「宇宙には、だれかいますか?」監修・佐藤勝彦/編集・縣秀彦

 太陽系内の生命探査や系外惑星の発見などで、最近注目されている「アストロバイオロジー」。
 宇宙における生命を研究する、新しい学問です。
 旧来の狭い学問分野ではカバーできない新分野であり、天文学、惑星科学、生物学、地球科学、工学などの分野ですでに活躍していた研究者が参入しています。
 本書は、「アストロバイオロジー」の研究をすでに始めている研究者や、その周辺で宇宙における生命研究に興味を持っている研究者計18人に、地球外生命体、知的生命体に対する考え方など8題の質問への回答を収録したもの。
 8題の質問とは、
 1・研究内容について教えてください。
 2・生命の定義について独自の見解を教えてください。
 3・地球生命はどこからきたのか。
 4・地球外生命体が発見されるのは、どんな所でしょうか。
 5・どうすれば地球外知的生命体を発見できるのでしょうか。
 6・知的生命体が見つかりました。どういうアクションをしますか。
 7・知的生命体がいる世界には、どんな社会があると思いますか。
 8・人類は、太陽系を超えて天の川銀河に広がりうる生命でしょうか。

 まあ、それぞれの回答はおいといて、うーん、人によって色々だねえ。
 みんな科学者なんですが、人間性の地の部分が出ているような回答もあって、なかなか面白いです。
 一昔前ならば、地球外生命体なんてムーの中だけの話でしたからね。
 少なくとも、科学者たるものがその存在を公の場で議論するなんてことはありませんでした。
 それがいまや、知的生命体はともかくとして、地球外生命体の存在を肯定する科学者のなんと多いことか。
 これすべて、地球のあらゆる過酷な場所で新しい生物が発見されたことや、宇宙には地球サイズの岩石惑星がありふれていること、太陽系の惑星や衛星に液体の水があることが明らかになったことなど、科学技術の発展がもたらしたものです。
 つまり、探査技術の進歩によって、正しい姿が明らかになると、地球の外に生命がいてもなんら不思議ではないということがわかったのですね。
 知的生命体は別ですよ。これはいる(いた)でしょうが、我々と出会うには相当確率が低いです。
 知的生命体の社会は、高度な文明を獲得したときに自滅するという説もあります。
 あらゆる問題を抱えた我々の地球が、この先ずっと続いていくとは思えませんね。
 電波を使うようになってからの我々の文明が100年とすると、宇宙の歴史は136億年ですから、136億年のあいだにお互いの100年が重なるということは奇跡ですよね。こう答えた方がいらっしゃって、私も納得しました。
 宇宙が広すぎるのと時間的なズレにより、知的生命体同士が会合することはまずあり得ないということです。
 おそらく天の川銀河においては、知的かどうかはわかりませんが電波を使えるのは地球人だけではないでしょうか。

 知的ではないがバクテリアみたいなのを含めた生命体の場合はどうか。
 これは、ひょっとしたら太陽系で見つかるかもしれません。
 多くの方が生命体発見の候補に挙げているのが、火星の地中、木星の衛星エウロパ、土星の衛星エンケラドスとタイタン。
 火星は過去に地球そっくりの環境であったことが判明。
 エウロパとエンケラドスには、地表の氷の下に海があることが確実視されています。
 数十年後先には、エウロパかエンケラドスの地下海を探査することができるでしょう。
 しかし、本書にも書かれている方がいますが、生命は海だけでは発生しないという考えもあります。
 陸地がなければ、タンパク質の合成に不可欠な乾燥が行えないというのです。
 そういえば前に読んだ本では、海からほど近い温泉のような場所が生命誕生の現場ではないか、みたいなことが書かれていたのを覚えています。
 科学者の間でも、意見は分かれているようですね。
 しかしまあ、いなくても仕方ないからエウロパ探査の頃までは生きてその結果を知りたいなあ。
 せっかくこの時代に生まれてきたのだから、地球外生命体の存在を確認して死にたいですわ。
 そうそう、本書で初めて知ったのですが、1990年代半ばに、NASAが火星由来の隕石にバクテリアのようなチューブ状の構造物を発見したと発表したことがあったでしょ、写真は多くの方が一度は見たことがあると思いますが・・・
 あれ、結局は生物ではなかったんですってね。これ読むまでまだ決着がついていないのかと思ってました。
 残念(T_T)


 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (13)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (148)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (37)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示