「かがみの孤城」辻村深月

 久しぶりに辻村深月さんらしい物語を読みました。
 面白かったです。
 結婚して東京に出てから駄作を連発していたように思ってましたが、「帰ってきた辻村深月」という感じ。
 昔の傑作群に似ている匂いがする。
 しかも、昔だとどこか文章が「ねっちょり」としてましたが、これはさっぱりと読みやすい。
 まだ若いですし、ある程度コンスタントに作品を出せる方ですが、現時点で代表作と云えるかもしえません。
 「名前探しの放課後」も面白かったですが、あれは他の作品を予習していなければ面白みが半減しますから。
 こちらは、おそらく独立した作品で登場人物の繋がりはないと思いますので手に取りやすいですね。
 ジャンルとしては、FTミステリーでしょうか。
 真相は最後までわからない(ひょっとしたら女子ならば前半で“城”の謎に気付く方もいるかもしれない)ですし、オオカミさまの真相を知ったときには、思わず目から少なからぬ水が出ました。ああ、あの苦しいときにやってたんだと思って。
 ああいうとこ書くのは、この人は昔から巧い。
 かわいそうだけどねえ。
 あれはさすがの恩田陸でも書けません。辻村深月という作家、まあ、直木賞もとったし格として師匠の綾辻行人を若干超えたような気もしますが、この方の存在価値を改めて知らしめる作品になったと思います。

 簡単にネタバレなしのあらすじ。
 南東京市にある雪科第五中学校に入学したばかりの、安西こころが主人公。
 ところが、はやくも4月から彼女は学校に行けなくなりました。
 大きな小学校からやってきた学年の中心人物の女子にイジメを受けたのです。
 近所に引っ越してきて仲が良かった女の子も、手の平を返したようにこころの元から去り、精神的なダメージを受けました。両親は心配し、フリースクールへ通うことを勧めるのですが、今のところこころの心はネガティヴなままで、学校どころか買い物に出ることさえおぼつかないのでした。
 いつものようにこころを残して、共働きの両親が家を出たある日のこと。
 突如、こころの部屋にある大きな姿見の鏡が光ったのです。不思議に思って近づいたこころの鏡に触った手は水のように鏡の向こうに飲み込まれ、そのままこころは身体ごと鏡の中に入ってしまいました。
 びっくりして目を開けたこころが見た世界、そこはなんとおとぎ話に出てくるようなお城の中でした。
 そして、かわいいワンピースを着て狼面をした少女がこころに語りかけてきたのです。
 実は、こころは一度逃げてしまいます。鏡を逆に通って、自分の部屋に戻ってきたのです。
 しかし、彼女は再び鏡のなかのお城に戻ることになります。
 そして、今度はお城には狼面の少女だけではなく、中学生の男女が6人いました。
 見栄えがよく先輩格のアキ、イケメンでハワイにサッカー留学しているリオン、ゲーマーで家からゲーム機を持ってきたマサムネ、ハリーポッターのロンに似ているスバル、食いしん坊で恋愛至上主義のウレシノ、ピアノのうまい地味なフウカ
 彼らは、こころと同じように学校に行くことができない中学生の男女でした。
 こころを含めて全員が揃ったところで、狼面の少女=「オオカミさま」よりこの不思議な世界の説明が始まります。
 「よくぞ来たな、赤ずきんちゃんたち。これからお前らには、この城のなかでゲームをしてもらう。そのゲームとは『願いの叶う鍵探し』。この城のどこかに願いが叶う鍵が隠されている。その鍵を探し出したものは、なんでも自分の願うことをひとつだけ叶えることができる。ただし誰かが鍵を見つけて願いを叶えたならばここにいる全員の記憶は消える。期限は今日から来年の3月30日まで。お前らの部屋と城をつなぐ鏡の開く時間は9時から5時。気分次第で来ても来なくてもかまわない。ただし、5時を超えて城に残っている者はオオカミに食われるから、そのつもりで。わかったか?」
 こうして、こころたち7人の謎に包まれた不思議な11ヶ月間が始まったのでした。

