「空母『蒼龍』とともに」池田清夫

 中型空母「蒼龍」のベテラン飛行機整備兵による戦記。
 著者の池田清夫さんは、大正5年宮城県南郷村出身。終戦時海軍整備兵曹長。海軍生活11年3ヶ月。

 母艦の整備兵による戦記は非常に珍しいかと思います。
 著者が海兵団を出たのが昭和9年ですが、勤務先の海軍通信学校で分隊士から「これからは航空の時代だ。大砲の時代ではない」と諭され、砲術学校への進学を諦めて霞ヶ浦空の普通科整備術練習生になったそうです。
 支那事変で初めて空母「蒼龍」に配属されてから、一度陸上勤務を挟んで再び真珠湾攻撃の前に「蒼龍」に呼び戻され、それからミッドウェーで沈むまで「蒼龍」と共にあったあったわけですから、大げさでなく本のタイトル通りの海軍生活でした。
 一度目の「蒼龍」勤務では、安慶基地で横山保大尉や羽切松雄兵曹のいた戦闘機隊の飛行機員を担当、2回目では江草少佐率いる艦爆隊を担当しました。飛行機員というのは、同じ整備員でも分解組み立て等の大整備と違って、毎日の飛行作業前後の点検整備等を行い、搭乗員が支障なく飛行できるように作業をこなすのを任務としています。
 昭和13年11月に念願の下士官(三整曹)となり、昭和15年5月には24歳で二整曹に昇格していますが、陸上勤務していた霞ヶ浦空や土浦空では、母艦乗組経験があるということで一目も二目も置かれていたそうです。
 そらそうだわな。曲者ぞろいの艦隊戦闘機隊を担当してたんだから、怖いものないよねえ。
 本書の特徴としては、あまり自分の経験した戦闘を資料を調べて肉付けしておらず、あくまでも自分の記憶に素直に書かれているということが挙げられると思います。自分史の一面もあり、海軍を志願するまでや逆に戦争が終わってからの生活についても多くのページが割かれているのは珍しいですね。

 整備兵らしい興味深いエピソードもありました。
 真珠湾攻撃に向かう前、飛行機のエンジンを温める特大の白金懐炉が60機分積載されたそうです。
 このことから北方攻撃に向かうものと著者ら飛行機整備兵は思い込んだそうですが、敵を欺くにはまず味方からということでしょうか。その頃は海軍も兜の緒が締まっていたのですね。
 逆にミッドウェーでは緩みきっていました。慢心です。
 「蒼龍」が致命傷となる爆撃を受けた時、著者は飛行甲板サイドの待機所にいました。
 格納庫にいたら確実に死んでいたそうです。航空機の爆弾や魚雷に誘爆しましたからね。
 海に放り出された著者はサメのいる海で6時間漂流することになります。
 ちょうど昼飯前に攻撃されたので、空腹と疲労と寒さで、救助艇が「いまいくぞ頑張れ」ときたときには自力で船に上がる力は残っていなかったそうです。このときの模様は詳述され、海で漂流していたときに、駆逐艦に向かって泳いでいったやつはみな死んだと書かれています。体力を温存して最小限の力で水に浮いていることだけをしたやつは助かったと。

 ミッドウェー海戦後、幸運にも著者が艦隊に戻ることはありませんでした。
 艦隊に戻らされた「蒼龍」の整備兵たちは、ほぼ生きて帰ってくることはありませんでしたから。
 おそらく、運だけではないと思います。
 長年海軍のメシを食ってきた実力も多大に関与したのではないでしょうか。人柄といいますか。
 整備だけではなく、海兵団で教員にもなっていますからね。
 郡山航空隊分隊士で終戦。



 
 
 
スポンサーサイト

「マウス」村田沙耶香

 私のワンピースを見て、瀬里奈がかぼそい声で言った。
 「あんまり似合わないね」
 「わかってるよ」
 なぜだかちっとも腹が立たず、私は瀬里奈に歩み寄りながら言った。
 「瀬里奈って、本当に失礼だよね」
 「何で? だって、洋服って、少し似合っていないほうが可愛いでしょ」


