「福島原発メルトダウン」広瀬隆

2011年3月11日午後2時46分のことでした。
宮城県牡鹿半島東南東130キロ、太平洋プレートを震源とする巨大地震が発生、それに伴う強い揺れと大津波が東北地方から関東一円を襲い、東日本大震災となって福島第一原子力発電所で「メルトダウン」という深刻な大事故を引き起こしたのです。
「メルトダウン」とは、炉心のウラン燃料が灼熱状態になって溶け落ちることです。覆われている圧力容器や格納容器を溶かして外部に超高濃度の放射性物質をまき散らすのですね。
本書は途中の筆者の言によれば2011年4月27日頃の執筆だそうです。今よりちょうど2カ月前ですね。
そしていま、浜岡原発の停止等、ここに書かれている内容に現実が沿いだしているような印象を受けました。
相当思い切った内容の本ですが、これが事実だとするととんでもないことです。でもその可能性が高いんでしょうね……
メディアリテラシーと言いますが、我々はあまりにも原子力に対して無知に過ぎましたね。
事故直後のメディアの報道をただ見て聴くしかなかった、それを判断するものを何一つ持っていませんでした。
本書の筆者である広瀬隆は昨年「原子炉時限爆弾」という本でこの事態を予言していたらしいです。
そういう本をひとつでも読んでいれば、あのときテレビの前で
「ああ、このハゲカツラ嘘ばっかり言ってやがる」とか「バカ東○電力は何か隠してやがる」とか思考できたかもわかりません。
福島第一原発一号機が1971年に運転開始した40歳の老朽機であること、東電にエンジニアはいないこと(私たちがパソコンを使いながら修理を自分で出来ないのと一緒)など知るよしもなかったですね。
もしも本書に書かれているとおりマグニチュードの改ざんという話も本当なら、これはもう腹の立つどころの話ではありません。そして、体内被曝の恐ろしさ。これはもう、なんとも言いようがないです。パニックになるのを防ぐというのと、真実を隠すということは根本的に違いますよ。著者の考えのまとめは
①30歳以下の人は、福島原発より約250キロメートルを最低限の退避圏として出来るだけ恒久的に移住を考える。
②退避する人々の受け入れ態勢を政府がしっかり考え、国民規模の協力のもと東京電力がそれに専心する
③食品汚染の測定は長期にわたって続け、そのデータを嘘なく公表し、危険性を国民に告知する。
④30歳を超えた人は危険性を自ら判断し人生を選択できるようにしたうえで、農家と漁業者を守るため、放射能汚染食品を食べる。汚染水も飲む。政府は「ただちに健康に影響はない」と言い続ける。
とにかく、毎日の放出される量ではなく、最初の日から累積された絶対量、体内蓄積はもっとも恐ろしいです。
日本全国には現在、54基の原子炉があります。
そして、日本は巨大地震の激動期に入ったと思わざるをえません。
筆者の言う通りなら、IPP(独立系発電事業者)のフル活用、電力の完全自由化と送電線の分離、推定埋蔵量が急激に増えている天然ガスの活用などにより、原子力発電の穴は十分に埋まるらしいです。これからも巨大地震がこれら原発を直撃する可能性は非常に高く、いま日本人は短いタイムリミットで重大な決断を迫られようとしているのです。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示