「最後の二式大艇」碇義朗

 日本海軍飛行艇戦記・戦史の総まとめとでもいうべき本。
 川西航空機で飛行艇設計の第一人者だった菊原静雄さんと著者の対談の記事もあって貴重。
 私はこれまで、
 「二式大艇空戦記」長峯五郎、「最後の飛行艇」日辻常雄、「奇蹟の飛行艇」北出大太、「予科練の空」本間猛、「炎の翼『二式大艇』に生きる」木下悦朗・日辻常雄・佐々木孝輔ほか(カテゴリー海軍戦史・戦記参照)の、5冊の飛行艇が関連する戦記を読んできましたが、本書はおさらいかつ完結編という意味合いで読みました。
 ひょっとしたら、本書を最初に読んでおくほうがよかったかもしれません。
 昭和初期のイギリスやドイツの飛行艇を真似ていた頃から、太平洋戦争終戦後「日本は戦争には負けたが飛行艇技術では世界に勝った」と米海軍に言わしめた傑作飛行艇・二式大艇の制作苦労とその活躍、さらには戦後の新明和工業(川西航空機)に生きる飛行艇設計の遺伝子まで、飛行艇についてだいたいのところがこれ一冊で知れる良本です。
 冒頭の日辻常雄少佐(詫間空飛行隊長)による最後の二式大艇輸送(昭和20・11・11米軍へ引き渡し)、橋爪寿雄大尉による第二次ハワイ空襲、梓特別攻撃隊の先導、昭和20年4月の「晴空」によるブイン強行輸送などは、これまでに読んだことがありましたが、昭和18年11月の、玉利義男大尉機によるマキンからフェニックス諸島カントン島への1200海里偵察行で敵戦闘機3機と激しいバトルを繰り広げて230発も被弾しながら帰投した逸話は初めて読みました。
 あんがい、防弾をしていて燃料タンクもゴム張りだったし、二式大艇はタフだったようです。
 また、二式大艇のポーポイズ運動(離水中イルカのように上下に跳ねてしまう危険な所作)についても、その原因と対策がしっかりと詳述されていました。なぜ戦争中にここまでわかっていたのに事故が相次いだかというと、最前線の現場にまで制作側の情報が伝わっていなかったためだそうです。
 もっとも、エンジンの油漏れや燃料系統のガソリン漏れなど、日本の基礎的な工業力はアメリカに大きく劣っており、二式大艇にも艇体が水漏れするという情けないような欠陥があったそうです。
 
img081_convert_20161127170644.jpg

 今まで読んだ飛行艇戦記で載っておらず、本書で知って面白かったことはやはり制作秘話でしょうね。
 川西航空機と中島飛行機は色々因縁があった間柄ですが、13試、つまり昭和13年度の海軍試作機において制式採用を争うことになったのが、川西の13試大艇と、中島の13試大攻(大型攻撃機)でした。
 川西は昭和13年1月に制式採用された97式大艇が基礎としてあったので、海軍側の要求はハイレベルなものでしたが(最高速度240ノット、巡航速度160ノット、航続力4千カイリなど)、なんとかその要求に応えて世界的に傑出した飛行艇である二式大艇の製作に成功したのです。一方、中島は海軍側からアメリカのDC4を基本とするように実物を渡されたため、その枠から抜け出せずに苦労しました。さらにはアメリカが日本に売りつけたDC4の設計図は失敗作でした。こんなこともあり、中島の「深山」は失敗の烙印を押され、海軍の大型攻撃機は陸上の基地を必要としない二式大艇の量産に決定したのです。
 大戦中、二式大艇は130機が生産されました。
 九七式大艇179機、同輸送艇36機、晴空36機と合わせて川西航空機は381機の飛行艇を生産しました。
 そしてその伝統は、それほど間をおかずに、戦後も海上自衛隊の飛行艇を生産するという形で続くことになります。
 つい最近、インドへ輸出することになった救難飛行艇US-2も、元はといえば九七式、二式という大艇が元になっているのです。その経験がなければ、ヨットで遭難した辛坊さんも救助できずに死んでいたかもしれませんねえ。
 川西龍三と若い技術者たちで作り上げた夢見るヒコーキ野郎の高い理想主義は、無駄ではなかったのですよ。
 それに比べ、三菱のMRJがミス続きなのは、技術に連続性がないからではないでしょうか。