 はい、ここから少しネタバレ満開。
 本当の意味での主人公は、こころではなく、オオカミさまです。
 彼女の世界なのですから、彼女は誰かということ。
 私が一番好きなシーンは、クリスマスにリオンが母の作ったケーキを城に持ってきて、オオカミさまに渡すところ。
 あそこは読み返しましたが、意味深でしたねえ。読み終わってから振り返るべきポイントです。
 「あれ、このときから彼女の正体がリオンにはわかってたのか?」と思って、実はケーキとは別に家から持ってきた包みをリオンはオオカミさまに渡しているのですが、どこを読んでもそれが何だったのかわからないのですよ。読み落としてるのかな、私が。
 城には電気はきていますが、水やガスは通っていません。トイレもありません。
 はじめは謎だったけど、この設定はよかったです。
 作者に子供がいるのか知りませんが、ひょっとしたらそこで思いついたのかもしれません。ならば女の子かな。
 パラレルワールドという空間ではなく時間軸がオチだったというプロットもさすが。ありそうで新鮮でした。
 大変、楽しめました。辻村深月復活。
 ですがこの物語は、辻村さんというよりもあくまでも実生ちゃんが作った物語として読むべきでしたね。
 実生ちゃん、ありがとう。
 

 
 
 
 
 
 

「たった一人の生還 『たか号』漂流二十七日間の闘い」佐野三治

 1991年12月29日午後8時頃。
 三浦半島の油壺からグアム島を目指す外洋ヨットレースの途中、「たか号」(7人乗組)が転覆した。
 場所は小笠原群島の父島北方約300キロの大海原である。
 転覆時に舵を取っていた艇長は亡くなり、海に投げ出された残りの6人は艇の復旧を断念、ライフラフト(ゴム製の救命いかだ)で漂流した。このとき不幸にも、ライフラフトに常備されていた食料等の常備品が流失し、彼らの手元には9個のビスケットと500ミリリットルの水しか残っていなかった。6人は、1日1枚のビスケットを6片し、わずか親指の爪ほどのそれで飢えをしのぎ、わずかの水を舐めあった。定員は8名だが外径2メートル半のライフラフトは窮屈で、足を伸ばせる余裕もない。
 イーパブ(救難信号発信装置)は海の底に沈んだ。頼みの救援は来ない。
 漂流して10日が過ぎた1月9日、海上保安庁のYS11機が彼らに近接する。しかし、見逃されたようだった。
 そのことに絶望したのか、翌日、ついに漂流後もリーダー的存在で、軍歌を歌ってみんなを勇気づけてくれた最年長の艇員が亡くなった。1月11日には、続けて3人が亡くなった。
 残った2人。13日には初めて鳥を捕獲し、その肉や内蔵を食べた。スコールもやってきて雨水も飲めた。島影も遠望できた。 しかし、1月16日、26歳で最年少だった艇員が心臓の不調を訴え、急死した。
 ついに生き残ったのは、本書の著者たったひとりになった。
 そして彼は、27日間にも及ぶ凄惨な漂流の末、オーストラリアに向かっていた貨物船「マースク・サイプレス号」に偶然発見され、救出された。体重は3割も減り、足の踵は壊死していた。
 本書は、絶望的な状況の中、奇跡の生還を果たしたひとりのヨットマンが綴る、自然と死との闘いの記録である。

 怖い。これほど凄い海難の話は読んだことがありません。
 小説では絶対に無理だと思います。このような凄惨な真実の話の前には太刀打ちできません。
 しかも、著者は時間経過を自分の時計に彫りつけており、事故後間もなくの出版であるので記憶も生々しいためか、事象の描写が鮮明です。救命ボートの中の足の位置で口喧嘩したり、誰もが陥った幻覚症状、昨日まで「帰ったらあれが食べたい」と言っていた人間が願い叶わず力尽きて亡くなる瞬間、自分の小便を飲むことに抵抗がなくなってしまったこと、最後のひとりになってしまい気が狂いそうな孤独感に襲われ、これまで仲間が亡くなるたびに冥福を祈り水葬していたのに遺体を3日間ボートに置いたこと・・・
 読みながら、自分も漂流を体験させられているかのように感じました。
 とてつもなく、怖かったです。
 ただの漂流生還記ではなく、救出された後の日本医科大学附属病院での治療の模様や、亡くなった艇員の遺族との面会、そして「人の肉を食ったのか」と医者に聞いたという常識はずれの阿呆がいる記者会見など、事故後のことも詳しく書かれており、特に他クルーの遺族との交流では、自分ひとり生き残ったことに対する申し訳なさ、やりきれなさが切ないほどうかがわれ、思わずこちらまで苦しくなってしまいます。入院中、最後に看取った最年少の艇員の家族から「最後までお世話になりました、ありがとう」と花束をいただいたときは、著者と一緒に涙しました。
 たとえば私の家族が同じように亡くなったとして、生き残った人間に同じことができるかと思いましてね。
 今も日本のどこかで、著者は十字架を背負って生きているはずです。

