「赤へ」井上荒野

 第29回(2016年度)柴田錬三郎賞を受賞した短編集です。
 20~30ページほどの短編が十篇。
 私、はじめミステリー小説集かと思って読んでました。井上荒野なのに。
 あまりにも不穏な雰囲気があるのと、読後にザラッとした舌触りが残ったので。
 まあ、読み進めていけば少なくとも作者がミステリー小説を意図したわけではないことがわかるのですが。
 どうして不気味に感じたかというと、それぞれ掲載誌も書かれた年代も違うのに、十篇の物語には共通したテーマみたいなものがあって、そのテーマというのが『死』なんですね。
 それに気づいたとき、ああ、なるほどなあ、と。
 読む姿勢に一本筋が通ったというか、作品の捉え方が理解できました。
 ここに集められている小説たちの中心にあるのは“死”であり、それによって翻弄されたり影響されたりする残された人間の心の動き方を表現した物語なのです。
 相変わらず、運筆がすごいというか小説が巧い。
 プロの作家であることを認識させてくれる、数少ない方のうちのひとりです。
 何が巧いって、余白がいいわ、井上荒野は。
 すべて書いていくのではなくて、すぽんと説明すべきところを抜かしているのですが、その部分を読者は自分で埋めなければなりません。その作業が読み手にとっては醍醐味といいますかね、まあ、面白いわけでして。
 やはり、井上荒野は他とは違うと改めて思いましたねえ。
 実力者です。

「虫の息」
 市立体育館のプールにやってきた、ふたりの老婆。81歳と82歳、太った方はイクちゃんといい、痩せたほうは虫の息と呼ばれていた。若い頃、ふたりはサヨクケイの劇団員だったらしい。やがて騒動を引き起こす彼女たちを、受付でバイトしている大学生の女の子と、彼女に憧れてプール監視員をしている同じ大学の男子の視点から捉える。
「時計」
 19年間秘密にされてきた別荘の秘密。19年前に病気で死んだ双子の妹の死の真相。
 どこが怖いって、十数分間くるっていたという振り子時計の、十数分間のくるいにラストで気づいたのが凄いわ。
 管理していた鈴子はわざと放っていたのではなくて、あまりそこに行きたくなかったのではないですか?

「逃げる」
 赤坂のレストランでウェイターと客という関係で知り合った咲子と広一郎。それ以来2年間不倫関係を続けてきたが、一月前に通り魔事件があって、広一郎の妻が刺殺された。一ヶ月後、連絡をくれた広一郎は・・・
 不倫というのは不倫だから燃えるのです。不倫でなくなれば燃料はありません。しかもこのようなオチでは、ねえ。
「ドア」
 主人公はバーで働いている52歳のゲイ、香津実。元々はひとりで飲みにきていた者たちが、たまたま隣り合ったことで仲良くなってグループとして組成され、カウンターで和やかにやってるようなバー。あるとき、そのグループの一員だった45歳の税理士の音沙汰がふっと消えてしまった。香津実は偶然拾ったハガキを手がかりに、彼の行方を追うが・・・
 おそらく仕事には就いていなかったと思うんですね。
「ボトルシップ」
 小説家の植村さゆりは、いきなり薔薇の花束を持ってきた男性にひるむ。男は衣田といい、さゆりと知り合いだったHの遺言で花束を持ってきたという。さゆりは15年前に癌を克服した。入院していてHに知り合ったという衣田も癌手術を終えたばかりだった。2週間後、衣田はさゆりに再び会いに来る。
 Hからの電話、あれは衣田ですね。
「赤へ」
 42年間暮らした一軒家を売り払い、ミチは高齢者向け介護付きマンションへ引っ越すことになった。娘婿だった庸一郎に車で送ってもらう。娘の深雪が死んで1年。深雪は庸一郎と35歳で結婚し、ミチと同居3年目で自殺した。
 互いを疎ましく思いながらも、死の責を分かち合うふたりだったが・・・
 表題作の出来はすこぶるよし。味わい深い逸品です。
「どこかの庭で」
 引っ越してきたばかりの新築の一軒家には庭があり、織絵はガーデニングに精を出す。庭造りの教科書役は、素人の主婦がやっている庭ブログ。しかし、ブログ主は病に冒され、しだいに更新されなくなってゆく。
 どこかの庭でというタイトル、夫と知らない女性が独立起業しようとしている内容など、すべてが調和した秀逸な作品。
「十三人目の行方不明者」
 6年前に洪水で行方不明になったと思われていた勇介が突如、還ってきた。護は、勇介の妻だったあゆみとすでに付き合っていた。失踪して7年経てば離婚ができる。あと1年というところで・・・なぜ、あいつは還ってきたのか?
「母のこと」
 膵臓がんが見つかった83歳の母。死にたくなくてあらゆる手をつくして闘病した父とは違い、まるで死に寄り添うように、無抵抗で優しく死んでいった母への想い。
 これはこれまでの物語と種類がまったく違うといいますか、作者の随筆でしょうか。
「雨」
 志帆子の中学2年生になる娘の友達が死んだ。噂によれば、イジメを苦に飛び降り自殺したらしい。
 志帆子は偶然、娘のLINEの履歴を見てしまう。そこには、自殺した子を蔑み、けなす言葉が書き連ねられていた。
 ありがちな話をいかにもプロらしい手際でまとめたこの作品が一番好きかもしれません。
 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (22)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (18)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (53)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (145)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (24)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (20)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示