 そうなんですよねえ(*^^*)
 服は、バチーンて似合っているよりも、少し似合っていないほうがかわいいです。
 これがわざとだと、あざとく感じるので、あくまでも天然で少し似合わない服をチョイスしなければなりません。
 これができる女子は、けっこうモテます。
 人間というのは、おそらく深層心理的に完璧さを怖がるのではないかと思います。
 人間らしさというのは完璧さからずれたものなのでしょう。
 だから、ちょっと外れた調子のほうが「安心できる、ほっとする」と言われるのではないですか。
 一年に一度くらい鼻毛が風にそよいでいるとか、エレベーターで軽く屁が漏れたとか、そういった絶対にないとは言い切れない格好悪さをしてしまったときに許される人格であること、これが楽に生きる秘訣でもあるし他人を幸せにできる余裕でもあります。
 本作は、自分を偽って他人に合わせる才能を持った女子と、自分を見せるリスクを怖がらない女子の葛藤を描いた青春小説です。

 少し、あらすじ。
 4月、クラス替えで5年C組になった田中律。
 ほとんど知らない子ばかりで不安だったが、なんとか「真面目で大人しい女子グループ」に落ち着いた。
 クラスの女子は最上級クエストであるイケてる子グループ、その下ににぎやかな子グループがふたつ、そしてその下に律らの真面目で大人しい子グループ、その下に教室の隅っこで少人数でヒソヒソ話しているキモいグループに分かれていた。
 しかし、C組にはどのグループにも属していない特別な女子がひとりだけいた。
 彼女の名前は塚本瀬里奈。祖母と二人暮らし。背が極端に高くて極端に痩せていた。
 瀬里奈は、まったく友達がいなかった。いつもひとりで座って宙を見つめていた。
 学業にも健康にもまるで問題がないのに、まったく喋らず、とてもよく泣いた。
 とても繊細であるのに、周りに対してひどく無神経で、彼女はどんどん疎まれ嫌われていった。
 あるとき、急に泣き出した瀬里奈がいつものように教室を抜け出してどこかに歩いていったのを、律は後をつけた。
 瀬里奈は解体前の旧校舎の中の女子トイレに入り、掃除用具の入ったロッカーで丸まっていた。
 辛いことがあると、ここにきて頭の中にある灰色の部屋に閉じこもることを想像すると、心が楽になるのだという。
 そんな瀬里奈に、あまりにも真面目すぎて大人しいグループからも脱落しかかっていた律は興味を持ち、くるみ割り人形の童話を話して聞かすようになる。自分の世界に閉じこもっている彼女に空想の世界であっても解放されて自由になれることを教えたかったのだ。すると信じられないことに、純粋すぎるがゆえに瀬里奈は童話の主人公マリーと同化してしまった。
 性格が180度変化した。いじめっ子の男子を泣かすまでになった。もともとスタイルも良かった彼女は、どんどんクラス内ヒエラルキーを突破して出世し、4月とは正反対の立場になって最上級クエストの女子グループと会話するまでになっていた。
 人畜無害を座右の銘とする律は、そんな瀬里奈の変身を嬉しく思い、同時に寂しくも思った。
 ふたりはしだいに遠ざかり、話をすることもなくなった。
 そして、8年後。大学生になった律は、瀬里奈と再会する。

 はい。
 タイトルの「マウス」は臆病な女の子という意味だそうです。
 名作「しろいろの街の、その骨の体温の」の前哨戦みたいな感じの作品でした。
 ですが「しろいろ~」にはいなかったここの瀬里奈みたいなキャラクターが私は読んでて一番好きかな。
 作者の村田沙耶香さんは小学校5年生のとき「暗い女子グループ」で、自分と「大人しいグループ」の違いはなんだろうとじっと考えていたそうです。だからこのような小説が生まれたのでしょうね。
 校庭の端のほうの草木らへんでたむろしているのは、大人しいグループなのかな。
 まあ、男子にはあまりわからない世界といいますか、実際に読んでいて胸が詰まります。
 面倒くさいですねえ、女子の世界は。
 その割には、同窓会の出席率は女子のほうがいいのですよ。
 そのときの腹の中は何を考えているのかわかりません(笑)
 見かけ(うわべ)だけですべて済む、と思っている子がいかに多いかということなんでしょうね。


 
 
 

