「トラップ」相場英雄

 警視庁本部捜査二課通称“ナンバー”と呼ばれる知能犯捜査係の苦闘を描く警察サスペンス第二弾。
 前作「ナンバー」に比べて、格段に面白くなっていました。
 ようやく慣れてきたというか、キャラクターにも幅が出て、いきいきとしてきた感じ。
 前作はトップの真藤警部はいつも不機嫌だし、行確班キャップの清野警部はやたら暴力的だし、捜査一課みたいな派手なアクションもない地味な捜査二課が舞台だし、主人公の西澤辰巳はドジばかり踏むし、正直いたたまれず、面白さはあまりわかりませんでした。
 ところが、今回どうでしょう。
 前と同じ4篇の連作ですが、生まれ変わったようにスムーズに読みきれたような気がします。
 取り扱われる事件も、選挙違反やとばしの携帯使った詐欺みたいなやつなど、身近に感じられるものでしたしね。
 ようやく、捜査二課ということころはこういう感じで捜査してるんだと納得できました。
 納得イコール共感ですから。
 3篇目から出てきた、少し挫折感のある警察キャリアの登場もよかったと思います。
 なんだかんだで西澤も三知に3年目で部下もいるのに、固有名詞の付いた三知の人間が少なすぎましたからね。
 そして、想定外も甚だしい驚愕のラスト。これにはあ然(*_*;
 次の「リバース」を手にするのが待ち遠しい・・・

「土管」
 三知(第三知能犯捜査係)行確班のキャップ清野卓警部が嫌味たらしく言うには、組織犯罪対策部にいる西澤の同期が警視総監賞を授与される見込みだという。警視総監賞は警視庁警察官最大の名誉である。
 負けられない。つい最近も、三知と仲の悪い五知への応援でテレビに顔が映るという失態を犯した西澤は誓う。今度こそ・・・そして五知への意趣返しの意味もある汚職事件を追う。市役所の生活福祉課長の元に、ホームレスなどを支援するNPO法人から生活保護費が還流しているというのだ。生活福祉課長はその金で豪遊していた。しかし、いまひとつ決め手がない。金の流れの決定的状況がつかめない。
 悩む西澤に、清野が“土管”という三知に代々伝わる必殺の伝統芸を教える。

「手土産」
  西澤が捜査二課に来て3年経った。前作の事件で関与した生活保護にまつわる汚職を半年追っている。しかし火急に方がつく案件ではない。ということで、選挙違反のエキスパートである二知(第二知能犯捜査係)の応援をすることになった。突然の衆議院解散と都知事選挙のダブルで人手が足りないのだ。といっても警視庁内の選挙取締本部ではない。西澤は所轄の牛込署で激戦が予想される東京一区を担当することになった。
 真藤から「手土産を楽しみにしている」と言われて送り出された西澤だったが、牛込署の選挙取締本部では典型的な本部嫌いの責任者が指揮をとっていた。所轄署から本部を経験できるのは10人に1人という狭き門だ。一生、所轄回りで刑事人生を終える捜査員のほうが圧倒的に多い。お茶くみをしたり、雑用を一手に引き受けて馴染もうとする西澤だが、責任者の主任警部補は顔も向けない。そんな中、新興政党の日本夜明けの会が急遽、大量の候補者を擁立することになった。西澤は独断で選挙活動に慣れていない夜明けの会の事務所を張り込む決断をする。

「捨て犬」
 半年間の期間限定で、若手キャリアである小堀秀明警視が三知に配属されることになった。
 キャリアなのに偉ぶらず、進んで現場捜査員の雑用まで引き受けるナイスガイだが、彼には暗い経歴があった。
 西澤はその小堀を補佐して、高齢者から総額2億円をだまし取った詐欺グループの検挙に成功する。
 そして犯行に使用されていた携帯から、その筋で“道具屋”と呼ばれる悪徳電話業者の存在を掴む。
 一方、詐欺グループから押収した物件からは、重要な証拠の他にも、なぜか柴犬の子犬が・・・
 犬嫌いの真藤筆頭警部の存在にもかかわらず、子犬は里親が見つかるまで戸塚署の捜査本部で飼われることになった。

「トラップ」
 三知をどん底に突き落とす? 衝撃の表題作。
 前作から一ヶ月。捜査一課の誤認逮捕で揺れる警視庁と、誤認逮捕を許した東京地検。
 一課と違い、捜査二課の案件は、はじめから犯人の顔が割れている面識犯捜査である。証拠を固めてから検挙するために、一度起訴すれば、不起訴になることなどない・・・はずだった。
 前作からの流れで悪徳電話業者の線を追っていた西澤は、六本木の会員制バーを舞台に公共工事を巡る汚職事件が進行していることを掴む。タイミング悪く、真藤警部が胃潰瘍で入院することになったが、新たに清野警部を筆頭に据えて容疑を固め、吸い出し(贈収賄両側一斉事情聴取)も成功し、三知久々の快勝となるはずだった。
 ところが、東京地検に持ち込んだ途端、思いがけないところから横槍が入る。
 東京地検の赤レンガ派(東大法学部出身・法務省派)と現場派(他大学出身・現場検事派)の抗争に、巻き込まれてしまったのだ・・・危うし!? 三知・・・

 結局、捜査二課開闢以来の大失態となり、西澤は目白署へ、清野は麻布署へ異動になりました。
 退職願提出を危うく思いとどまった小堀と、「またこの面子で捲土重来を期す」ことを誓った真藤筆頭警部。
 彼らは再び相まみえて、失地を回復することができるのでしょうか・・・
 CONTINUE、リバース。


 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (22)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示