「罪のあとさき」畑野智美

 横浜。
 14年ぶりに、もう人生で絶対に会わないと思ってた同級生に会った。
 彼の名は、卯月正雄。
 彼は、中学2年の冬、教室で同級生を殺した。


 青春・恋愛小説の書き手である畑野智美にしては、毛色がちょと違う作品。
 「小説推理」に連載されていたということは、ミステリーを書くつもりだったのかもしれません。
 確かに冒頭は極めて不穏であり、伏線を張るような部分もありましたが、結果、ミステリーは無理ということで落ち着いたのでしょう、しだいにこの作家の本領である青春ドラマにペースを取り戻し、そのまま終わります。
 ミステリーにする大きなチャンスは、猫を誰が殺したのかという一択にありました。
 しかし、作者は結果的に無難な道を選び、最悪の後味を読者に残すハメは避けたものの、なんとなく中途半端な残尿感みたいなものが残ったことは否めないでしょう。
 まあ、それでも畑野智美はセンスあるから面白いことは面白いし、テーマ的に映像化もあり得ると思います。

 少しあらすじ。
 主人公は渡辺楓、28歳。長野県出身。現在は横浜のカフェハギワラでアルバイトしています。
 5ヶ月前、彼女は5年間勤めた東京の会社を辞めました。
 同じ会社の先輩で3年間付き合って婚約までしていた恋人にストーカーされ、無茶苦茶にされたのです。
 中学からの親友で同じように東京で働いていた芽衣子の紹介で、彼女の親戚が横浜でやっているカフェを紹介され、ひっそりと引っ越してきました。これまでの傷ついた生活を清算するつもりで・・・
 そこで働いているうちに、彼女は思いがけない人物に出会います。
 カフェの家具を注文している家具製造工房で、弟子入りしていた男性。
 それは、忘れようと思っても忘れられない人物でした。
 彼の名は、卯月正雄。中学校のクラスメイトです。
 奥二重の割にはくりっとした大きな瞳。長身でスタイルのいい彼は、パット見、女性にはモテるかもしれません。
 ただし、彼の過去を知らないならば・・・
 卯月正雄は、14年前の中学2年の冬、教室で同級生の首を小刀で切りつけ殺した少年殺人犯でした。
 クラスメイトのみんなをトラウマに突き落とした張本人との、思いがけない再会。
 はっきりと断りきれないままに、連絡先を聞かれ、楓は彼と連絡を取り合うようになります。
 その事件の後は、家具工房で働き始めた去年の冬まで話が飛ぶ、彼との会話。
 いったい、その間に彼に何が起こっていたのか、そして彼がクラスの人気者だった永森くんを殺してしまった事件の真相とは。

 まあ、自他ともに認めるフワフワ好きの私にとって、猫殺しなどというネタは許されないわけですよ。
 永森が殺されてよかったと素直に思う、ブスの仇だよ。
 それでも、どんでん返しのミステリーにするならば、楓が帰郷したときがチャンスでした。
 正雄が、千尋が、あるいは母が、ジロちゃんや芽衣子だって展開的に猫殺しの真犯人になり得た。
 正雄がそのまま佐山さんを殺す線だって作ろうと思えば、簡単に作れたはずです。伏線はあった。
 でもあえてそこから逃げたのは、あまりにも後味が悪くなったからでしょう。
 横浜までやってきた佐山さんは結局、結婚の報告だったのかよという形に収めてしまいましたね。
 そこがこの作家の優しさでもあり、限界でもあったのかなあと。
 それでもこの作品が読むに値するのは、キャラクター作りがいいからです。
 特に千尋。4歳まで言葉が喋れなかった彼女と家族の葛藤は読み応えありましたし、そんな面影を残した彼女が兄に会いに来たのは物語に違う味わいを与えたと思います。


 
 
 
 
 
 