 日医大病院の先生の話では、著者だけが奇跡的に生き残った原因として、身体の恒常性維持機能が高く、内蔵の衰弱がバランスよく起こったことが考えられるそうです。たとえば、肝臓やら腎臓やら臓器のひとつが他より異常に悪くなると亡くなりやすいのだそうです。つまり、著者は臓器それぞれが等しく弱っていったために、助かったのです。こういうタイプが、生き残る人間だそうです。
 そして肝心要の漂流の原因となった「たか号」の事故はなぜ起こったのでしょうか。
 著者は転覆時ベッドにおり、このとき操船していた艇長はすでに亡くなっていたため、転覆の確かな原因はわかりませんが、著者の聞いた音などから想像するに、崩れ波というとてつもなく巨大な波が「たか号」を襲った可能性が指摘されています。
 さらに、普通ならばヨットは転覆しても自然に起き上がるものらしいのですが、「たか号」はなかなか回復しませんでした。ようやく回復したときには、ハッチが損傷しており、浸水が止められなくなっていました。
 しかし、私が思うに多くの方が助からなかった最大の理由は、イーパブ(救難信号発信装置)ではないでしょうか。
 艇を脱出するときに、著者が落としたことではありません、始めからイーパブは作動しなかったのです。
 なぜかというと、納入時にはイーパブは電池の損耗を防ぐために、バッテリーと本体をつなぐコネクターを接続していなかたったのです。作動するか確かめてくれと言われて(誰が言ったのか、大会主催者か部品業者か?)、たか号のクルーたちはレースを目前に控えた忙しさで、作動確認を怠っていました。まさか事故などという油断もあったのではないでしょうか。
 そして海上保安庁のYS11機による“見逃し”の謎もありました。
 今ならば、海上自衛隊も出動しているはずなので、彼らが亡くなることはなかったと思います。
 そのほかにも、様々な不運が重なっていることがわかります。もっとも事故という結果から遡れば、そこにはミスが重なっていることは当たり前なのですが、こういう言い方はなんだけど、やはり最後はメンタルかなあと思います。事故を起こしてしまうメンタルがクルーたちにあったということではないでしょうか。レースという勝負に気を取られすぎていたことを責めることはできないでしょうが・・・


 
 
 
 

「都知事失格」舛添要一

 昨日の都議会議員選挙は小池知事派が圧勝しましたが、どうなるんでしょうかね、別に興味ないけど。
 まあ、いずれにしても東京都民1300万人、東京都庁職員17万人の旗振り役となる東京都知事は重責でしょうな。
 オリンピックがあるからね。待機児童の問題も解消されていません。直下型地震の危険地域でもある。
 本書にも書かれているように、その場その場の判断だけで先をまったく考えない刹那主義の政治家といわれる小池百合子は、まさにその通りだと思いますけど、そのときどきの直感が当たれば歴代最高の知事になるかもしれません。
 おそらくそうはならないだろうし、いったんこければ路頭に迷うどころか彼女は逃げるでしょうけどね。
 もしもこければ、投票した都民も自分が投票したことに責任をもって、反省するべきです。
 ただマスコミが流す情報に感情を左右されて、刹那の判断で投票したとしても、無責任では済まされません。
 民主主義はリスクの分散ということでもあるのですよ。責任はみんなでかぶるべきです。
 何かをやっても無責任でみんな逃げてきた、その悪い国民性が先の大戦の敗北となって現れたのでしょうけど、これは日本人の宿痾かもしれませんし、全世界的にポピュリズムが台頭している昨今、これもまた必然的な歴史の流れなのかもしれませんね。どんどんバカな方向に向かって自分で自分の首を絞めるという。
 国民がこれほどバカなんだから、ある程度政治も強権的にやらざるをえんでしょう。
 左翼のおばはんは、平和平和の念仏を唱えれば中国や北朝鮮からミサイルは飛んでこないと本気で信じているのでしょうか。
 本当の基本的なところは弱者の味方は政治であり、日本を誤った方向に導く可能性があるのは官僚のほうです。

