「舞台」西可奈子

 皆に笑われたくないから、引かれたくないから、排除されたくないから。
 「正解」のなかに、いたいんだ。
 そして、そういうことを延々と考え続け、社会から押し付けられてきた結果、
 俺たちには「ありのまま」なんて、なくなったのだ。
 誰もが皆、この世界という舞台で、それぞれの役割を演じている。
 そのことに少なからず、疲弊している。だがやめることは出来ない。
 舞台は続いていくのだ。


 ものすごく自意識過剰な、葉太。
 太宰治の「人間失格」の主人公である葉蔵(彼も相当気持ち悪いが)を、我がことのように共感できるという。
 有名な小説家を父に持つ金持ちのボンボンのひとりっ子であり、女性にもモテる彼ではあるが、強い羞恥心と、後悔、自責の念で生きている。子供の頃から彼は、ことさら目立ってはいけないし、いじめられるほど地味でもいけない、適度な「自分」を演じ続けている。要は、人の目が気になって仕方ないのである。
 父がなくなった葉太は、29歳にして初めて海外旅行に出かける。一人旅の行き先はニューヨーク。
 成り行きで入った「なんとかDINER」のまずいブレックファストとまばらな客に孤独を煽られながらも、彼は自分がどういう風に見られているか気になって仕方がない。
 タイムズスクエア、MoMA、グラウンドゼロ・・・“おのぼりさん”に見られることなく、ニューヨークに地に足をつけて観光するつもりだった葉太は、しかし、滞在型アパートメントホテルに荷を解いて束の間、初日にしてセントラルパークで盗難に遭ってしまう。財布、パスポート、航空チケット、クレカ、スーツケースの鍵などいっさいがっさいが入ったメッセンジャーバッグを、おおぜいの人間の目の前で、白人の男に奪われたのだ。
 その瞬間、自分史上最も強大な恥の意識に襲われた葉太は、泥棒を追いかけることもせず、ただ笑っていた。
 観光初日に盗難にあったことが恥ずかしいばかりに、領事館にも行けなかった。
 残されたのは、開かないスーツケースと、わずかの現金。
 はたして葉太は、このピンチにありのままの自分をさらけだすことができるのだろうか!?
 それとも、ニューヨークに来て、憧れのセントラルパークに行って、観光初日にすべてを盗まれ、わずかな所持金しかない男を演じ続けるのか・・・

 導入は間抜けな旅日記かと思いましたが、行き着く方向は、文学的。
 だから私の見立てでは、ジャンルは中間小説。もろ文学寄り。
 葉太に見える亡霊の正体はなんだろうね。
 おそらく、「見られているつもりになっている」自意識へのメタファーなんでしょうね。
 実際は、葉太のことなんて他人は気にしていないのに、自分は気にされていると思っているという。
 まあ、誰にでも多かれ少なかれ自意識はありますよ。
 たとえばレストランで、ひとつの大きな集団のなかで自分ひとりだけ異分子のようにメシを食うとわかります。
 私なんかは、人生のほとんどが単独行動にできてるので、こんなことがよくあります。
 すると、ひとりだけ知らない奴が混じっているので、周りの人間が自分のことを気にするのが肌でわかります。
 それがいたたまれないのであれば、自意識が強いということなんでしょう。
 だけどそこでさすがに鼻くそほじったりできる人はいないでしょ。それができるなら自意識がないということです。
 自意識がない人間はずいぶん人生が楽だろうと思いますが、なければないで困るものでもあります。
 でも自意識が強すぎる人間は、生きていくのは辛いでしょう。人間関係も大変だと思います。
 ちょうどいいところはどこか? この小説の行き着く先は、結局それへの冒険だと思うんですね。

 さて、西加奈子さん。ぱっと見、アフリカ雑貨店の店長のような方。作家には見えません。
 コテコテの大阪人ですが、どこか中東のほうで生まれた方だったと思います。おそらく親の仕事の関係でしょうね。
 ひょっとしたら、ニューヨークに住んだ経験もあったりして。
 関空からニューヨーク直行便は、私の知っているかぎり、ずいぶん前になくなったはずです。
 確かアエロフロートやBAが関空を撤退した時期に重なっていたと思うんですけど。
 だから、成田かもしくはTG(タイインター)のロス行きやAA(アメリカン航空)のダラスとかでトランジットしてたんじゃないかな。いや、UAもあったかロス便。それだけ、需要がなかったんですね。関西人にとってNYは。
 今は知りませんよ。そもそもタイ国際航空はもう関空から以遠権でロスまで飛んでいないでしょうしね。
 まあ、私的には、実はものすごく大阪とニューヨークはマッチしていると思います。
 

 
 
 

 
 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示