「百年文庫 幻」川端康成/ヴァージニア・ウルフ/尾崎翠

 百年文庫第39作目のテーマは『幻』。
 幻、いいねえ。
 幻とは脳の電気信号が生むところの妄想でもあり、得体のしれない不可思議な現実の可能性もあります。
 私なんかは根が強気ながら被害妄想にできており、周りの人間から嫌われていると信じて生きていますが、ひょんなことからそれが思い込みであったことに気づき、自分の頭が勝手に生み出すところの妄想の不確実性を知ったりします。
 妄想はあくまでも、妄想なんですよ、凡人の。
 “幻”を文学的に昇華させるには、幻の実態が凡人の陥る妄想ではあってはなりません。
 なおかつ、エセオカルトであってもならないと思います。
 文学者の見る“幻”とはなにか?
 文学者の書いた“幻”とはどのようなもので、それは私たちにはどう映るのでしょうか。
 奇しくも、いやおそらく意図的に、今回の3人の作者は自殺者2名を含む神経を病んだ作家たち。
 彼らが見た向こうの世界とは・・・

「白い満月」川端康成(1899~1972)
 肺病の療養のため温泉地の別荘に暮らす主人公の男性は、女中として夏という17歳の娘を雇い入れた。
 山へ来てから7ヶ月、孤独のために貧血症状を起こしていた主人公の病態は彼女の存在で改善する。
 しかし、彼の上の妹である八重子がこの地にやって来て下の妹の静江の不幸を告げてから、母は同じでも父は違う彼ら3兄妹の身の回りには暗雲が立ち込める。
 一方、夏は10年も会っていない北海道に暮らす父の死を、千里眼で見たといって騒ぐ。
 妄想。一度囚われたら離れられない妄想。本作の場合は、静江の死に八重子が深く関わっているのではないかという疑いですね。まあ、それはともかく、本作の場合の幻とは、まるで現実の世界に住んでいないかのようなお夏と、日本橋の呉服店の子弟でおそらく遺産によって裕福な暮らしをしている兄妹の、現実の板についていない浮き世暮らしを、生活感に溢れていた母との対比によって浮き彫りにしたというところだと思います。幻のような生活という意味ね。
 相変わらず、川端康成は嫌いですが。


「壁の染み」ヴァージニア・ウルフ(1882~1941)
 古い邸宅に住む語り手が、あるとき、壁に染みを見つけた。今すぐ立ち上がってその正体を調べなくてはならないのだが、主人公は座ったまま果てしない想像力の奔流に流されていく・・・
 作者は20世紀を代表するイギリスの女性作家という触れ込みですが、私は初めて読みました。
 読解不能でしたね、残念ながら。壁の染みが無性に気になってそれが人の顔に見えたりするということなら、非常に似た経験があるので理解できますが、その正体がカタツムリならわかりませんか、動くでしょ。


「途上にて」尾崎翠(1896~1971)
 1931年の作品。東京のパラダイス・ロスト通りで失恋した女友達と夜の徘徊をする語り手の女性。
 やがてこの失恋女性は郷里の北海道に帰るが、語り手の女性の話は、おそらく菊池寛と思われる作者の書いた砂漠で死んだキャラバンの少年の話から、2年ぶりに再会した中世紀氏というかつて交友があった医学生の後日譚まで、定点を持たず幻のように彷徨う。
 本日の発見は、これ。尾崎翠(おざきみどり)。
 非常に怪しげでフワフワした現実感のない作品ですが、ドキッとするくらい意味深でもあります。
 この作者の感覚は最高。
 「芥川龍之介の書いたひとつの立小便が澄んだ色をしている」、なんて表現は衝撃的ですね。
 で、「嘘を知らない中世紀氏」という意味深なラストの真相ですが、
 失恋した女友達とは誰に失恋したかというと、中世紀氏なんでしょう。おそらく2年前。
 彼女はそのまま北海道に帰ったのですが、中世紀氏には失意の事情を知らせずにあえて嘘をついた。
 「嘘を知らない中世紀氏」とはこういうことだと思います。
 ただ、その後の中世紀氏の生活はどうなったかというと、北海道の彼女には想像もつかない変転があったのですな。
 人生は無常であり、すべては幻に帰するということでありましょう。