 一人へり 二人へりして また三人
 何れの時ぞ われの番なる

 (相沢達雄中佐・東港空飛行長の辞世の句。飛行艇によるアンボン島雷撃作戦出撃中殉職)


 

スポンサーサイト

「淵に立つ」深田晃司

 家族3人は幸せだった。
 ある年の夏の終わり、あの男が街に帰ってくるまでは・・・


 これもかあ、最近、映画監督の初小説というのが多い気がしませんか。
 もちろん、映画前提の小説ですね。
 明らかに、小説家の書いた小説とは、雰囲気がまったく違います。
 同じ文章のようで、同じ構成に見えるのに、どうしてこれだけ作品を読んで受ける感じが違うでしょうか。
 私は、小説家の小説に慣れているので、どこか違和感を感じます。
 逆に、あまり小説を読まない方ならば、本作の方がすっと頭に入ってくるかもしれないなあ。
 もっとも私が感じた違和感の正体はおそらく、不条理すぎる展開かもしれませんが・・・
 黒澤明監督が「映画監督になるなら小説が書けないと」と言ってたそうですが、創作方法が異なるかもしれないですねえ、映画監督ならば映像の文字化という基本姿勢は避けられないのではないですかね。
 一方、たまに小説家の言っているのを聞くと、文章を書きながら映像は頭に浮かばないという方もいらっしゃいます。
 文字を練るというか、活字の連なりが固まってひとつの作品になるという感じでしょうか。
 小説を書く時に、映画化を考えていることもあまりないでしょうしね。
 映画化という前提がありきの映画監督による小説との違いは、あってしかるべきでしょう。
 映画と小説のニコイチセットという楽しみ方もあるわけですし。
 本作の場合、私はトレーラーを観ただけですが、本に忠実なような気がしました。
 映像化にあたって原作から大幅に変更され、ブーブー言っている小説家の話もよく聞きますが、当然ながら映画監督が小説を書いて映画にするんですからそういう齟齬もおきません。
 自家生産なわけですよ。

 簡単にあらすじ。
 夫婦で金属加工業の町工場を営んでいる利雄と章江。生活はつましい。
 利雄は食事と寝る時以外は大半を工場で過ごし、夫婦の会話は大半が事務連絡である。
 一人娘の蛍は9歳。
 章江と蛍はプロテスタントの信仰を持ち、蛍はオルガンを習っていた。
 おおむね幸せで、波風立たぬ平穏な生活。
 しかし、ある年の夏の終わり、利雄の昔なじみの男が帰ってきてから彼ら一家は大きく破綻する。
 その男、八坂章太郎。映画では浅野忠信が配役、ベストキャスト。
 八坂は、人を殺して11年間刑務所にいた。
 1ヶ月後に山形の農園で仕事を始めるまで、利雄の工場で住み込みで雇ってくれという。
 章江は反対したが、利雄はすんなり受け入れた。それにはわけがあったのだが・・・
 当初、八坂の過去を知らなかったとはいえ、見知らぬ居候の闖入を快く思っていなかった章江だが、蛍にオルガンを教えたり、毎日の行動を見るにつれ、心を開いていく。
 しかし、刑務所という閉鎖社会を出てシャバの雰囲気に慣れてきたころ、八坂は隠して持っていた牙をしだいに見せ始める。