 で、本書は2016年6月にバッシングの集中砲火を受けて東京都知事を辞任した舛添要一さんの独白記。
 2014年2月に就任されていますから、わずか2年4ヶ月の在職期間でした。
 2016年3月に突如発火した舛添バッシング。高額の海外出張費から公用車の使用問題、韓国人学校の用地貸与問題など、あらゆる疑惑が吹き出しましたが、本書ではそれぞれの疑惑に答えていらっしゃいます。
 誰が私を刺したのか、なんていう物騒なタイトルの章もある。
 胸が踊りますな(笑)
 その他、首相をはじめとする自民党の国会議員から小池現東京都知事、都議会のドンの素顔まで人物評やら、未来の東京都に対する提言など、さすが一時は国際政治家として鳴らした人物だけあって、淀みがありません。
 まあ、どこまで信じれるかはともかくとしてですよ。変人には違いないでしょうからね。
 あの怪しい中国服については何も書かれていませんし、あのときの言い訳が酷すぎたので、期待していたんですけどね。
 行政の実力はあるのだけれど、政治家には向いていないのでしょうね。
 私は、このままほとぼりがさめたらテレビに出てコメントするだけではもったいない人物だと思う。
 田舎でいいので、どこか地方の首長になって、自分の理想とする都市を作り上げてもらいたいです。
 68歳だから、最後のチャンスだと思いますけど、このままではもったいない人物だと思います。
 ハッキリ言って、東京都知事がファーストクラスやスイートルーム使って当然ですから。
 スイートルームというのはSWEETルームではありません。SUITEルームです。要人の会議ができる場所です。
 それを面白おかしく喧伝したマスコミを舛添さんは痛烈に批判していますが、マスコミは商売ですからねえ。
 視聴率や部数のためにと言われますが、しょせんそんなもんじゃないですか、昔から。
 舛添さん自身だって、マスコミパワーでここまでのし上がってきたんじゃない。テレビに出てたからね。
 一番悪いのはそれに踊らされる国民。情報の忖度ができない国民。そしてマスコミも国民も無責任なまま。
 冒頭からずっとマスコミに対する批判を繰り広げた舛添さんですが、ついにラスト近くで本性を現して怒りも露わにマスコミふぜいに愚弄される国民を痛罵しているふうが見られます。
 まあ、それが本音かな。
 結局、エリートの学者なんだろうねえ、根が。だから、いじられるんですよ。東京のトップに立ったから。
 国政、あるいは地方の首長ならばこうもいじられることはなかったのではないでしょうか。


 
 
 
 
 
 
 

「天を灼く」あさのあつこ

 これは想像以上に面白かったです。
 しっかりと時代小説の分野にも根を下ろした、あさのあつこの時代冒険小説の新シリーズですね。
 言い回しや考証ともども申し分なし。物語ももちろんリズミカルで楽しい。
 重苦しくないのが肩が凝らなくていいんです。
 主人公の境遇が悲惨でも希望があるというか、明るい。
 読みながらこっちも前を向けるというか、きっと何とかなるだろう、助かるだろうと思えるわけですよ。
 水戸黄門的なものなんでしょうけどね、これけっこう快感なんですわ。
 まあ、まだ一作目なのでこの先わからないんですけどね。
 たぶん、なんとかなるでしょう。
 どれだけ苦境が待っていても、まあ、死んでほしくないキャラも多少は死ぬかもしれませんが、最後にはめでたしめでたしという、時代劇的予定調和な幕引きを願っています。
 ひとつ心配なのは、この作家にありがちなシリーズをダラダラと伸ばしてゴールが見えなくなるということですが、この作品はあんがい父の死の謎を解くという目的がはっきりしているので、3作くらいでパシッと終わるんじゃないですかね。
 弥勒シリーズも抱えていますからね。ややこしくなっていくのはご免ですわ。