「落日の残像 最後の母艦航空隊」野村泰治

 著者の野村泰治氏は元NHKの著名なアナウンサーで、フリーになってからも帯番組の司会をしていたそうです。
 残念ながら2002年に亡くなっており、世代の異なる私も彼の番組を観たことはありません。
 大正11年生まれの彼は、昭和18年12月中央大学法学部在学中、学徒出陣で海軍に入隊しました。
 第14期海軍予備学生です。
 母艦航空隊であった653空に配属され、海軍随一の武勲艦である正規空母「瑞鶴」に乗り組んで捷一号作戦に参加しました。昭和19年10月25日午後2時14分に「瑞鶴」はアメリカ艦載機の猛攻を受けて、ルソン島エンガノ岬沖に沈没。
 著者は、3時間半漂流の末、救助されました。
 本書は、著者の壮絶な体験を元にした、かぎりなく事実に近いフィクションの読み物です。
 いつか自分の体験を書きたいと思っていた著者は、当初、資料を集めて生存者にインタビューし、ノンフィクションスタイルの戦記にするつもりだったそうですが、いざ書くとなると、どうしても時空の壁の厚さを感じて書くことができなかったそうです。
 記憶の前後がまったく欠落している、とあとがきには書かれています。
 それほどまでに、戦前の学徒出陣で参加した戦争と、戦後のアナウンサー生活では差があったということでしょう。
 仕方なく、著者は海軍報道班員中塚信夫など架空の人物を物語風にして登場されることにしたのです。
 しかし、それでも随所に著者の記憶に残っていた真実としか思えないようなことがたくさん書かれています。
 そりゃそうですよ、あの「瑞鶴」が沈むまで乗っていたんだから。
 真珠湾攻撃に参加した最後の正規空母「瑞鶴」が沈んだ時に乗っていた方の戦記を読んだことがありません。
 そういう意味では、フィクションが混じえられているといえど、本書はとても貴重なのです。

 読んでいる限り、著者はパイロットではなかったように思います。要務士だったのかもしれません。
 登場する中で似てそうなのは、台湾沖航空戦の前に653空に配属されましたが、訓練不足のために実戦には参加できなかったふたりの予備学生出身の少尉でしょうか。
 物語は海軍報道班員である中塚信夫が653空に従軍し、航空隊幹部や搭乗員と仲良くなり、台湾沖航空戦を経て、海軍機動部隊最後の決戦となった捷一号作戦に参加、空母「瑞鶴」に配乗しその最期を見届けるというものです。
 おそらく、著者自身の行程そのままだと思われます。
 海軍工廠の徴用女子工員との儚い恋や、航空隊員と潜水艦乗員の喧嘩、空母への着艦事故など本当のことだろうと思われるエピソードはたくさんありました。
 ある海軍参謀が「阿呆作戦(あ号作戦)の次は消耗作戦(捷号作戦)か」と言ったというのも、聞いたことないしうま過ぎますから、戦時中実際に聞いたフレーズだったかもしれません。
 「瑞鶴」の最期に関しては、一番詳しいのは乗っていた著者自身です。
 それだけに、多くのページが割かれ、迫力と臨場感がありました。
 機銃陣地にいた元銀行支店長の老兵から手紙を預かったというエピソードはどうかわかりませんが、貝塚艦長が総員退艦を命じたときに、「バカ野郎」とひとりの兵隊が立ちはだかったという話は、実際にいた人間でなければ書くことのできない生々しいエピソードだったように思います。
 また、これまで3回も乗艦が撃沈されたという特務士官の「退艦心得」も実話でしょう。
 抜粋して載せておきます。
 1.退艦命令の前に食物をとっておくこと。空腹では長時間泳げない。
 2.動きやすい程度に衣服を着込むこと。南の海でもすぐに身体の芯まで冷え込んでしまう。
 3.海に入ったら角材などに掴まり、無闇に身体を動かさず、なるべく大勢と一緒にいること。
 4.救助の艦が接近してきたとき、艦が完全に停止する前に垂らされたロープを握ってはいけない。弾みで握った腕が根元からちぎれることがある。
 5・海へ入る場合、艦が左舷に傾いたら、反対側の右舷から入るのが正しい。傾いた方からが入りやすいが、転覆のときに巻き込まれるおそれがある。海へ入ったら、すぐに艦から離れること。艦の沈没の渦に巻き込まれるから。
 6・正式な退艦命令が下る前に海へ入ると、敵前逃亡になる。

 実際には、著者は瑞鶴の傾いた方の舷側から海に入りました。瑞鶴は大きくて反対側だと海が見えなかったからです。
 艦と運命を共にした貝塚艦長の冥福を祈りながら、漂流し、幸運にも駆逐艦に救助されました。


 

