「社会人大学人見知り学部卒業見込」若林正恭

 漫才コンビ・オードリーの若林さんのエッセイ。
 2010年からダ・ヴィンチに連載されていたものです。
 2008年にM-1グランプリで準優勝するまで、誰にも見向きもされなかった期間は8年間。
 コンビ解散の危機を乗り越え、ようやく30歳になって爆発的にブレイクしたわけですが、あまりにも下積み生活が長かったせいか、トンネルを抜けた先には、すでに自分の感覚が社会の通念から離れていることに気づいたのです。
 つまり、社会不適合といいますか。同い年の方は会社でバリバリに働いている頃ですから。
 本書は、若林さんが売れない地獄の20代を振り返りながら、ようやく一般社会人としての礼節、感覚をわきまえるまでの日々が、面白おかしく、ときには切なく綴られています。

 面白い。いい本です。
 ネガティヴにならないためには、何かに没頭することという若林さんの悟りの境地には賛同。
 忙しくしてたら、ネガる暇がありません。暇だから悪い方向に考えすぎてしまうのです。
 最後はしんみりしましたわ。放尿のところと春日の幸せのところ。
 春日はほんとすごい人間ですな。
 他人の物差しなんて関係ないんだろうね。
 どれだけ貧乏だろうと、ゲームができて毎日エロサイトのサーフィンができれば幸せだと。
 ほんまうらやましいわ。どないやねん。
 私、この2年ほどはオードリーのオールナイトニッポンをほぼ毎週欠かさず、聴いております。
 ラジコのタイムフリーですけどね。ジョギングしながら聴いてる。
 めちゃくちゃ面白いです。少なくとも木曜日の小さいオッサンよりは、よほど面白い。
 おそらく、私の1週間の笑いの半分ほどはオードリーのラジオに費やされているんじゃないかな。
 テレビだとあまりパッとしないんですが、ラジオだと若林さんの投げやりトークが冴えるんですわ。
 今だと春日さんが数年前よりだいぶおとなしいので、トーク番組としてもバランスがちょうどいいです。
 笑う門には福来たるといいますが、笑えば人間は幸せになります。循環がよくなります。
 ですから、若林さんは十分、人をしあわせにしていると思いますよ。
 少なくとも、私は感謝しています。オードリーというコンビを忘れることはないでしょう。

 しかしまあ、8年間もよく耐えたもんですねえ。
 いつかラジオで「春日がいたから俺の今がある」と言ってましたが、逆のことも言えると思います。
 ですから、若林さんの相方が春日さん以外だったらどうなっていただろう? という仮説はきっと成り立ちません。
 春日さんがいまだに風呂なしのアパートに住んでいることは有名ですが、若林さんもかつては風呂なしのアパートに住んでいて、真っ赤のシャツしか着る服がなかったので不動産屋から「赤シャツ」と呼ばれていたそうです。
 それがテレビに露出するやいなや、引っ越しのために訪れた不動産屋の態度が変わったという場面が、まず若林さんが社会を認識した第一歩だそうです。
 M-1で準優勝したことにより、世界が一変し、それから若林さんは様々な社会の返礼を受けることになります。
 飲み会嫌いは有名ですね。
 事務所の飲み会のときに、ひとりトイレにこもってシド・ヴィシャスを聴いていたそうです。
 自意識過剰というか、世の中を斜めに見過ぎていたのではないかと思います。
 でも本当に人間が曲がっていれば、8年間もそうした生活が続いていないと思うんですよ。 
 いくら笑いをとることが中毒になったとしても。
 本もけっこう読んでいますし、自分のことをよくバカだからと言ってますが、相当頭がいいと思います。
 最近ちょっと太り過ぎて顔がスコーンみたいになっていますが、童顔ですから、もうちょっと痩せればオバサン受けして、45歳までなんて言ってないで、60歳まではいけますよ、若林さん。


 
 
 
スポンサーサイト

「脳はいかに意識をつくるのか」ゲオルク・ノルトフ

 私は私の脳なのか?