 

 
 
 
 
スポンサーサイト

「任侠病院」今野敏

 任侠ヤクザが経営危機の組織を立て直すシリーズ第3弾。
 今回は、病院。
 私、これまでの2作品を読んでいませんが、楽しく読めました(≧∇≦)
 「マル暴甘糟」の甘糟巡査部長がちょい役で登場するということだったんで、読んでみたのですがね。
 本当にちょい役で、おどおどとした事なかれ主義の嫌な役でしたよ(笑)
 まあ、お気楽なエンターテイメントでしたね。
 ヤクザというのは確かに社会のダニであってその存在は誰にとっても煙たいものだと思うんですが、だからといって彼らがいなくなって治安が良くなるかというと必ずしもそうとは言い切れないと思います。
 ヤクザがいなくなれば、また違うモノがやってくるだけでしょう。
 半グレとか、場合によってはヤクザよりよほどたちが悪いですよ。
 あるいは、既成の団体がそれにとってかわって、なおややこしくなるとかね。権力集中とか。
 阿岐本組のような古いタイプの任侠ヤクザならいてもいいと思います。
 もう絶滅危惧種というか、いないと思いますが・・・ある意味、日本の文化でありますね。

 少しあらすじというか作品紹介。
 どこの傘下でもなく、下町で独立独歩の阿岐本組。構成員は組長の阿岐本雄三以下わずか6名。
 貧乏ながら、いつも地元のことを考え、人知れず体を張って地元を守ってきた時代遅れの任侠ヤクザである。
 しかしその日、代貸(若頭。組のNo.2)の日村誠司は再び頭を抱えることになった。
 阿岐本組長の悪いクセがでたのである。
 兄弟筋の組織から持ち込まれた話は、経営危機にある病院を何とかしてくれという無理難題だった。
 確かに、これまで組長は運の強さで出版社や高校を再生してきた実績があった。
 しかし、それは奇跡であり、影では日村ら組員の並々ならぬ苦労があったのだ。
 今度は病院・・・組長は乗り気である。
 しかもその病院は、清掃業から物品管理、給食の手配や消耗品の購入まで管理する医療代理店と契約しているのだが、この医療代理店のバックはヤクザであり、中間搾取で高額なマージンをせしめているという。
 このバックのヤクザは邪麻島組といい、関西の大組織の系列だった。
 病院の経営をおびやかす代理店を切れば、関西の組織との戦争にもなりかねない。
 頭を抱える日村。
 さらに追い打ちをかけるように、地元の商店街で暴力団追放運動が立ち上がって・・・

 今回、というかこれがシリーズ初見なんですが、印象に残ったこと。
 それは、立て直しの初っ端に組長が掃除を命じること。
 こういうお気楽作品を真面目に論ずるのもどうかと思うんですが、掃除、これは真実だと思います。
 ヤクザの掃除はハンパありません。
 あれで性根が鍛えられるんです。それまでふしだらな生き方をしていた若者が、徹底的に掃除をさせられることによって一本芯が通るんですね。
 まあ、軍隊でも同じですけど。
 汚れているということは、隙と同じなんです。
 あれだけはヤクザにはかなわないなあ。私、掃除好きではありませんから。
 掃除というのは、やってもやってもキリがないもんですから言いようによっては終わりがありません。
 ですからやる人間の限界が見えますし、手を抜けばすぐバレますし、サボる暇がなくなるんです。


 
 
 

「槐(エンジュ)」月村了衛

 行楽客が集まり、中学生の合宿も行われていた夏休みのキャンプ場に“半グレ”集団が襲いかかる。
 彼らのグループの名は、カリスマ的リーダー溝淵が率いる「関帝連合」。
 バイクを駆ってライフルで武装し覚せい剤でラリっている彼ら数十人が目指すのは、裏切り者の経理係が持ちだして隠した振り込め詐欺の利益約40億円。
 わかっている目印は、「赤い屋根の小屋」ということだけ。
 しかし、問答無用の殺戮を繰り返し、キャンプ場内をくまなく探索してもそれらしき建物はない。
 そのうち、グループ内で対立していた中国人系グループが、金の臭いを嗅ぎつけて姿を現した。
 ホンモノのチャイニーズ・マフィアの強面を伴って・・・

