「消滅」恩田陸

 うーん、どうかなあ。
 いつもの恩田陸かあ。面白いのかつまらないのかイマイチわからないという。
 65点ですかねえ。
 今朝の新聞に偶然にも本作の書評が載っていましたが、評者も苦慮していたことが伺える寸評でした。
 ただし、導入がスムーズで引き込まれるのはこの方の作品のいつものことですが、今回は途中の展開も良かったと思います。ミステリー風味でね、しかも閉鎖空間というクローズド・サークルでしたし、諸刃の剣でしたがSF的なヒューマノイドロボットも登場して、私個人的には興味をそそられました。中だるみのない中間は珍しく良かったと思います。
 ただ残念ながら、最後にかけてはいつもどおりの恩田さん、いやそれ以下か、尻すぼみでなんのこっちゃわからない、カタルシスもなければセンチメンタル性もない、誠に寒々しい締め方。がっかりでしたわ。
 新聞連載小説だったから、ゴール目前で疲れたのかな?
 この方って、綿密にプロットを最後まで組み立ててないような気がします。
 漠然と書き始めて、ラストのオチとか決まってないんじゃないでしょうか。
 だから、最後がつまらない小説が多いんじゃないでしょうかね。導入が面白いという裏ですよ。
 背景の雰囲気は独特な、まさに恩田陸しか描けないような世界を持っているのにもったいない。
 直木賞が獲れないのは、SF的だというジャンルのせいではなく、こうした構成にも問題があるのではないですか。
 デビュー作で代表作でもある「六番目の小夜子」もそういえば、オチはないですね。
 あれが面白かったのは、オチを要求される小説ではなかったからです。私は先生が犯人で間違いないと思いますが。
 しかし本作の場合、クローズド・サークルでたった一人の犯人を当てなければなりませんから、答えをボカしたまま終われません。ミステリー小説なわけですね。だから恩田陸の苦手な部分を出さざるを得なかった、そこにこの物語の不味さがあったなあと。
 難しいですねえ。

 まあ、少しあらすじ。導入。
 9月30日、金曜日。おそらく舞台は極めて近未来の東京国際空港。
 日本列島をすっぽり覆うような超巨大台風が迫りつつあり、国際線の着陸が立て込んでいる。
 そして滑走路が閉鎖され、すべての乗客がイミグレーションに並んだときそれが起こった。
 けたたましく鳴り響くサイレン。
 続いて携帯やタブレットが通じなくなる、大規模な通信障害が発生。
 狼狽する乗客たち、戸惑う入国管理官と警備員。
 やがて空港敷地内で爆発音が発生し、ついに入国業務はストップしてしまう。
 このとき入管には、テロリストがひとり、日本に入国しようとしているという情報が入っていた。
 テロリストの情報は、日本国籍を有し、本日の14時から15時に到着した国際便に乗っている。年齢性別は不明。渡航歴多数、あるいは海外生活が長い。そしてスリーパー(前科がない)であるということ。
 テロのキーワードは“消滅”。このテロリストが空港を出た瞬間、何かが消滅するという。
 入管は入国審査でテロリストと疑われる怪しい人物たちをキャッチし、別室に連行した。
 その数、男性6名、女性4名、子供1名。そして飼い主不明の犬が一匹。
 この中に、真のテロリストが混じっている!?
 正体を暴きだすのは、入管でアシスタントをしているという美人型のヒューマノイドロボット、キャスリン。
 おそらく、彼女は国家最高機密であろうかと思われる人工知能である。
 台風で陸の孤島となった空港で、国家の危機を救うべく犯人探しが始まる・・・

 あとWikiLeaksの名前なんだったっけ、あの人がモデルであるアメリカ政府高官の極秘暴露閲覧サイト・ゴートゥヘルリークスを立ち上げたベンジャミン・リー・スコットなる人物も空港に隔離されます。
 テロリストと疑われて連行された日本人たちは、海外経験の長いサラリーマンやNGO活動をしていた女性医師なんかがいるわけですが、普通の上品な中年女性やか弱い母子連れも混じっています。彼らは誰がテロリストであるのか判明しないかぎり、空港から出られないのです。テロリストは前科のないスリーパーであると言われていますが、厄介なことに本人が自分がテロリストであることを知らない可能性もあります。また、世界で流行しかけている死亡率の高い新型肺炎の問題もあって、真犯人探しは難航するのですね。どこから見ても人間にしか見えないキャスリンの行動や言動が中心ですが、彼女はイミグレーションという体制側の存在であるために、あくまでも推理は乗客たちが行います。
 真犯人はともかく、キャスリンとはいったい何だったのか?
 私は最後に実は人間だったというオチかと思ったのですが、結局なんもないまま・・・
 アラを探せば矛盾だらけの小説だったような気もします。


 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 藍色 - 2017年05月16日 09:45:54

短い時間を濃密に表現していて、読ませる物語だと思います。
長く引っ張った謎の真相が明らかになってスッキリです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

トラックバック

粋な提案 - 2017年05月16日 09:30

「消滅 VANISHING POINT」恩田陸

202X年9月30日の午後。日本の某空港に各国からの便が到着した。超巨大台風の接近のため離着陸は混乱、さらには通信障害が発生。そして入国審査で止められた11人(+1匹)が、「別室」に連行される。この中に、「消滅」というコードネームのテロを起こす人物がいるというのだ。世間から孤絶した空港内で、緊迫の「テロリスト探し」が始まる!読売新聞好評連載小説、ついに単行本化。 空港内に隔離された1...

URL :

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (30)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (23)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示