「伯爵夫人」蓮實重彦

 第29回(2016年度)三島由紀夫賞受賞作品。
 作者の蓮實重彦氏は、第26代東京大学総長(1997~2001)。フランス文学者。

 風雲急を告げる帝都・東京。
 子爵家の跡継ぎである二朗の屋敷に、いつのまにか謎の女が住み着いた。
 この女、伯爵夫人だといふ。
 しかし、伯爵というご亭主のことなど誰も知らない。
 二朗の高等学校の悪友である濱尾が言うには、上海くんだりの高級娼婦に違いないという。
 女中の小春は、目につく女をすべて組み敷いていた二朗の祖父の妾腹ではないかという。
 “伯爵夫人”は、まったく正体不明の女だった。
 ある日、聖林(ハリウッド)製の活動写真を観たあとの街頭に、二朗は伯爵夫人を見かけた。
 伯爵夫人は従妹の蓬子の裸しか知らぬ晩熟の二朗を、大胆にもホテルに伴おうとする。

 文句のつけようのない寸劇。
 さすがは、東京大学総長。さすがは仏文学者。
 こんな小説、読んだことないです。この人にしか書けません。
 どう言えばいいのだろう、卑猥な言葉と行為が連発しますが、けっしてエロ小説ではないのですね。
 物語の世界は従妹との性行為など普通の日常からは大きく逸脱していますが、それでもエロ小説では絶対にありません。
 この作品を「エロ」と思う人は、はっきり言って、センスないと思います。
 確かに、二朗と伯爵夫人があのまま同衾すれば三島由紀夫賞にかすりもしない下町エロ小説だったと思いますが、それはあり得ないだろうと思いながら読んでいました。それでも、ラストがあのように鮮やかになるとは予想外でしたが。
 射精以外の分野を広げているからだと思います。
 女性器に男性器を挿入して射精する性行為と、それ以外の行為の意味を明確に分けているからだと思います。
 私は初めて、男性器を女性器に挿入する行為と、男性器を肛門に挿入する行為の差を真面目に考えさせられました。
 エロ小説に見えて、エロ小説ではないということ、この作品の清さはそこにあるのでしょう。
 読み手を興奮させる手段としてではなく、作品を作り上げる必要性にかられてのことなのです。

 この作品の懐の深さは、一見性愛小説に思わせることだけではありません。
 ラストでは冒険小説だったのかという解釈もできます。
 日本が開戦することを察知して、伯爵夫人は迷宮から消えたのです。
 小春も消えたことを考え合わせれば、極めて意味深でしょう。
 二朗の家は何者だったのかというミステリーも生まれるわけです。
 父のことは書かれていませんから。母のものかと思わせた嬌声は、実は謀議を覆うカモフラージュだったのではないかと。
 さらに、意外にも笑わせてくれる場面にも多く遭遇しました。
 「ぷへー」と「父ちゃん、堪忍して」ですね。
 これはなぜだかしらん、意味不明の笑いを誘いました。
 そして、忘れてはならないのが、独特の文体です。
 「」カギカッコの会話文を使いません。読点をあまり挟まず、ひとつの文章が長い。
 それでいて、読みやすい。一見、昭和初期の文学作品かと思いきや、平易で読みやすいことにすぐ気付かされます。

 いったい、何を思って80歳になる作者はこの小説を創造したのか。
 今にして思えば、伯爵夫人の容姿を明らかにしていないことも、計算された技ありだと思えるのですね。


 
 
 
 
 
 
 
 

「SMAPはなぜ解散したのか」松谷創一郎

 アイドル歌手であり、トップ俳優であり、コメディアンであり、司会者であるという前例のない全方位型のスターユニットであったSMAPが、すったもんだ、紆余曲折の末に、2016年いっぱいで解散してしまいました。
 彼らはなぜ解散しなければならなかったのか?
 SMAP問題を通して、芸能界やマスメディアのみならず、現代日本社会の問題点を浮き彫りにするルポルタージュ。