 一方、なんとか難を逃れた市立水楢中学校の野外活動部の合宿の面々。
 部長で3年生の弓原公一以下7名の生徒と、引率の脇田教頭に部活副顧問の由良季実枝先生。
 キャンプファイアの薪を拾いにいったままだった由良先生は、そのまま行方不明になった。
 そして、両親を半グレたちに殺された幼い兄妹2人と合流した彼らだったが、運悪く半グレたちに見つかってしまう。
 しかし、正体不明の襲撃者が突如として現れ、混乱のスキをついて逃げることに成功する。
 地理的な関係からキャンプ場では携帯電話が使用できず、通じている唯一の道は封鎖されているなか、彼らは懸命の脱出を試みるが・・・

 正直言いましょう、陳腐。
 時間の無駄。
 幼稚、安直、粗雑。手抜き。
 紹介文を見、バトルロワイヤルみたいで面白そうと意気込んで読んだのですが、なんという失敗。
 少し山田悠介みたいな砂糖たっぷりの甘ったるいお子ちゃまコーヒーみたいな味もする。
 余韻もクソもないラスト(笑)
 しいていえばカントリーマアムの一件だけが唯一の救いか。
 どうやったら、こんなしょうもない物語が書けたのだろう、なんせ、月村了衛だぜ?
 もう左手で違う話を書かなければならないほど忙しかったのでしょうかね。
 あんがいこういうのを映画にしたら原作改善で面白くなったりするのでしょうか。
 何が面白く無いって、こういう風になるだろうと想像することがすべてこういう風になる(苦笑)
 人物の掘り下げ度ゼロ。アクションの迫真性皆無。
 ただ内輪もめというか、仲間がいつのまにか敵に分かれて殺しあうだけのワンパターン。

 こうしたら少しは良くなったかなと思われる点。
 まずは創作に手抜きをしないことでしょうが、由良先生は無愛想で地味でメガネかけた由良先生のままでよかったのでは? 水楢中学校のグループは素人のままで戦う、逃げるでよかったと思います。
 だいたいなんで、日本赤軍最後の闘士なんてのが出てくるんですかね。
 それがバカらしいというか、陳腐なんだよなあ。
 戸籍乗っ取れば、ニセ教員もあり得るのか? と考えさせられたことだけはよかったですが。
 あともう少しピントを絞って、それぞれの対立組織を掘り下げなければならなかったですね。
 変な黒人を最後まで引っ張ってあんなあっさり死んだらもったいないでしょうよ。
 鄭だってもう少し強くなければ真打ちの値打ちがないですよね。
 薄っぺらい悪役キャラが多数すったもんだしても、読み応えゼロですよ。
 
 月村了衛、生涯の汚点になりましたね。


 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

「池田屋事件の研究」中村武生

 面白かったです。いい本でした。
 伊東潤の「池田屋乱刃」(カテゴリー歴史ロマン・ミステリー参照)の参考文献として知った本なんですが、セットで間をおかずに読めばさらに面白かったと思われます。
 どちらかと言えば、こちらを先に読んだほうがいいでしょう。
 池田屋事件の真相はともかく、証拠がはっきりしない歴史的案件はこうやって追求するのだという歴史学者としての真摯な姿勢が垣間見えてよかったです。慎重すぎるほどの推理ですね。石橋を叩いて渡らないといいますか。
 池田屋事件で犠牲になった浪士のうちで一番の大物は肥後脱藩の宮部鼎蔵だと思われますが、最後の最後になっても、「池田屋に宮部鼎蔵も所在していただろう」という推量形ですからね。断定はしません。恐れ入りましたわ。
 確かに、学者は小説家ではないので創作はできません。
 反面、小説にはない真剣な面白さがこういった歴史論文には宿るのです。
 確かなことなんてわかるわけないです。150年も前の話なんですから。
 そのなかで可能性を探り、証拠の裏付けを積み重ねて説得力を作っていくわけです。
 その作業の過程が面白い。思わぬ文献の発見とか。かといって本書が真実であるという確証はないわけですけどね。
 一番驚いたのは、桂小五郎が実は池田屋にいたということではなくて、現在の池田屋跡の標石の場所は間違っているという思いがけない指摘だったりしました。京都觀光で、ここがかの池田屋かあと感慨にふけっても見当違いな場所だったら興ざめですよね(笑)
 

