「初陣 隠蔽捜査3.5」今野敏

 隠蔽捜査シリーズのスピンオフ。
 シリーズ主人公である警察庁キャリア・竜崎伸也の同期であり幼なじみの、伊丹俊太郎警視庁刑事部長の物語です。
 長編ではありません、サクッと読めるボリュームの独立した短編が8篇ほど。
 伊丹が警視庁に異動になる前の話をスタートとして、時系列に並んでいるのですが、中には本編の裏話的なエピソードもありまして、シリーズファンにとって思わずニヤッとしてしまうようなところもあります。
 シリーズ第3作「疑心」を忘れている方は、本作を読む前にもう一度目を通されたほうがよろしいかと・・・
 だいたいすべての物語に通底しているのは、けっして親しいわけではない伊丹と竜崎ですが、竜崎の側はともかくとして、伊丹のほうは何かトラブルがあるたびに、竜崎の意見に助けられているということです。
 東大法学部ではなく私立大卒ということで、キャリア官僚としては反主流派である伊丹。
 しかしそれで開き直っているわけではなく、けっこう自意識が強いというか気が弱いというか心配性の彼は、マスコミでも捜査本部でも明るく振る舞う現場主義の刑事部長を、実は演じているのです。
 それ故の歪みが悩みを生むのでしょうね。
 一方の竜崎は、原理原則の人だから裏表がなく、まず間違ったことを言わない。こう言えばこうとはっきりと応えが返ってくる。
 だから伊丹も、知らず知らずのうちに思わず頼ってしまうのかもしれませんね。
 しかし「疑心」の色仕掛け作戦には思わず笑ってしまいましたが・・・
 まあ、全編通じてけっこう面白かったと思います。本作を読むことで竜崎と伊丹の関係が鮮明になりましたし。

