「ブレイズメス1990」海堂尊

「チームバチスタの栄光」(カテゴリー医療小説・ミステリー参照)から続く海堂尊リアルタイムシリーズに対し「東城大医学部の過去」を描いた「ブラックぺアン1988」の続編が本作です。
私は前作もそうでしたが、この過去の話が一番面白いと思いますね。本作もジーンワルツなんて比べものにならないくらい面白く感じられました。何故でしょうか。医学部内の権力闘争もさることながら、佐伯清剛という魅力的なボスのキャラクターも大きいでしょう。しかし何よりも「今」と違うのは新病院建設など日本社会がまだ伸びていくんだという夢を信じている時代だということでしょうね。田口や速水の活躍するリアルタイムの世界では、病院が儲からなくて四苦八苦してるじゃないですか。極北市にいたっては破たんしてしまっています。
ところが本作の1990年は東城大学医学部付属病院に13階建ての新病棟が完成したばかりか、分院として心臓外科センターの設立を病院長である佐伯清剛は目論んでいるのです。縮小よりも拡大なので物語がダイナミックなんですね。

さてそのダイナミックな物語を先導していくのはモンテカルロのエトワール(星)、天才心臓外科医天城雪彦。
「ブラックぺアン1988」でお馴染の外科医3年生、世良雅志は佐伯清剛の密命によって天城をモナコの病院から引き抜くことに成功します。よって物語の冒頭はコートダジュールからスタートしますが、あんがいモナコ公国の描写も丁寧でしたね。
天城が佐伯から託されたのは、桜宮市に新しい心臓外科センターであるスリジエ(桜)ハートセンターを設立すること。当然、既存の東城大学医学部総合外科教室の面々はこの計画に賛同しません。黒崎や垣谷といった心臓外科グループは自身の存在を脅かされますし、高階は天城の医師としての人間性を疑います。天城と高階が意見を戦わせるシーンはたくさんあるのですが、どちらの言い分もわかるんですよね。そのへんの問題提起が海堂尊はうまいです。
デモンストレーションとして天城は、東京国際会議場メインホールで行われる日本胸部外科学会の海外招聘シンポジウムにおいて、自身の最高技術である狭心症に対するダイレクト・アナストモーシス(冠状動脈バイパス術の未来形で直接吻合法)の公開手術を計画します。執刀天城、第一助手垣谷、第二助手青木、器械出し猫田、プレゼンター兼通訳高階らのメンバーで施行されたこの手術は観衆の度肝を抜く大成功を収め、天城はスリジエ・ハートセンターの設立に向けて大きく前進するのです。

たぶんというか必ず、続編があるはずです。
というのは、他の時間が進んだ作品で目にしたのは「ガラスの塔」の崩壊ですから、結局この心臓外科センターは続かないのですね。それがどういった形であるのか、非常に興味を惹かれるところです。
そして、世良。東京での公開手術のあと花房美和と一夜を共にしました私はふられるのかと思ってたんですがねー。
その彼が「極北クレイマー」のラストでどうしてああいう形で現れたのか、いったい彼に何があったのか、桜宮でこれから何が起ころうとしているのか、この続きを早く知りたい気持でいっぱいです。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - 藍色 - 2011年08月26日 17:36:38

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

トラックバック

粋な提案 - 2011年08月26日 17:17

「ブレイズメス1990」海堂尊

大学病院にまた革命児が!外科研修医世良の任務はモナコから天才外科医天城を連れ帰ること。東城大病院は大荒れとなり日本初の公開手術の結果は。 世良雅志が主人公の前作『ー1988』の続編で2年後。デビ...

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示