「飛龍天に在り 航空母艦『飛龍』の生涯」碇義朗

 日本海軍を代表する中型航空母艦「飛龍」。
 昭和14年7月5日に竣工してより、支那事変、ハワイ奇襲、南方作戦、インド洋作戦に参加、そして運命のミッドウェー海戦において日本主力の三空母が沈む中、孤軍奮闘して敵「ヨークタウン」と刺し違える形で昭和17年6月6日に沈没するまでを、飛龍乗組員の豊富な証言を元に克明に追った戦記です。

 碇義朗さんの本は他にも読みましたが、これが一番引き込まれたかも。
 ミッドウェー海戦の模様を読むのは、あまりにも情けないのと腹が立つので嫌いだったのですが、初めてじっくりと読むことができました。「赤城」「加賀」「蒼龍」が沈んだ後に、まるで凪というか台風の目のように飛龍が個艦で奮闘していた時間が長かったことに驚きました。12時間くらいあったんですね。私は2,3時間くらいの差で飛龍もやられたのかと思っていました。
 南雲や源田実などエルランゴップ級の知力2程度の愚将のせいで、絶対勝てる戦を負けたのだと思いこんでいましたが、彼らも一生懸命やって不運が重なりすぎて負けたのだとわかりました。まあ、それでもバカには間違いないけど。
 飛龍の艦長である加来止男大佐(第4期航空術学生)も、二航戦司令官の山口多聞少将(海兵40)も、南雲司令部が兵装選択でバタバタしているのを横目で見て「せっかく陸用爆弾を付けたのだからこのまま行ってはどうか」と具申したのは有名な話ですからねえ。でも著者は、仮にその通り行ってても目標を見つけられなかっただろうと書いていましたね。
 索敵が甘すぎたのです。激甘。根本的に舐めすぎていたのだと思います。
 しかしまあ、アメリカが勝てたのはものすごい偶然の重なり具合といいますか・・・
 未来から過去を変えるために操作されたのではないかと思えるくらい、おかしな戦闘です。
 戦争は錯誤(エラー)の連続であると言われますが、これはおかしいでしょ。
 まったく当たらなかったアメリカの航空機の攻撃が急に当たりだしたのはなぜでしょうねえ。
 珊瑚海海戦のときに日本の艦爆隊が間違って敵空母に着艦しそうになったのを教訓として、ミッドウェー作戦を前に日本の空母の甲板には大きな日の丸が描かれるようになって、それがアメリカの艦爆隊の爆撃照準になってしまったそうですが、それだけで技量の未熟なアメリカの急降下爆撃があれだけバシバシ命中するものなんでしょうか。

 たった1隻残り、果敢に第一次、第二次攻撃隊を送り出して米空母「ヨークタウン」を航行不能に追いやった飛龍。
 日本側の空母の中では乗組員のチームワークが抜群で、ダントツに飛行機収容時間が短く、それが戦闘能力の高さに繋がっていたといいます。
 猛将山口多聞司令官を筆頭に、仲間を沈められて憤怒に燃えていたことでしょう。
 それが名指揮官の判断を誤らせたとは思いませんが、結局、第三次攻撃隊の出発を薄暮に遅らせたことで、先に波状攻撃を受けることになってしまいました。この時点で逃げるという選択肢もあったと私は思う。
 攻撃を遅らせるのならば逃げればよかった。どうせ寄せ集めの機体しかないのですから。
 結局、今度は逆にヨークタウンの仇を討たれることになってしまいました。
 飛龍だけを狙ったあれだけの攻撃は避けることはできないでしょう。
 4発の1000ポンド(450キログラム)爆弾が命中したことが、飛龍の命取りになってしまいました。
 日本の空母は、アメリカのように防御飛行甲板ではありません。
 長期戦に備え、米俵をあちこちに積んでいたこともアダになりました。米俵に火がつくとくすぶって消えないのです。
 しかし、本書を読んで一番驚いたのは、上と中はめちゃくちゃにされましたが、実はそれでも底にあった飛龍の8缶あるボイラーのうち5缶は生きていて、28ノットで航行することが可能であり、帰るつもりで機関員も頑張っていたのです。
 それが艦橋と機関室の連絡が遮断されてしまい、機関室の声が届かなかったために、機関室は全滅したもはや飛龍もこれまでと幹部が早合点してしまったというのですね。
 飛龍は内地に帰還できた可能性が高いです。返す返すも無念だねえ。
 今更飛龍が残っていたとしても、いずれやられてはいるでしょうが・・・司令官も艦長も死なずにすんだわけですから。
 死んだと思われて捨てられた機関員は、総員退去後も機関長相宗邦造中佐以下百人近くいたそうです。
 沈没寸前、彼らは脱出しましたが、生き残ってカッターで漂流できたのは39人。
 この後のことは本書に一番登場して証言し、著者が本書を書くきっかけにもなった機関長付の萬代久男少尉さんが丸の別冊に書いているそうですが、彼らには15日間漂流し、3年半の捕虜生活を送るという過酷な運命が待っていたのです。
 決死の出撃をさせた航空隊の後を追うつもりだったのでしょうが、加来さんも多聞さんもちょっと死に急ぎ過ぎましたね。


 
 

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (17)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (20)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (28)
中間小説 (21)
青春・恋愛小説 (30)
家族小説・ヒューマンドラマ (30)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (17)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (52)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (143)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (23)
スポーツ・武術 (22)
探検・旅行記 (19)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示