「ラッシュライフ」伊坂幸太郎

むむむ・・・
気合いを入れて一気に読めばもう少しわかりやすかったかもしれません。
あ、ここ引っかかるなぁと思ったらもう一度読み返してみるとかね。

表紙に使われているエッシャーのだまし絵がこの作品のテーマになっています。
仙台に向かって移動している金持ちの画商と画家、
ニヒルな泥棒と大学の同級生、
新興宗教の若手入信者と幹部、
心理カウンセラーの女性と不倫相手のJリーガー、
会社を解雇された中年男性と老犬、
この5つの物語が時間を錯綜させて交り合い、終盤になって全体が俯瞰できる構成になっています。
それぞれの物語に出てくる脇役たち、たとえば黒澤の同業者や豊田を襲う不良少年とかも絶妙に他の物語に絡んでくるので、さっと読んだだけではわからないかもしれません。
1ページ目の戸田の持っている新聞の見出し、これもおろそかに出来ません(笑)中の物語の結末が書いてあります。ただし、作者は気付かせないように物語を進めているのです。エッシャーの絵の中で矛盾した城の階段をのぼる兵士のようにね。登場人物、そして読者も気付かないまま階段をのぼるのです。
私も3分の1くらいわかっていません。謎のところがあります。
ただし、現在進行形、つまりこの現実の1日の時間軸は、画商と画家(戸田と志奈子)、無職男性(豊田)と老犬が軸として動いているようです。これでだいぶわかりやすくなります。
ただし、また読み直さなくてはならないですね。

なお、ある会話に出てくる案山子をみた男は前作、「オーデュボンの祈り」の主人公ですね、今回も舞台は仙台です。伊坂幸太郎氏、仙台在住だったのですね。どおりで・・JFLが2部リーグだったころの国内サッカーとかのネタが出てきたときは、なるほどと思いました。あの頃はブランメル仙台、今のベガルタ仙台を応援しているのでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示