「指揮」
 警視庁に異動になる前、伊丹は3年間、福島県県警本部の刑事部長をしていた。
 福島県警本部は、他では見られない独特の雰囲気がある。いまだに警察組織は薩長閥が派閥を効かしているが、鹿児島や山口出身の警察官僚は、福島では冷遇される。庶民派、現場主義という伊丹のスタイルは福島で確立されたが、警視庁に異動が決まり、後任者が到着する前日に、いわき市で変死体が発見される。
 立ち上がった捜査本部で、後任の刑事部長となる官僚と引き継ぎを行うが、彼は山口県出身で反現場主義だった。
「初陣」
 警視庁の刑事部長に着任した伊丹。一地方組織といっても、やはり警視庁は特殊である。
 捜査力も予算も装備も他府県県警の群を抜く。刑事部長室にも独特の威圧感があった。
 そこに、広報室長から警察庁長官官房総務課長に出世した竜崎から電話がかかってくる。
 いま、世間では警察組織の裏金作りが問題になっていた。国会でも野党議員が質問に立つという。
 長官の答弁書を作るのは竜崎である。竜崎はその参考として地方警察の裏金プールの実際を、伊丹に聞くために連絡してきたのだ。これは竜崎の“初陣”である。一方、伊丹は禁忌とでもいうべき問題を、あけすけに聞いてくる竜崎に対して言葉が詰まる。
「休暇」
 伊丹は激務を縫って2泊3日の温泉旅行に出掛ける。妻とは別居しているために、ひとりだ。
 地方の県警本部長などには、任期中は決して県外に旅行しない人々もいるし、いつ呼び出しがあるかわからないので、好きなゴルフをやめる者もいる。もちろん、快活で細かいことにこだわらない男を演じているだけで、実は気の小さい伊丹は、周囲のコンセンサスを気にする。今回もクドいほど部下に説明をし、行き先もハッキリさせて伊香保温泉まで来た。
 ところがこういう時には、必ず事件が起きる。
 温泉にゆっくり浸かり、ビールをしこたま飲んだところで携帯が鳴った。
 大森署管内で殺人事件だという。大森署には今は“アイツ”がいる。
「懲戒」
 警視庁捜査二課の刑事が、選挙違反のもみ消しをはかった。
 その刑事は、伊丹が捜査一課の管理官の頃、担当していた係におり、顔なじみで酒も飲む間柄だった。
 人事を司る警務部は、伊丹の意見を参考にして処分するという。公職選挙法違反は判断が極めて難しい。
 そこに与党の大物議員から伊丹に昼食の誘いがかかった。伊丹は竜崎に連絡して判断を仰ぐ。
「病欠」
 伊丹はインフルエンザに罹患した。厚生課にしつこく予防注射を勧められながら、忙しくて無視していたのだ。
 高熱に悪寒、体の節々が痛んで今にも布団に潜って横になりたい。そこに荏原署管内で殺人事件が発生する。
 そしてなんと荏原署もインフルエンザの多くの捜査員が罹患しており、捜査本部が立たないという。
 同じ第2方面本部の所轄でもインフルエンザが流行しており、応援のメドもたたない。
 しかし、なぜか竜崎率いる大森署だけは、インフルエンザが流行していない(戸高以外w)というのだ。なぜ?
「冤罪」
 碑文谷署で、連続放火事件に絡む誤認逮捕と思われる案件が発生した。
 第一容疑者は、目撃者の通報により逮捕されたものの、全否認。後に放火未遂の現行犯で捕まった第2容疑者は、以前の放火事件をすべて自供した。冤罪は最近の世論では、真っ先に叩かれる。
 怒りに震えて怒鳴り込みにくる検察官。先に碑文谷署に急行した伊丹は、ひとりの刑事が第一容疑者の犯行を強硬に主張していることを知り、竜崎に相談する。
「試練」
 シリーズ第3作「疑心」の裏話。本編とリンクしています。
 アメリカ大統領の警備で重責を担わされた竜崎は、伊丹に頼んで警視庁の警務部長に面会を請うのです。
 何かと竜崎に世話になっている伊丹は「わかった、俺に任せろ」と言うのですが・・・
 警務部長は藤本実という50歳で、階級は警視監(伊丹のひとつ上)、入庁は3期上のキャリアでした。
 そこで藤本警務部長は、伊丹に驚くべき作戦を明かすのです。
 藤本は変人の評判名高い竜崎に色仕掛けを試みるのです。畠山美奈子。美人の女性キャリアを、警備本部の竜崎の秘書官として付けるというのです。もちろん畠山美奈子はこの目論見を知りませんが、彼女は以前に研修で関わった竜崎に好意を持っていました。伊丹としては竜崎に唐変木を通してほしいと願いますが、いかな竜崎でも惑わずにはいられないほどの美女。読んでいる途中で、「そういや、竜崎は恋に落ちて伊丹に相談していたな」と思い出しました瞬間に、爆笑。そういうことだったのですね。
「静観」
 竜崎が面倒な立場に置かれているという。
 大森署で、事故死と断定した事件が実は他殺。さらに大森署で、交通課係員が事故処理の際に運転手とトラブルを起こし、訴えられそうになっている。もうひとつ大森署で、捜査員が地取りの途中に真犯人を取り逃がすという失態。じつに3つの不祥事が大森署を襲っていた。
 しかも、刑事部長である伊丹の元まで報告は来なかった。方面本部で止まっていたのである。
 なぜかというと、竜崎が憎い第2方面本部管理官の野間崎が、ここぞとばかりに竜崎の追い落としを狙い、竜崎と仲の良いと見られている伊丹に不祥事を握りつぶされるのを恐れたのである。
 しかし伊丹が対処の策を練ろうと訪れた大森書で、竜崎は平然としていた。
 不祥事だとも思っていない。彼は事態を静観していた。
 
 伊丹は竜崎と野間崎に一席設けるのですが、はたしてどうなるのか・・・


 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示