「果鋭」黒川博行

 元大阪府警マル暴担刑事の堀内・伊達のコンビの活躍? を描いた痛快悪漢サスペンスの第三弾。
 前作のラストで終わったかと思いきや、まさかの嬉しいシリーズ再開となりました。
 複雑なストーリーもわかりやすく、文章にユーモアもキレもあって、本当に面白い物語になっています。
 黒川博行のシリーズ作品はやはり最長の「疫病神シリーズ」が有名で、他にも読んだ限りでは古美術シリーズがあるのですが、私的には、このやじさんきたさんのような堀内伊達シリーズが一番面白いのではないかと思っています。
 第一にキャラクターがいいですわ。
 伊達が特にいいです。身長180センチ体重95キロの元大阪府警柔道強化選手で、大食漢。頭が空っぽかと思いきや、随所にアドリブ的な冴えを見せるのです。奥さんは小学校の教師で娘がふたりいます。車は体格に似合わぬイプサムです。どちらかというと、ネガティブになりがちな堀内をキャラで引っ張っていくのが伊達です。本作の始まりもそうでした。
 彼がいるからこそ、やっていることはどぐされでも、この物語がカラッとした悪漢小説になっているのです。
 いないですからね、疫病神シリーズには伊達のようなのが。二宮みたいだと金にがめつい印象が先に立ちます。
 いつの日か、堀内や伊達が疫病神シリーズに降臨してもらいたいですね。
 神戸川坂会や内藤医院など重なっているバックボーンもあるので、そう遠くない将来にあり得るんじゃないかと思います。

 さて第三弾のあらすじ。
 堀内がヤクザに刺された前作のラストからおよそ8ヶ月後。
 結局、堀内は奇跡的にICUから回復しましたが、坐骨神経損傷の後遺症が残り、左足が不自由になりました。
 ステッキをついた堀内は六畳一間のアパートに閉じこもり、仕事、情報、金、女・・・あらゆることに意欲を失っていました。
 そこに現れたのが、かつて大阪府警所轄署で同じマル暴担のコンビを組んでおり、2年前に免職になった伊達です。
 伊達は変わらずに不動産競売会社ヒラヤマ総業の調査員をしており、耳寄りなシノギのネタをつかんで、堀内のもとにやってきたのです。それは最強のトラブルシューターのコンビとして堀内の社会復帰を促す意味合いもありました。
 シノギのネタは、堺のパチンコ屋がゴト師に脅迫されている事件の解決でした。
 ところが、事件の裏を探るうちに、パチンコ業界の思わぬ裏利権の構図が浮かび上がってきたのです。
 それは、ホール内の遊技機をコントロールするホールコンピューターを遠隔操作する不正やジェットカウンター(出玉計数機)の細工、メンテナンス業差を通じて不正の証拠を掴みホールオーナーを恐喝するゴト師の存在から、遊技業協同組合のポストを巡るパチンコ業界と警察の癒着と軋轢にまで及んだのです。はては殺人事件にまで・・・
 現役のころと変わらぬ仕事ぶりを発揮する堀内と伊達。聞き込みをし、情報を集め、分析して捜査方針を決定します。
 違うのは上司に報告する義務がないことと、経費が自腹だということ、下手すれば両手が後ろに回るということ。
 ですが、仕事を請けて仕上げたときは、手にする金の桁が違います。これはヤクザの稼業となんら変わることころのないシノギなのです。命を張っています。現役の刑事と元刑事の違いは、ヤクザが躊躇なく刺してくることです。
 はたして、今回もうまく巨額のシノギを手にすることができるのか、そして今回は五体満足でラストを迎えることができるのでしょうか・・・・!?

 はい。
 作者が今回のテーマとして選んだのは、パチンコ屋。
 全国に1万2千店あるといわれるパチンコ・スロット店ですが、最近はパチンコ人口が減少しているそうです。
 私はまったくやらないのであまりよくわからないのですが、それでもわかりやすくて楽しく読むことができました。
 ホールコンの遠隔操作や出玉機の細工もここでネタになっているということは、本当にあるのでしょうか。
 損するのは客ばかりなりけり(・∀・) 
 もっとも、パチンコ人口が減ったのは、勝てないだけじゃなくて携帯ゲームなど他に原因があると思いますけどね・・・
 それでもいっときのブームのときは、儲かったのだろうなあ。大卒の求人取ってたしね。
 間違いなく北の大きな資金源になっていただろうなあ。
 警察から天下りがあることもおそらく事実なのでしょう。
 ヤクザの守り料よりも安くつくし、新規出店などの調整もしやすい。
 そういう意味では、色々と考えさせられる小説でしたね。
 なお、タイトルの「果鋭」の意味は小説の内容と関係ありません。
 ジャケットは、おなじみ作者の奥さんで美術教師をしていた黒川雅子さんです。