 では、池田屋事件の軽いおさらい。
 元治元年(1864)6月5日、京都三条小橋の旅籠・池田屋を新選組が急襲、親長州浪士数名を殺害捕縛しました。
 これが新選組の名を世に高らしめた池田屋騒動です。
 本書は新選組側からではなく、斬られた長州の側からこの事件を考察するというスタイルです。
 しかし新選組の斬り合い参加者を近藤、沖田、永倉、藤堂の4人に出口を固めた可能性のあるのが谷万太郎というように、当日の会津側の動きはある程度考察されています。
 では、池田屋事件はなぜ起こったのか。
 すべての発端は、その日の朝、四条小橋西詰真町、桝屋喜右衛門こと古高俊太郎が新選組に捕縛されたことにありました。本書は序盤の大部分をこの古高俊太郎という人物にスポットを当てています。
 なぜなら、池田屋に親長州の浪士(桂小五郎ら歴とした長州藩士も含む)が会合した趣旨は、あくまでも古高俊太郎の奪還であったからです。彼らはともすれば古高の囚われている新選組壬生屋敷を襲撃するつもりでした。
 ですから、池田屋事件は結果的に新選組が機先を制したという形になったわけですが、そもそも藩士でもない古高俊太郎をなぜそれほどまでに長州は大事にしていたのか、これが本書の序盤のキーポイントなわけですね。
 まあ、当時の朝廷に嫌われていた長州にとって古高は重要人物だったわけですが、あえてここでネタバレはしません。
 池田屋に新選組が踏み込んだのは、古高の供述は関係ありません。
 桝屋の倉庫に武器が見つかり、それを封印していたのを何者かが奪い去ったことを、新選組が重要視して夜の京都を虱潰し(偵察からある程度の場所は絞っていた)したのです。会津藩などに応援も頼んでいますし、一大作戦だったわけです。会津藩や桑名藩は遅刻してしまいましたが、けっして消極的だったわけではなく、会津藩にとっては池田屋事件は長州との決戦の覚悟を決める一大契機となったのです。
 本書が真実であれば、事件より前に長州派は禁裏御所に近い中川宮邸への放火を目論んでいたらしいですから。
 本当であれば一大テロでしょ。京都の治安組織である会津藩や新選組にとってもはや長州とは先にやらねばこちらがやられるというような、切迫した状態だったわけですよ。
 そんな中での池田屋騒動だったのです。
 ちなみにこれで一件落着ではなく、翌日の6月6日も大規模な捜索は引き続き行われ、たとえば京都大仏南の門にあった坂本龍馬と楢崎龍の住居も襲撃されています。龍馬は江戸に出かけていて無事でしたが、もしいればこのとき捕縛されていたかもしれません。

 池田屋の屋内戦死者は5人と推定されていますが、誰であるのかはっきりとはわかっていません。
 このとき死んだとされる伊予松山の福岡祐次郎という人物なんて、まったくの正体不明の人間です。
 まあ、このへんは伊東潤の「池田屋乱刃」を読めば面白くネタにされていますがね。
 屋内でなく路上で死んだ人間もいますからね、長州の吉田稔麿のような・・・
 彼は旅支度をしており、おそらく翌日にでも京都を離れる予定だったはずです。それがこの不運。
 ちなみに池田屋の亭主である池田屋惣兵衛は囚われて拷問死しています。
 何十人、いや何百人もの人間の運命がこの騒動によって分かれたわけです。

 最後に桂小五郎について。このとき長州藩京都留守居役です。
 彼は自分では会合に参加していないと言っています。早く行き過ぎて池田屋には誰もいなかったと。
 あるいはテロに消極的だった桂小五郎は会合に遅刻したために、難を逃れるたという説もまことしやかにあります。
 しかし、桂小五郎は実は浪士に武器を供与するなどテロにポジティブでした。
 このときの古高奪還を企てる池田屋会合にも、まとめ役として出席していたのです。
 ところが、新選組の急襲を受けて、彼は一目散に屋根伝いに逃げました。仲の良かった対馬屋敷まで。
 死人が出たように、屋内で踏みとどまって戦った浪士もいたわけです。
 なのに桂は真っ先に逃げた。志を同じくする浪士を放って、逃げた。
 だから、維新後の回想で「自分はいなかった」ことにしたのですね、格好が悪くて。
 ですから、桂の死後、同じ京都での藩留守居役だった乃美織江が真相を告白したのでした。


