「ラプラスの魔女」東野圭吾

 ピエール・シモン・ラプラス(1749~1827)はフランスの数学者。
 この方は「もし、この世に存在するすべての原子の現在位置と運動量を把握する知性が存在するならば、その存在は、物理学を用いることでこれらの原子の時間的変化を計算できるだろうから、未来の状態がどうなるかを完全に予知できる」
 という仮説を立て、後年、これが『ラプラスの悪魔』と呼ばれるようになりました。

 まあ、アインシュタインや素粒子物理学未明の、原子が物質を構成している最小単位と思われていた時代のことですね。
 実際には電子は波動しているので、どこにあるか観測しなければわかりません。
 東野圭吾はもちろんそんなことは百も承知で、推理小説を楽しく読めることを損なわない程度の“題材”として、この物語にラプラスの悪魔を使用したのでしょう。だから馴染みにくい量子じゃなくて、馴染みのある原子と作中に何度も書いているのだと思います。タイトルは悪魔ではなく、魔女になっていますが、これはネタバレでもなんでもなく物語の流れです。

 もうひとつ、ナビエ・ストークス方程式というのが出てきました。
 初めて聞く単語です。なんでも、流体力学に関する未だ解かれていない難問だそうです。
 これが完璧に解ければ、竜巻やダウンバーストなどの急激に発生する乱流の局地現象が理論的には予測できるらしいです。
 ほんまかいな。
 近年、地震はもとより異常気象が続いていますから、気にはなるところですが、はたして科学の力で災害の予知ができるのかどうか、動物の第六感のほうが確かなのではないかと思ったりもします。
 いやまてよ、科学はともかく、動物ではなくて人間にそれを予知できる力が備わっていたのならば・・・
 この物語の骨子はそれ。五感で得られる現在の状況に関する情報を即座に解析し、次の瞬間には何が起こるのかほぼ完璧に予測できる能力を手に入れてしまったある少年少女の繰りなす、サスペンス系ファンタジックミステリーです。

 簡単にあらすじ。
 まったく異なる場所にあるふたつの温泉地で、硫化水素ガスによる中毒死亡事故が発生した。
 現地で調査した地球化学専門の大学教授である青江修介は、両方の事件で差し障りの無い専門家としての見解を示したが、本当に単なる中毒事故で片付けてよかったのか、という不安が頭から離れない。
 というのも、火山ガスの発生は予測できないが、どう調査しても死亡事故が起こるような硫化水素ガスの濃度ではなかったのだ。となると、自殺か。あるいは・・・いや、どちらもあり得ない。自殺ならば器具や痕跡が遺されていなければならないがそんなものは見つかっていない。他殺の可能性としては、閉鎖された空間ならともかく、ふたりの被害者が事故にあった地点は、山中とはいえ開かれた野外だった。ガスが何者にも乱されず、一本の筋となって移動し、一点で滞留しないかぎりこのような中毒事故は起こり得ない。そしてそのように人為的に気流を調整することは無理である。
 ふたつの事故で共通している点は、どちらも映像関係者が被害にあったということだ。
 映像プロデューサーと役者だった。これは単なる偶然だろうか。
 さらに青江の頭を悩ましているのは、調査に赴いたふたつの温泉地で偶然見かけた、少女の存在だ。
 彼女は、若い男性の写真を手にして、温泉街で聞き込みをしていたという。
 彼女はいったい何者なのか。探している青年はどこの誰なのか。ふたりはこの謎の事件に関係しているのか?

 うーん。久しぶりに東野圭吾さん読んだのですが、昔みたいにガツーンときません。
 どちらかといえば、好きな方のジャンルなのですが、どうもねえ。
 「パラドックス13」以来、面白かったのがありません。これはたぶん、私のほうが変わっているのかしれないです。
 前はもっと、キャラクターに魅力があったし、展開も緻密かつドラマティックだったと思うんだけどなあ。
 ま、次に期待です。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示