「蜜蜂と遠雷」恩田陸

 キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
 ついに!! 恩田陸が直木賞を受賞しました。
 もう今更、要らなかったかもしれないけど、ノミネート6回目ですか。長かったねえ。
 学園ホラーの名作「六番目の小夜子」でデビューしてから、20数年。
 いまだに好きです、「六番目の小夜子」。
 以来、早熟でもなく晩成でもなく、変わらぬ活躍ぶりを続けてきました。稀勢の里みたいだなあ。
 もちろん、その間には地雷もあったし駄作もあります。私は3冊に1冊くらいは読んでると思う。
 正直、直木賞にはもう縁がないと思っていました。
 もう、通り過ぎただろうと。
 本作「蜜蜂と遠雷」が、最後の砦だったかもしれないね。
 しかし、この最後の砦は最強でしたね。
 他年度の受賞作も、本作と一緒にノミネートされれば、たいがい落選したと思う。
 まさに、文句なし。
 原稿用紙千数百枚、500ページ二段組の超大作ですが、のめり込んで読めました。
 国際ピアノコンクールを舞台にした、異色の音楽小説です。
 私、クラシックのことは正直、よくわかりません。でも、超面白かったです。

 あらすじと概要。
 物語の舞台は、芳ヶ江国際ピアノコンクール。
 作者インタビュー見ましたが、芳ヶ江のイメージは浜松だそう。そう、世界的音響メーカーの地元。
 今回で第6回目を迎える芳ヶ江国際ピアノコンクールは、過去の優勝者が世界的に著名なコンクールを制したこともあり、時代を担うスターの登竜門として、世界中から夢見る若手が集まります。
 90人のコンテスタントは、2週間のうち、まず一次予選(演奏時間20分)で24人に絞られ、二次予選(演奏時間40分)で12人になり、三次予選(演奏時間60分)でやっとオーケストラとコンチェルトを弾く本選に進む6人が決まるのです。
 物語の主要なキャラクターとなる、コンテスタントは4人。
 世界中から敬愛された伝説のピアニスト、ユウジ・フォン=ホフマンの秘蔵の弟子である、謎の少年・風間塵。
 13歳のときに一度はキャリアを断った、“ステージから消えた天才少女”・栄伝亜夜。
 優勝候補筆頭と目されるジュリアード音楽院の王子・マサル・カルロス・レヴィ・アナトール。
 参加最年長の28歳、会社勤めで家族持ち、生活音楽者の高島明石。
 彼らの演奏と闘い、そして音楽を通じた友情が本作のテーマ。
 視点は彼ら4人だけではなく、2週間のあいだ神経をすり減らす審査員や、舞台の袖からコンテスタントを送り出すステージマネージャー、会期のあいだ不眠が続く調律師、生徒の師匠、家族、ケアしてくれる友人、テレビカメラのクルーなど、コンクールを中心として多角的な視点から語られて物語が進みます。
 そして帰結は「音楽」。あくまでも、音楽が主役です。
 誰が優勝するのか? コンテスタントたちと同じように、あるときは緊張し、胸をドキドキさせながら先を進み、やがて圧倒的な演奏に飲み込まれることになります。

 ある意味、実験的な小説でしたね、価値ある実験。
 音楽が小説にどれだけ書けるのかという。
 足かけ6年にわたって連載された小説ですが、作者は相当苦しんだようです。
 音を文にしなければなりませんから。難しいよねえ。プロットどころじゃないですよ。
 本当によくここまで描けたな、と思います。
 直木賞の価値はありますよ。
 しかも、筋は面白いですし。
 音楽家の大変さもよくわかりました。食べていけるのはほんの一握り。
 幼少の頃からずっと音楽一筋に近い努力を重ねがら、お金も費やしながら、成功する人間は滅多にいません。
 それでも、観客と一体となる演奏中の高揚は、何物にも代えがたいものだとか。
 審査員も大変です。
 万が一、予選で落としたコンテスタントが後でスターになれば、末代までの恥になります。
 非常な責任感をもって臨まなければならない、過酷な務めです。
 そういうところですね、私はほとんど知りませんでしたから、なおさら面白く読めたと思います。
 音楽をやっている方が読めば、また感想は違うでしょうし、ひょっとしたら素人よりも楽しく読めるかもしれないですね。
 直木賞の名に恥じない、大作でした。


 
 
 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ひだまりさん。 - 2017年01月23日 23:00:21

恩田さん、やりましたね!直木賞(*´∀`)
パチパチパチ。
発表の日は自分のことのように嬉しかったです(^^♪
これは素晴らしかった!
私もクラシックはあまり聴かないのですが楽しめました。

「六番目の小夜子」も良いですね。
私も好きですよ(*^^)

Re - 焼酎太郎 - 2017年01月24日 09:06:43

そうか!
ひだまりさん。既に「蜜蜂と遠雷」読んでたんですね。
だいぶ早くに。
直木賞はこれか「夜行」だと思ってたので、
最近「夜行読んではるわ、目のつけどころええやん」
と思ってましたが、こっちも読んでたんだ・・・
忘れてました(*^^*)

さすがです。
それに比べ、私は直木賞を受賞しなければ読まなかったと思います。
分厚いし、ハイカロリーでしょう。
根がヘビーゲーマーに出来ていながら最近はゲームをする時間がないくらいのなので
どうしても200ページ強の薄い本に目がいってしまいます。

コメントありがとうございました☆

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示