「ウォッチメイカー」ジェフリー・ディーヴァー

リンカーンライムシリーズ第7弾は「ウォッチメイカー」(時計師)です。
時計師という言葉は日本人にはあまり馴染みませんね。時計技師とか時計職人っていうでしょ。
たぶんウォッチメイカー、時計師という言葉は時計という文明精密機械に対して造詣の深い西欧のボキャブラリィでしょう。
本作中に少しありますが、昔は西欧において時計を作る技術者の社会的地位は驚くほど高かったらしいです。
そして文明の進歩の根幹を担ったと云っても過言ではない「ウォッチメイカー」というニックネームをおしいただいたのが今回の「敵」なのです。犯罪を創ること計画すること実行すること、時計の如く精緻で正確なのです。

ローランド・ベルはまた休暇です(行先は言わずもがな)。ライムの自宅兼研究室の新しいメンバーは、前作の「12番目のカード」(カテゴリー海外ミステリー参照)で大けがを負った若手警官ロナルド・プラスキーと、ハバニーズという種類の小型犬ジャクソン。ゲストはジョージクルーニー似のニューヨーク市警警部補デニス・ベイカーと、別シリーズの主人公となるカリフォルニア州捜査局捜査官で尋問、キネシクス(証人や容疑者の仕草や言葉遣いを観察し分析する科学)のエキスパート、キャサリン・ダンス。
そして懐かしいシリーズ初作「ボーンコレクター」のラストの母娘が再登場するわけですが……
今回はおどろおどろしいウォッチメイカー事件を発端として、アメリア・サックスの統括する事件、アメリアの父であるハーマン・サックスが関わっていた汚職事件、またシリーズの根底で秘かに進行していたテロの脅威が絡み合い、いつにもまして複雑で読みごたえのあるストーリーが構築されています。二段組でびっしりと。
作者は9・11を挟んだ世界をビフォア・アンド・アフターという言葉で表わしています。殺人事件という表面的な恐怖と、テロという合衆国の根底的な恐怖、この階層の異なるふたつに、警察官の汚職というエッセンスを加えて、天才ストーリーテラーの作者が料理したのですね。ですから、慎重に吟味しなければ面白さは半減します。
なにしろどんでん返しの連続、後半はジェットコースターみたくストーリーにしがみついていなければ、振り落とされてしまいます。隠し味のキャサリン・ダンスとライムのキネシクスVS科学捜査は物語の魅せどころですし、面白いですが、なにせウォッチメイカーの精密な犯行計画は、いくつもの動機を重ねてその層の下に真の動機を隠しているものですから、いくつもの平行している事象を把握していなければなりません。
ですから、本作はシリーズ最高傑作と云われていますが、心して読まなければならない難しいミステリーですよ。
もちろんウォッチメイカーがシリーズ最高の強敵であり、キャサリン・ダンスも助勢した捜査陣との対決はシリーズ最高のスリルであることに異議はありませんが。
このシリーズはどういう決着をみるのか気になるところではありますね。
パミー・ウィロビーはたぶんまた再登場しそうだし、カリフォルニアに逃げたと思われるチャールズ・ヴェスパシアン・へイルは今後どう関わってくるのか、シリーズのジョーカーとなるのでしょうか。
そしてライムの身体は回復するのか。本作では右手の指と手首の感覚が復活しています。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示