「ストロベリーナイト」誉田哲也

 今やテレビドラマでも人気の姫川玲子シリーズの第一作目です。
 根が天邪鬼ながら大衆迎合的にできてる私は、人気のシリーズというのはすぐ飛びつくかほっておくかのどちらかです。
 これの場合は、活字中毒仲間で猫仲間でもあり鼻毛が一年中飛び出ている友人の郵便局員Hに、「絶対読め、損はしない」と前々から強く薦められていたことが仇となり、積んでおくことすらなく無視していました。
 もちろん、テレビドラマも観ていません。
 姫川玲子の役が、竹内結子であるというのは知っていましたけど。
 本作の巻末にある解説を読むと、作者の誉田哲也は、主人公の姫川玲子をリングの頃の松嶋菜々子をイメージして書いたそうです。リングの頃ってのがミソかと思いましたが、松嶋菜々子ってNHKのひまわりのときからずっとそんな変わってないですよね。自分のルックスに自信があるかどうかはともかく、まあ、背が高くて、スタイルはいい。警視庁捜査一課の刑事に絶対にいないとも言い切れない。少なくとも、竹内結子よりは姫川玲子らしいとは思いますが・・・
 うーん。まだ一作目なのでよくわかりませんが、姫川ってけっこうコケティッシュですよね。
 とんでもなく悲惨な経験が過去にあり、生き馬の目を抜く警視庁捜査一課で主任警部補を張るほどの女性捜査官というと、口数が少なくてちょっと影のあるタフな女性をイメージしがちですが、彼女はまったくそんなことを感じさせません。
 むしろ男勝りの逆で、一足飛びに直感で結果を出すという、いかにも女性らしい操作手法が特徴です。
 同じ捜査一課十係の同僚の主任警部補であり、姫川の天敵である日下守なんかは状況、物証、自供を徹底的に重視し、捜査マニュアル通りの慎重な捜査を信条としていますが、姫川はまったく逆です。直感勝負です。
 だから、とんでもない手柄を素早く立てることもあれば、ひたすらドジることもあるのではないでしょうか。
 なんだかかわいい(≧∇≦)/ 姫川の部下で、姫川に惚れている菊田に対しても、まんざらでもありませんしねえ。
 同じように姫川のファンである所轄の刑事、井岡博満に対しても、つっけんどんで鼻に割り箸を突き刺したりこそしますが、いなし方に慣れを感じます。このへんが、一課内公安と呼ばれ情報戦のプロ集団である5係主任警部補・勝俣健作に、インチキ美人(笑)と陰口を叩かれる理由かもしれませんねえ。やはり、警察という巨大組織の警部補であることを人生の寄る辺としているように、自分が美人であることを意識しているのでしょうか。

 簡単に初弾のあらすじ。
 いきなり、導入はグロ。うんこプレイ。読むのやめようと思ったくらい。
 しかし、これがあってこそ、全体にメリハリが効いた傑作サスペンスに仕上がったのだと思います。
 結局、この父親の支配から解放され、破滅を回避した人物の正体が、物語の核のミステリーになっていくのです。
 で、姫川パートに移りますが、亀有の公園でブルーシートにす巻きされた男性の遺体が発見される事件発生。
 姫川玲子率いる姫川班が臨場。姫川は警視庁捜査一課殺人犯捜査十係主任警部補、29歳。女子大卒業後、ノンキャリアでありながら異例の27歳で警部補に昇進した女性刑事。背が高くて、美人。埼玉県浦和出身。
 姫川班は、おとなしく地味な石倉保巡査部長47歳(たもっつぁん)を最年長に、菊田和男巡査部長32歳(姫川に惚れている)、大塚真ニ巡査27歳、湯田康平巡査26歳。今回は、所轄の刑事である井岡博満も加わります。
 亀有署に帳場が立ち、死体が遺棄された場所にさっそく疑問を抱いた姫川は、得意の直感で近くのドブ池の水中捜索を強硬に提案。そしてなんと、同じようにブルーシートです巻きにされた死体が、水底から発見されたのです。
 ここにきて、事件は意外にも水元公園連続死体遺棄事件という様相を呈してきました。
 被害者の身元は、事務機器リース会社の営業マンと広告代理店の売れっ子クリエイター。体中に拷問を受けて首の頸動脈を断ち切られている点に関しては同じでしたが、ふたりに社会的な繋がりはまったくありませんでした。
 この時点で、まったくの五里霧中。先がどう展開するのかドキドキ・ワクワクのミステリー。
 ひとつひとつ事件の謎が解き明かされはじめると、意外極まりない展開に。
 アンダーグラウンドの殺人ショー“ストロベリーナイト”に引き寄せられていく、姫川ら捜査員たち。
 そこには、危険極まりない罠が待っていた・・・

 面白かったね、あんがい。
 素直に、もっと早く読んでいればよかったです。いつもこう思う。
 書き忘れるところでしたが、姫川が池を捜索するきっかけとなった、ネプレリアフォーレリという寄生アメーバ事件は、日本で本当に起こった事件です。本作ではその2件目が都内で発生したことになっていますが、これはフィクションで、実際には佐賀だったかな? 1990年代に若い女性が亡くなった事例一件だけが日本国内で発生しています。
 ネプレリアフォーレリは淡水に住むアメーバで、これが人間の鼻から脳に入り、最後は脳が溶けて死ぬという恐ろしい病気です。これ知らなかったから、ちょっとビックリしました。アンビリーバボーに出そうだよね。
 次作も楽しみ。後から読むと、シリーズが何作か揃っているので連続して読めるという利点もあることに、今気づきました。


 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示