 まったくどんな話か知らずに読んだので、展開の急にびっくりしました。
 どっちかというと、前科者の更生をテーマにしたヒューマンドラマかと思っていたのでね。
 本当に、驚きました。
 まあ、そこまでは眠気も覚めて良かったのですが、いかんせん、犯罪サスペンスとしては雰囲気がゆるい。
 ヒューマンドラマにしては、ことが乱暴すぎる。
 小説という作品としては、どっちつかずだと思いました。
 妙に文学的なところもありますし、まったく描くべきところを描いていないような気もします。
 利雄と八坂の関係については、もっと文章が必要だったと思いますね。
 そして、展開が不条理であるのはいいのですが、ちょっと不条理すぎないでしょうか。
 山上貴史がまったく事件を知らなかったというのは、どうなんだろう。
 小説家ならば貴史が父の犯行を知った上で潜入したという、さらに気色の悪い怖気を振るう構成もあり得たかもしれません。
 まったく知らずに息子がやってきて、すぐに9年間不明だった父の所在が見つかるというのはねえ。
 映画ならば長くて2時間ですから、それだけ展開を早くしなけりゃならないのか。
 ひょっとしたら私が感じた齟齬は、それが正体だったのかもしれません。
 メトロノーム、の問題ですかね。


 
 
 
 

「坂の途中の家」角田光代

 じっとり、ねっちょりした作品。
 脳が疲れる。アクが強い。新米ママが読んだら気分が悪くなるかもしれない。
 乳幼児虐待死事件の刑事裁判の裁判員に選ばれてしまった女性が、被告人である乳幼児の母親に、今の自分の境遇を重ね合わせてしまい、どんどん被害妄想が膨らんで、精神的に追い込まれていく物語。
 まあ、若干、ミステリーとも云えるかもしれない。
 少なくとも、今までの角田光代の作風というか、書いてきたものではありません。
 説明文には「八日目の蝉」「紙の月」に次ぐ作者の代表作となるべき作品、とありましたが私はそうは思いませんねえ。
 しかも、「八日目の蝉」は間違いなく角田光代の一番面白い小説ですが、「紙の月」はねえだろ(笑)
 どれだけたくさんの小説を書いてもすべて標準以上の作家ですが、本当に面白いのは2つ3つしかないなあ。
 作者のレベルアップを示した渾身の一冊「八日目の蝉」と、初期角田文学の代表格ろくでなし男と貧乏彼女の流れに繋がるたぶん「対岸の彼女」(違うかもしれない)、それに作者ならではの器用さが光る即身成仏の伝説を描いた傑作ホラー短編ひとつ。
 いずれも、大好きです。まあ、私の中ではなんやかやで十指には入りますから角田さん。
 万人受けはしないでしょうが、この方バックパッカーなので、初期にはそういう作品もあって共感できましたし。
 して、本作はどうなのか。
 とことん一生懸命に書いているのは、わかります。裁判員について勉強もしています。
 里沙子が文香を電車に置き残してしまったシーンなんて、繰り返し読んでもすごい上手い。さすがと思う。
 結婚はしましたが、子供はいませんよね? それなのにこれだけ新米ママの心理深層が書けるってさすがプロ。
 でも、面白くない。致命的に重苦しい。
 とてもでないですがエンタメとはいえないです。
 まあ、細かいとこは後にしてとりあえずあらすじ。