 この本を読んで気付かされたこと、それが「SMAP解散? どうでもいいよ」と思うのは浅はかだということ。
 新聞にちゃんと載らないような芸能ネタはレベルが低いなんて決めつけてはいけません。
 なぜなら、芸能は立派な日本の輸出商品になり得るからです。
 KPOPや韓流ドラマに代表される韓国は、芸能の輸出だけで4千億円強も稼いでいるのですよ。
 日本なんて韓国に比べれば微々たるものですが、将来的に伸ばしていかなくてはいけない分野なのです。
 家電もこのザマですからね。儲けれるところは、儲けていかないと日本はこの先ジリ貧ですよ。
 ですから、「芸能? 興味ないね」ではいけません。
 貿易不均衡やエネルギー問題と同等に社会人ならば考えていかなくてはいけない事柄です。
 そして日本の現状の芸能界を理解するうえで、このSMAP解散事件は避けては通れない問題だったのです。
 はからずも、前時代的かつ硬直化している芸能事務所とテレビ業界などの関係や放送法の不備などが浮き彫りになったからです。

 SMAP騒動の要点は、報道でずっと「女性マネージャー」と書かれていたSMAP育ての親たる飯島三智さんのジャニーズ事務所退社に、木村拓哉を除く4人のメンバーが同調しようとしたことです。
 飯島マネージャーは、ジャニーズの落ちこぼれと言われて鳴かず飛ばずだったSMAPにずっと寄り添い、これほどまでのスターユニットに育て上げた生みの親です。中居正広と香取慎吾、草彅剛による1994年から20年間にわたる笑っていいともへの出演、木村拓哉による月9のブレイクを経て、96年からフジテレビで冠番組となった「SMAP✕SMAP」がスタートしたことで、彼らの立場は確固たるものになりましたが、一方では事務員という立場でジャニーズ事務所に就職した飯島の成功によって、事務所内にはメリー喜多川副社長の娘で次期社長である藤島ジュリー景子さんとの間に派閥問題が生まれました。
 ジュリー派の嵐はSMAPと絶対に共演しないとか、KinKi Kidsは中立であるとか、公然の秘密として派閥に端を発する確執が存在していました。このことは2015年1月の週刊文春によるメリー喜多川副社長へのインタビューによって否定すればするほど明るみに出てしまい、このときメリーさんが飯島を呼びつけて恫喝したことによって、彼女は退社を決意したそうです。
 結局、このクーデターは失敗に終わりました。
 2016年1月18日、不自然な謝罪会見がスマスマで生中継されましたが、一度くすぶった火の粉は消せず、2016年8月13日オリンピックの最中に2016年いっぱいでのSMAP解散を正式発表することになったのです。
 メンバー全員はジャニーズ事務所に籍を置いたまま解散しました。
 契約更新のタイミングは2017年9月。さてどうなるのか・・・
 
 これら一連のSMAP解散にまつわる報道によって、芸能界は公正な競争、取引において他の業界では考えられないことがまかりとおることが明らかになりました。タレントが自由に所属事務所を移籍できない、芸能事務所とテレビ業界との閉鎖的な関係性などです。たとえばNHKの紅白歌合戦の司会をSMAPに任せようとすると、ジャニーズ事務所に所属するSMAP以外の全タレントをNHKから引き上げさせるとジャニーズ事務所が言えばどうなるかという問題で、NHKは否定していますが実際には似たようなことを言われたのではないかとも噂されています。他のテレビしかりで、タレントを供給されていることもあってSMAP解散問題でテレビ局は突っ込んだ報道をすることができませんでした。
 タレントは事務所の奴隷ではありません。
 SMAPに限らず、タレントと所属事務所の問題がこれほど多いのはその構造に欠陥があるからです。
 韓国は芸能人の権利を護るために法律を改正しました。
 韓国の真似をせよとはいいませんが、、日本の政治家もSMAP問題についてニヤニヤしながらさも閑話休題のように答弁するのではなく、将来的な国家の経済戦略として取り組む姿勢を見せないと、妖怪のような芸能事務所の幹部たちの好きにさせてるようじゃあ、とても韓流は抜けませんよ。


 
 
 

「よるのばけもの」住野よる

 切なさ極まる傑作青春小説「君の膵臓を食べたい」で鮮烈なデビューをした住野よるの新作です。
 まあ、膵臓では私もしっかりと泣くべきところで泣かせてもらったわけですが、今回はどうでしょうか。
 この方は構成に特徴がありますね。
 ミステリーではないんですが、あっと驚かされるというか思いもよらなかったというか、物語に仕掛けがあります。
 それがただの青春小説とは一線を画する部分ですね。
 どこかで読んだような話なのですが、作者独特のアレンジがしてあるといいますか。
 本作は泣くべきところはありませんが、考えさせられる箇所が多いです。
 何度読み返しても、わからないところもあります。
 矢野さつきの喋りが読みにくいせいだけではありません。
 読む人によって解釈は異なるでしょう。

