「夜が明けたら」小松左京

この前も書いたんですが、小松左京氏が亡くなられました。
本書の巻末に編集者との特別対談が載っているんですが、編集者が面白かった小松左京作品の題名をだすと「それ、どんな話だったかな」とか(笑)、自分で書いてるくせに「あれは嫌な話だったなぁ」とか、あんがいとぼけた面白いおっさんだったんだなと思いました。顔はちょっと厳しそうですけどね。
角川のハルキ文庫が氏の膨大な短編の中から名作を選抜して、宇宙SFモノ、SFミステリモノなど8巻刊行しています。本作はその第8巻目で、“恐怖SFモノ”の名作短編集です。まあ、ホラーですね。
作品は全部で17篇ですが、うち3篇は「霧が晴れた時」(カテゴリー・ホラー短編集)と被っていました。

夜が明けたら」地震、謎の電気ショートによって動力をなくした人々が夜明けを待って集う。そこで明かされた驚くべき異変。
「空飛ぶ窓」なぜその窓は片方からは南国の海岸で、もう片方からは瞑すべし宇宙空間が見えるのか、その構想が美しいです。
「海の森」作業ダイバーを襲うものはいったい!?海底の墓場で眠っているものは…
「ツウ・ペア」洗練されたオカルティックミステリー。ちょっと話を大げさにしすぎたかな。
「真夜中の視聴者」ジブリにありそうな話です。宅地造成の盛んだった高度成長時代らしい新旧交代なオカルト。
「葎生の宿」「葎生(むぐらふ)と読みます。もっとシンプルにしたほうが怖いですが、これが作者の意図でしょうか。
「秘密」「保護鳥」再読。「霧が晴れた時」(カテゴリー・ホラー短編集参照)
「安置所の碁打ち」発想が斬新で面白い。
「兇暴な口」自分の体を切って食い、それを糞として排泄したらどんな気がするでしょうか?ハンニバル・レクターを思い出しました。
「沼」沼って怖いですよね。湖でもないため池でもない、「沼」だから怖い話。
「猫の首」ある朝、門柱の上に子猫の生首が…誰の仕業か!?人類と肩を並べるまでに進化した“ある種族”の復讐とその正体。作者曰く嫌な話、私も同感。
「腐蝕」夜中に抜け出す妻はいったいどこへ?この結末は予想出来ません。
「青ひげと鬼」染色体数の違う「新人類」はどう繁殖するのか?カマキリですか。
「牛の首」こんな怖い話は聞いたことがありません((+_+))
「黄色い泉」再読。「霧が晴れた時」(カテゴリー・ホラー短編集参照)
「怨霊の国」一番きっちりとした恐怖オカルト作品。「あの世」と「この世」を繋ぐもの…

以上17篇、甲乙つけがたいですが、私的に一番は「ツウ・ペア」でしょうか。
ラストは少し凝りすぎた感じでしつこくなっていますが、プロットは素晴らしいと思いました。怖いです。
たぶん普通の怪談で怖がらすのはSF作家たる小松左京のプライドが許さないのでしょう。他の作品読んでもそう感じることが多いですね。だから、ファンタジックにひねってみたりして、そこが読者はどう思うかでしょうね。
その一方で、「牛の首」はこんな恐ろしいのは聞いたことも読んだこともありませんでした。
これからも聞くことはないと思います。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示