「タダイマトビラ」村田沙耶香

 少し黒ずんだ、脂肪と筋肉で膨れた母のふくらはぎ。
 その先に、私が10年前にあけた肉のドアがある。
 この世には、狭い暗がりから世界に向けたドアが無数にあって、私はたまたま、母の足の間についているドアを開けただけだ。この世に出てくるために蹴破った、血と肉でできた扉。


 普通の母親としての感情が欠落した母。
 叱りもしない、誉めもしない。徹底した放任主義。
 子育ては仕事としか思っておらず、子供を虐待したい気持ちを抑えることに必死だったことも知った。
 家族の形が歪であることを幼い頃から感じていた恵奈は、ずっと家族欲に飢えていた。
 滅多に家に帰ってこない父、引きこもりの弟。彼らも含めて在原家のみんなは家族ではない、ルームメイトだ。
 早く大人になって、恋がしたい。結婚がしたい。この家を出て、自分の本当の家族を持ちたい。
 しかし、恋人さえ家族をつくるための部品とか思えぬ、彼女の信念の行き着いた先には・・・

 うーん、感想がわかれる小説ですねえ。
 こういうのあるんだよねえ、この作者。青春小説そのものでいくパターンと、文学性が混じって中間小説になるパターン。
 作者のインタビューを見ていると、書いた本人も思わぬ方向に行ってしまったそうですが、あまりにも急でしたなあ。
 正直言って、私は面白いとは思いません。
 家族というものを追求するテーマが深いですから考えさせられますし、「なるほど命は連鎖か」というような新しい感覚の発見もあるのですが、小説としては別に読みにくいし、楽しくはありません。
 私は「マウス」ですとか「しろいろの街の~」のほうが好きですわ。
 
 それでも、作者が何を追求しようとしていたのかはわかるような気がします。
 渚さんの飼っていた瓶の中のアリがヒントなのですが、結局、地球の歴史を見る限り我々は生命の連鎖の途上でしかないということが言いたかったのでしょうね。つまり、家族として血縁を持って生まれてきたとしても、それはこの世のシステム上のたまたまであって、大元はすべて生命はフラットであるということを提起したかったのだと思います。
 母の足の間から生まれてきた、だから家族になっている、でもそれはまやかしの世界なのかもしれない、と。
 この小説では、子供をまったく愛せない母親が出てくるのですが、彼女を精密に描くことによって、家族という形をボヤケさせることに成功しています、ノッケからね。
 で、このとき恵奈はまだ小4だから、次の章で中学生になって、この家族欲に飢えた子は、これからどうなるのだろうと思うわけですよ。十分、歪んでいる女の子ですからね。
 そしたら高校生になって、半同棲するような大学生の彼氏ができちゃった。
 彼女は、この彼氏と家族を築き上げていくことをうっとりと夢想するようになります。
 んで、おそらく恵奈がフラれる流れなんだろうなと思っていたのですが、なんと彼氏も恵奈という人間を愛しているわけではなく家族というシステムを作りたいと思っているだけだということに気づき、つまり恵奈と同じだったということですね、自分と同じカゾクヨナニーをしているのか自分を見たようで気持ち悪いとなって、ここからは物語がある意味昇華したままラストまで向かいます。
 ラストのあれはなんだということですが、そのままこの世に出る前、ホモ・サピエンスとして生を受ける前の世界ということではないでしょうか。母の「おかえり」はそのままの意味でしょう。タイトルはただいま扉なのですから。
 でも、SFだとは思いませんねえ。あれをSFといっては野暮でしょう。
 そういう終わり方をする物語だった、ということでそこに明確な答えは必要ないかと思います。創作落語みたいなものでね。
 まあ、こういうの読むと疲れる。


 
 
 

「ルソンの碑 陸軍水上特攻隊の最期」儀同保

 陸軍の水上特攻モーターボート「㋹艇」の戦記。
 著者の儀同保さんは、船舶特幹(船舶特別幹部候補生)一期生。昭和19年9月、水上挺身第二戦隊に配属され、慶良間諸島で死闘を繰り広げた後に捕虜となり、戦後は苦学の末、司法試験に合格した立志伝中の人物です。
 本書は、1900人中1700人が水上挺身隊に配属されて1410名が戦死した第一期船舶特幹出身者である著者が、戦後公文書を精査し、儚く散った同期生の足跡をたどり、知られざる水上挺身隊の苦闘を露わにした稀有な記録です。

