「君の膵臓をたべたい」住野よる

 総合病院の待合室で「共病文庫」と名付けられた日記を見つけて、つい読んでしまった「彼」。
 そこには、高校のクラスメイトの女の子の、家族だけしか知らない“秘密”が綴られていた。
 しかし、それをきっかけに、ふたりは親しくなる。
 クラス随一の地味で根暗な少年と、明朗快活で容姿端麗、クラス一の人気者の少女。
 正反対な種類の人間であると自他共に認めるふたりの、暖かくて切ない触れ合いを描いた、傑作青春小説。
 
 なんとも切ない。
 正直云って、「彼」と同じところで私も泣きました。255ページです。
 普通、こらえきれんでしょ。これはたまらんな、飲みにでもいこかと思いました。
 でも読み終わったところで、少しだけ顔を空に向かって上げることができる、前に向いて進みたくなる、そんな小説ですね。
 どこか救われたような感じも残っています。
 桜良のポジティブな考え方に感銘したからでしょうね。
 彼女の日記のタイトルは、闘病日記ではなく共病文庫であり、その理由は「不治の病に冒された自分の運命を恨まない」から。
 出会いは偶然でも運命でもなく、今まで自分がしてきた選択の結果であるという考え方も大好きです。
 これは「彼」が共病文庫を読んでしまったのは偶然ではない、という想いも込めれているのでしょう。
 前向きだなぁ。
 彼女のポジティブシンキングのおかげで、「彼」も救われたし、また読者も救われたのではないですか。
 体はなくなっても思いはずっと続いていくのです、人と触れ合ってその思いはリンクしていくのですから。
 生きているということは、誰かと心を通わせること。その通りだよね。
 あなたは誰かと心を通わせる生活ができていますでしょうか・・・私はどうかなあ。
 
 それにしても、いい意味で軽くて、味わいのある物語でしたねえ。
 「セカチュー」と似ているようで似ている箇所は実は一箇所しかありませんから。
 物語としてあっちが上かもしれませんが、読んでプラスになるのはこっちです。
 登場人物と同じくらいの高校生が読んで、感受できたならば、すごい勉強になると思います。
 もちろん、オッサンオバハン老若男女、誰でも選ばずに何かを感じ取ることができる小説です。
 今、25万部売れてるそうです。不思議ではありませんね。

 大事なんですよう、男子にとって女子の友達は。
 共学ならば、よほどのことがないかぎり、知らず知らず相性が合って異性の友人ができると思います。
 もちろん、なれるタイプとなれないタイプがありますがね。
 男子の周辺3メートルに近づいただけで風呂場で百回くらい体をこすって消毒する女子もいますからね、中には。
 でもこの小説で桜良が言っているのは、「なれるタイプになろうよ」ということだと思います。
 鼻毛が10センチ伸びてるとか、風呂に半月入ってないとか、そういうんじゃないかぎり誰でも不思議とできるものです。
 そしてこれがまた、この異性の友人というのが、後々の人生にすごく効いてくるときがあるんですよ。
 たとえば男同士だと年取るにつれ、何らかの損益計算がついて回りますからね。
 古くて長い異性の友人にはあんがい、そんな憂き世を超越したところがあって、思わぬ時に力になってくれたりします。
 ただし、好きになっちゃダメですよ。ある意味、恋人よりも重要な存在ですから、感情や性欲で壊しちゃあいけません。
 この小説でよかったことは、彼らが彼氏彼女ではなかったことです。ならなかったことです。
 桜良にとっては彼だからよかったのであり、直樹にとっては桜良以外ではあり得なかったことです。
 これは恋人同士ではできなかったことでした。それ以上に、大切で貴重な関係でした。
 だから、この気持は、彼の中で永遠に続いていくのです。
 すなわち、彼女が生きているということなんですね。
 最後になりましたが、桜良さんに「良い言葉、ありがとう」と言いたいです。


 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (17)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (20)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (16)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (13)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (28)
中間小説 (20)
青春・恋愛小説 (28)
家族小説・ヒューマンドラマ (29)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (17)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (20)
芥川賞受賞作 (18)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (52)
歴史・伝記 (29)
戦史・戦記 (30)
海軍戦史・戦記 (143)
物理・宇宙 (25)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (23)
スポーツ・武術 (22)
探検・旅行記 (19)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示