「応仁の乱」呉座勇一

 日本史上屈指の大乱ながら、高い知名度とは対照的に実態が知られていない「応仁の乱」を深く掘り下げた歴史解説書。
 1467(一死むなしい)とおぼえました、私は。
 あくまでも、日本史の年代暗記タグとしか、知識はありません。
 ああ、京都で起こったことも知ってた。
 それくらい。まったく興味がわいたこともありませんでね。
 これは私だけではないようで、知らなかったのですが、実は応仁の乱を題材にしたNHKの大河ドラマがあって、1994年に放映された「花の乱」というんですが、それまでの歴代最低視聴率を記録したそうです。
 戦国時代が開くきっかけとなった日本史の大事件であるにもかかわらず、なにゆえそれほど注目度が低いのでしょうか。
 それはきっと、わかりにくいからなんだと思います。
 いや、知らず知らずそう思い込んでいるといいますか。
 登場人物なんて、けっこう個性的なキャラが揃っています。
 いかにも悪役の似合う山名宗全とか、ドラマ通り優柔不断な足利将軍とか、奈良の寺の悪徳生臭坊主とか。
 赤沢宗益なんて、乱の後に出てくる人物なんですが、比叡山延暦寺を焼き討ちにしているのですよ。
 私、信長だけかと思っていました。ひょっとしたら、信長が真似をした可能性もあるということですよね。
 しかし、それも本書を読んだからこそわかったことでありまして、なぜか応仁の乱を解説した本書が売れているというニュースを聞かなければ、けっして、応仁の乱には近づくことはなかったと思うんです。

 室町時代末期の1467年から1477年まで、11年間も続いた応仁の乱。
 京都を舞台に、諸守護大名が東西に分かれて戦いました。
 東軍は幕府重鎮の細川勝元(摂津・丹波・讃岐・土佐守護)を首領に、細川成之(阿波・三河)、畠山政長(河内・紀伊・越中)、京極持清(北近江・飛騨・出雲・隠岐)など。
 西軍は新興勢力である山名宗全(但馬・播磨・安芸守護)、畠山義就(山城)、土岐成頼(美濃)、六角行高(近江)などを主力に、後から西国の実力者・大内政弘(周防・長門・豊前・筑前)が加わりました。
 「応仁記」では、両軍の兵力は東軍16万騎、西軍11万騎とも言われています。
 これだけの大戦となると、短期決戦で終わりそうなのですが、参加者の意に反して終わりませんでした。
 市街戦ですが、防御施設が進化して城塞化し、戦線が膠着したためです。うかつに攻め込めないのです。
 となるとゲリラ戦です。この頃から足軽という具足をつけない悪党のようなのが暴れまわり、絵巻物にはゴキブリみたい描かれていますが、こいつらは放火や略奪などをするので、京都の市井は荒廃しました。
 結局、東軍が西軍の補給路を塞いだことが致命的となって、西軍のほうが降伏という形になったのですが、この戦、両軍の首脳が隠居しても終わらず、病気で死んでも(1473年、山名宗全70歳、細川勝元44歳)終わらず、もちろん将軍の和議仲介など屁の河童で、参加した守護大名の意地で続いていたのです。
 この乱の後、京都に住んでいた守護大名たちは、領地のある地方に帰ることになりました。
 幕府の権威は地に落ち、もはや京都にいる値打ちはなく、地元の立て直しが必要となったからです。
 これが、結果的に戦国大名が頻出して天下を争うことになった戦国時代を生むことになるのです。

 元は山名宗全も細川勝元も敵同士ではありませんでした。
 畠山家の内紛に首を突っ込んで、お互いが引くに引けなくなったのです。
 将軍家の跡継ぎの問題も絡んでいます。
 足利義政は子がなかったので、弟の義視に継がせようとしていましたが、そのときになって義尚が生まれてしまったのです。よくある揉め事ですな。豊臣秀吉にも似たようなのがありました。
 結局、義尚が跡継ぎとなったのですが、義視は応仁の乱では西軍に担がれることになります。
 著者は応仁の乱が長引いた原因を畠山政長打倒を目指す畠山義就が、瀬戸内海を挟んで細川と対峙していた大内政弘を巻き込んで徹底抗戦したからだと書いていますが、このあたりの事情は大内はともかく、畠山は複雑です。
 何がこの時代が面倒くさいって、小さな戦乱が起こり過ぎなんですよ。
 だからこんがらがりますし、名前が似たようなのがたくさんいて、名字が同じでも敵味方ですから、ややこしいのです。
 はっきり言って、本書を読んだからといって、応仁の乱のことが半分理解できたとも思えません。
 でも、本書が参考にしている「経覚私要鈔」と「大乗院寺社雑時記」、ふたつとも興福寺の別当が応仁の乱の頃につけていた日記なんですが、これは面白かったです。当時の俗物たる僧侶が、何を考えて何を企んでいたのかよくわかります。奈良は寺社の力が強すぎるので、守護がいませんでした。強いて言えば興福寺が守護みたいなもんでした。武力もありましたし。
 この流れが戦国時代まで続くんだなあと思ったり、そういや筒井順慶の筒井氏はこんなとこから出てきたのかとか、作者も最後にちょっと匂わせてましたが、松永久秀が奈良に入ったのは半ば妖怪化した寺社の連中にとって衝撃だったと思いますね。
 ぜひとも、大河で松永久秀をやってもらいたいもんです。


 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示