳)。
被害者が人目を引く美人であり、日の出化粧品の看板商品が洗顔用石けん「白ゆき」であることから、事件は「白ゆき姫殺人事件」としてメディアのセンセーショナルな扱いを受け、世間をにぎわすことになる。
犯行は、通り魔的なものなのか、あるいは計画的な殺人なのか。
実は事件発生当初から、実に怪しい人間がひとりいた。被害者である三木典子の会社の同期で同じ部署で働いていた城野美姫(しろのみき)である。
三木典子が消息を絶った3月4日の金曜日は、三木も城野も部署の送別会があった。
2人とも一次会で帰ったのだが、その後、城野の車に乗った2人が目撃され、さらには時系列では三木が殺害された時間からすぐ後に荷物を抱えて駅にダッシュする城野の姿が会社の同僚に目撃されている。
そして月曜から、城野は故郷の母の危篤を理由に姿を消してしまっているのだ。もちろん、母親は元気である。
いかにも怪しい。噂では上司である篠山係長との三角関係もささやかれ、さらに最近、部署で頻発していた盗難事件も城野に関係しているのではないかと、関係者はつぶやく。
物語は、被害者の三木典子が教育係を務めていた新入社員の狩野里沙子、同じく城野美姫が教育係だった満島栄美、ふたりと噂のあった篠山係長ら会社の同僚、前谷みのりら学生時代の友人、尾崎真知子ら高校の同級生、中学校の同級生、さらには生まれ故郷の地元住民が、容疑者・「城野美姫」についてフリーライター赤星雄治に話した独白に近いインタビューを通じて事件の真相、いや、人間の真相に迫っていく。

なかなか面白かったんじゃないですか。
本編と別に付録のSNSのコミュニティサイトで事件を取り巻く環境が展開したり、週刊誌の記事が載ったりする新趣向もよかったと思います。小説すばるに連載中は、これら付録がWEB上に掲載されていたのでしょう。
マンマローというサイトは実在しませんが、GOCCOみたいなものでしょうね。実際に事件の周辺にいる人間がインターネットに情報を書き込んでしまうことは今では当たり前に起きていますからね。
根拠のない誹謗中傷も後を絶ちませんし。それが真実なのかマユツバものなのか、判断するのは個人の器量ですが、本作もそうであるように、自分の頭の中で情報を加味して記憶を書き換えてしまうのですね。
たとえば城野美姫が殺人の容疑者であるとすれば、中学校の同級生はそれに相応しい記憶を捏造するかもしれないし、比較的新しい大学の友人であっても彼女を擁護しつつ実行については否定しきれないかもしれません。
よくテレビでみますよね「あんなことをする人とは思わなかった」と。うそですよ、たぶん。というより、人間はどれだけ親友であろうと他人に対して「あんなことをする人とは」以上の感慨を持ちえません。他人ですから。
何年かの付き合いで、ほんとうの人格などわかるはずもないのです。まして近所ですれ違う程度で。
最後の最後まで、「城野美姫」という人間がわかりませんでしたもんね。三木典子も、狩野里沙子だって。
私が死んだらどれだけボロクソに云われるのでしょうか、ある意味、その恐ろしさに気付かされる小説でした。

それにしても、性格の悪い小説でしたねえ。「イヤミス」っていうんだそうです。
湊かなえは家庭科の教師だったそうですが、微塵もそんな雰囲気を感じさせないものを書きます。
あと、言葉つかいにしても「ぶさいく」とか、まあ文体が口語ですから仕方ないんでしょうが、「くっちゃべる」とかは私は住んでいる場所が近いだけによくわかる言葉なんですが、全国に通用する単語なんですかね??
確かに女子社員が給湯室とかでしゃべっている模様は「くっちゃべる」ほどその状態を的確に表す言葉はありませんが(笑)
あと、この作家は小説より脚本の投稿のほうが早かったらしいですが、なるほど、本作やデビュー作「告白」を読むかぎり、こういったシナリオスタイルに近いもののほうが面白い気がしました。