 簡単にあらすじ。
 舞台は江戸時代、天羽藩6万石。
 主人公は元服前14歳、天羽藩士の家の嫡男である伊吹藤士郎。
 父の伊吹斗十郎は、大組組頭5百石取りで、執政入りを噂されている天羽藩上士の家柄です。
 ところが、20日前に突然、登城中に父が罪人として大目付の配下に捕らえれてしまったのです。
 市中の商人から賄賂を受取り、その便宜を図った疑いがかけられたのでした。
 藤士郎はもとより、母の茂登子、嫁いだばかりの姉の美鶴ら伊吹家家中が、父の潔白を信じながらも気もそぞろになる中、斗十郎は牢屋敷に送られ、なんと切腹を申し付けられてしまいます。
 牢屋敷で父の世話をしていたという柘植左京という若い侍に導かれ、藤四郎は父に人目会うべく牢屋敷に忍び込みます。
 そこで待っていたのは、すでに死装束に身を固めた父の姿でした。
 藤士郎の問いに多くを語らず、父は真相を告白することを避けたまま、藤士郎におのが佩刀を形見として託し、切腹の介錯を務めるよう命じたのでした。
 何があっても生き抜き、父の潔白をいつか証す。涙ながらに藤士郎は誓いを立てます。
 伊吹家は、家禄を20分の1に減じられ、屋敷は没収され、山村へ所払いとなりました。
 嫁ぎ先から離縁された美鶴、母の茂登子、ただひとり残った老僕の佐平、そして望まぬ形で伊吹家の当主となった藤士郎の4人は、父の遺命で一家を助けるという柘植左京、そして藤士郎の学友であり剣友である風見慶吾、大鳥五馬らの助けを借りて、慣れぬ田舎暮らしに貧しいながらも根を張って生きていこうとします。もちろん、伊吹家の再興を信じて。
 父はなぜ死ななければならなかったのか。なぜ、あんな死に方を選んだのか。
 そして、生活していくうちに藤士郎の胸の内に湧き上がった疑問、本当に父は罪を犯していなかったのか?
 そうした思いは、父の死の原因となった藩政と商人の癒着を暴く冒険者として刺客を呼び寄せ、真の藩政改革という嵐の中へと藤士郎を誘っていくのです。
 天羽藩きっての豪商だった出雲屋嘉平と家老たちの密通を証す書簡は、はたしていずこに・・・

 今後のために次でカギとなりそうな登場人物をメモしときます。どうせ忘れるのでね。
 吉岡継興 天羽藩藩主。23歳の若さながら英明と噂されている。
 四谷半兵衛 藩主継興の側用人。藩内の汚職を暴くために斗十郎に内偵を命じたとされる人物。在江戸。
 川辺陽典 次席家老。天羽藩随一の実力者。出雲屋と通じていた疑惑がある。
 津雲弥兵衛門 筆頭家老。齢60を超えた毒にも薬にもならない人物とされているが・・・はたして?
 御陰八十雄 天羽藩きっての学究で塾頭。斗十郎の親友だったが狷介な変人。藤士郎は彼に書簡を託す。


 
 
 
 

「アンバランス」加藤千恵

 朝井リョウとオールナイトニッポンゼロをやってた“かとちえさん”の、ちょっと危うい? 背徳系夫婦小説。
 性行為と愛情は切り離すことができるかという語り尽くされながらも決着のつかないテーマに挑んだ問題作。

