「偽書『東日流外三郡誌』事件」斉藤光政

 グリコ森永事件や幼女連続誘拐殺人事件で筆跡鑑定をしたことがある大学教授はこう締めくくった。
 「『東日流外三郡誌』の作者は、自分が書いたものが全国規模で報道されることを喜んでいたのでしょう。たとえ、地元の青森県では疑いの目で見られていても、中央で知られればそれでいいと考えているのかもしれません。
 その意味では、『東日流外三郡誌』問題は単なる偽書事件ではなく、愉快犯による劇場犯罪のような要素を多分に持った問題だといえます」

 詐欺師による、サギ史。
 戦後最大の偽書事件といわれる、東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)事件の顛末と真相。
 著者は、この事件を地元青森の最前線で追い続けた、東奥日報編集委員の斉藤光政さん。
 読めば納得。いい仕事です。

 古代の津軽地方に大和朝廷と対立する王国があったと書いている「東日流外三郡誌」は、中世津軽の豪族である安東一族にかかわる歴史と伝承を、江戸時代にかけて収集し、編集したという体裁をとっています。
 それを、明治時代に曽祖父にあたる人物が模写したものが、戦後間もなく茅葺屋根の天井裏から落ちてきたと、発見者である和田喜八郎は言っています。ちなみに、原本は和田喜八郎の死後も行方は知れません。
 家で発見されたのは外三郡誌だけではなく、千巻もの「和田家文書」と呼ばれる古文書が出てきたそうです。
 これが公に日の目を見たのは、1975年の青森県市浦村史の資料編として刊行されたとき。
 ほんとバカだな、青森の自治体は。偽書の区別もつかず税金使って村史として世に出したとか、もうアフォかと。
 以来、古代史ブームに乗っかって、日本中に拡散しました。
 ムーにも載ってましたよ。ちゃんと読んでいませんが、目にした覚えはありますね。
 それどころか、コロンビア大学や海外の研究機関に所蔵されるまでになってしまいました。
 
 真贋論争が巻き起こったのは、1992年のことです。
 大分の研究者が、外三郡誌の発見者である和田喜八郎の刊行物に、無断で写真を使用されたと訴訟を起こしてから。
 裁判所は真偽を調査することはありませんでしたが、これが契機となって、筆跡や紙質が調べられることになりました。
 その結果、執筆者は発見者の和田喜八郎で、煤を使って古く見せかけた障子紙に筆ペンで書かれていることが明らかになりました。使用されている言語も現代のものが混じっており、とても明治時代に模写されたものではなく、現代に製作されたものであると推測されるに至ったのです。
 内容は、既成の歴史書や論文から史談や伝承を集めて、これに筆を加えてまとめた創作物であり、なかには出典を明示された箇所も多々あります。
 しかし、真書派と呼ばれる根強い外三郡誌ファンは、それでもめげずに、本書刊行時点(2006年)でもこの五流の偽書を信じ切っているという、もうなんか、新興宗教のような事態になっていたわけですな。
 常に最前線でこの事件を追ってきた著者も、だいぶ口撃されたそうです。
 
 もうほんと、読むのがバカらしくて途中でやめようと思いました。
 偽書作るんだったら、そう簡単にバレるような仕事せずにもっとちゃんとやれよ。
 これくらいのもんで騙されるほうも悪い。レベル低いわ。この件は、作った方より騙されるほうが罪が重いように感じました。外国の偽造絵画の来歴なんて本物より精巧に作られているんですからね。
 でも目を開かされるところも多々ありましたね。
 津軽地方の寒村の村おこしの面もあったという観点には、私も寒村に住んでおりますので、正直、気持ちはわかります。
 この手があったかとも思う。ネス湖のネッシーもそうだろうし。
 実は本書を読むまで真相を知らなかったのですが、同じ青森の戸来村でキリストの墓があったという伝承があったでしょ。
 あれも、1935年に村おこし的なものと新興宗教が絡んで作られたものだそうで、それ以前は戸来村にはキリストのキの字もなかったそうです。
 面白いのは、和田家文書には戸来村にキリストの墓があるという記述があるんですよね。
 おまえ江戸時代だったろうと(笑)


 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- しのぶもじずり - 2017年01月26日 18:35:16

ええ〜っ!
東日流外三郡誌は偽書だったんですか。
初めて知りました。
読んだことはないけど、けっこう有名ですよね。
引用されているのは、いくつも読みました。
そういえば、なんとなく嘘くさい感じはしていましたけど、面白そうだったのに。
偽書だったとは残念。

亡くなった知り合いの爺さんは、戸来村でキリストの墓を見たそうです。
みすぼらしい看板があったそうです。笑ってました。
磔になったのは、双子の弟のイスキリだったと書いてあった、と爆笑してました。

そういうスケールの大きい馬鹿な話って楽しいです。

Re - 焼酎太郎 - 2017年01月26日 21:00:59

偽書です。
といいますか、原本はありません。
筆ペンで書いているのでそのまま渡せばすぐバレますから、
コピーしたのを2,3枚ずつ公開していました。
だから門外不出だったのです。

贋作者である和田喜八郎は相当儲けたと思います。
もう死んでしまいましたけど。
自分の目でみなければ信じられない、という方ほど、見て騙されるのですよね。

コメントありがとうございました☆


トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示