 山吹里沙子33歳。4年前に設計事務所に勤める2歳上の陽一郎と結婚。
 “くもりのなかった”陽一郎と、結婚するならこのひと、という出会いをし、居心地の良かった会社を辞めました。
 長女の文香は2歳10ヶ月。第一次反抗期のイヤイヤ真っ盛りです。
 里沙子は、母乳がでなかったこともあり、軽い育児ノイローゼ気味。
 それでもやっと落ち着いてきた、そんなとき、裁判所からの郵便物が・・・
 それは6週間後に開かれる刑事事件の裁判員候補者に選ばれたという通知でした。
 「まさか何十人もいる候補者のなかから選ばれないよ」という陽一郎の軽口も束の間、補欠ながら里沙子は裁判員に選ばれてしまうのです。補充裁判員は、判決公判こそ傍聴席になりますが、それまでの審理は正規の裁判員とまったく同じように毎日裁判所まで通わなければなりません。
 早起きして陽一郎と文香の朝食を作り、文香を陽一郎の実家である浦和まで送り届けて預かってもらい、東京に戻って裁判所の公判に出席し、終われば浦和まで戻ってぐずる文香を連れて帰るという慌ただしい毎日が始まるのです。
 担当する事件は、メディアを騒がした乳幼児虐待死事件。
 都内に住む30代の女性が、水のたまった浴槽に8ヶ月になる長女を落とし、帰宅した夫が見つけて救急車を呼び病院に搬送しましたが、すでに長女は死亡しており、女性が「泣き止まないのでどうしていいかわからなくなり、落としてしまった」と、事故ではなく故意にやったことだと容疑を認めたために殺人罪の疑いで逮捕された事件です。
 公判が始まってまもなく、被告の安藤水穂の境遇が、自分と似ていることに里沙子は気づきます。
 一見完璧そうに見える優しい夫。疎遠な自分の実家。かいがいしく世話をしたがる夫の実家、言うことを聞かない娘・・・
 ぐずる娘に八つ当たり、夫の一言に過敏に反応し、姑のおせっかいに不当な怒りを覚える。
 公判が進み、やがて里沙子は被告の水穂に自分を重ねるようになり、いつしか私も彼女のように娘にとんでもないことをしてしまうのではないか、夫は私を陥れようとしているのではないか、あるいは私は頭がおかしいのではないかという思いに取り憑かれるようになります。

 はい。
 結局、どういうことだったのでしょう。
 私の推測では、里沙子は思い過ごし、水穂は殺人でしょうね。
 ですが、いずれもグレーっぽいというか、結論を書かなかったところに作者の思惑があるでしょうし、読む人にとってはどうとでも取れるでしょう。私が推測した主な理由は、里沙子の再就職に陽一郎が反対しなかったこと、水穂の公判の服装が派手になったこと、この二点ですね。私には里沙子の被害妄想と過剰反応に見えましたし、真相はともかく娘の死んだ事件の公判で派手な服はないだろうと思いました。つまりですよ、里沙子と水穂は似ているどころか対称であり、里沙子はおかしく見えて普通の人、水穂は普通に見えておかしいという観点です。それを中間のグレーに引き寄せるのが作者の腕で小説の醍醐味であり、あるいは中間点であるグレーの一線は誰でも飛び越え得るという、錯覚を起こさせるのです。
 とはいえ、陽一郎が里沙子を下に見ている、見たいということはある程度真実でしょう。
 でもそれは、どこにでも転がっていることですし、人間の習性でしょうね。仕方ないことだと言えませんか。
 もちろん女性がこの話を読んでどう思うのか、それは私には永遠にわかりません。
 ひょっとしたら、この小説こそ角田光代の一代傑作だと感じるのかもしれません。
 「坂の途中の家」というタイトル、私は、誰もが人生の坂道で体験してしまう寄り道と読みました。
 そこで家庭を壊して坂を降りるか、辛抱して長く続く坂を登るか、それはあなた次第です。


「火花」又吉直樹

 「漫才師とはこうあるべきやと語る者は永遠に漫才師にはなられへん。
 長い時間をかけて漫才師に近づいて行く作業をしているだけであって、本物の漫才師にはなられへん。
 憧れてるだけやな。本当の漫才師というのは、極端な話、野菜を売ってても漫才師やねん」