 
 
 
 

 

「一私小説書きの日乗 憤怒の章」西村賢太

 平成24年5月からの約一年間の日記。主に「本の話Web」に連載されていたもの。
 まあ日記といっても、飲んで食って寝るだけで終ってしまうのがほとんどなんですが。
 これがなぜか面白い。
 なんでだろうね?

 おそらく西村賢太という人間のキャラがそうさせるんだろうなあ。
 1ページ目から「夜、買淫。」には笑いましたが、買淫とか手淫とかは、この人にとっては護られるべきプライバシーじゃなくて公表すべきネタなんでしょうな。
 本当にうらやましいキャラですよ。
 私小説は娯楽以外のなにものでもないと本人が言い切っていますしね。もはや芸人の根性です。
 もちろん、護るべきプライバシーは別に存在しているのですよ。
 本書でそれが垣間見えたのは、前半の要所に現れた「知人」。
 私これ、この方の小説によく出る古本屋の主人(朝日書林の主?)か、そうじゃなくても鼻毛が遠慮もなしに伸びたような酒飲みで本好きのおっさんかと思っていたのですが、この「知人」はなんと女性でしたね。
 スカート履いていたもんね。もう、びっくりですよ。
 おそらくファンの女性なのかなあ。
 あれほど好きな買淫を我慢している様子も多々見受けられることから、お付き合いしているのかしれません(爆笑)
 もっともキャラはともかく、今ではタヌキがひき潰れたような外見なのですが、写真を見た限り若い頃はスリムで男前ですからね実は・・・

 西村賢太の日乗は、基本的に昼頃起きて風呂浴びてサウナ行ってテレビなどの出演するか書き物を打ち合わせなどして、メシ食って帰って創作をし、晩酌をして肴やラーメンを喰らい満腹になってから明け方寝るという自堕落なルーチンです。
 晩酌は缶ビール数本、痛風が起きてからは酎ハイそして宝焼酎「純」1本または黄桜辛口一献五合ほど。
 肴は出来合いの惣菜やら自製の料理やら。そして必ず寝る前にインスタントのラーメンなどを食していますね。
 そら、太るわ。
 気になったのは、意外にも仕事が忙しそうであること。
 特にテレビ。私はQさま!!は見ていませんし、フジのネプリーグで見かけたことがあるだけなので、まさかこれほどテレビで出ているとは知りませんでした。
 やっぱキャラが立っているから需要があるんだ。
 芥川賞受賞作「苦役列車」の映画を酷評しているのも、逆宣伝活動とでも云うべき余裕のなせる業なのでしょう。
 原作料とDVDなどの二次使用料でウマウマ~ですな。

 でも創作はけっこう苦しんでいる様子がうかがえ、少々溜飲が下がりました。
 行きつけの飲み屋兼食堂「信濃路」にて暴飲暴食をしながらの、ネタ繰り。
 コンスタントに書き物ができるわけではなく、創作に波があるようです。
 あの秋恵モノやら下品な小説群を、これほど苦労して作っていたとは意外でしたねえ。
 おかげで書誌の編集者などとは少々軋轢があるようです。それもまたここではネタになっていますが・・・
 本書は「本の話Wwb」に連載されていたものですが、最後らへんで違う媒体(野性時代)に変更して続いています。
 もちろん色々と不満が溜まった故の変更です。
 近いうちにまた続編を読もうと思っています。
 いいなあ・・・
 ボロクソに言って飯食って酒呑んで買淫して寝るだけでこんなに面白いんだもの・・・


 
 
 
 

 
 
NEXT≫
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (17)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (20)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (28)
中間小説 (21)
青春・恋愛小説 (30)
家族小説・ヒューマンドラマ (30)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (17)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (52)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (143)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (23)
スポーツ・武術 (22)
探検・旅行記 (19)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示