「第七官界彷徨」尾崎翠

 尾崎翠の代表作である「第七官界彷徨」と、それにまつわる小作品4篇。
 そして付録に、未発表の映画脚本原稿である「琉璃玉の耳輪」が付いています。
 尾崎翠(おさきみどり。1896~1971)という女流作家は、鳥取県生まれで東京に出てきてから極めて短時間活躍した人なんですが、私はポプラ社の百年文庫で「途上にて」という作品を読むまでその存在を知りませんでした。
 しかし、「途上にて」は奇妙な感覚のフワフワした小説で、非常に印象に残りました。
 比べるべき対象が、同時代の作家にいないという稀有な存在の作家です。
 まるっきり時代を超越したような、現代にも通じるような、その感性。
 書いたものからは、まさか昭和初期の人間だとは思えません。
 写真を見れば、まんま昔の古風な女性です。峠の茶屋で団子とか焼いてそう。
 結局、この方はなんだったんでしょうね。
 また改めて、生い立ちなり実生活なりを探求した本があるようなので読んでみますが、謎だな。
 眠剤やら薬の中毒になっていたようなので、ヤク中的な幻覚もあったのでしょうか。
 「第七官界彷徨」に限っていえば、格別面白いとは私は思いませんけども、非常に変わっています。
 後に続く4篇を読めば、なおさらえぐ味が出てくるようです。
 だいいち、「第七官界彷徨」というタイトル、すごいカッコいいですよね。おそらく作者の造語です。
 いかめしいイメージですが、たぶんこれは、行き場を失った恋心のさすらう様子、という意味であると私は思います。
 この尾崎翠という作家の中からこの世に滲みでているのは、言葉は悪いですが“さかり”というようなものです。
 それを上品に恋だとするのか、性だとするのかでこの方に対する印象はずいぶんと変わってくるでしょうね。
 ただし、作品が少なすぎます。それがほんとうに悔やまれます。
 ちなみに、「琉璃玉の耳輪」のほうは駄作ミステリーです。

「第七官界彷徨」
 いまいち読み解けませんでした。
 祖母と暮らしている小野町子という女性(おそらく16~17歳くらいではないか)が、ふたりの兄とひとりの従兄が共同生活をしているオンボロの借家の炊事係として住み込んだ、秋から冬にかけての短い期間の話。
 小野一助は分裂心理病院の医員で、二助は農学(植物)研究者、従兄の佐田三五郎は音楽学校の受験生。
 この3人が絶妙に変わっているのです。まあ、町子も変わっていますけども。
 二助なんかはコケ(蘚)の恋愛研究だとかいって部屋でこやし(うんこ)を炊いていますし、三五郎はオンボロピアノを弾いて夜中に歌を唄っていますし、まともに見える一助も女性患者の取り合いをしているようなところがあります。
 ここで、町子はひとつの恋をしたそうなのですが、相手がイマイチわかりません。
 ふつうに考えれば三五郎なのですが・・・あるいは、隣に引っ越してきた袴をはいた夜学の女学生である可能性も捨て切れません。あるいは3人の男すべてに対する感情であったのかもしれません。

「歩行」
 祖母と暮らしている町子の元に、小野一助と同じ病院に勤める分裂心理研究の医員が、一助の紹介でやってきます。この男、幸田当八というのですが、数日滞在した彼は町子の家にいた間、かばんの中に持っていた西洋の戯曲のセリフのやり取りを町子としていました。歯の浮くような恋のセリフばかりです。そのために、彼が去ってから町子は失恋したような感じになってしまうのです。

「こおろぎ嬢」
 これはちょっと怖かったかもしれません。最後が・・・
 2階の借部屋に住むこおろぎ嬢は、一種の粉薬の常用者であり、多少重い神経症に罹っています。
 うぃりあむ・しゃあぷと、まくろおど嬢の話は分心一体であり、まんま彼女自身のような話でした。

「地下室アントンの一夜」
 これは「歩行」で町子が松木夫妻のもとに持って行ったお萩を、松木夫人に頼まれて、おたまじゃくし付で詩人の土田九作のところに持って行った時の話。土田はこのとき町子にその場で惚れて即座に失恋します。
 ちなみに、この話は幸田当八の各地遍歴のノオトからの抜粋という形になっており、ラストでは恋敵である当八と九作が会合しています。

「アップルパイの午後」
 兄と妹の恋の話が、反転して入れ替わる。小野君と言っているので、妹は町子なんでしょうが、この町子は第七の町子ではないと思います。この第七官界彷徨にまつわる5つの作品は、実は繋がっているようで、作者の中でまったく繋がってはいないのではないでしょうかね。
 この方は、小説のストーリーよりも刹那の感情を優先するような気がします。

 おもかげをわすれかねつつ
 こころかなしきときは
 ひとりあゆみて
 おもひを野に捨てよ

 おもかげをわすれかねつつ
 こころくるしきときは
 風とともにあゆみて
 おもかげを風にあたへよ





 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (14)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (32)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (150)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (38)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (22)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示