 私の意識が脳の電気活動によって存在しているとしても証明はできません。
 解剖して脳を取り出し、輪切りにしてどこを探しても「意識」が存在するという証拠は見つかりません。
 しかし、多くの方が脳こそ他ならぬ心の源であるということに賛同するはずです。
 いったい、脳神経の特性がいかなる仕組みを通じて人間の心的特性に変換されるのか。
 自己、意識、情動的感情、人格的同一性は、脳という地味な灰色をした物質からいかにして生み出されるのでしょうか?

 人間に意識がなぜあるのか、それは現在でも多くの分野で最大の謎のひとつであるそうです。
 そりゃそうだわな、形がないんだから。
 意識は幻ではないかという説もあります。
 私もなかばは、意識は幻ではないかと思っています。
 結局、時間や空間を背景に、記憶と五感や体感覚から構成された集合体ではないかと思うのですね。
 肉や白菜や魚やネギをぶち込んで作られた鍋、これが意識。単品の具だけでは意識にならない。
 たとえば今私はPCのキーボードを叩いていますが、これだってPCとキーボードというものを認識し、日本語を習得していてなおかつ指を使ってキーが打てるために出来る行為なわけでしょう。つまり、記憶と感覚の集合によって出来ているのですね。
 明日、記憶喪失になれば出来ないかもしれません。
 そして私が私であるという記憶がなくなれば、もはやその意識は私のものとはいえないかもしれません。
 とすると、昨日の私と明日の私に意識の連続性はあるのでしょうか。
 明日の自分が本当に自分であるという証明などできないし、違うかもわかりません。
 
 ところが本書によると、安静時(フラットなとき)での脳活動でも意識はあるそうです。
 つまり、何も考えていないときでも、意識のベースとなる活動が脳内でなされているというのです。
 それが他ならぬ自己の根幹であり、そのために何かで刺激を受けると、パッと発動できるのです。
 それがどうやって脳で行われているのかはわかりません。
 ただし、著者によると、心は脳の神経活動に単純に還元できないとまで言うのですよ。
 脳単独では意識足りえず、脳と外部(世界)が繋がることによって意識が生まれているそうです。
 もうここまでくると、私には理解できません。
 本書では、正常な脳の活動と意識の関係性を探るために、植物状態の脳や、重症の抑うつの脳、統合失調症の脳を健常な脳と比較し脳活動の研究の成果が語られていますが、これも非常に難解でした。

 あとがきで訳者の方も書かれていますが、とても易易と理解できるような内容の本ではありません。
 何度も繰り返し読め、そうしたら新しい考え方が身につくと書かれています。
 結局、その通りで、読んでいるとうっすらとわかりかけるのですが、すぐにビシャーンと扉が閉まるみたいな感じで、私の脳のレベルが追いつかないのですよ、著者のいるところに。
 本書を半分でも理解できたときには、自分の思想がレベルアップしているはずだと思います。
 それは何かから考え方自体を解放してあげないと、行き着かない場所だと思いますねえ。
 3次元世界にいる我々の世界から、4次元世界を想像してみることに似ていると思います。
 わかりそうで、わからないんですよ。
 あんがい、意識を認識することも、そういうことなのかもしれませんねえ。


 

 
 
 
 
 

 
 

