「クラウドガール」金原ひとみ

 知らなかったんですが、去年、朝日新聞で金原ひとみと綿矢りさが小説を同時連載していたそうです。
 2004年にふたりが芥川賞をW受賞してから、はや13年。
 二度と交わることはなかろうと思っていたふたりの天才女流作家の点と線が、再び相まみえることになりました。
 これについては、朝日新聞GJというほかない。後はまったく駄目だけど。
 私も、芥川賞を受賞した数多の小説家のなかで、このふたりは飛び抜けて特別だと思っています。
 きっと同時連載を企画した方は、同じような想いを持っていたんだと思いました。
 で、私がそのことを知ったのは、ネットのニュースでふたりの対談の記事を見たから。
 作品のネタバレがありそうな内容だったので、表面だけなぞりましたが、デビュー時からふたりの作品を数多く読んできた私には、感無量でした。このふたりがほのぼの語り合うなんてねえ。写真もあったし。金原ひとみは相変わらず正体不明の美しさがありましたし、不世出の美少女作家綿矢りさはおばちゃんになってましたが、相変わらず透明感があって可愛い。
 金原ひとみには9歳と5歳の子供さんがいて、綿矢りさもまた子育て中だそうです。
 綿矢さんはともかく、金原ひとみがお母さんをするとはとても信じられません。
 いや、それどころかこの人が小説を書いているという自体がもう信じられない。
 女流小説家って、どっちかといればダボッとしたファッションでぼさっとした雰囲気でまったりお茶してそうなんですが、金原ひとみはまったく違う。クロームハーツとか着そう。クロームハーツの革ジャン着てバーボンとかラッパ飲みしそう。そんでわけもわからず腹立って小説書いてたノパソとか殴ってぶっ壊しそう。
 だって「蛇にピアス」を書く人だからね。何でもありですよもう。
 というわけで、先に金原ひとみの作品「クラウドガール」を読んでみることにしました。
 もちろん、後日、綿矢さんのも読んでみます。

 簡単に構成。
 6年前に両親が離婚し、2年前には作家だった母親が急死して、姉妹ふたりで暮らしている、姉で20歳の大学生・中城理有と、妹で16歳の高校生・中城杏の物語。
 性格がまったく違う、姉と妹。
 モデルのような派手な外見の杏は、自分勝手でわがままで何もかも姉頼み、学校もろくに行かず不毛な恋愛ばかりしている。対して姉の理有は一見地味、精神を半ば病んでいた母にかわって長らく家事一切を取り仕切っており、実務的で合理性重視なリアリスト。恋愛に対しては臆病。
 このふたりの日常、というか、マレーシアに半年留学していた理有が日本に還ってきてから、杏の彼氏の晴臣や理有が新しく知り合ったカフェのバリスタをしている光也、表参道の美容室の店長の広岡らを交えながら、刻々と変化していく杏と理有の姉妹の関係性を問うヒューマンドラマ。

 変わった人間だった中城エリカという母親の死を通しての、サイコサスペンスとしても読める。
 基本的には、新聞連載ということもあってか、金原ひとみにしては抑え気味。アブノーマル感なし。
 この小説に何か物足りなさを覚えた方は、たぶん、いつものこの作家の過激さがなかったせいでしょう。
 逆にはじめてこの人の小説を読んだ方には、じゅうぶん刺激的だったかもしれませんね。
 おそらくいつもの金原ひとみであったならば、理有は広岡に犯されていただろうと思います。
 新宿で焼き鳥食っただけで終わるわけねえじゃん、金原ひとみの小説が。
 まあそれはおいといて、新聞連載で抑えられたせいかどうかわかりませんが、もうひとつテーマといいますか結局何を書きたかったのがボヤケてしまった、真相がどうだったのかわからなくなったという点も浮き彫りとなりました。
 いつもならば、そんなことを過激さで吹き飛ばせるのですが、そうもいきません。
 まあ、これは仕方ないかな。
 で、母親であるユリカの死の真相なんですが、195ページでしたか、ドキッとしましたねえ、ミステリアスで。
 私も読後にもう一度、関連した箇所をパラパラ読み返してみたのですが、理有が言っていることが正しいと思います。
 もっとも、作者曰く正解はないらしいですけども、「クラウドガール」というタイトルは、突然雲のようなものに覆われてパニック障害を引き起こす杏のことにほかなりません。ということは、杏は雲の中から妄想を引き出した、という見解でいいのではないでしょうか。理有の父とのスカイプはクラウドではありません。わかりながらやっていたことです。


 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (22)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (18)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (53)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (145)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (24)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (20)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示