 ご存知、第153回(平成27年度上半期)芥川賞受賞作です。
 中身が漫才の話とは知っていましたが、まったく想像とは違ったものでした。
 ハッキリ言って、面白くない。
 でもここでの「面白くない」は褒め言葉。
 文学性が非常に高いのです。作家の大先生が書いたような感じの文学作品、いや、並みの作家ではこれは書けないか。
 又吉さんでなければ。
 芸人として、書いたものが面白くないと言われるのはどうなんだろうとは思いますが、つまり、これは芸人の又吉が書いたのではなくて、作家の又吉が書いたものなのですね。
 エンタメ性が低い。漫才の掛け合いそのものの会話などに吹き出す場面があるにはあるのですが、急にガクンと文学的深みにハマるので、そのまま面白がっていられません。
 これで芥川賞ならば文句はないなあ。
 話題性で選ばれたわけではありませんねえ、どうも。
 他の候補作品を読んだわけではありませんが、間違いなく賞に相応しいレベルの作品であると思います。

 内容は、小さな事務所に所属する漫才師の徳永という20歳の男。彼の一人称の物語です。
 舞台は東京ですが、徳永は大阪出身。
 サッカー大阪選抜の過去があるということは、これ、又吉自信がモデルですよねえ。
 ということは、神谷のモデルもいるのかな?
 徳永は熱海の花火大会の前座で漫才をしたとき、大阪からきていた漫才師の神谷に出会います。
 神谷才蔵。徳永の4歳上。コンビ名「あほんだら」。大阪の大手事務所所属。
 そのまま飲みに誘われた徳永は、神谷という孤高の漫才師に強く惹かれていくことになるのです。
 徳永はもっぱら地方営業や小屋でのライブ中心で、ろくに稼げずに深夜バイトで食いつないでいましたが、神谷だって、けっして売れている漫才師ではありません。
 しかし、神谷には客に媚びず、自分のスタイルをまっとうする強い意志がありました。
 彼は、46時中、息をしている間ずっと漫才師でした。
 売れている、売れていない、客が笑う、笑わない、そんなこと関係ない。神谷の求める漫才には。
 徳永には、神谷の考えそうなことはわかっても、考えていることはわかりません。
 自分の才能を超えるものは、そう簡単に想像できるものではないのです。
 「漫才」に悩んでいた徳永は神谷に憧れ、彼の教えを守り、行動を共にし、己の漫才のスタイルを追求していくのです。

 うん、改めて思ったけど、神谷のモデルはいますね、きっと。
 いそうだもん。借金したあげく巨乳のオッサンになったかどうか知りませんが。
 それにしても、この作品は面白くないけど、いや、面白くないというのが、この場合は褒め言葉なんですけども、又吉の作家としての才能は大したものだと思いました。
 すごいね。
 芸人というのは、小説家の素養があって当たり前だと思います。台本ですから。
 漫才師が面白い小説を書いてもまったく不思議だとは思いません。
 でも本作は、そういう領域を超えていると思います。
 強豪の北陽高校サッカー部で大阪選抜にも入ったことだけでも、普通ではありません。
 又吉直樹という男の豊かな才能から生まれたものなのでしょう。
 
 あえてオチをつけるならば、神谷の存在そのものが、本来の漫才というものへの求道であったということなんでしょう。
 だから、なり切れなかった。徳永は。
 それが才能であるのかどうなのかを、考えさせられるという作品ではなかったかと思います。
 才能はときには無である、と。
 おそらく、ずっと作者自身が問い続けてきたことなのでしょうね。


 
 
 
 
 
 

「被差別のグルメ」上原善広

 路地のアブラカス、アイヌのキトピロ、粟国島のタンナー、在日の焼肉・・・
 食事から見えてくる、差別されてきた人々の「食文化」、営み。
 そして、消え行くソウルフードの残影を、上原善広が追う。