 ㋹艇といわれる特攻モーターボートを使用した陸軍水上挺身隊の戦史も著者がいなければ世に出ることなく忘れ去られたかもしれませんし、特にフィリピンに送られた戦隊の方々の、あまりにも無念な想いを後世に残した功績は大きいかと思います。
 実際に㋹艇で敵艦を攻撃した人物の証言も多く取材されていますし、これらの方々の中には著者が同じ挺身隊員であるという理由で重たい口を開いた方もいらっしゃるでしょうからね。
 自分の足でフィリピンの現地にまでいって調べています。昭和50年台の初めですから、治安も悪かったでしょうに。
 戦時中は出撃してから㋹艇が故障して遭難したあげく、現地のフィリピン人ゲリラに捕まり、両足を牛に縛られ引き裂かれて殺された挺身隊員もいたそうですから。いくら日本兵憎しといえど、あまりにも凄惨すぎると思う。
 挺身隊員は出撃したら最期ということになっていますから、武器は剣と拳銃しか持っていません。
 艦船の周りに木材を浮かべたり、夜間には沖合に停泊するなど敵が㋹艇への対処をするようになると、実際には敵艦船への特攻どころかフィリピンの山に篭ってどこかの部隊の指揮下に入り、自給自足の戦闘をするほかなくなりました。
 そして、ルソン島南部のマコロドを守備していた藤兵団市村大隊の指揮下に入った第15戦隊などは、「お前たちは特攻隊なのだから死んで当たり前だ」と強制的に敵への斬り込み隊をやらされ、次々と無駄に命を落としていったのです。
 このへん、著者は腹に据えかねたのか、戦後市村大隊の大隊長だった市村勲元大尉に会って直接問いただしています。「なぜ、水上挺身隊員に優先的に斬り込みをやらせたのか」と。アホの市村勲は「その頃は病に臥せっており命令を出せる状態ではなかった」と言ったそうです。それが本当ならば、副官だった萩野という少尉が独断で命令を下していたことになります。
 いずれにせよ、フィリピンに送られた16個戦隊の挺身隊員のうち、本来の死場所であるはずの水上で死んだ者は、昭和20年1月9日のリンガエン湾での第12戦隊と、1月31日のナスグブ沖の第15戦隊くらいのもので、モーターボートによる特攻など大本営のバカの頭の中だけでうまくいく机上の空論であり、挺身隊員たちは決して自らは望んでいないベニヤ製の棺桶で死ぬどころか、故郷とは似ても似つかぬ五里霧中のフィリピンのジャングルの中で、見果てぬ内地を想いながら亡くなっていったのです。

 著者は私も読んだ益田善雄「還らざる特攻艇」に記述の誤りが見られる、と書いています。
 あっちは海軍の「マルヨン艇」に関することが中心のはずですが、どこが間違っているのかはわからないなあ。
 本書はほぼ海軍のマルヨンには触れられてはおりません。
 陸軍の㋹艇と海軍のマルヨンの一番違うところは、攻撃兵器です。
 マルヨンは250キログラムの炸薬で体当たりするのですが、㋹は120キログラム2個の爆雷を使います。
 当初は爆雷を抱えたまま体当たりするはずだったのですが、テストの結果これでは効果が得られないとなって、艦船に近づいて爆雷を落とし、水深10メートルで爆発させることに決まったそうです。
 この結果、特攻とはいえ助かる望みが生まれたように思いますが、実際には爆雷が爆発すると㋹も吹き飛んだそうです。
 とはいえ、本書には、リンガエン湾で敵艦に手を触れるほど接近して、爆雷を爆発させながら生き残った12戦隊の小金丸種尚さんのような例もあります。
 アメリカは軍籍ではない輸送船などの戦没記録を残していませんから、ひょっとしたら水上特攻に慣れていないうちの戦果は思っているよりも大きかったかもしれません。ただし、あくまでも奇襲が奇襲であったわずかの期間だけのことです。
 また、同じガソリンを使用しながら、マルヨンが整備事故が多すぎたのに比べ、㋹にあまり事故の記録がないのは、炸薬と爆雷の違いのせいだろうか? とも思いました。
 著者も厳しく書いていますが、指揮官はハッキリ言って陸軍のほうがかなり低レベルです。
 もっとも、どちらも外道の兵器であることは言うまでもありません。


