「インシテミル」米澤穂信

「インシテミル」=INCITE MILLは暴力などを扇動する場所、とでも訳すのでしょうか。
米澤穂信(よねざわほずみ)の小説を読んだのはたぶん初めてです。映画になりましたよね。
だから興味を持って読んでみました。本書自体は2007年に刊行された作品です。
たしかに、映画になりそうな、エンタメ受けするような作品でした。

色んなものを思い出しました。昨日観たライアーゲームとか(笑)
バトルロワイヤルとか、貴志祐介のクリムゾンの迷宮とかですね。
あるいはアガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」も頭をよぎらないわけにはいきません。
クローズドサークル、密閉された空間で人がだんだんと殺されていく作品は、読んでいてスリリングで次の展開が気になるためにページをめくるペースも速くなります。ストーリーが簡単かつ面白いから、たくさんの作家が何作もの作品を残しているんでしょう。
本作でも、「どうしてこんな実験をやらされるんだろ?」という疑問が浮かんで当然なんですが、冒頭の”時給11万2000円のアルバイトに応募した変わり者たち”の物語なのでもう道徳や倫理や黒幕などどうでもよくなってくるので不思議ですね。
「性別年齢不問。1週間の短期バイト。ある人文科学的実験の被験者。1日あたりの拘束時間は24時間。人権に配慮したうえで24時間の観察を行う。期間は7日間。実験の純粋性を保つため、外部からは隔離する。拘束時間にはすべて時給を払う。時給1120百円」
求人雑誌に掲載された記事のもと、12人の人間が集まります。
主人公的存在の学生・結城理久彦、令嬢・須和名祥子ほか40歳近いおっさんや、中性的な美貌の青年、弁当屋の女主人、中には恋人同士のもの、全員が収容されたのは「暗鬼館」という地下の施設。
様々なルールが「主催者」側から説明されます。人を殺せば報酬2倍、殺されれば報酬1,2倍、犯人を言い当てた者には報酬3倍など。そして各自には一つずつ武器が与えられます。しかも宿泊するプライベートルームには鍵がかからないどころか、あちこちにスパイカメラが。建物内にはガードと呼ばれる警備ロボットがうろついたり、下界に逃げられる隠し通路の存在も・・・謎のオンパレード。
とはいえ比較的平穏にスタートした実験生活だったのですが、三日目に犠牲者の姿が発見され、集団の空気は一気に緊迫感を増していきます。そしてまた次の殺人が・・・
誰が殺人者なのか、特に誰がどんな武器を持っているのかに没頭しているかぎり楽しい物語ですが、その背景や主催者のことを考えると冷めてしまうので注意が必要です。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示