「スロウハイツの神様」辻村深月

デビューから5作目の作品ということになるのでしょうが、今までの4作とは明らかに作風が違います。
まあ確かに赤羽環の少女時代など、これまでの辻村先生のジメジメした青春の灰汁(あく)の残り香もぷーんと臭うのですが、なかなかに本作は、さすが代表作品と云われるだけあり、読後の余韻も素晴らしい青春小説の傑作となっています。まじめに読んでいると泣いてしまう場面もありますね。
私はノベルスで読んだのですが、はっきりいって上巻のラストまで何も事件が起こりませんでしたし、ほぼ人物紹介で上下巻のうち一冊が終わってしまうなどいったいどういうことか、と退屈で仕方なかったのですが、すべて読み終えてみると、退屈な上巻があったからこその“深み”がものすごく感じられました。他の作家ならめんどくさくて書いていないことまで書いている、これはさすがに辻村先生じゃなきゃできない仕業でしょうね。彼女だからこそこの傑作を書きつくすことができたんだと思うし、読者を泣かすところまで物語を積み上げることができたのでしょう。
これは辻村深月という作家ならではの特性です。好きな人にはたまらないでしょうね。
また、さりげなく書いているすべてこのことに意味があります。たとえば、チヨダ・コーキがコスプレで警察に職質されたエピソードが書かれていましたが、それを覚えているとラストにかけての面白さが違ってくると思いますし、森永すみれのバイトしている映画館にやってきた友達に約束をすっぽかされた女の子も、私は忘れてしまいましたがたぶん過去作に出てきたエピソードだったかもしれません。環と同い年で仕事の付き合いのある写真家・芦沢光は「凍りのくじら」(カテゴリー・ファンタジックミステリー参照)の主人公でしたよね。

練馬区椎名町の駅前商店街を抜けた先にある木造3階建ての小さなアパート『スロウハイツ』。
家賃は1ヶ月1万円、ただひとり3階に住むオーナーの赤羽環(あかばねたまき)は25歳、5年前に交通事故死した元詐欺師の母親を題材にした脚本で、一躍脚光を浴びた絶賛売出し中の若手女性脚本家である。
そして『スロウハイツ』の住人は実質、彼女の友人またはその紹介である。では住人を披露しよう。
チヨダ・コーキは最年長の32歳、青少年に絶大な人気を誇るラノベファンタジー作家で、日本で一番売れている雑誌・週間少年ブランで「レディ・マディ」を連載中。10年前に彼の小説に影響されたと思われる凄惨な事件があり、3年間休筆していた。本書で最終的に絡んでくるのはその事件前後の世界であり、読み終えて感じたことは彼が主人公だったこと、彼も神様だったことであるが、上巻および下巻の途中までそんなことは微塵も感じない。
狩野壮太は投稿を繰り返すが目が出ない漫画家の卵。実は彼の実生活は謎である。他のメンバーと違い、バイト先の様子など語られることはない。長野正義は映画製作会社で働く感情の描けない映画監督の卵。森永すみれは営業のできないイラストレーターで画家の卵。狩野と長野とすみれは同い年だと思われ、3人とも環の2歳上である。
そして、長野正義と森永すみれは付き合って6年目の恋人同士である。ちなみに狩野壮太にも彼女がいるが、下巻まで語られることはない。この3人が1階に住み、2階はチヨダ・コーキの部屋と、その担当の敏腕編集者である黒木智志のほぼ物置部屋、そして3ヶ月前に出て行った高校からの環の親友、円屋伸一が住んでいた空き部屋がある。のちにこの空き部屋には、チヨダ・コーキの大ファンであるという美少女・加々美莉々亜が入居し波乱を巻き起こすのである。
物語はスタート時点でみんなが『スロウハイツ』に入居して2年目。エピローグではスロウハイツが解散してから少なくとも5年経っていると思われる。環とコーキの感情の行方は、そしてクリエイターたちの夢の行く末はどうなったのか、また数々の謎の回答はどこにあるのか……

まず、この話は手塚治虫、藤子不二雄、赤塚不二夫らが集った伝説のトキワ荘がネタ元です。
確かに夢をもったライバル同士がともに生活するならば本人の才能以上のものが引き出されるかもしれません。
本作でもそうであったように、他人の成功を喜びながらも喜べないという、ぬるいんだか厳しいんだかわからない雰囲気がいいですね。女性をまじえることによって、生活描写にずいぶんと情緒も出てきますし。
ミステリー部分ですが、コーキと環の物語は書かれている通りだからいいとして、週間少年ブランで一番人気の「ダークウェル」の原稿がスロウハイツに届いた謎ですが、作者幹永舞は狩野であったというのが真相なんでしょう。
一瞬、作画の夜真下というのが狩野ではないのかと深読みしたのですが、ラスト近く正義が狩野に「canとableな」と言っていましたから。幹永舞(canable)ということですね。ただ、コーキがどうして幹永舞は私です、と言ったのか、たぶん環のプライドを慮ってのことだと思いますが、根拠が弱かったように思います。
そこだけでしたねえ、すこし首を傾げた部分は。
この物語を十代で読めるとしたら、ほんとうにその人がうらやましく思えます。
この小説は、夢をもって何かを信じて生きていくこと、そんな青春をそっと応援してくれるに違いありません。





NEXT≫
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (148)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (37)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (21)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示