 簡単にあらすじ。
 深夜に突然、8つの目、6つの足、4つの尻尾を持つ変幻自在に大きさを変えられる化け物に変身する安達。
 いつもはそのまま海に行くのだが、宿題を忘れた中学校3年生の彼は、その姿のまま学校に忍び込んだ。
 すると、深夜の教室には、思いもかけない人間がひとりで遊んでいた。
 しかも「あ、っちー?」と呼びかけられた。
 こちらは化け物の姿なのに、変なところで区切る聞き取りにくい喋り方で。
 その人間とは、矢野さつき。
 鈍くて空気が読めなくてバカで、無視されても話しかけるのをやめず、いじめられてもにんまりと笑い、毎日を楽しそうにたったひとりで過ごしている、クラスの除け者である。
 そんな彼女が、深夜の教室でたったひとりくつろいだ様子で携帯ゲームをしていた。
 それは、いじめられるために休み時間も気が抜けない彼女が、唯一解放された学校を味わえる「夜休み」だった。
 安達は、自ら進んで矢野さつきをいじめることはないが、彼女を蔑むというクラスの仲間意識の囲いから出ることはなかった。
 だが、夜休みをふたりで過ごしているうちに、安達の心境に変化が現れる。
 それは、けっして目を向けることのなかった矢野さつきという人間へと踏み込む冒険だった。

 はい。
 私は、昼の部分を現実の出来事として、夜の部分をメタファーとして読むことにしました。
 つまり化け物なんていません。それは安達君の夜の顔、つまり昼の顔(学校での仲間意識の囲いの中で装う自分)とは違う心の素の部分ではないですか。彼は彼で苦しんでいたのです。ですから、能登先生から気を使われていたのでしょう。
 だいたい、夜に矢野さつきが教室に忍び込んでいること自体おかしいですから。
 化け物に変身するのはもっとおかしいですけど。
 じゃあ昼の部分で学校の生徒たちが怪獣の噂をしていることは何なのだと聞かれると、それは私も知らない(笑)。
 物語では化け物と矢野さつきの夜休みとして描かれることになったまったく別の出来事があったのかもしれません。
 安達が、井口を介して矢野さつきと深夜に電話でもしていたのかもしれないし、学校の付近で会ったのかもしれない。
 肝心なのは、人間の顔をしながら化け物の心を持っていた安達と怪獣の顔をしながら人を思いやる心を持っていた安達が、最期ドッキングして心安らかに眠れるようになったということですからね。人の見かけに騙されるなという教訓ではないかと思います。笠井しかり。まあ、本当の化け物は笠井かもしれないね。
 野球部の部室の窓を割ったり、中川の上靴を汚したりしたのは笠井か緑川双葉のどちらか。
 「誰に対しても頷くことしかできないくせに責任を勝手に感じて本人の代わりに仕返しをしているクラスメイト」という矢野さつきの言葉から、私は緑川双葉を推します。
 ですが、矢野さつきへの復讐を企てた中川をたしなめた笠井の様子からは、実は中川の上靴を捨てたのは笠井であって、サイコパス的な喜びを感じているという見方もあり得るかもしれません。
 まあ、そこらへんは人それぞれの読み方かな。もっかい読めば変わるかもね。
 ただ、この小説で一番残念なのは、矢野さつきがクラスで除け者にされることになった理由の弱さでしょうね。


 
 
 
 
 
NEXT≫
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (17)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (20)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (16)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (13)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (28)
中間小説 (20)
青春・恋愛小説 (28)
家族小説・ヒューマンドラマ (29)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (17)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (20)
芥川賞受賞作 (18)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (52)
歴史・伝記 (29)
戦史・戦記 (30)
海軍戦史・戦記 (143)
物理・宇宙 (25)
生命・生物 (36)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (23)
スポーツ・武術 (22)
探検・旅行記 (19)
随筆・エッセイ (27)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示