「なぜ母親は娘を手にかけたのか 居住貧困と銚子市母子心中事件」井上英夫ほか編

 2014年9月24日、千葉県銚子市内の県営住宅で、家賃滞納のため強制退去となったその日、母親(43歳)が無理心中を決意し、中学2年生の娘(13歳)を殺害した。執行官が部屋に入ると、母親の横に絞殺された娘が横たわっており、すぐ異変に気づいたという。母親は娘が活躍した運動会のビデオを観ており、「これを観終わったら死ぬつもりだった」と答えた。
 ヤミ金の返済に追われ、健康保険料も滞納するほどの生活苦で、母親は「家を失ったら生きていけない」と思い詰めた果ての事件であった。行政に相談したが、結果的に生活保護を受けられなかったという。
 母親の事件当時の所持金は2717円で、母親と娘名義び預金口座の残高は合計で1963円だった。

 本書は、この痛ましい事件の原因・背景を糾明して、このような事件の再発防止の方途をさぐることを目的に結成された、「千葉県銚子市・県営住宅追い出し母子心中事件調査団」による、事件周辺の報告および国自治体への提言です。
 ノンフィクション本のようなスタイルではありません。
 どちらかというと、レジュメ片手に様々な研究者が壇上で発表するような形式の、まあいわば“レポート”です。横書きです。
 なぜ母親は娘を殺さなければいけないまでに社会から追い込まれたのか、事件の引き金になった県営住宅からの強制退去という手段は正しかったのか、生活保護を受けられなかったのはどうしてか、などに焦点が当てられています。
 結論は、なるべくしてなった事件ではありません。防げていた、ということです。

 県営住宅の家賃は1ヶ月1万2900円でしたが、これを母親は数ヶ月分滞納していました。
 そのために、千葉県が裁判に訴えて、強制執行という形で追い出すことになったのですが、実は公営住宅には、極めて生活の苦しい世帯を救うための家賃の減免制度があって、この母子は適用されていれば80%の賃料が減免されるはずでした。
 そうすれば、家賃滞納などせずにずべて支払うことができたのですが、県はこの制度を母子に通知していませんでした。
 それどころか、賃料督促の通知から強制退去まで、母親と面談して直に話を聞くことすらありませんでした。
 まったく、血の通わない「はい、バイバイ」という機械的な処理だったのです。
 減免制度はHPなどに開示しているとのことですが、困難な状況に置かれている者ほど情報弱者になりやすいのです。
 賃料取り立て人は、それ専門の民間委託業者なので、そんな制度のことなんて知らないでしょう。
 県ばかりではありません。銚子市は、生活保護の相談にきた母親を追い返していました。
 昨今、悪質なナマポ受給者が増えているので、こうした厳しい「水際作戦」は理解できるのですが、本当に追い詰められている弱者まで切り捨てては話になりません。
 千葉県と銚子市の対応には問題があり、間違いなく、この事件については責任があります。

 しかしですよ、私はこの事件で一番悪いのは、母親が離婚した元夫だと思います。
 亡くなった娘さんの実の父親ですね。
 この男が一番質が悪い。
 離婚の原因は、ギャンブルに入れあげた元夫が消費者金融で作った借金であり、これが結局、回り回って、母親がヤミ金などで金をつまむ原因となりました。あげく、給食センターのパートをしてましたけど、様々な補助を入れても月11万くらいの収入しかなかったために、娘が中学校に入学するにあたり、住宅の家賃の支払いが滞ったのです。
 元夫は、自分が原因である借金で母子を苦しめたばかりでなく、養育費も入れなくなり、ずっと音信も絶っていました。
 千葉県と銚子市も過失があったのは確かですが、こいつが一番悪いです。こいつの責任ですよ。
 
 結果、娘を手にかけた母親自身が刑務所に入ったのは当然ですが、亡くなった娘さんのような犠牲者を二度と出さないためには、役所のマンパワーには限界があるし、働かない奴に無駄な税金を使うなという意見もまた真理なので、地域的な垣根の低い生活相談のボランティアが絶対に必要だと思います、それも、やたら態度だけでかくて滅多に顔も出さないような忙しい弁護士先生なんか要りませんよ、そんなのが絡むから、こういう活動が広く底辺に行き届かないんですよ。
 無理して血の通わない県営住宅なんかに住まなくても、田舎で格安の一軒家でも借りていれば、畑も作れるし、周りに人もいるし、死ぬようなことはなかったと思います。


 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示