 
 

 

「花を呑む」あさのあつこ

 弥勒シリーズ第7作目になります。
 捻くれ者で剣呑な人物ながら、難事件解決の推理が冴え渡る北定町廻り同心・木暮信次郎。
 数え切れぬほどの人を斬った過去を抱えながら、江戸屈指の小間物問屋の主となった遠野屋清之介。
 そしてふたりの間で揺れ動く、ベテラン岡っ引き伊佐治と小料理屋梅屋の暖かい家族。
 今作も、彼らの前に血塗られた怪事件が・・・

 うーん、前作の「地に巣くう」を読んだあと、これからこのシリーズがどう進むかと考えたときに、「誰かレギュラーキャラクターが死ぬしかないんじゃないか」と思ったわけです私は。伊佐治くらいが唐突に河原で斬られて死ぬとか。
 シリーズを牽引する謎であった清之介の過去も、地元である嵯波藩での冒険を機にあらわになりましたしね。
 新しいネタがないじゃんか、と。何かサプライズがなければ、ひょっとしたら次くらいで終わる可能性もあるなあ、と。
 ところがどっこい、でしたね。
 シリーズの展開上は、なんの新ネタもひねりもなく、単発の事件ミステリーをもってきました。
 厳密に言えば、清之介の兄である宮原主馬が病で死ぬかもという動きもあったのですが、どうやら治りそうだし。
 シリーズの展開はいかにどころか、まったく静かに平行移動しただけだったね。
 これは、ひょっとしたらずっと続くんじゃないかなあ、作者が死ぬまで。
 この手を今更のように7作目になって持ってくるのであれば、そんじょそこらで終わらないでしょ。
 いかにも女性作家にありがちといいますか、あさのあつこらしいといいますか、長いシリーズになりそうです。
 まあ、それはそれで楽しみですからいいんですけど。
 お常という、後作にも影響するであろう新たな不気味キャラも登場したことですし。

 簡単にあらすじ。
 海辺大工町の老舗油問屋の主人・東海屋五平の異様な死に様が、江戸の街を騒がせた。
 五平の体には切り傷ひとつなく、首を絞められたあともなく、ただ口に深紅の牡丹が幾つも突っ込まれていたのである。
 翌日、五平の囲い者であったお宮という女が、仕舞屋の牡丹の花の下で喉を突いて自死していたのを発見されたことから、五平の妻であるお栄が見たという幽霊騒ぎもあって、五平は亡霊に憑り殺されたという噂が広まった。
 もとより亡霊の仕業など信じず「尋常でない死に方をしたのではなく、尋常でない死に方を仕立てられた」と推理した同心・木暮信次郎であったが、拍子の悪いことに彼は風邪をこじらせて高熱で臥せっており、探索の第一歩が遅れてしまった。
 迷宮入りしてしまった怪事件。
 その間にも、物語は動く。伊佐治の小料理屋梅屋を営む息子太助の嫁おけいが、2度目の流産をし、気を病んで家出してしまう。そして、清之介の前にやってきた刺客・伊豆小平太。彼はなんと金の無心にきた。清之介の兄である宮原主馬が、医者から死を宣告された病で臥せっている。薬代が高価なので五百両用立てしてほしいという。
 すべての糸はやがて絡まり、不気味で怪しげなひとつの焦点へと誘われていく・・・

 この作者のミステリーの作り方は、2,3本の伏線をわかりやすく最後でまとめるというもので、まあ、小説の常道なのですが今回はシリーズネタがなくて単発勝負ということもあり、いつもより線が多かったかと思いますが、牡丹のオチは良かったと思います。美しかったね。前まではただ剣呑で難しい雰囲気だった信次郎ですも、ここにきて伊佐治との掛け合いが漫才のような絶妙でほがらかなものになってきました。これは読んでいるほうも気が安らいで助かりますな。
 こういう変化は楽しいかもしれません。私なんかは「信次郎うぜえな、早く死なないかな」と思っていたのですが、ここまでくると憎めないキャラクターですね。
 剣劇もありませんでした。初めてじゃないかな。ジャンルも冒険ものから人情ものへと今作に限っては変わったような気配でしたね。物語として円熟してきたので、やたら騒がしいよりこっちのほうがいいですね。


 
 
 
 
 