 フライドチキンが奴隷だった黒人のソウルフードというのは聞いたことありました。
 白人が食べずに捨てた手羽などを齧って食べられるようにディープフライしたのが最初らしいです。
 まあね、食べ物には悲しい歴史とか付き物ですからね。
 そういう意味では少し違いますが、コメだって被差別のソウルフードだと思いますよ、私は。
 あまり日本人は意識していないかもしれませんが、白人の黄色人種に対する差別は依然、根深いです。
 「アジア人は米でも食ってろ」とかね「コメツキバッタめが」とか、コメに絡められるパターンが多いです。
 私は一般の方より渡航経験があるほうですが、何度も嫌な目にあいました。
 これでも武道格闘技の黒帯を2本持っている暴力主義者ですから、一度カンボジア行きだったかな機内でうっとうし白豚がいたので空港を出たところで叩きのめしてやろうとしたこともありますが、その男をある国の国旗をつけた車が迎えにきていたので、逃げました。危険な国です、命あっての物種ですからね。
 中国なんかだと今はどうか知りませんが、反日ドラマをよくテレビでやっていましてね、それに出てくる日本軍の兵隊が「メシ!」っていつも怒鳴るんですよ。すると、その兵隊の前にドカッと大盛りの白ご飯が置かれる。兵隊はそれをおかずもなしにうまそうにむしゃむしゃ喰うのですが、毎日出てくる、この兵隊が。「メシ!」って。これはとんでもない偏見を生むと思いましたね。
 本書はもちろん、そういう視点からは書かれておらず、どちらかというと日本人に差別されてきた側からの視点で書かれているわけですが、私に言わせれば、世界で差別されている黄色人種、さらにその黄色人種の仲間から差別される日本人という構図もあると思うのですね。

 さて、能書きはおいといて本作。
 タイトル通り食べ物がテーマとなっていますが、別段、食欲をそそるようなものは出てきません。
 フク(肺)の天ぷら、菱の実、ヌク(鹿肉)、イラブー(海蛇)、タンナー(ソテツ)、などなど。
 肺は私も食べたことあるわ、福岡の中洲で。赤福って名前だったと思う。美味かった。
 鹿肉やイノシシなど野獣食は当たり前のように食べていますが、これは血抜きが上手に出来ているかどうかで、全然違いますから。臭かったらとんでもなく不味いですが、最近は、みんな地の抜き方が上手いというか、川で晒したりしますからね。
 イラブーやソテツなんかは、想像もつきません。きっと食べずに死ぬと思います。
 むしろ本書で興味深いのは食べ物ではなく、これまで知らなかった被差別の対象でしょうか。
 特に、北海道にアイヌとは違う少数民族がいたことを知りませんでした。びっくりした。
 ウィルタ(オロッコ)、ニブフ(ギリヤーク)といいます。元は樺太の北方少数民族です。
 彼らは、日露戦争の後で日本領になった南樺太に住んでおり、そのときに日本人になりました。
 ところが第二次世界大戦の敗戦で、南樺太は再びソ連の領域となり、彼らはその帰属を問われることになったのです。
 樺太に残るものが大部分だったでしょうが、中には日本人として生きていくことを選び、北海道に移住した者がいるのです。
 新天地で学歴のない彼らを待っていたのは、思いもかけぬ差別と肉体労働でした。
 ウィルタ(オロッコ)の最後の生き残りの老人に著者は会いにいきますが、最後まで本当の身分を明かすことを拒否されました。相当、ひどい目にあったのだと思いますねえ。
 ニブフ(ギリヤーク)は、3世紀頃から始まり13世紀頃に消滅したオホーツク文化の担い手であった可能性が指摘されています。
 彼らのソウルフードは、翻弄されたその民族の運命と共に、消え去りました。

 あとは韓国の被差別対象である白丁(ペクチョン。屠殺業者)の話とかかな、まったく知らなかったので勉強になりました。
 日本の焼肉は、在日と路地の食文化の融合の結果である、というのも著者が言うのならばその通りなんでしょう。
 この方、大阪体育大学卒業なんですが、なにを専攻していたんでしょうかねえ。
 書き物が特別上手とは思えませんが、その行動が妙に気になる方ではあります。



 
 

 
 
NEXT≫
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (148)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (37)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (21)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示