 次回も期待しています。ぜひとも疫病神とのコラボを・・・


 
 
 
 
 
 
 

「アメリカに喧嘩を売る国」古谷経衝

 フィリピン。2016年5月に誕生したロドリゴ・ロア・ドゥテルテ大統領。
 徹底した反米姿勢と歯に衣着せぬ過激な物言いで、いまや世界のメディアが彼の一挙手一投足を追っています。
 フィリピンの大統領がこれほど注目されることは、マルコス政権のときでもなかったんじゃないでしょうか。
 果たして、彼はフィリピンのトランプなのか、ただのポピュリストなのか、色物なのか、それとも本物なのか。
 ドゥテルテとフィリピンの真の実相は、我々が「フィリピンは遅れた未開の国だから」という蔑視の視点を持っている限り、見えてこないと著者は云います。
 フィリピンの過去、現在、未来。
 悲劇的な過去を持つこの国の歴史を紐解きながら、ドゥテルテ大統領誕生の現地を見、アジアの成長センターとしての未来を予測します。

 ドゥテルテの何が凄いって、麻薬撲滅作戦の過激さでしょうね。
 大統領に就任した2016年7月1日からの5ヶ月間で、6千人以上の違法薬物の容疑者を射殺、処刑しています。
 なんと、裁判抜きです。現場で殺しているということでしょうね。
 震え上がったヤクの売人が数十万人も警察の自首してきたというのだから、なんとも。
 殺した6千人の内訳ですが、警察に射殺されたのが2102人、自警団の処刑されたのが3933人だそうです。
 警察はまだしも、自警団てなんだよ。
 絶対に、便乗殺人があるだろうね。
 欧米諸国は非難していますが、ドゥテルテ大統領は居直っています。
 彼は大統領になる前に、ミンダナオ島のダバオ市(フィリピン第3の都市)で30年間にわたり市政に携わっていましたが、徹底的なNO犯罪、NO汚職、NO薬物作戦を続け、殺人都市、犯罪都市と揶揄された街を今では東南アジア有数の安全な街にしたのです。著者も実際に訪れてリポートしていますが、信じられないことにタクシーはすべてメーター、売春街もなく、薬物どころか酒や煙草もなかなか見つからないそうです。
 実はドゥテルテ自身も犯罪者をその場で処刑したそうですけどね。
 今もダバオにある彼の自宅は、想像していたよりずっと質素だそうです。
 そのへんに、彼が90%を超える支持率を誇る所以がありそうですね。
 ただの暴れん坊ではありません。クリーンなんだな。
 犯罪者の処刑は超法規的にすぎるでしょうが(裁判所の意味がなくなる)、フィリピンの国情を考えると、悠長なことは言っていられないというのも理解できます。
 とにかく荒療治でいかないと、いまさら国が変わっていかないでしょうからね。

 まあ、勉強にはなりました。読みやすいし。でも、歴史のとこ長過ぎるんではないかな。
 著者の言う“日米戦争”にこだわりはあるのでしょうが、冗長でただの戦史概論になっています。
 受け売りなのに間違ってるしね、レイテで「祥鳳」は沈んでいませんよ。それを言うなら「瑞鳳」でしょうが。
 そりゃフィリピンが太平洋戦争に巻き込まれて悲劇的な被害を受けたことは重大だけれども、これほどページを割く必要性があったとは思えません、それだったら、ドゥテルテのことをもっと書いてほしかったわ。年齢さえ書いてないんだからさ。
 16世紀にスペインの植民地になってからアメリカ、日本にも搾取され、アジアで最も長い植民地支配を受けた悲劇の歴史を土台にしてドゥテルテの反米発言の背景にするつもりが、日米戦争の段が長すぎてわけがわからなくなっています。
 パターン死の行軍を書くならば、遭難した日本兵がフィリピンゲリラに両足を牛に縛られて八つ裂きにされた事件も書かなくてはね(「ルソンの碑 陸軍水上特攻隊の最期」儀同保)」)。
 そして、ドゥテルテ大統領についての謎に、もっと踏む込んでほしかったです。
 あれだけマフィアを撲滅しながら、どうして報復されなかったのか?
 今まで無事ですんでいるのが不思議でしょう。
 その他にも、中国に対して本当のところはどうなのか、とか。
 4千人近くヤク中を処刑している自警団なる組織についても、もっと現地で調査するべきでしたね。
 繰り返すけど絶対に、便乗殺人があるよ。あいつ嫌いだからついでに殺ったみたいな。
 そういうことをきちっと調べないで、何がパターン死の行軍なんだと思いますね。


