「マスカレード・ホテル」東野圭吾

「ホテルに来る人々は、お客様という仮面を被っている。ホテルマンはお客様の素顔を想像しつつも、その仮面を尊重しなければならない。決して剥がそうと思ってはならない。ある意味お客様は、仮面舞踏会を楽しむためにホテルに来ているのだ」
タイトルのマスカレードとは、仮面舞踏会や仮装などのことです。
なるほどなあ、と。確かにそうかもしれません。
そして、全編を通じて一貫した「マスカレード」な物語なのですよ。
ホテル物語、みたいなところもありますけどね。「姉さん、事件です!」って昔やってたドラマ、高嶋政伸のやつ、あれをものすごく思いだしました。
もちろん、ミステリーとしてもなかなか手の込んだ工夫がありました。
そしてこの人は、読み手が気付いた矛盾を次々と消し去ってくれるので、ありがたいです。
こうやって殺した方が楽じゃん?、と思えばすかさず作者がその難点を明かしてくる、みたいな感じですね。
私は、個人的に東野圭吾の作品は「パラドックス13」や「パラレルワールドラブストーリー」「秘密」などのファンタジック系が好きなんですが、本作もなかなか、最近にしては良かったと思いますね。

山岸尚美は高級ホテル「コルテシア東京」のフロントクラークです。
ある日、総支配人を含む会議に呼び出された彼女は、ある役目を仰せつかることになります。
それは、ある事件の捜査が目的で、このホテルに潜入することになる警察の捜査員のバックアップでした。
ベルボーイ、ハウスキーパー、そしてフロントクラークに捜査員は「化ける」のですが、尚美が担当するのは、新田浩介という30歳半ばの少し鼻もちならない、プライドの高そうな警部補です。
案の定、ことあるごとにふたりは衝突するのですが、やがてお互いの強いプロ意識を認め合うようになります。
どうして、捜査員がホテルに潜入しなければならないのか?
それは、都内で発生した三件の連続殺人事件との関連でした。事件現場に残されていた“謎の数字”とは、「次の殺人事件発生場所」を示すものだったのです。そして未発の四件目が「コルテシア東京」の住所であったのです。
誰が怪しいのかさえ定かでない、雲をつかむようなホテル内の捜査。
物語は後半、一気にエスカレートし、思わぬ展開で、連続殺人事件のカラクリが明らかになります。
事件の黒幕である「x4」とは誰なのか、それはすでに登場している人物であったりする!?
驚くべき真犯人の正体に愕然と納得が必至のラストでした。

「マスカレード賞」はぜひとも、能勢刑事に進呈したいと思います(笑)

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示