「手のひらの京」綿矢りさ

 京都に生まれ育った三姉妹の日常を描く、ヒューマンドラマ的家族小説。

 タイトルの「京」は「みやこ」と読みます。
 京都。独特な土地だねえ。住んでいる人も独特ですよ。
 確かに鴨川なんてカップルもいたりほのぼのしてますが、昔はたくさんの人間の血を吸った刑死場だからね。
 京都の伝統芸能「いけず」というのがでてきましたが、これも笑いました。
 「いけず」というのは、いじわるという意味ですね。
 「あら、だんさん、いけずどすなあ」とかテレビのドラマで言ってるでしょ、芸者さんが。
 長っ尻の客を帰すときにぶぶ漬け(お茶漬け)を出すという伝説もあります。
 公家文化というか、直接的ではなく京都ではまわりくどいやり方をするという比喩でしょうね。
 まあ、クセのあるというか、もちろんいい意味でもあるんですけど、京都は独特です。
 しかし、東京とは比べ物にならないくらい長い間、日本という国の中心であったことは事実ですから。
 他県から見ると非常に歴史深い土地です。
 でも、これが住んでいる側から見るとどうなのか。住みやすいのか?
 これちょっと興味深い。
 京都出身の綿矢りさでなければ書けなかった小説であろうと思います。

 先祖代々京都に住んでいる奥沢家。
 蛍という変わった名前の父、そして父が定年退職したときに、「私も主婦として定年を迎えます」と宣言し、一切の家事を辞めた母。そして、主人公の上から綾香、羽依、凛の三姉妹が仲良く住んでいます。
 図書館で働いている長女の綾香はおしとやか、31歳になり、結婚を焦っています。
 次女の羽依は、派手好みの美人で、イケイケドンドン、恋多き女。京都に本社のある大手電子メーカーの新入社員。
 三女の凛は、かわいくて聡明、大学院でバイオテクノロジーを研究し、就職で東京への脱出を謀っています。
 本作は、三姉妹の視点で京都を舞台にした日常が進んでいく小ドラマ。
 他愛のないほのぼのが底流ですが、ちょっとドキドキさせられる場面もあります。
 特にというか、これだけかもしれませんが、羽依の話ね。
 元カレの前原超怖い。
 これだけで小説が一冊書けるんじゃないかと思いました。
 そういえば、綿矢さん似たようなテーマのストーカー話書いてたっけ、読んだような気もするなあ。
 たとえ恋愛がうまくいかなくなっても、感情だけで怒る男はまだいいのですよ。
 どうしてそんなこと言うんだよ、ぶわぁぁーって。
 感情を抑えて、計算ずくでゆっくりと復讐してくる男は怖いね。
 先に羽依にフラレてプライドが傷ついているから。落とし所がないんだよね。
 前原、あれきっとサイコパスだね。やばいよ。
 まあ、羽依も多少は悪かったと思いますが・・・

 三女・凛の東京脱出の話は、芥川賞を受賞して京都から東京の大学に進学した綿矢さん自身の出来事も被ったかもですね。
 私は、綿矢りさという作家は、ずっと京都にいたら彼女しかならないいぶし銀の存在になっていたと思う。
 もちろん、この方の鋭く深い人間観察力とそれを文章に書き起こす力は、どこにいても他の追随を許しませんが。
 関西弁で、読んだ誰もが号泣するような恋愛小説を読んでみたかったですねえ。
 悲しい色やねとか、大阪で生まれた女とか、歌にはいいのがありますから、小説でも映えるはずだと思うんです。
 少なくとも、もっと京都や関西を舞台にしたものを書いてほしいなあ。
 本作とか読んでると、地元である京都弁の言い回しのせいもあるのか、肩の力が抜けたような感じで、リラックスしてるように見受けられますしね。
 今後期待します。羽依ちゃんの続編も読みたい。


 
 
 

 
 
 
 

「ダブルマリッジ」橘玲

 あらすじ。
 桂木憲一は50歳。大手商社の五井商事の部長をしている。家族は妻・里美と愛する娘・マリ。
 憲一は、急な海外出張を前に、パスポートを再発行をしたことから、思わぬ事態に巻き込まれることになった。
 自分の戸籍が知らぬ間に修正され、婚姻の欄に妻・里美の他にもうひとつの名前が記載されていたのだ。
 その女性の名前はロペス・マリア。婚姻日は25年前の平成2年12月25日で、フィリピン国籍の注記があった。
 さらに数日後、憲一とマリアの嫡子として「桂木ケン」なる人物の名前が戸籍に記載されるにあたり、家族のパニックは最高潮に達する。不良外国人による戸籍の乗っ取りか!? あるいは・・・