「空母『蒼龍』とともに」池田清夫

 中型空母「蒼龍」のベテラン飛行機整備兵による戦記。
 著者の池田清夫さんは、大正5年宮城県南郷村出身。終戦時海軍整備兵曹長。海軍生活11年3ヶ月。

 母艦の整備兵による戦記は非常に珍しいかと思います。
 著者が海兵団を出たのが昭和9年ですが、勤務先の海軍通信学校で分隊士から「これからは航空の時代だ。大砲の時代ではない」と諭され、砲術学校への進学を諦めて霞ヶ浦空の普通科整備術練習生になったそうです。
 支那事変で初めて空母「蒼龍」に配属されてから、一度陸上勤務を挟んで再び真珠湾攻撃の前に「蒼龍」に呼び戻され、それからミッドウェーで沈むまで「蒼龍」と共にあったあったわけですから、大げさでなく本のタイトル通りの海軍生活でした。
 一度目の「蒼龍」勤務では、安慶基地で横山保大尉や羽切松雄兵曹のいた戦闘機隊の飛行機員を担当、2回目では江草少佐率いる艦爆隊を担当しました。飛行機員というのは、同じ整備員でも分解組み立て等の大整備と違って、毎日の飛行作業前後の点検整備等を行い、搭乗員が支障なく飛行できるように作業をこなすのを任務としています。
 昭和13年11月に念願の下士官(三整曹)となり、昭和15年5月には24歳で二整曹に昇格していますが、陸上勤務していた霞ヶ浦空や土浦空では、母艦乗組経験があるということで一目も二目も置かれていたそうです。
 そらそうだわな。曲者ぞろいの艦隊戦闘機隊を担当してたんだから、怖いものないよねえ。
 本書の特徴としては、あまり自分の経験した戦闘を資料を調べて肉付けしておらず、あくまでも自分の記憶に素直に書かれているということが挙げられると思います。自分史の一面もあり、海軍を志願するまでや逆に戦争が終わってからの生活についても多くのページが割かれているのは珍しいですね。

 整備兵らしい興味深いエピソードもありました。
 真珠湾攻撃に向かう前、飛行機のエンジンを温める特大の白金懐炉が60機分積載されたそうです。
 このことから北方攻撃に向かうものと著者ら飛行機整備兵は思い込んだそうですが、敵を欺くにはまず味方からということでしょうか。その頃は海軍も兜の緒が締まっていたのですね。
 逆にミッドウェーでは緩みきっていました。慢心です。
 「蒼龍」が致命傷となる爆撃を受けた時、著者は飛行甲板サイドの待機所にいました。
 格納庫にいたら確実に死んでいたそうです。航空機の爆弾や魚雷に誘爆しましたからね。
 海に放り出された著者はサメのいる海で6時間漂流することになります。
 ちょうど昼飯前に攻撃されたので、空腹と疲労と寒さで、救助艇が「いまいくぞ頑張れ」ときたときには自力で船に上がる力は残っていなかったそうです。このときの模様は詳述され、海で漂流していたときに、駆逐艦に向かって泳いでいったやつはみな死んだと書かれています。体力を温存して最小限の力で水に浮いていることだけをしたやつは助かったと。

 ミッドウェー海戦後、幸運にも著者が艦隊に戻ることはありませんでした。
 艦隊に戻らされた「蒼龍」の整備兵たちは、ほぼ生きて帰ってくることはありませんでしたから。
 おそらく、運だけではないと思います。
 長年海軍のメシを食ってきた実力も多大に関与したのではないでしょうか。人柄といいますか。
 整備だけではなく、海兵団で教員にもなっていますからね。
 郡山航空隊分隊士で終戦。



 
 
 

「マウス」村田沙耶香

 私のワンピースを見て、瀬里奈がかぼそい声で言った。
 「あんまり似合わないね」
 「わかってるよ」
 なぜだかちっとも腹が立たず、私は瀬里奈に歩み寄りながら言った。
 「瀬里奈って、本当に失礼だよね」
 「何で? だって、洋服って、少し似合っていないほうが可愛いでしょ」