 

「私をくいとめて」綿矢りさ

 恋人として仲が深まるために必要な情熱が決定的に欠けていた。
 (*´Д`)ハァハァ

 確かに、仲を少しでも深めようとしたら、パワーがいるわな。
 でもそれをいちいち「面倒くさい」と思うのならば、それはもう恋愛とはいえないんじゃないですか。
 本当に若葉が勢い良く燃え上がるような恋ならば、面倒くさいことはひとつもないはずですから。
 まあ、そんな一目散な恋愛は滅多にないわけですがね。
 性格からして「そんなの無理」という方も多いことでしょう。
 本作の主人公もそうです。黒田みつ子。
 好きな人を見つけよう、見つけようと焦る気持ちはあっても、自分からアクションができない。
 結果、訪れるはずのない幸運を黙って持っている。
 32歳のOLです。
 そしてたまさか仲良くなった男のことを、「好きかもしれない」と思い込んでしまう。
 会社の取引先の営業マン、多田くん。
 幸いにして、多田くんは、みつ子に好意を持っていました。
 みつ子もそれに気づき始めます。
 しかし、一緒にゴハンして、さあこれからのるかそるか!? というとき、
 「恋人として仲が深まるために必要な情熱が決定的に欠けている」と思ってしまうのです。
 まあ、当たり前だわな。実はもっと早くわかってたはずだろ(笑)
 それでも、彼女は・・・
 今までは、一人で生き続けることになんの抵抗もないと思っていました。
 男性も家庭ももはや遠い存在でしたが、そのことに思い詰めることはなかったのです。
 でも、どこかで生き方のバランスを欠きつつあったのでしょう。
 みつ子には、自分の頭の中に、話し相手がいました。
 それは彼女がAと呼ぶ男性。彼はもうひとりのみつ子であり、彼女の深層心理でした。
 健気に生きているようでありながら、みつ子はAの力を借りてなんとか一日を無事に続けてこられたのです。
 みつ子はAと会話し、多田くんのことを諦めないように説得されます。
 情熱だけが恋愛じゃない。平穏なまま、ゆっくりと愛を育む恋もあっていいじゃいか・・・
 はたして、彼女の恋の行方はいかに?

 はい。
 Aという自分の頭の中にいる人物と主人公が会話しだしとき、この小説はやばいんじゃないかと思いました。
 結局、どういうことだったんでしょうね。
 ラストらへんで、沖縄旅行の直前、みつ子は玄関の鍵がどこにいったかわからなくなったでしょう?
 あのとき久しぶりにAが出てきて「ローテーブルの上にある」って言ったじゃないですか。
 でもそこにはなくて、すぐ近くの戸棚の上にあったでしょう。
 あのとき、ちょっと背筋がゾッとしましたね。
 わかるひとにはわかるかな・・・
 まあ、そこまで考えなくても、綿矢りさなりの味わいのある物語でした。
 けっして面白くはありませんけどね。
 醤油をかけていない冷奴みたいな感じで。素材の味が楽しみみたいな。
 共に芥川賞を受賞した金原ひとみとの、同時連載の新聞小説だったわけですが、金原さんの「クラウドガール」のほうが、私は良かったように思います。
 ただし「クラウドガール」は新聞連載のために、昼下がりに子育て中の主婦が自慰をしているところをビル窓清掃員に目撃されるといった金原ひとみの真骨頂である過激性が抑えられていますからね、飛車角落ちといったところでした。
 やはり綿矢さんは調子が悪いというか、何やら考え過ぎているような気がしますねえ。
 もっと主人公を若くしたらどうだろうと思う。いいときを思い出すんじゃないですかね。


 
 
 
≪PREVNEXT≫
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (22)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (18)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (53)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (145)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (24)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (20)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示