「蛇行する川のほとり」恩田陸

蓮見毬子は高校1年生。
ある日、美術部の先輩である九瀬香澄から、もう一人の先輩である斎藤芳野とともに、夏休みの合宿に誘われるのです。夏の終わりに野外音楽堂で行われる演劇祭の大きな舞台背景を、美術部が描くことになっていたからです。
場所は、香澄の家。そこは「船着場にある家」と呼ばれ、ゆったりと流れる川のほとりにありました。香澄は高校入学と同時に引っ越してきたのでした。
毬子にとって、香澄は憧れの先輩です。同じようにもう一人の先輩で、香澄とコンビである芳野も美しい少女でした。毬子は誘われたことに有頂天になり、9日間に及ぶ合宿に一も二もなく参加を決めます。
ところが……
終業式の日の帰り道、いきなりナイフのような雰囲気をもった少年から「香澄に近づくな」と脅され、親友である真魚子からは「あの2人(香澄と芳野)は何か企んでいる」と警告を受けるのです。
そして、自宅の庭に干していたシーツの隙間に現れた謎の灰色の仮面。
実は、10年以上前、毬子は「船着場のある家」で遊んでいたことがあるのです。
黄昏の光の中でゆっくりと揺れるブランコ、揺れるハルジョオン。そしてカズコという名の女の子。
10年前の事件。ボートの中で殺されていた女性の死体、同じ日に野外音楽堂で事故死した子供。
ひと夏の合宿で、禁断の過去は明らかになるのでしょうか。どうして、毬子は合宿に誘われたのか?仮面は?
恩田陸の独特な世界でゆっくり蛇行しつつ進む、らしさ満点の青春ミステリーです。

うーん、野外音楽堂でのネタばれは、いまいちでしたが、終章の香澄の独白が良かったので、読後の余韻はすっきりしたものになりました。まあ、ちょっと切なさなんかも残ったりした感じで。
前にもどっかに書きましたが、恩田陸にミステリーのディテールを求めてはいけません、彼女には作品の雰囲気を楽しませてもらうべきです。黄昏のハルジョオンとか。ちなみにハルジョオンはこれです。
1章が毬子、2章が芳野、3章が真魚子、終章が香澄という視点語り手の交替も成功でしたね。
ちょっと百合(GL)ぽい雰囲気で、登場する男子が劇画チックなのも、いやらしくなくて、物語上適度でした。
あとロケーションですが、この作家はよく実在の場所を物語の中で描いたりするのですが、ここはどこなんでしょうねえ。ヨーロッパみたいな感じもするところですが、具体的なモデル地はないのかな?
理瀬シリーズもそうですが、こういったロケーションとキャスト使うと、恩田陸はやはりいいですね。
それと、あまり意味なく忘れられがちな仮面の正体ですが、暁臣で間違いないと思います。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示