 導入とあらすじ。
 主人公は日奈子36歳、結婚生活10年目を迎える専業主婦。子供はいない。
 夫の由紀雄は広告代理店勤務。42歳。常に優しくて非の打ち所のないご主人と言われる。
 穏やかな日常は、突然崩れた。
 ある日、日奈子しかいないマンションに、見知らぬ中年女性がやってきた。
 40歳代から50歳代と見られる化粧の濃い太った女は、いきなり「私は御主人の愛人です」と切り出し、ホテルの一室で裸のまま寝ている由紀雄の写真を数枚取り出して日奈子に見せたのだ。
 「離婚する気はないか」と迫る女をとりあえず追い出したものの、まったく予想もしなかった出来事に狼狽する日奈子。
 帰宅した由紀雄を問い詰めると、浮気は事実であり、半年前に熟女キャバクラで知り合ったという。
 日奈子は混乱する。
 なぜなら、由紀雄は性的不能であると告白していたからだ。ふたりが付き合って結婚してからここまで12年半、挿入を伴う性行為をしたことは2回しかなかった。日奈子はセックスもしたかったし、子供も欲しかったが、夫は病気であると理解して諦めていたのだ。それが、由紀雄はあの太った醜い中年女相手に10回以上も性行為をしたというのだ。
 どういうことなのか。私はずっと嘘をつかれていたのか。ここで、由紀雄は日奈子の知らなかった事実を弁明する。
 由紀雄は小学校6年生のとき、近所の変わったおばさんに、強引に誘われる形で初体験を経験した。
 そのことがトラウマになっており、同じような太って醜い中年の女性でなければ性的興奮を覚えず勃起しないというのだ。
 そう告白して、由紀雄は土下座した。日奈子には理解の範疇を超える、衝撃的な話だった。
 とりあえず由紀雄はホテルから会社に通い、ふたりの別居生活が始まる。週一度は話する機会を持つことに決まった。
 日奈子は市販の睡眠薬でひたすら眠り続けようとした。起きると由紀雄とあの女が抱きあっている場面を想像してしまう。
 離婚しようか。しかし、ずっと専業主婦で社会から引退している日奈子に生活力はない。このマンションのローンも由紀雄が払っている。食費も日奈子の服飾費も、ぜんぶ由紀雄の給料から出ている。簡単に離婚なんて出来ない。
 いやそれよりも、これほどのことが起きても、日奈子は由紀雄のことが好きだった。彼はずっと優しかった。
 熟慮の末、日奈子はセックスという行為の価値を下げようと試みる。私も見知らぬ誰かとセックスすることで、セックスの意味を薄れさせ、あの女と関係を持った由紀雄を心から許せるようになるかもしれないと考えたのだ。
 日奈子は、出張ホストのサイトに会員登録し、いざ実行に移そうとするのだが・・・

 はい。
 かとちえさんは、たまにラジオ聴いてましたが、作品は初めて読みました。
 まあ、色々と考えさせられましたが・・・
 愛情と性行為の切り離しはあり得るのかがテーマであり、それ自体は面白いものなんですが、ちょっと、テーマの物語への落とし込みが甘かったように思います。
 12年で2回(交際時1回、結婚後1回)しかセックスをしていない夫婦は、おかしいでしょう。
 いや言い方が悪いか、結婚するまでの2年間で1回しかセックスしてないのに結婚するのは、おかしいと思います。日奈子が処女ならまだしも彼女にも男性経験は人並みにあったわけだし、これはおかしいよなあと思う、設定が。
 設定こそがテーマを考える上での大前提ですからね。読者の誰もが納得しえる設定は必要。
 このことが頭にこびりついていたことが、かなりハードルになりました。ありえねえ、というのが。
 由紀雄にしても、半年前に女と知り合ったことになっていますが、これほどのトラウマと性欲があるのならば、同じようなことをずっと以前からあちこちでしていたはずじゃないですかね。愛情とセックスが別個ならば、なおさら。
 となると、少し話がおかしいかなあと思うんですよねえ。
 ただ、全体的に楽しめたことは間違いありません。初めてのかとちえさん、当たりでした。

 愛情と性行為の関係につきましては、私のような国民の最下層に淀んでいる輩がすまして自論を述べるようなところはありませんが、男と女では違いますし、性癖、性欲によって大いに異なる問題です。性行為というものが相手の体を使って自慰をすることと同義的な方も多いのです。そのような方には、愛情と性行為が繋がりようもありません。
 重度のフェチ嗜好のある方(たとえば重度の足フェチなど)とは、結婚しないことが賢明であると思います。
 それか、日奈子ができなかったことですが、割り切るしかありません。


 
 
 
 
 
 
 
 

 
≪PREVNEXT≫
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (92)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (29)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (31)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (19)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (54)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (148)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (46)
事件・事故 (37)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (23)
探検・旅行記 (21)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示