 そうなんですよねえ(*^^*)
 服は、バチーンて似合っているよりも、少し似合っていないほうがかわいいです。
 これがわざとだと、あざとく感じるので、あくまでも天然で少し似合わない服をチョイスしなければなりません。
 これができる女子は、けっこうモテます。
 人間というのは、おそらく深層心理的に完璧さを怖がるのではないかと思います。
 人間らしさというのは完璧さからずれたものなのでしょう。
 だから、ちょっと外れた調子のほうが「安心できる、ほっとする」と言われるのではないですか。
 一年に一度くらい鼻毛が風にそよいでいるとか、エレベーターで軽く屁が漏れたとか、そういった絶対にないとは言い切れない格好悪さをしてしまったときに許される人格であること、これが楽に生きる秘訣でもあるし他人を幸せにできる余裕でもあります。
 本作は、自分を偽って他人に合わせる才能を持った女子と、自分を見せるリスクを怖がらない女子の葛藤を描いた青春小説です。

 少し、あらすじ。
 4月、クラス替えで5年C組になった田中律。
 ほとんど知らない子ばかりで不安だったが、なんとか「真面目で大人しい女子グループ」に落ち着いた。
 クラスの女子は最上級クエストであるイケてる子グループ、その下ににぎやかな子グループがふたつ、そしてその下に律らの真面目で大人しい子グループ、その下に教室の隅っこで少人数でヒソヒソ話しているキモいグループに分かれていた。
 しかし、C組にはどのグループにも属していない特別な女子がひとりだけいた。
 彼女の名前は塚本瀬里奈。祖母と二人暮らし。背が極端に高くて極端に痩せていた。
 瀬里奈は、まったく友達がいなかった。いつもひとりで座って宙を見つめていた。
 学業にも健康にもまるで問題がないのに、まったく喋らず、とてもよく泣いた。
 とても繊細であるのに、周りに対してひどく無神経で、彼女はどんどん疎まれ嫌われていった。
 あるとき、急に泣き出した瀬里奈がいつものように教室を抜け出してどこかに歩いていったのを、律は後をつけた。
 瀬里奈は解体前の旧校舎の中の女子トイレに入り、掃除用具の入ったロッカーで丸まっていた。
 辛いことがあると、ここにきて頭の中にある灰色の部屋に閉じこもることを想像すると、心が楽になるのだという。
 そんな瀬里奈に、あまりにも真面目すぎて大人しいグループからも脱落しかかっていた律は興味を持ち、くるみ割り人形の童話を話して聞かすようになる。自分の世界に閉じこもっている彼女に空想の世界であっても解放されて自由になれることを教えたかったのだ。すると信じられないことに、純粋すぎるがゆえに瀬里奈は童話の主人公マリーと同化してしまった。
 性格が180度変化した。いじめっ子の男子を泣かすまでになった。もともとスタイルも良かった彼女は、どんどんクラス内ヒエラルキーを突破して出世し、4月とは正反対の立場になって最上級クエストの女子グループと会話するまでになっていた。
 人畜無害を座右の銘とする律は、そんな瀬里奈の変身を嬉しく思い、同時に寂しくも思った。
 ふたりはしだいに遠ざかり、話をすることもなくなった。
 そして、8年後。大学生になった律は、瀬里奈と再会する。

 はい。
 タイトルの「マウス」は臆病な女の子という意味だそうです。
 名作「しろいろの街の、その骨の体温の」の前哨戦みたいな感じの作品でした。
 ですが「しろいろ~」にはいなかったここの瀬里奈みたいなキャラクターが私は読んでて一番好きかな。
 作者の村田沙耶香さんは小学校5年生のとき「暗い女子グループ」で、自分と「大人しいグループ」の違いはなんだろうとじっと考えていたそうです。だからこのような小説が生まれたのでしょうね。
 校庭の端のほうの草木らへんでたむろしているのは、大人しいグループなのかな。
 まあ、男子にはあまりわからない世界といいますか、実際に読んでいて胸が詰まります。
 面倒くさいですねえ、女子の世界は。
 その割には、同窓会の出席率は女子のほうがいいのですよ。
 そのときの腹の中は何を考えているのかわかりません(笑)
 見かけ(うわべ)だけですべて済む、と思っている子がいかに多いかということなんでしょうね。