 全然知らなかったのですが、外国の婚姻証明書は日本でも正式に通用します。
 しかも、何年経っても有効です。国際法で決められています。
 「わし日本に嫁はんおるし」と半ば遊びのつもりで現地女性と結婚式を挙げても永久に無効にはなりません。
 たとえばフィリピン政府の発行した日本人男性との婚姻証明書を持ったフィリピン人女性が、在マニラの日本大使館に相談に行き、身上書と婚姻届、出生届などの書類を納付して本省の領事課に届いた場合、本書はそれを夫である日本人男性の戸籍を管理している自治体に転送し、自治体は本人に戸籍を修正するよう催告書を送りますが、本人の返答がなかった場合、自治体は書類の管轄である法務局戸籍課に書類を回して、法務局で書類が外国政府による真正なものと確認されると、職権で戸籍にフィリピン人の妻の名前が記載されます。
 すでに妻の名前が記されていても、関係ありません。
 刑法には重婚罪がありますが、民法では配偶者のある者は重ねて婚姻ができないので当事者はその取消を請求できると定められているだけで、当事者による請求がなければ妻がふたりいてもそのままなのです。びっくりだわ。
 しかも、一度戸籍が修正されると、生半可には取り消しできません。
 ただ、本当にバカの日本人がフィリピーナを弄んで捨てたとしたら仕返しされても当然だと思いますが、もしも書類を偽造されたとなると恐ろしいですね。あなたの戸籍、大丈夫ですか?

 新日系フィリピン人という言葉があるそうです。
 2004年の8万人をピークに多くのフィリピン人女性が興行ビザで来日し、スナックやパブで働いていましたが、彼女たちと日本人男性の間に生まれた子どもたちのことです。
 彼らのなかには父親に認知してもらえず、母親の祖国であるフィリピンのスラムで乞食同然の生活をしている子もいます。
 彼らが日本の国籍を取ることができれば、その生活は一変する可能性があるのです。
 とすれば、そこにつけこむブローカーがいたとしても何の不思議でもありません。
 衰えたりといえど、日本人であることは人間らしい生活を営む最低限のパスポートでもあるのです。

 フィリピンパブねえ。
 リアクションが日本人の女の子より大きいので、酔っぱらいが楽しむにはいいかもしれない。
 純情というか、出が日本の地方とは比べ物にならぬほど田舎で貧乏だということもあるのかもしれません。
 そこは人間、いいところでもあり悪いところにもなるでしょう。なかなか消せない部分だからねえ。
 現在はビザの発給が厳しくなり、来日するフィリピン人女性は激減していますが・・・

 小説としては、作者の橘玲(たちばなあきら)さん自体が小説家本業ではありませんから、こんなもんかと。
 20÷5は4と、ちゃんと割り切れる章立ての構成ですよね。
 はじめに社会的なテーマありきで、あとはこの章は憲一が再びフィリピン行ってこの章はマリがケンと初めて会ってとかでただ文章を埋めていくという、文学的には何の面白みもない内容のエンターテインメントです。
 知恵はつくと思いますがね。人によりけりかな。


 
 
 

 
 
 
≪PREVNEXT≫
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (91)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (14)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (17)
ファンタジックミステリー (21)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (20)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (12)
時代人情小説・ミステリー (17)
時代冒険小説・ミステリー (18)
社会小説・ミステリー (14)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (27)
海外冒険小説・スリラー (16)
SF・FT・ホラー (24)
SF・FT・ホラー短編集 (13)
海外SF・FT・ホラー (17)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (29)
悪漢・犯罪サスペンス (28)
中間小説 (21)
青春・恋愛小説 (30)
家族小説・ヒューマンドラマ (30)
背徳小説・情痴文学 (13)
戦記小説・戦争文学 (17)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (21)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (17)
文学文芸・私小説 (23)
海外小説・文学 (12)
文学アンソロジー (52)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (143)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (37)
アンダーグラウンド (44)
事件・事故 (35)
世界情勢・国際関係 (23)
スポーツ・武術 (22)
探検・旅行記 (19)
随筆・エッセイ (28)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示