「黒薔薇 刑事課強行犯係・神木恭子」二上剛

 第2回本格ミステリーベテラン新人発掘プロジェクトの受賞作です。
 作者は、元大阪府警所轄署の暴力犯担当刑事。
 1949年生まれということは・・・現在60歳代後半でしょうか。
 こういう経歴が目を引いて読んでみようと思ったわけですが、いやあ、読んでビックリ。
 まったく思ってたのと違いました。
 なんと云いますか、元刑事の作者ですからね、警察小説でも人情モノかと思ってたんですよ。
 私の知っている大阪府警の年配の本職の方とかは、鉄砲を撃ちまくる刑事ドラマや映画は嫌いでしたからね。
 冒頭を読むかぎりでは、新米の女性刑事が先輩のオッサン刑事に蔑視されながらも、やがて事件の捜査を通して理解しあい、苦労しながらも事件を解決して大団円めでたしめでたし、というようなハートフルなものかと思いましたが、まるで錯覚でした。
 どう錯覚だったかというと、これ、大阪府警が舞台ではあるのですが。あくまでもただの舞台であり、本作の本性はまるまる犯罪小説です。警察小説なんてとんでもない、根からの悪漢犯罪サスペンスなんですわ。
 悪徳警官が後から後から出て来る。よくまあ、こういうものを書いたなあと。
 巻末で解説の島田荘司さんが、エリートという天衣をまとって東からやってきたキャリア警察官と、ドン底から這い上がる大阪のノンキャリアとの対立の構図を軸とする物語、と書かれておられますが、とてもそんな生易しい構図ではありません。
 だいいち、人が死にすぎますよね。取調中に死んだりするし。
 大阪府警の職員は1万人くらいいるのでしょうか、そのなかでキャリア警察官は10人程度だと思われます。
 キャリアに対してどうこうよりも、この小説には警察に対する憎しみが感じられるような気がしますが、どうでしょうか。

 あらすじ、といっても書きようがない。
 新人にしては面白すぎる作品ですが、この小説の欠点のひとつは筋が複雑すぎることです。
 的が絞れないのですね。
 私も後から思い出してみても、まったく筋が思い浮かびません。
 むしろ、映画にしたほうがいいんじゃないかと思います。
 主人公は、大阪府警長田署の刑事課強行犯係に配属されたばかりの新人女性刑事、神木恭子24歳。
 大部屋のむさ苦しいオッサン刑事にいびられて、もう刑事なんて嫌で嫌で仕方ない。
 折原という30代なかばのゴリラのような主任刑事とコンビを組んでいるのですが、鼻くそが飛んできたりもします。
 交番勤務のほうがよほど楽しかったと思う神木恭子の転機は、3ヶ月前に起きた清掃人材派遣会社社長殺人事件の捜査。恭子は、長田署に身内のトラブルの相談に足繁くやってきていたアル中の老人を構ううちに、この老人の孫娘を連れて逃げた遠縁の男が社長殺人事件に関わっていたことを突き止めるのです。
 まさに、大手柄。さすがの強行犯係のオッサン刑事たちも、恭子を見る目が変わりました。
 しかし、これは複雑怪奇非道な物語の序章にしか過ぎませんでした。
 なんとアル中の老人の家の床下からは、大人3人嬰児4人計7人ぶんの人間の骨が発見されることになるのです。
 いったい、何が起きたのか。殺されたのは誰なのか。
 事件の行方は、元警察官でアルコールに溺れて死んだ恭子の父や、社長殺人事件の捜査本部を指揮していたキャリア警察官の瀬名靖史刑事部長、さらには彼の80歳の父親でいまだに大阪府警に影響を及ぼす“裏警察のボス”と言われる人物まで巻き込み、闇に紛れた秘密を巡って人知れぬ暗闘が繰り広げられることになるのです・・・

 タイトルは「黒薔薇」ですが、これは改題で本当は「砂地に降る雨」というものでした。
 ひょっとしたら、作者が当初描いていた内容とは違ったものになっているかもしれません。
 急遽、焦点を茂美と恭子に当てた、そんな不自然な雰囲気が残っているような気がするからです。
 だいいち、24歳の女性刑事の冒頭とラストでの人格的な変貌ぶりがすごすぎる、という問題があります。
 これはあまりにもやり過ぎではないかと思います。
 そのせいでキャラが死んでしまったのが出てきました。折原とか、弁護士の要とか。
 折原は後半でまったく存在感がなくなりました。義男の足を撃ち抜くまでは、いぶし銀の活躍だったのに。
 人権派の要弁護士は、本当のモデルがいたのだろうと思わせるくらい生々しいキャラクターでしたが、こちらは完全に途中でフェイドアウトしてしまいましたね。どちらも不自然です。おそらくはプロットの変更があったのだと思います。
 面白いことは間違いないのですが、義男が死ぬまでと瀬名親子と恭子の暗闘ではまったく話の雰囲気が違います。私は、義男が死ぬまでが断然面白かったと思いました。後がワーワーし過ぎましたね。


 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (17)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (20)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (16)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (13)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (28)
中間小説 (20)
青春・恋愛小説 (28)
家族小説・ヒューマンドラマ (29)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (17)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (20)
芥川賞受賞作 (18)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (52)
歴史・伝記 (29)
戦史・戦記 (30)
海軍戦史・戦記 (143)
物理・宇宙 (25)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (23)
スポーツ・武術 (22)
探検・旅行記 (19)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示