 
 
 

「伯爵夫人」蓮實重彦

 第29回(2016年度)三島由紀夫賞受賞作品。
 作者の蓮實重彦氏は、第26代東京大学総長(1997~2001)。フランス文学者。

 風雲急を告げる帝都・東京。
 子爵家の跡継ぎである二朗の屋敷に、いつのまにか謎の女が住み着いた。
 この女、伯爵夫人だといふ。
 しかし、伯爵というご亭主のことなど誰も知らない。
 二朗の高等学校の悪友である濱尾が言うには、上海くんだりの高級娼婦に違いないという。
 女中の小春は、目につく女をすべて組み敷いていた二朗の祖父の妾腹ではないかという。
 “伯爵夫人”は、まったく正体不明の女だった。
 ある日、聖林(ハリウッド)製の活動写真を観たあとの街頭に、二朗は伯爵夫人を見かけた。
 伯爵夫人は従妹の蓬子の裸しか知らぬ晩熟の二朗を、大胆にもホテルに伴おうとする。

 文句のつけようのない寸劇。
 さすがは、東京大学総長。さすがは仏文学者。
 こんな小説、読んだことないです。この人にしか書けません。
 どう言えばいいのだろう、卑猥な言葉と行為が連発しますが、けっしてエロ小説ではないのですね。
 物語の世界は従妹との性行為など普通の日常からは大きく逸脱していますが、それでもエロ小説では絶対にありません。
 この作品を「エロ」と思う人は、はっきり言って、センスないと思います。
 確かに、二朗と伯爵夫人があのまま同衾すれば三島由紀夫賞にかすりもしない下町エロ小説だったと思いますが、それはあり得ないだろうと思いながら読んでいました。それでも、ラストがあのように鮮やかになるとは予想外でしたが。
 射精以外の分野を広げているからだと思います。
 女性器に男性器を挿入して射精する性行為と、それ以外の行為の意味を明確に分けているからだと思います。
 私は初めて、男性器を女性器に挿入する行為と、男性器を肛門に挿入する行為の差を真面目に考えさせられました。
 エロ小説に見えて、エロ小説ではないということ、この作品の清さはそこにあるのでしょう。
 読み手を興奮させる手段としてではなく、作品を作り上げる必要性にかられてのことなのです。

 この作品の懐の深さは、一見性愛小説に思わせることだけではありません。
 ラストでは冒険小説だったのかという解釈もできます。
 日本が開戦することを察知して、伯爵夫人は迷宮から消えたのです。
 小春も消えたことを考え合わせれば、極めて意味深でしょう。
 二朗の家は何者だったのかというミステリーも生まれるわけです。
 父のことは書かれていませんから。母のものかと思わせた嬌声は、実は謀議を覆うカモフラージュだったのではないかと。
 さらに、意外にも笑わせてくれる場面にも多く遭遇しました。
 「ぷへー」と「父ちゃん、堪忍して」ですね。
 これはなぜだかしらん、意味不明の笑いを誘いました。
 そして、忘れてはならないのが、独特の文体です。
 「」カギカッコの会話文を使いません。読点をあまり挟まず、ひとつの文章が長い。
 それでいて、読みやすい。一見、昭和初期の文学作品かと思いきや、平易で読みやすいことにすぐ気付かされます。

 いったい、何を思って80歳になる作者はこの小説を創造したのか。
 今にして思えば、伯爵夫人の容姿を明らかにしていないことも、計算された技ありだと思えるのですね。


 
 
 
 
 
 
 
 
NEXT≫
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (17)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (20)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (28)
中間小説 (21)
青春・恋愛小説 (30)
家族小説・ヒューマンドラマ (30)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (17)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (52)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (143)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (23)
スポーツ・武術 (22)
探検・旅行記 (19)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示